まんぷく(82話1月9日)世良「女ができたんとちゃうか。16年目の浮気や」

NHK連続テレビ小説

朝ドラまんぷく82話、残業で毎晩遅く帰宅するという萬平に対して世良が、それはおかしい。さっき 会社に電話したら 理事長は定時に退社しました言うとったぞ。

もしかして 女ができたんとちゃうか。残業いうたら 女ができた時の典型的な言い訳や。福ちゃんは結婚して何年や。ほな… ザ・シックスティーンイヤー・イッチやな。16年目の浮気や。

福子:萬平さんは浮気なんてしません。

だから分からんて。あういう真面目なやつほど やりよんのや 僕は全然してへんからな。

世良商事が大きくなり、アメリカと大豆の取り引き。結婚していて5歳の息子がいるという世良勝夫の新情報でした。

朝ドラまんぷく(82話1月9日)あらすじとセリフ

正:この上の容器を取り替えることでジューサーにもなり ミキサーにもなり 野菜をみじん切りすることもできるんです。

萬平:織田島製作所に融資することに決めたよ。

福子:敏ちゃんが紹介してくれた町工場。

萬平:でもあの子たちは僕を信用組合の偉い人だと思ってる。泉大津で塩を作り ダネイホンを作った僕を知らない。

福子:萬平さん… 後悔しているんですか。

萬平:もう寝よう。おやすみ。

●パーラー白薔薇

敏子:ありがとう 福ちゃん。

福子:いや お礼を言われるのは私やない。

敏子:萬平さんにお礼を言うといて。織田島製作所の奥さんもすごく喜んでた。

福子:そやかて あの万能調理器は 絶対に売れるって萬平さん信じてるもの。

敏子:私も紹介したかいがあった。注文しないとね。そしたら…コーヒー。

福子:コーヒー1つお願いします。

アキラ:ユーアーコーヒー。オッケー。

しのぶ:ライスカレー スリー スパゲッティ ワン。

アキラ:え~ ユー ユー ユー ライスカレー。オッケー。ほんで ユーは スパゲッティ。オッケー。

回想萬平:昔は僕もああやって もの作りしてたんだよなって。時々フッと思うんだ。自分はこんなことしていていいんだろうかって。

(ドアが開く音)

しのぶ:いらっしゃいませ。

福子:いらっしゃいませ。

●池田信用組合・理事長室

(時報)

(ノック)

綾:はい。

真一:理事長は?

綾:もう帰られました。

真一:もう? はあ… 決済印をもらいたかったのに。

綾:最近 理事長は定時になったら すぐに退社されます。

真一:どうして?

綾:ん~… 早く家に帰って お子さんの顔を見たいんやありませんか。

真一:ああ ムカデか。

綾:ムカデ?

真一:ああ。源ちゃんとさっちゃんが 黒豆でムカデを作って鈴さんを驚かせたんだ。福ちゃんから やっぱり萬平さんの子どもねって言われたって喜んでた。

綾:理事長が?

真一:うん。あれがうれしかったんだよ。

綾:それで 早くお子さんの顔が見たいんですね。

(ため息)

●立花家

幸:難しい。

源:難しないよ。

鈴:その豆で また あんないたずら するんやないわよ。

2人:はい。

鈴:返事だけはいいんやから。

福子:大丈夫よ お母さん。私がしっかり言い聞かせときました。あんなことしたら おばあちゃんの寿命が縮まるって。

鈴:縁起でもないこと言わんといて。

世良:ごめんください。

源:あっ 世良のおじちゃんや。

福子:世良さん。

源:は~い。

世良:おお! またちょっと大きなったのう 源。幸も大きなった。

源:やっぱり 世良のおじちゃんやった。

幸:声ですぐ分かった。

世良:そうか。せや 2人にな お土産があんねや。 ほれ アメリカのクッキーや。

幸:クッキー!?

源:わあ~。

福子:世良さん。

世良:おお 福ちゃん。昨日 アメリカから帰ってきたで。

福子:へえ~。

世良:これがツナ缶 これがコンビーフや。これが何や… あっ そうや オイルサージンや。塩利いてて うまいで。

福子:缶詰ばっかり。

世良:そらそうや。アメリカは缶詰の本場や。

福子:ふ~ん。

幸:おいしい。

世良:そうか。

源:世良さんは もう半分アメリカ人なんやで。

世良:なわけあるかい!

鈴:それにしても大したもんやわ。あなたみたいに 何べんも何べんも アメリカ行く人 ほかに知らないわ。

福子:世良商事が大きくなったからよね。

世良:まっ 半年に1回やな。ロサンゼルスに行って 大豆を輸入してくるんや。

福子:英語は上達しましたか 世良さん。

世良:あれは無理や。せやけど 身振り手振りでなんとかなる。何とでもなるわ。うちの社員には英語が得意なやつもおるしな。何の問題もあらへん。日本はアメリカに負けたけどな 1対1やったら 十分勝てるど。

福子:さすが世良さん。

鈴:大したもんや。

源:世良のおじちゃん アメリカの話 して。

世良:何て?

源:アメリカの話 して。

幸:聞きたい 聞きたい。

世良:そうか 聞きたいか。そやな… 今回はな 向こうで映画を見てきたぞ。

福子:映画!?

世良:ああ。アメリカ人いうのはな ポップコーンいうのを こう食い散らかしながら 映画を見るんや。

鈴:どんな映画 見たの?

世良:何やったっけな え~ セブンイヤー… 「ザ・セブンイヤー・イッチ」。

福子:「セブンイヤー・イッチ」?

鈴:どういう意味?

福子:セブンイヤーは7年やけど… イッチが分からん。

世良:僕もよう分からん。内容もよう分からんかったわ。

鈴:何や それ。

世良:せやけど 主演の女優がえらいびっぺんでな。マリリン… マ… マ…。

福子:えっ マリリン・モンロー?

世良:そう マリリン・モンロー。

鈴:有名な女優です。

世良:何や知らんけどやな 地面の下からプワ~ッと風が吹いて スカートがフワッとめくれるとこが たまらんかったな。「ワオ!」言うてな。

福子:それは「七年目の浮気」です。

世良:「七年目の浮気」?

鈴:映画の題名や。日本でもやってたわ。

福子:お母さんと2人で見ました 2年前に。

世良:2年前!?

福子:うん。

鈴:今頃 何言うてんの。もう スカートがめくれるやなんて 子どもに聞かせる話やないでしょう。

世良:源は嫌いやないよなあ。

福子:世良さん。今のは忘れて。

鈴:外で遊んでなさい。

源と幸:は~い。

幸:フワ~ッ!

福子:あっ 幸! まねしたら駄目。

世良:2年前か。そうか。先に福ちゃんたちに言うといて よかったわあ。知らんと あっちこっちで言い触らすとこやった。

福子:せやけど 世良さん。マリリン・モンローは べっぴんさんやけど そんな話 奥さんにしたら駄目よ。

鈴:坊ちゃんも5歳になったんでしょう。

世良:せやけど 昨日 もう話してもうたがな。そうか。せやから 今朝は機嫌が悪かったんか。

福子:相変わらずやわ 世良さんは。

世良:まあ ええわ。ところで 何で立花君はおらんのや。信用組合は とっくに閉店する時間やろ。

福子:最近はもうずっと残業なんです。

鈴:帰りは毎日 9時10時やの。

世良:それはおかしい。さっき 会社に電話したら 理事長は定時に退社しました言うとったぞ。

福子:えっ?

鈴:残業してるんやないの。

福子:そしたら どこに…。

世良:もしかして 女ができたんとちゃうか。

鈴:女!?

世良:残業いうたら 女ができた時の典型的な言い訳や。

福子:いや… 萬平さんはそんなことしません。

世良:分からんぞ。福ちゃんは結婚して何年や。

福子:16年目です。

世良:ほな… ザ・シックスティーンイヤー・イッチやな。16年目の浮気や。

鈴:あほなこと言わんといて!

福子:萬平さんは浮気なんてしません。

世良:だから分からんて。あういう真面目なやつほど やりよんのや 僕は全然してへんからな。

萬平:ただいま。うわっ!

福子:お帰りなさいませ。

萬平:どうしたんだ 福子。

福子:お仕事ご苦労さまでした。

(唾を飲み込む音)

萬平:源と幸は?

福子:もう とっくに寝ました。

萬平:おおっ。

鈴:お帰りなさい 萬平さん。

萬平:どうしたんですか お義母さん。

鈴:ちょっとここにお座りになって。

萬平:えっ…。

鈴:お座りになって。

萬平:何ですか。

鈴:福子は 自分の口からは聞けないだろうから 私が代わりに聞きます。

福子:そんなにかしこまらなくても。

鈴:今日は どうして遅くなったんですか 萬平さん。

萬平:残業です。

鈴:うそ。

萬平:えっ。

鈴:今日 世良さんがいらっしゃったの。世良さんが 会社に電話したら 理事長は毎日定時に帰ってらっしゃいますって言われたそうよ。

萬平:(小声で)あの人は余計な…。

鈴:毎日 どこに行ってるの 萬平さん。世良さんは きっと女をつくったんやって。

萬平:女!?

鈴:16年目の浮気やって言うてたわ。

萬平:そんな… いや 僕はそんなことはしないよ。

福子:そしたら何をしているんですか。

萬平:えっ…。

福子:あれ… 萬平さん その手…。あっ… どうしたの。

鈴:何 その汚い手。

福子:まさか…。

萬平:織田島製作所を手伝っているんだ。

鈴:えっ?

福子:毎日?

萬平:ああ。

鈴:織田島製作所?

萬平:うちが融資している町工場です。新しい調理器具を開発していて それを手伝っているんです。

鈴:手伝ってるって… 町工場で働いてるの?

萬平:まあ そうですね。

福子:萬平さん…。

鈴:何なのよ。理事長夫人はパーラーで 理事長は町工場で。全く あなたたちは!

萬平:いや まあ 何なのよって言われましてもね…。ちょっと これ 崩していいですか。あ~。ああ 疲れた。

次の日 福ちゃんは織田島製作所をこっそり訪ねました。

久美子:どちら様ですか。

福子:あっ…。私 あの 立花萬平の妻の福子と申します。

久美子:理事長さんの。いつもお世話になっております。もう本当に立花さんには。

福子:主人は 今 こちらに?

久美子:あっ はい。

萬平:この刃の角度を上向きにするんです。そうすると 切るのと同時に攪拌されて より細かく野菜を細断できます。

健三:なるほど。

正:やってみよう お父さん。

健三:おお。

萬平:じゃあ 僕はここで設計図を描いてみますね。

正:お願いします。

久美子:どうぞ お入り下さい。

福子:あっ いえ ちょっと様子を見に来ただけですから。もう帰ります。

回想萬平:。時々フッと思うんだ。自分はこんなことしていていいんだろうかって。完成したら絶対に売れるよ。きっとみんな喜ぶ。

あんな生き生きした萬平さんを見るのは 何年ぶりでしょう。福ちゃんは複雑な思いを抱いていました。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク