まんぷく(94話1月23日)作りたいのは一夜漬けラーメンで男のロマン

朝ドラまんぷく94話、福ちゃんの旦那さんは本気なんやろ。ほんなら ええやん。存在するかどうか分からん島を目指して 大海原を小さな舟でこぎ出していくんや。男のロマンや。

どんなラーメンか、全然見えない。でも 何て言うかな…。目指す島はまだ見えないが 海を覆ってる霧は晴れてきた。

やっぱり 小さなボートで大海原にこぎ出してるんですね。男のロマンですか…。私たち家族も一緒に その舟に乗り込むんやね。

本日の教訓:男のロマンに付き合わされる女性は大変だと、男は自覚すべし。

朝ドラまんぷく(94話1月23日)あらすじとセリフ

萬平:覚えてるだろ。戦後 闇市で見たあの行列…。みんな 温かいラーメンが食べたかったんだ。どうして ここで食べられないんだ。

福子:ラーメンは屋台とか中華料理屋さんで食べるもんやから。

萬平:ラーメンだ!見つけたぞ 福子。ラーメンだ。

福子:は?

●香田家

鈴:ラーメン!?

克子:ラーメン?

福子:そう。

忠彦:ラーメンって?

タカ:どういうこと?

鈴:萬平さんはラーメンの屋台を引くつもりやの?

福子:いや~ そうではない。…と思う。

克子:「と思う」って何よ。

福子:いや~ そやかて 今日のお昼ね…。

●熊倉源三郎のラーメン屋台

熊倉:へい お待っとうさん。こんなうまいラーメンはほかにはないで。

福子:ありがとうございます。はい 萬平さん。うん いい匂い。

熊倉:まずな 香りが食欲をそそるんや。

福子:あっ 熱!

熊倉:気ぃ付けてや。熱いさかいな。ハハハハ。

福子:うん おいしい!

熊倉:ハハハハ おおきに。

萬平:麺にコシがありますね。

熊倉:手打ちの麺や。わしが心を込めて手で打ってんねやで。

福子:う~ん おいしい。

萬平:小麦粉を水でこねればいい というものではないんでしょうね。

熊倉:当たり前や。この うちの麺はな 専売特許みたいなもんや。ものごっつい工夫してるんやで。

福子:うん。スープもいいお味。

熊倉:ああ そうや。麺作りも難しいけど スープには ごっつい時間がかかりよんねや。

萬平:出汁は煮干しを使っていますか?

熊倉:うん。そこへ シイタケやタマネギ ぶち込んで2日間煮んでね。

福子:2日!?

熊倉:ああ。秘伝のスープやで。

福子:へえ~。

萬平:うん うまい。

熊倉:おおきに。そう言うてもらえたら いっちゃんうれしいわ。この味になるまで どんだけ苦労したか。

福子:そんなに苦労されたんですか。

熊倉:実はな わし 戦争で家族失うてな 勤めてた会社も のうなってしもたんや。一時は浮浪者同然やったけど このままやったら人生終わってまう思て ほんでラーメンの屋台 引き始めたんや。

萬平:煮干し シイタケ あと何だ これは。

熊倉:けどな 素人がラーメン屋やっても 最初からうまいこといくわけあらへん。「こんなまずいもん食えるか」言うて 丼鉢投げつけられたことが 何べんあったか。それをグッと耐えて どないしたら ラーメンおいしゅうなんやろう 考えて考えて やっとこの味になったんや。

福子:そんなに苦労されたんですね。

熊倉:苦労っちゅうなもんやないで。この味にたどりつくまで 12年かかった。このラーメンには わしの60年の人生が詰まっとるんや。

萬平:ご主人 このラーメン 家で作れますか?

福子:えっ。

熊倉:えっ?

萬平:家で簡単に こう パパッと。

福子:萬平さん!

萬平:あっ?

熊倉:何言うてんねん。そんなこと できるわけないやないか。あほか ほんまに。

萬平:いや やってやれないことはないでしょう でも これ。

熊倉:あんた 聞いてた わしの言うたこと。

福子:ごめん…。

熊倉:この味にたどりつくまでに…。

福子:12年かかってるんですよね!

熊倉:このラーメンに わしのやな…。

福子:60年の人生が詰まってる~!

熊倉:ねえちゃん 分かってんな。そうや。

福子:おいしい!もう涙が出そうです。

●香田家

克子:ラーメンを家で作るの?

忠彦:あの家をラーメン屋にするんか?

タカ:えっ。

福子:そうやなくて。

鈴:冗談やないわよ。あの借家にのれんかけて いらっしゃいませなんて。もう あなたは武士の娘の娘なんですよ。

福子:違うって言うてるでしょ。とにかく 萬平さんは屋台を引いたり お店を開くつもりやないんよ。

克子:そしたら ラーメンを作るって何よ。

忠彦:分からない。

タカ:福子おばちゃんは心配やないの?

福子:えっ… ん~ 心配はしてません。

克子:何で。

福子:咲姉ちゃんがね 何にも心配しないで 萬平さんをしっかり支えてあげてって。

克子:咲姉?

福子:夢の中に出てきたの。

鈴:咲が!? 私の夢には出てこないのに!?

克子:萬平さんが何考えてるか 分からへんけど 咲姉が夢で大丈夫って言うたから 大丈夫やと思てんの?

福子:それもあるし 私は萬平さんを信じてますから。

忠彦:分からない。

3人:分からない。

●立花家

萬平:いや 僕もよく分からないんだ。モヤモヤっとしてて。

福子:そのモヤモヤっていうのは どういうラーメンを作りたいかってことですか。

萬平:とにかく 誰もが家で作って食べられるラーメンなんだ。

福子:屋台のおじさんは ラーメン作りは大変やって。

萬平:ああ それは分かってる。

福子:主婦は忙しいんです。そんな手打ちで麺を作って 2日もかけてスープを煮込むなんて できません。

萬平:そんなことしなくても できるラーメンだ。世の中の主婦を楽にしてあげたいんだよ。

福子:せやけど どうしたら そんなものが…。

萬平:うどんやそばは 家で食べるじゃないか。ラーメンだって そうなる日が必ず来る。来ないって言えるか? 福子。

福子:言えません。

●パーラー白薔薇

世良:あかん あかん、ラーメンなんか あかん。

福子:何でですか。

世良:そもそも そんなもん 誰が欲しがってないやんけ。家で作れるラーメンがあったら ええなあって思てるやつが 世の中にどのぐらいおんねん。

福子:3人くらい…。

世良:3人て。少ないな おい。要するに 需要や需要。商品いうのは 世の中に需要があって初めて売れるんや。ダネイホンがそやったやろ。あん時はみんなが栄養失調やった。そんな時に手軽に栄養がとれるダネイホンがあったから あんな ぎょうさん売れたんやで。みんなが欲しがってるもんを 世の中に売り出さな 意味がないっちゅうことや。

福子:家で食べられるラーメンがあったら ええなって思いませんか?

しのぶ:いや 考えたことないわ。

福子:いや 今考えてみて下さい。

しのぶ:うん…。そのラーメンは誰が作るの?

福子:う~ん… 私たち?

しのぶ:そんな嫌や。

世良:ほらな。

アキラ:せやけど 福ちゃんの旦那さんは本気なんやろ。ほんなら ええやん。存在するかどうか分からん島を目指して 大海原を小さな舟でこぎ出していくんや。男のロマンや。

しのぶ:ボート こいだことあるん? あんた。

アキラ:ないな。

世良:そんなんがロマンを語るな。働け。

アキラ:チッ チッ チッ チッ チッ。ロマンを語ってるのは福ちゃんの旦那さんです。僕やないです。旦那さん 本気なんやろ。

福子:はい。ず~っと もう ず~っと考えてます。

アキラ:応援したり。

●立花家

萬平:家で作れるラーメン… 家で作れるラーメン…。家で作れるラーメン…。

●香田家

神部:萬平さんがラーメン!?

吉乃:信用組合の理事長までやった人が ラーメンって。

タカ:確かに落ちぶれた感じはするけど 福子おばちゃんは全然気にしてないみたい。

神部:萬平さんがラーメン…。

吉乃:萬平おじちゃんは そないにラーメン好きやった?

タカ:ラーメンは誰かて好きよ。せやけど萬平おじちゃんの作るラーメンは…。

神部:何言うてんのや タカ。萬平さんなら おいしいラーメンを作れるに決まっとるやないか。

タカ:せやけど 萬平おじちゃんの作ろうと…。

神部:あの人は天才的な喝銘菓やぞ。

吉乃:天才的って。

神部:そうや。天才や。今まで誰も思いつかんかった方法で塩を作り 誰も考えつかんかったダネイホンを作った。せやから 僕は萬平さんを尊敬してるんや。ハハッ! 今すぐ仕事辞めて 萬平さん 手伝いたい。

タカ:何言うてんの 茂さん!

吉乃:萬平おじちゃん好きにも程があるわ。

●立花家

萬平:家で作れるラーメン…。

福子:萬平さん 食べて下さい。

萬平:ああ。

幸:お父さんは ラーメン作るん?

源:家で作れるラーメンを作るんや。

萬平:それだけじゃない。家で簡単に作れるラーメンだ。

福子:簡単に?

萬平:福子が言ったんじゃないか。主婦は忙しいって。手打ちで麺を作って 2日かけてスープを煮込むなんて できないって。

福子:はい。

萬平:そんな手間暇をかけないで 簡単に作れるラーメンだ 僕が作りたいのは。

福子:それは…。例えば たくあん。これが屋台や中華料理屋さんのラーメンやとします。

萬平:たくあん?

福子:たくあんを作るには 初めに大根を軒下に干します。3週間くらいしたら大根がしぼんで で への字に曲がった頃にぬかを作ります。

萬平:それが僕の考えるラーメンとどういう関係が?

福子:ぬか床を作るのは これがまたなかなか面倒で… 米ぬかに柿とか りんごとか みかんの皮を干したものや 粗塩 砂糖 さんしょうの実 たかのつめ 昆布などを入れて混ぜます。そこに干した大根を漬けるんですけど これもやり方があって 漬物桶に ぬかを2つかみほど入れて 大根を隙間なく詰めていく。今度は その上に 2つかみ半ほど ぬかを入れて 大根を詰めていく。上の段になるほど ぬかの量は多くなって 一番上の段は たっぷりのぬかで覆う。最後に中蓋をして重い漬物石を載せて で 2週間たったら 今度は軽めの石に替えて 1ヵ月ほどたった頃に たくあんは出来るんです。

萬平:たくあんを作るのに そんな手間暇がかかるのか。

福子:そう。

幸:すごい。

源:知らんかった。

萬平:で たくあんが屋台のラーメン?

福子:だとしたら 萬平さんが作りたいラーメンは 一夜漬けですね。

萬平:一夜漬け。

福子:ニンジンを切って 塩でもんで おもしを載せて 一晩たったら はい 出来上がり。せやけど たくあんと同じくらい 一夜漬けもおいしいでしょう。

源:うん。

幸:大好き。

萬平:そうだ 福子。僕の作りたいラーメンは 漬物で言ったら一夜漬け。一夜漬けラーメンだ。

福子:ハハハハ… モヤモヤが晴れてきましたか。

萬平:ああ 晴れてきた。

福子:そこにあるのは どんなラーメンですか。

萬平:どんなラーメン…。

福子:どんなラーメンが見えますか 萬平さん。はっ。

萬平:いや いや 見えない。

福子:見えない。

萬平:ああ。全然見えない。

(ため息)

幸:お父さん…。

萬平:でも 何て言うかな…。目指す島はまだ見えないが 海を覆ってる霧は晴れてきた。

福子:ああ…。

萬平:ありがとう 福子。ありがとう。

福子:そしたら 食べましょう。おみそ汁が冷めてまう~。

萬平:ああ。

幸:はい。

萬平:一夜漬けラーメン…。

福子:やっぱり 小さなボートで大海原にこぎ出してるんですね。男のロマンですか…。

萬平:一夜漬けラーメン…。

福子:私たち家族も一緒に その舟に乗り込むんやね。

幸:お母さん 何言うてるん。

源:よう分からん。

福子:あっ そうや。食べましょう。ねっ。

幸:はい。

福子:冷めてまう 冷めたまう。

源:はい。

その夜 福ちゃんの夢に咲姉ちゃんは出てきてくれませんでした。福ちゃんがぐっすり眠っていたから 出たくても出られなかったのかも。

(犬の遠吠え)

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。