まんぷく(97話1月26日)萬平と福ちゃんの即席ラーメン作りが始まりました

NHK連続テレビ小説

朝ドラまんぷく97話、これなんだよ。僕が作りたかったラーメンは。乾麺にあらかじめ味を付けておいて それを沸騰した鍋に入れれば… いやいや いやいや いやいや。味の付いた乾麺を丼に入れて そこにお湯を注げば 麺に水分が染み込んでいくのと同時に 麺の味がお湯で溶け出して スープになっていく。これなら限りなく簡単だ。お湯をかけるだけなんだから。

忠彦「せめて名前だけでも付けてくれよ 萬平君」。

鈴さん「即席ラーメンは どう?」

肩書きが「武士の娘」から 「即席ラーメンの名付け親」になった鈴さん。ぜひ最終回まで生きていて欲しいと願い、心穏やかな週末をお過ごしください。

朝ドラまんぷく(97話1月26日)あらすじとセリフ

源:学校の帰り道に言われたんや。お前の父ちゃん 信用組合の理事長 クビになって ルンペンになったんやろって。

福子:ルンペン?

源:お父さん ラーメンなんかやめて!

幸:貧乏は嫌や! いじめられるのは嫌や!

源:嫌や!

(泣き声)

福子:嫌やない! 嫌やない。嫌やないって。せやから きっと あなたたちをばかにした友達も お父さんが作ったラーメンを おいしいおいしいって食べて 笑顔になってくれます。きっと そうなる。

あの日以来 萬平さんは ますます新しいラーメンの研究に没頭していました。役に立ちそうな本を図書館から借りてきて読みあさり…。毎日のように 屋台や中華料理屋さんに通ってラーメンを食べていました。この外食費は 今の立花家にとっては痛い出費です。でも…。

福子:いらっしゃいませ。

福ちゃんが頑張って働いたお金で なんとかやりくりしていました。

●立花家

福子:あっ…。芽が出た。

福子:出汁ですか?

萬平:うん。世の中にはいろんな出汁のラーメンがあるというのが よく分かったよ。かつお節 煮干し。今日 食べた屋台の店主は九州の人で 豚の骨から出しをとっていた。

福子:豚の骨?

萬平:そう 豚の骨。うまかった。

福子:萬平さんは 自分が作るラーメンの味を考えてるんですね。

萬平:うん。誰もがおいしいと思えて 毎日食べても飽きの来ない味。

福子:あっ 鶏ガラは?

萬平:鶏ガラ。

福子:源は昔 近所で鶏を絞めているところを見てしまって 鶏肉を食べられなくなってしまいました。

萬平:うん。

福子:せやけど 鶏ガラを出汁にした おじやは おいしいと よう食べてくれます。 幸も私も大好きやし 萬平さんも。

萬平:鶏ガラ…。

●河原塚鳥肉店

河原塚:鶏ガラやったら なんぼでもありますよ。値段もタダみたいなもんやから。

萬平:じゃあ とりあえず 1キロ下さい。

●立花家

福子:うん ええ匂い。

萬平:うん… うまいが ラーメンのスープには ちょっともの足りないな。

福子:ん? 何が足りないの?

●パーラー白薔薇

アキラ:ごま油?

福子:少しでいいので貸して下さい。うちになくて。

アキラ:オッケー。

しのぶ:ごま油をラーメンの出汁に。

福子:いろいろ試してるんです。せやけど わざわざお店で買うのは…。

しのぶ:そんなん もったいないわ。

アキラ:せやせや。うちにあるもんやったら 何でも貸しやるで。

福子:ああ… ありがとうございます。

しのぶ:このおっちゃんも貸したるで。

アキラ:いつでも言うてや。

福子:それは 遠慮しときます~。

アキラ:オッケー。

●立花家

福子:どないですか?

萬平:う~ん…。

福子:え… 何が足りないんですか。

萬平:足せばいいのか 引けばいいのか 分からなくなってきた。

福子:えっ…。

ラーメンは スープだけではありません。麺も大事です。

萬平:いや 生麺は駄目だ。保存がきかない。

福子:せやけど この3つ目の条件は 早く出来るってことでしょう。う~ん せやったら生麺の方が…。

萬平:そうめんは乾麺でも お湯に入れれば あっという間にやわらかくなるだろう。

福子:えっ あんな細いラーメンにするんですか?

萬平:あ~ いや…。

●パーラー白薔薇

アキラ:スパゲッティ。

福子:2束ほどでいいんです。

しのぶ:ラーメンに使うん?

福子:もう理屈で考えるより とにかく やってみようって。

アキラ:スパゲッティか…。

しのぶ:はよ出したり。

アキラ:オッケー。

●立花家

萬平:とりあえず 乾麺で作ってみる。

福子:太さは ラーメンと同じくらいやけど…。

萬平:鶏ガラスープで乾麺をゆでて 出来上がり。今のところ これが一番簡単なやり方だ。

福子:せやけど これはどう見ても…。

源:ラーメンやない。

幸:変な味。

源:こんなん食べられへん。

幸:私も。

福子:お父さんが一生懸命 考えたんよ。

源:お母さんはおいしい?

幸:こんなん 毎日食べられる?

福子:ん~…。ごめんなさい。

萬平:いや 確かにまずい。もう食べなくていい。

福子:何でも すぐには うまくいかへんの。失敗に失敗を重ねて 初めて本物が出来るんです。ねっ。萬平さん…。

萬平:うん。最初からうまくいくわけない。

福子:そう!

源:お母さん。

福子:はい!

源:今日の晩ごはんは これだけ?

幸:うそや。

福子:今から作ります~。

萬平:僕のせいで すみませ~ん。

萬平:どうすればいいんだ。

福子:う~ん どうしたらいいんでしょうね。

萬平:僕の作りたいラーメンは まず第1においしいこと。だから鶏ガラを使う。第2に 安いこと。だから鶏ガラを使う。第3に 簡単にできること。乾麺よりも生麺の方が簡単にできるんだろうが できれば生麺は使いたくない。第4に 常温で保存できること。そう考えると やっぱり乾麺なんだよなあ。

福子:第5に 安全であること。

萬平:でも今 問題なのは簡単にできることと 保存がきくことなんだ。どうやって それを両立できるかなんだ。

福子:せやから さっき 子どもらにも言うたでしょう。簡単には無理やて。試行錯誤いうんですか。いろいろ試してみて で 答えが見つかるんですよ きっと。よいしょ。お塩の時かて そやったやないですか。

萬平:福子。

福子:最初は茶色くなって お母さん 気色悪うて食べられへんて。

萬平:福子。

福子:は~い。

萬平:これだ。

福子:ん?昆布?

萬平:これなんだよ。僕が作りたかったラーメンは。

福子:昆布出汁にするんですか 鶏ガラはやめて。

萬平:いや そうじゃない。カラッカラに乾いた昆布が お湯を入れるとやわらかくなって しかも うまみを溶かし出してる。昆布を麺だと考えてみろ。

福子:昆布を麺。

萬平:乾麺にあらかじめ味を付けておいて それを沸騰した鍋に入れれば… いやいや いやいや いやいや。味の付いた乾麺を丼に入れて そこにお湯を注げば 麺に水分が染み込んでいくのと同時に 麺の味がお湯で溶け出して スープになっていく。これなら限りなく簡単だ。お湯をかけるだけなんだから。

福子:ごめんなさい 萬平さん。私 ちょっとついていけない。

萬平:どうして!

福子:私だけやろか? ほかの人は分かるんやろか?

萬平:分かるさ!

●香田家

福子:よかった~ 私だけやなかった~。

萬平:いや どこが分からないんですか。

克子:どこて。

鈴:全部。

萬平全部!?

神部:僕は分かります。 全部やないけど。

忠彦:最初から 乾麺に味が付いてるわけやね。

萬平:そうです。

吉乃:お湯をかけたら出来上がり。

萬平:そうだよ 吉乃ちゃん。

タカ:煮込まへんの?

萬平:煮込まない。

鈴:煮込まないで どうしてラーメンが出来るのよ。

萬平:だから それを今から考えるんですよ。

克子:どないして 麺に味を付けるの?

萬平:だから それもこれから。

福子:誰も想像できないいうことは 今まで世の中にはなかった全く新しい商品やということやわ。分かりました 萬平さん。これは大いなる前進です。どんどん進んでいって下さい。

萬平:福子…。

神部:僕にも手伝わせて下さい。

タカ:茂さん。

鈴:タカのおなかには赤ちゃんがいるのよ。

神部:あっ くっ…。

忠彦:せめて 名前だけでも付けてくれよ 萬平君。

萬平:名前?

克子:そうやわ。全然想像できへんけど 名前があれば 萬平さんの何々は どこまで出来てるんかとか とりあえず会話にはなるわよね。

萬平:ああ 名前…。

タカ:一夜漬けラーメンは駄目なんでしょ。

福子:それは駄目。

タカ:駄目…。

吉乃:すぐに食べられる魔法のラーメン。

忠彦:長すぎる。

克子:しかも 思わせぶりやわ。

鈴:即席ラーメンは どう?

福子:ん? そくせき?

鈴:手間がかからないいう意味の即席よ。

萬平:即席ラーメン。いいですね!

福子:私のええと思う。

克子:そしたら決まり。

忠彦:中身は分からへんけど とにかく即席ラーメンや。

克子:頑張って 萬平さん。

萬平:はい!

鈴:そやけど ほんまに出来るの?

福子:お母さん。

神部:手伝いたい。

タカ:茂さん。

神部:分かってる。

タカ:うん。

●パーラー白薔薇

しのぶ:即席ラーメン?

福子:手間がかからず簡単に作れる おいしいラーメンです。

アキラ:ほう。なるほどな。

世良:そんなん無理やて。即席ラーメンって。ほな 湯かけるだけで出来るライスカレーが作れるかっちゅう話や。悪いことは言わんから 立花君にやめとけ言うとけ 福ちゃん。

福子:いや 萬平さんは絶対に作ります。ほんで その時 世良さんはこう言うんやわ。「僕が悪かった。その即席ラーメン 僕に売らしてくれ!」って。 ねっ。

(拍手)

世良:何の拍手や。

福子:フッ。

●立花家

福子:ただいま。萬平さん。世良さんに言うてやりましたよ。即席ラーメンが絶対に売れるって…。萬平さん?えっ…。

萬平:ああ すまん 福子。もう畑は諦めてくれ。

福子:これは…。

萬平:ここに研究所を作るんだ。

福子:研究所!?

萬平:ああ。ここで即席ラーメンを開発するんだ。

福子:え…。私の畑…。

ついに 萬平さんと福ちゃんの即席ラーメン作りが始まりました。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。

まんぷくネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト紹介と人物相関図も
朝ドラ「まんぷく」ネタバレあらすじ

まんぷく塩軍団推しメン投票アンケート実施中!小松原それとも赤津、森本?
NHK朝ドラ「まんぷく」塩軍団総選挙

朝ドラ総選挙(第1回)「ゲゲゲの女房」から「半分青い」まで投票実施中
朝ドラ総選挙(第1回)

スポンサーリンク