未解決の女6話ゲストキャストとネタバレ感想。犯人はマギーか入山法子か?

今回は矢代朋(波瑠)の高校時代の同級生役でたくさんのキャスト俳優さんが出演。その紹介プロフィールも大変!

ということで、キャスティングされたメンバーの中から、6年前の遠藤千鶴(板野友美)殺害事件と、直近の磯野賢治殺害事件の犯人を予想してみました。

やはり俳優としてのキャリアを考えると、マギー先生が一番怪しいというのは、ドラマ通なら分かってもらえるはず。その次に怪しいのは美人女優さんということで、玉の輿に乗った入山法子ちゃんが演じる吉井友莉子か?

物語的には、吉井友莉子と吉井洋平は年の差夫婦という設定。やはり、キャスティング的にはこの夫婦しか犯人と思えず、本放送を待ちたいところ。

それにしても板野友美ちゃん、ダンサーで殺される役とは、なんとも露出が少ない役柄でお気の毒というかなんというか。

川栄李奈ちゃんに前田敦子ちゃん、それに篠田麻里子ちゃんも連ドラに顔を出す今期のドラマ。

さてさて、板野友美ちゃんがどんな存在感を見せてくれるのか?そんな楽しみもあるようですよ、奥さん。

未解決の女6話ゲストキャスト
役名と年齢キャスト俳優
磯野賢治(28)柳下大
遠藤千鶴(22)板野友美
西島圭人(28)桐山漣
西島の奥さん西原亜希
袴田高一郎(28):榊原徹士
吉井友莉子(28)入山法子
吉井洋平(42)マギー

入山法子ちゃんプロフィール
(C)イノセント 入山法子
生年月日:1985年(昭和60年)8月1日
出身地:埼玉県
身長:168cm
血液型:A型
趣味:手芸・カメラを持って散歩
特技:エレキベース・アクション・ホルン・乗馬
出典:所属事務所 イノセント

ドラマの主演を演じてもおかしくない入山法子ちゃんの美貌ですが、あいにく今まで主演したドラマや映画が、さほど数字的に芳しくなく、今回のようなゲスト出演が多くなっている最近の活動。

でも所属事務所の営業不足、あるいは力不足という側面もあり、事務所イノセント、もっとガンバレとエールです。

ちなみに、事務所イノセントに所属する女優さんで著名なところで言うと、岡山の奇跡こと桜井日奈子ちゃんに、ズキズキミズキこと山本美月ちゃんくらいかな。

雪野智世姉さんも在籍していますが、この方を知っているのは中高年以上の人で「トゥナイト」が実に懐かしい山本監督、という感じでしょうか。

個人的には、去年放送されたフジテレビ「きみはペット」での映像が美しかったのが印象に残っており、朝ドラのボクテこと志尊淳君がその相手役だったことを考えると、よくまあここまで出世したものだと、藤堂誠君に大拍手。

あっここでまた思い出しました。藤堂誠という役名ですが、去年のフジ月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」で、高橋一生さんが演じた役名も藤堂誠でした。

どうしてこんなに被ってしまうのか?不思議なんですが、まあそんな事はどうでもよくて、入山法子ちゃんのWEB限定のCM動画をどうぞ。

入山法子ちゃん、人妻だっていうのが、またそそるんですよねえ。やはり奥さん以外は愛せない、なんのこっちゃ!と入山法子ちゃんが出演しているMVも探してきましたので、一緒にどうぞ。


COLORの「Special love」。2004年にEXILEのボーカルATSUSHIの後輩を集めたコーラスグループがCOLOR。現在も活動中ですよ。

スポンサーリンク


未解決の女6話あらすじ
ダンサーの遠藤千鶴(板野友美)が鉄パイプで頭部を殴打され、殺害された。犯人は財布を奪って逃走。警察は強盗目的と怨念の両面から捜査したが、事件解決につながる手がかりは見つけられぬまま、時が過ぎていった――。

その6年後、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)は高校の同窓会に参加。そこで再会した磯野賢治(柳下大)から、千鶴を殺した犯人が分かったかもしれないと耳打ちされる。そう…千鶴はほかでもない、朋たちの同級生だったのだ!

どういうことなのか気になった朋は、磯野が雇われ店長をしているカフェバーへ。同窓会グループのSNSページを初めて見せられ、そこに登録しているメンバーの中に犯人がいる、との推理を聞かされる。だが、磯野が何かを言いかけた途端、同窓生の西島圭人(桐山漣)と袴田高一郎(榊原徹士)が来店し、会話は中断。朋は続きが気になりながらも、磯野に促されるまま帰宅する。

ところが3日後、とんでもない事件が起こってしまう。磯野がカフェバー内で何者かに刺殺されたのだ! しかもその日、磯野が同窓生・吉井友莉子(入山法子)と口論している現場を、従業員が目撃しており…!? 激しく動揺する朋。そんな朋を心配した刑事・草加慎司(遠藤憲一)の呼びかけで、第6係は自発的に捜査を開始。磯野が言っていた同窓会グループの投稿に注目する。そんな中、文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、一見どうでもいい話を綴った千鶴の投稿文の中に、ある暗号を見つけ出し…!?
(C)テレビ朝日「未解決の女 警視庁文書捜査官」6話
出典:テレビ朝日「未解決の女 警視庁文書捜査官」番組公式サイト

未解決の女6話ネタバレ感想
いや、やはりキャスティングだけで犯人を予想するのは難しい&制作スタッフを舐めるなということで完全に白旗です。

高校時代からのプレイボーイである西島圭人。この人物を巡っての女同士の諍いがあり、コイツと不倫していた吉井友莉子の夫が真犯人ではないかと思っていたのですが、マギー先生まで“かませ犬”扱いだったとは…。

結局、6年前に22歳だった、というのがポイントでしたね。この時に大学生だった西島圭人がモテモテで二股をかけていた。一人は遠藤千鶴で、もう一人は大学のゼミの先輩であった今の奥さん。

確かに22歳か23歳で結婚したと知った時に、この奥さんが怪しいと思うべきで、言葉の神様が降りてこなくても分かる話。

二股を掛けられていた今の奥さんが激怒して、相手の遠藤千鶴を殺害。6年後、SNSの中で「サブ暗号」を見つけ出した磯野賢治に、6年前の事を暴かれるのが怖くて殺害。

二つの事件は、全て西島圭人の奥さんの犯行。犯行理由は、不倫は死刑! 不倫された方の身になってみろ!と、演じた西原亜希ちゃんが叫んでいて、おお怖い。

奥さん&旦那さん、こうした不倫は死刑!という考えの人も世の中には存在するわけでして、浮気不倫する時はくれぐれも最新のご注意を。

そしてラーメン屋の店員に扮した弘中綾香アナ。実にその装いが似合っていて、いつでも転職OKでしょう&次回もよろしくお願いします。

「未解決の女」視聴率の変遷
第6話 12.7%
第5話 11.5%
第4話 12.7%
第3話 11.6%
第2話 12.8%
第1話 14.7%
(ビデオリサーチ調べ 関東地区)

スポンサーリンク



スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。