Missデビル人事の悪魔・椿眞子1話ネタバレあらすじと感想。関屋利歩!

日本テレビ土曜ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」初回1話のネタバレあらすじと感想です。

悪女なら菜々緒という評判を逆手に取っての「「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」というドラマ。番組宣伝のスチール写真からにして、菜々緒のような美しい女性にいたぶられたいマゾ属性の男性は必見のドラマ。

物語は「人事の悪魔」と恐れられている人事コンサルタント・椿眞子(つばき まこ)が巻き起こす会社内エンターティメント。現代の企業が抱えるセクハラパワハラはもちろんのこと、社内恋愛にやる気のない社員の更正etc.

その解決のためなら手段を選ばないダーク・ヒロイン椿眞子。赤いハイヒールから繰り出されるハイキックが、会社の闇を引き裂く!

菜々緒のファンのみならず、女性に責められることで快感を感じる我が同士たちよ、いざ、テレビの前に正座して菜々緒こと椿眞子様のお姿を直視すべし!

スポンサーリンク


「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」1話ネタバレあらすじとキャスト紹介

ここは損害保険会社「共亜火災」の入社式。長い実績と信頼で学生から人気の企業である。その競争率も高く、晴れて新入社員として入社できたのは僅か50名の精鋭たち。

これから社会人として飛び立とうと、その瞳をキラキラさせている新入社員たち。その中には、父親が事故で下半身不随になってしまった博史(佐藤勝利)の姿があった。

父親の代わりに家族を支えなくては、そんな思いを抱きながらの入社式。傍には、就職活動中に懇意になった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、そして関内(山本直寛)もスーツ姿で誇らしげに立っていた。

「共亜火災」の新入社員の入社式は粛々と行われ、「社員は家族」がモットーの、いかにも温厚といった風貌の会長の喜多村(西田敏行)、表面上は穏やかな紳士に見える社長の大沢(船越英一郎)の挨拶が続き、面接ですでにその存在を知っている人事部長・千紘(木村佳乃)の姿も。

だが、ここで華やいだ空気が一変した。紹介されて登壇した人事コンサルタント・椿眞子のただならぬ雰囲気に圧倒される博史たち新入社員。

「研修中に50人の新入社員、その中から10人に絞り込みます」という椿眞子の発言にざわつく会場。そんなの聞いてないよと下を向きながら反発する新入社員。

全ては大沢社長から権限を委ねられている、私の指示通りにやってもらいますと、威圧するかのように新人たちに睨みを利かす椿眞子。すでにデビルの雰囲気満載。

間もなく始まった新人研修。5人で1組、合計10組のチームに分類された後、最初に指示されたのが、退職願いを書くことだった。え~!そんな無茶な!虐めかよ!そんな新人たちの心の声など、どこ吹く風。

そして、デビル椿眞子の研修は汗と泥にまみれる、まるで自衛隊のような訓練であった。そんな中で、博史はせっかく入社したんだ、家族を守るためにはと、歯を食いしばる日々。

しかし、その研修と称する地獄の訓練は、新人たちの体力と気力をじりじりと奪い始めて、やがて初日に書いた退職願いを本当に提出する者まで出始めて…。

前代未聞の新人研修に違和感を覚えた人事部長の千紘は、研修を中止するようデビル椿眞子に詰め寄るが…。
スポンサーリンク


「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」1話キャスト

●共亜火災
会長 喜多村完治:西田敏行
社長 大沢友晴:船越英一郎

人事部長 伊東千紘:木村桂乃
会長秘書 柴崎 亮:伊野 学
社長秘書 本橋瑞希:瀬戸さおり

●人材活用ラボ
人事コンサルタント 椿眞子:菜々緒
沖津周平:和田正人
国本要二:モロ師岡
田部栞奈:水沢エレナ
花村優梨子:山田キヌヲ

●共亜火災・新入社員
斉藤博史:佐藤勝利(Sexy Zone)
藤堂真冬:白石 聖
南雲陽一:前田航基
関内秀臣:山本直寛
日下部:森永悠希

●斉藤家
斉藤聡子:山下容莉枝
斉藤 修:鶴見辰吾
斉藤 茜:関屋利歩

個人的には、財務省にコネを持つボンボンの日下部が、今回の目玉かと思います。こいつをバサッと斬る爽快感を期待して、演じる森永悠希さん、お久しぶり。

朝ドラ「べっぴんさん」で良子と勝二夫婦の息子役以来のテレビでの拝見。聞かん坊でわがままボクちゃん、そして借金して世界旅行に行ったがいいが、何も掴むことができずに帰国。

やがて世界各国の料理を出すことにやりがいを感じたドラ息子。実に懐かしい。今回はデビル椿眞子に、バッサリやられてください。

「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」斉藤 茜役の関屋利歩

斉藤家の長女で博史の妹・茜を演じるのが関屋利歩さん13歳!2004年5月19日生まれなので、来月で14歳ということで、これは大ブレークしそうな予感です。早速調べてみました。

(C)RISINGPRODUCTION 関屋利歩
名前:関屋利歩
生年月日:2004年5月19日
血液型:B型
出身地:鹿児島県
身長:165cm
特技:バスケ
出典:所属事務所 RISINGPRODUCTION

関屋利歩さん、実は双子の姉・利菜さんがいます。2017年7月にAbemaTVで放送された「原宿駅前ステージ」という番組。

これは新人アイドルを発掘するためにオーディション番組でしたが、その最終選考6人に残ったうちの2人が関屋姉妹ということで、その映像がこちら。向かって左端が姉・利菜さんで、その隣が関屋利歩さん。

鹿児島のお父さんお母さんも心配していることでしょう、娘さんがこんなにもべっぴんさんなら悪い虫がつかないかと。

ぜひ所属事務所 のRISINGPRODUCTIONには、しっかりと育てて欲しいものです。

「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」1話感想

入社式からすぐに研修合宿に入り、自衛隊並の体力訓練。そして仲間同士を疑心暗鬼させる雰囲気を作り、さらに穴掘り穴埋めで体力を奪って土日の休日。

さすがに緊張の糸が切れて、50人中39人が脱落して退職願提出。残された11人の中から、誰が必要でないあ人間かを書かさせる作業。まさに悪魔の成せるワザ。

結局、過半数を集める人がいなかったために、椿眞子が一人を指名して退職願いを出させるということで、日下部(森永悠希)が餌食となり、サヨウナラ。

組織には犬は必要だ。ただ、飼い主を見る目を間違えるな、のセリフがカッコよく、どM視聴者はブルブルと震えていたに違いありません。

共亜火災、日本一の損保保険会社であるが、その中身は粉飾決算をしなければならないほどの赤字体質。50人の新入社員は採用し過ぎで、10人が適正な人数。

おそらくは、コネ縁故入社組が多いということで、そんな風潮を断ち切るためには、外部の強いコンサルタントが必要だと判断した社長で、その倫理で言うと、ラスボス黒幕は「社員は家族」がモットーの会長という図式が見えた初回でした。

(C)日本テレビ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」
出典:日本テレビ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」番組公式サイト
スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。