Missデビル4話ネタバレあらすじと感想。ミスデビルVSモンテクリスト伯

日本テレビ土曜ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第4話、社内スパイの話は脇役で本題は、南雲(前田航基)の社長襲撃事件。

もう一つ、脇役だったのは総務課の課長・梨木(水橋研二)。意味深な笑みから、花憐(筧美和子)の本命彼氏と思いきや、女装バーの常連さんということで、跡を付けてきた博史(佐藤勝利)が女装するはめに。

もしかして、いや、絶対に佐藤勝利くんのこの可愛い女装姿を見せたがための女装バーという設定でしょう。そのダシに使われた水橋研二さん43歳、お疲れさまでした。

(C)日本テレビ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」4話 佐藤勝利
出典:日本テレビ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」番組公式サイト

チャラチャラして男漁りにご熱心な花憐お嬢さん。この女性社員を利用して、誰かが社内機密情報を持ち出している、そう睨んだミスデビル室長が、博史に命令して花憐の恋人になれと。

で、去年の年末ジャンボCMの頃よりも、かなりふっくらした筧美和子ちゃんが演じる花憐は、可愛い可愛い博史くんに色目を使って、ボーイフレンドの一人に認定。

島崎遥香&筧美和子&平野ノラ“侍”役所広司と忘年会 

スポンサーリンク


でもミスデビル室長の指令は、花憐の本命を探れということで、その手帳に書かれた「Kちゃん」を探すことに。課長のか=KAということで、課長が怪しいと思って尾行しての女装姿という冒頭の話。

花憐の本命彼氏は、営業企画部の男で、ライバル会社のユニオンセイフティ社に、機密情報を毎回80万で売っていた。その金で花憐に高級なバックなどを買ってあげていて、スパイはこの男で確定&ミスデビルのハイキック炸裂。

私がこの男を狂わせたのね、そして目の前にいるミスデビルのカッコよさ。花憐はチャラチャラしたOL生活にサヨナラして、できる女を目指して仕事に邁進した。めでたしめでたし。

その頃、博史の同期の南雲は、何度も社長に新商品の提案書を送っていて、ついに社長の前でプレゼンするチャンスを得た。

秘書の女性を退席させた直後、隠し持っていたナイフで社長を突き刺そうとしたが、そこに現れたのが、我らがミスデビル室長。

今回二度目の長い脚でのハイキック。視聴者おじさんうっとりの早業で南雲ダウン。一体、なぜ南雲は社長を襲ったのか?

もう誰でも推測できるはずですが、恐らくは恨みでしょう。南雲の実家が、過去に共亜火災(南雲と博史が入った会社ね)と契約していたが、何かの事故で保険請求したけど、保険が下りなかった。

そのせいで一家離散したとか、その類の展開は何度も見てたので、おそらく当たりでしょう。

この南雲エピソードに絡んでくるのが、昔の伊豆のホテル火災。 共亜火災の保養所でもあったこのホテルが火災で全焼。その前で泣き叫んでいた幼い頃のミスデビルこと椿眞子。

このホテルの保険担当だったのが、今の社長・大沢(船越英一郎)と人事部長の千紘(木村佳乃)。それに会長の喜多村(西田敏行)と、その当時の調査会社の社長も何かを隠している様子。

しかも博史の父親・修(鶴見辰吾)は、大沢社長の秘密を握っているようで、博史はある意味、大沢にとっての人質なんでしょう。秘密をばらしたら息子を痛い目に遭わすぞという修への警告。

南雲と同じように、ホテル経営者の娘が椿眞子で、火災だったのに保険が下りずに家族離散。椿眞子は、共亜火災に恨みを持っている。その復讐のために大沢社長に近づいたということでしょう。

でも、復讐するという意思が強ければ強いほど、その虚しさも大きいはず。今期のドラマで復讐が描かれるのはこの「Missデビル」とフジの「モンテクリスト伯」だけ。

主演の菜々緒ちゃんとあっちのディーン・フジオカちゃん、2人とも冷たい笑みと無表情が多く、さて、どちらの復讐劇が心に残るのか? 

ミスデビルの最大の敵はディーン・フジオカだよ!と書いて、次回もよろチクビです。

(C)日本テレビ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」
出典:日本テレビ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」番組公式サイト

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。