Missデビル8話ネタバレ感想とあらすじ。AXONが作るドラマはどれも一緒?

喜多村(西田敏行)会長が伊東千紘人事部長(木村佳乃)の父親だった。しかも、遠い昔に捨て去った酷い父親?

なんか、取ってつけたような新たなエピソードをぶち込んできて、どう見ても付け焼刃という印象ですよ。過去の愛憎が今になってアダとなるみたいな話は、その人物像をもっと掘り下げて描いていないと、薄っぺらく感じてしまうもの。

喜多村会長と伊東千紘人事部長、今までその仕事ぶりは描いていましたが、そのプライベートに言及した回は今まで一切なし。

いや、家族を含めてプライベートの話が出たのは博史(佐藤勝利)だけで、ミスデビルこと眞子(菜々緒)については、ホテルアックスの火災事故だった時に少女だったイメージシーンだけ。

他の登場人物の家庭やプライベート情報は一切無いところでの、会長と人事部長の父子関係という流れに、おいおい日テレ大丈夫か?と。

スポンサーリンク


Missデビル8話ネタバレ感想とあらすじ

視聴率が思わしくないために、途中から脚本を変えたという印象しか残らず、来週、どうしようかしら?見るべきか見ないべきか?実に悩ましいところ。

結局は、昔、伊豆にあったホテルアックスの火災事故が全て。これに対する保険金支払いを共亜火災が偽装工作をして払わなかった。

その結果、鬼頭支配人家族が一家離散の憂き目に遭い、娘であった鬼頭眞子が、復讐のためにアメリカに渡って実力をつけ、今まさに共亜火災に乗り込んで来て、その悪行を暴くという展開。

前々回辺りから、このホテルアックスの火災事故にまつわるエピソードを少しずつ小出しにしていますが、その展開が遅々として進まず、観ている視聴者はイライラが募るばかり、そんな感じじゃないですか?

それに冒頭に書いたように、人物造詣が浅いために共感も反発もできず、会長と部長が親子の話が、一体どうしたの?と笑ってしまうくらいの浅はかさ。

もし、この会長の捨て子の話が、ホテルアックスの火災事故に繋がっているんであれば、それはそれで面白いと思うのですが、おそらくはそうじゃないでしょう。

どう考えても時間差的に繋がらないのは明らかで、今期の日テレのドラマは全部がおかしいぞと書いておきます。

Missデビル8話あらすじ

眞子(菜々緒)は、博史(佐藤勝利)に社長室で秘書として研修するよう命令。眞子から、修(鶴見辰吾)が大沢(船越英一郎)と面識があると知らされた博史は、大沢に父との関係性を聞こうとするがなかなか切り出すことができない。

しかも、修とケンカして家出してきた茜(関屋利歩)の面倒まで見ることになり、公私ともに気が休まらない状態に。

大沢が担当したホテルアックスの火災事故の件で何か隠しているのではないかと心配する千紘(木村佳乃)。一方喜多村(西田敏行)は、眞子がホテルアックスの支配人の娘だということを突き止める。大沢と柴崎(猪野学)、喜多村の関係も次第に緊張感を増していき…。

そんな中、真冬(白石聖)が会社を辞めると言い始めた。父親が倒れて介護が必要になったというのだ。眞子は、真冬が会社から逃げるために父親を利用しているのではないかと指摘。痛いところを突かれた真冬に、眞子は「会社を辞める権利はない」と言い放つ!博史は真冬を慰めようとするが、茜が突然会社に現れ…。
(C)日本テレビ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」
出典:日本テレビ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」番組公式サイト

ホテルアックスの火災事故の時に、ホテル側の過失である証拠写真が存在。でもその写真内容は改竄されていたもので、その証拠を元に保険金を支払わなかった共亜火災。

その時の共亜火災側の担当者は大沢社長で、その部下に伊東千紘。社長は喜多村。で、博史の父親の斉藤修(鶴見信吾)がどう関わっていたのかが焦点かもしれません。

大沢社長の同僚だったのか?あるいは学生時代の友人でホテルアックスに関係した仕事をしていたのか?博史の母ちゃんの聡子(山下容莉枝)も、何かを知ってような素振りなので、要チェックです。

Missデビル8話ネタバレ感想

それにしても博史の妹・茜を演じる関屋利歩ちゃん、いくら育ち盛りだといってもちょっと丸くなり過ぎじゃない?
(c)ライジングプロダクション 関屋利歩
出典:所属事務所 ライジングプロダクション

こちらが、所属事務所の公式サイトに掲載されているプロフィール写真ですが、全く別人のようでアレレ?という感じ。

別に年頃の娘さんなので、ぷくぷくになるのは全く問題ないのですが、せめて所属事務所は今現在の写真を掲載しなさいよ!と、年頃のお嬢さんに配慮が行き届かない事務所にプンプン!

で、物語は共亜火災創立150周年に向けて異様なまでの会社改革を目指す大沢社長に対して、喜多村社長が「お辞めになったらどうですか?今の貴方には怪しいオーラしか感じない」という会長。

「貴方こそ、娘を捨て去るような酷い人間だ。貴方には言われない!」と逆キレして、伊東千紘人事部長が貴方の娘だと唐突に暴露する大沢社長。

一体、何を表現したいのか?この「Missデビル」というドラマは…。

Missデビル視聴率の変遷

第8話 . %
第7話 7.8%
第6話 9.3%
第5話 7.2%
第4話 6.8%
第3話 8.8%
第2話 8.1%
第1話 9.6%
(ビデオリサーチ調べ 関東地区)

菜々緒人気にあやかって、前評判は高かったのです。でも回を追うごとに少しずつ視聴者が離れていってのこの数字。原因は明らかで、オフィスエンターティメントドラマなのか、それともミステリードラマなのか、はたまたヒューマンミステリードラマなのか?

全く訳のわからん脚本と演出の迷走に、視聴者が、こりゃダメだと見限ったのでしょう。これを同じことが言えるのが、日曜ドラマの「崖っぷちホテル!」。

「崖っぷちホテル!」が視聴率も視聴熱も盛り上がりに欠ける理由は「Missデビル」と全く同じ。

「崖っぷちホテル!」も「Missデビル」も、制作は日本テレビ子会社のAXON。いわゆる日テレグループの映像コンテンツ制作会社で、そろそろ危機感を感じて欲しいものです。

ということで、珍しく苦言が多く、気分展開です。我らが菜々緒姉さんの美脚CMでうっとりニヤニヤさせてください。

ディキュット スリムウエストタイツ 菜々緒編

おそとでメディキュット 着圧タイツ スレンダーマジック

スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。