もみ消して冬2話感想ネタバレとあらすじ。北沢秀作が抱くチワワが可愛い。

日本テレビ土曜ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」、その第2話の感想ネタバレとあらすじです。北沢家の末っ子・秀作(山田涼介) のへタレぶりが話題になった初回1話に続いての第2話。今回は長男・博文(小澤征悦) がトラブルを北沢家に持ち込んで一騒動。“なかったことに”できのか!?へタレ秀作!

参考までに、この「もみ消して冬」初回1話の視聴率は13.3%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と、今期のドラマの中でも高い数字を叩き出しており、この2話目で本質が問われるかと。このまま高い数字になるのか否や、そのあらすじをまずは追っていきたいと思います。

個人的にはドS姉さん知晶をずっと観ていたい、朝ドラ「あさが来た」以来の波瑠さんファンであります。


スポンサーリンク


もみ消して冬2話あらすじと感想ネタバレ

もみ消して冬2話あらすじ

家族の危機を乗り越え、北沢家の一員として少しだけ認められた気がする秀作(山田涼介)。と思う間もなく博文(小澤征悦)が血と泥にまみれて帰ってきた。

浜野谷院長(柴俊夫)の愛犬ジョンを逃してしまい、探し回っていたという。ジョンがなつけば昇進できると、こっそり手なずけようとしたらしい。

ジョンがいなくなる直前に一緒にいたことが浜野谷院長にバレてしまい、72時間以内に見つけないとクビと宣告されたピンチの博文は、そっくりな犬を探すという知晶(波瑠)の無謀な提案にのる。

賛成できない秀作を外して作戦は着々と進むが、楠木(千葉雄大)が活躍し、知晶に頼られていくのを見た秀作は、北沢家での自分の立ち位置が脅かされる危機を感じて…。
(C)日本テレビ土曜ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」
出典:日本テレビ土曜ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」番組公式サイト

確かに無謀です、知晶(波瑠)の提案。わが家にも二匹の愛犬が居るので分かるのですが、いくら顔や体つきがそっくりな犬であっても、性格は全く異なるので、外見だけそっくりな犬を見つけても、すぐにばれるのは明らか。

ちなみに、番組公式サイトに掲載されてる秀作(山田涼介)が抱えているチワワ。白黒の毛並みとアップルシルエットの横顔が、わが家の愛犬とそっくりで、いつ撮影に貸し出したんだ?と間違えるくらい。
(C)日本テレビ土曜ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」
出典:日本テレビ土曜ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」番組公式サイト

でも、接してみれば、絶対にうちの子とは違うと分かるというのが愛犬家の意見。ちなみにわが家のチワワは、食べることと寝ることしか関心が無く、こんな抱っこされてカメラポーズなんでできません(笑)。

ということで、どんな結末が待っているのか、放送を楽しみに待ちたいと思います。

もみ消して冬2話ネタバレ

今回は事件というほどでもないので、ネタバレにはならないかもしれません。執事の楠木(千葉雄大)が大活躍して、秀作の存在感が薄くなっていく中、秀作がどう動くのか?に焦点が絞られている感じなので、その辺りを後ほどご報告したいと思います。

もみ消して冬ネタバレ
浜野谷院長(柴俊夫)の愛犬ジョンは4歳のリトリーバー。この子が逃げ出してしまい、知晶(波瑠)が考えたのはそっくりな犬を見つけるということで、その血統書を入手して、双子の兄弟が居ることが判明。

運良くその兄弟犬をゲットすることができ、ジョンに成り済ます訓練をする秀作と楠木。やがて院長の家に届ける時間が迫り、クリーニング屋の車と征服を拝借して、院長屋敷に潜入。

こっそりと裏門の鍵を開けて、そこからジョンの兄弟犬を入れて鍵を閉めるが…。ここで秀作の良心が蘇り、もう一度屋敷の中に忍び込んで裏門の鍵を開けて兄弟犬を出そうとした瞬間、本物のジョンがさっと入ってきて、無事生還。

かくして、ジョンの失踪騒ぎと博文病院クビの件は、無かったことになったのだった。

スポンサーリンク


もみ消して冬2話感想

ドラマの感想としては、物語の展開や登場人物についてどう感じたかなどを書く予定ですが、この「もみ消して冬」については、どうしても波瑠さん中心のコメントになるかと。

波瑠さんが着ていた衣装がどこで買える?とか、本当はこんなことも書きたいのですが、でも全く女性の衣装については詳しくなく、残念無念の一言であります。

もみ消して冬2話感想
元警察犬のチャッピー。白黒のチワワで本当に可愛い限り。うちの子に本当にそっくりで、特にチョコチョコ走る姿に歓喜しまくりの土曜の夜、という感じだったでしょうか。

前回、クリーニング屋の児嶋は要るのか?と書いていましたが、今回でその役割が分かり、ごめんなさいアンジャッシュ。

それに執事・楠木(千葉雄大)の天真爛漫な笑顔の裏には、絶対に悪意があるなあと思っていたら、次回はその上司である小岩井凛治(浅野和之)が遺書を残して自殺騒ぎに?

上手い繋がりで、次週も見逃せないようです。

もみ消して冬2話ゲスト

北沢家の長男・北沢博文(小澤征悦)が勤務する病院の院長として柴俊夫さんが出演されます。もう説明がいらないくらいに有名な俳優さんですが、1947年(昭和22年)4月27日生まれの70歳だということを頭に入れておくと、その若々しさが実感できるかと思います。

ちなみに身長は180cmで、奥様が女優の真野響子さんで、娘さんも女優の柴本幸さん。大河ドラマ「風林火山」での由布姫が光った柴本幸さんも、もう34歳。歳月の流れる早さに感嘆、というか怖ろしいと感じるおっさんの独り言です。


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。