モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじと感想「悪いのは幸男なんだ」因果応報

ついにモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)こと柴門暖が殺人に手を染めた衝撃の前回。安堂完治が実の息子であると分かった神楽留美はどこに彷徨う?

安堂完治を留美に紹介し、2人が近親相姦することまで想定していたとすれば、実に末恐ろしい真海の復讐劇。しかも安堂は青年実業家と名ばかりの詐欺師であって、金に困ると盗みを働くはず…。

それを見越しての留美への警告。安堂はこんな危ない男とつるんでいると、安堂の刑務所仲間である寺角の写真を見せて、留美が安堂を監視することになり、やがて真海の屋敷に忍び込む安堂と寺角。

寺角は神楽から幸男に関係する書類を写真に撮ってこいという命を受けて、安堂は闇金からの借金取り立てが迫り、真海の屋敷で金目のものを物色。

そこに留美が現れて安堂を止めようとするが、寺角が留美に暴行して「やっちゃっていい?神楽の嫁だろ?俺とどっちがいいか、盗みの現場で興奮するねえ!」のクズセリフが頭にこびりついて、寺角類は死んで当然。

それを止めようとした安堂が寺角をグサリと刺してしまい、この親子は瀕死の寺角を土の中に埋めようとしている最中、ヘッドライトが光って真海様、お出まし。

2人が逃げ去った後、かすかに「助けて」という寺角に対して、サングラスを取ってアンジャッシュ児嶋ばりに「柴門暖だよ!」と言いながらその顔に土を被せて、寺角はジエンド。

留美は、寺角に殴られた酷い顔を隠そうともせずに、夫の会社にやってきて「お金ちょうだい。くれないならあなたの代議士への賄賂、バラすわよ」と、腹が据わった女の表情。

国有地の払い下げがどうなるか、その瀬戸際に追い込まれている神楽は、これで公私ともに問題を抱えることになり、一刻も早くライバル企業のPRをしている幸男をスキャンダルに追い込めなくてはいけない状況に。

振り返りが長くてすみません、モンテクリスト伯第7話です。

スポンサーリンク


モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじと感想

幸男が付き人をしていた香港の人気俳優・ショーン・リー。その人を借金のために裏切って香港マフィアを屋敷に手引き入れ。マフィアが金目のモノを物色中に、ショーン・リー家族が帰ってきて、マフィアに撲殺されてしまうショーン・リーとその奥さん。ちなみに奥さんは日本人。

その惨劇を目撃していた一人娘の名前はエデルヴァ。日本名は江田愛梨、今は幸男のマネージャーになっていると事をお忘れなく。

モンテ・クリスト伯7話あらすじ

幸男の家に、裏組織のダニー・ウォン(葉山ヒロ)とサム・ユンロン(ジョン・リ)が押し入り、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にとられる。かつて幸男も片棒を担いだショーン・リー(ジョー ナカムラ)事件の目撃者が香港警察と接触することになったとダニー。
(C)フジテレビ木曜ドラマ「モンテクリスト伯」7話 拉致されるすみれ(山本美月)
目撃者はショーン夫婦の娘、エデルヴァ。エデルヴァはダニーたちが人身売買で売り飛ばしたのだが、日本語を話す男が買い取った。ダニーは幸男が誰かに狙われているのだろうと、その男を探し出すよう命令する。家を飛び出した幸男は江田 愛梨(桜井 ユキ)に予定のキャンセルを連絡、さらに神楽清(新井浩文)に電話するのだがつかまらない。
(C)フジテレビ木曜ドラマ「モンテクリスト伯」7話 モンテ・クリスト・真海
その頃、神楽は訪ねてきた真海と会っていた。真海は留美(稲森 いずみ)に引き合わせた安藤 完治(葉山 奨之)が詐欺師だったと神楽に謝る。そして、間もなく幸男がショーンの事件に関与していたことを香港警察が知ることになるとも教えた
(C)フジテレビ木曜ドラマ「モンテクリスト伯」7話 真海と江田愛梨
寺角の遺体は匿名の通報で警察が発見される。寺角が浜浦町の出身で、15年前に暖が捕まった時の関係者だと国見悠馬(森岡龍)は入間 公平(高橋 克典)に報告。入間は、ラデル共和国から死亡報告が届いている暖を調べ始めた。
出典:フジテレビ木曜ドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』番組公式サイト

そして入間家では、モンスター嫁がその本性を現しそうです。入間公平の後妻である瑛理奈(山口紗弥加)が、舅の入間貞吉(伊武雅刀)に毒を飲ませようと(?)
(C)フジテレビ木曜ドラマ「モンテクリスト伯」7話 入間貞吉(伊武雅刀)と瑛理奈(山口紗弥加)
出典:フジテレビ木曜ドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』番組公式サイト

参考までに、今まで瑛理奈は2人の人物を毒物で殺害しています。一人目は、未蘭(岸井ゆきの)の家庭教師だった時に、入間公平の最初の妻の未蘭の母親を殺め、次は未蘭の婚約者を殺害。妻の座を手にするため、そして遺産相続人を増やさないためという理由から。

そして今回、莫大な遺産を持つ舅の貞吉にその魔の手が忍び…、でも貞吉も身体が不自由とはいえ、かつてはガミラス帝国の総統だった人物、いや、テロリスト集団の黒幕だった人物。

ちなみに総統は相当冗談がお嫌いなのです。

そうやすやすとやられるはずもなく、貞吉総統がどんな反撃をするのかも見どころの一つです。

ダニー・ウォン役・葉山ヒロ

(C)葉山ヒロ
生年月日:1975年(昭和50年)4月10日
出身地:京都府
身長:185cm
趣味:中国茶道
特技:日本語、北京語、広東語、英語少々

京都出身の葉山は台湾旅行時にスカウトされ、現地でモデルやCMで活躍した。台湾に2年半滞在後、香港のジャッキー・チェンの事務所「JCグループ」にスカウトされ移籍。8年在籍後独立し、現在は中国で自らの製作会社を持ち、映画のプロデュースを行うなど幅広い活動を続けている。
出典:産経新聞

香港の裏社会組織「ヴァンパ」のボス・ダニー・ウォンを演じたのが葉山ヒロさん43歳。彼もまた香港を拠点に活動している日本人俳優です。

おディーン様の日本での大ブレークを目の当たりにして、さぞかし発奮しているに違いありません。がんばれ葉山ヒロ、です。

モンテクリスト伯7話感想

結局、幸男が首吊り自殺。その直後に駆けつけた江田愛梨によって救出されて生きているという説もありますが、まずは「人生の全てに懺悔しろ」という香港語での江田愛梨の言葉が重く、エデルヴァがかわいそうな限り。

物語はまず、安堂の借金を返済するところから。正体がバレたにも関わらず、自分の世話をする留美に対して反抗的な態度を取る安堂は、まさに中2病。

そして妻子を人質に取られた幸男は、神楽を問い詰めるが神楽の口から出たのは「真海がお前を狙っている」と。香港警察にチクッているのは真海だと香港マフィアに伝え、妻子を取り戻した幸男は、すみれにショーン・リー殺人事件の真相を告白。

これに対して、すみれは貴方を支えるわと言っていたが…。ベストカップル賞に選ばれた幸男とすみれ。その受賞式の最中、幸男がショーン・リー殺人事件の主犯だという新聞記事が出たことで、マスコミに囲まれる幸男。

そしてすみれは、これで幸男を分かれるますと宣言してしまう。実は受賞式の前に真海に会いに行き「暖なんでしょ?初めて会った時から分かっていた。貴方を待っていなかった私が悪いの。幸男は悪くない」と言い、真海が苦渋の表情に。

「違う!悪いのは幸男なんだ!」「ある一人の漁師の話です。濡れ衣を着せられて遠い異国の牢獄に入れられ激しい拷問と空腹で意識が遠のき、やがてねずみに囲まれて死んでいった」と、柴門暖であることを告白。

そして、すみれと暖の結婚式当日、警察に電話したのは幸男で、俺は嵌められたんだ!と拳を握るおディーン様。

全てを知ったすみれは娘をつれて家を出て行った。一人残された幸男の前には江田愛梨マネージャー。香港スキャンダルでCMもドラマの全て中止となり、私も本日限りで辞めさせていただきます、半年間でしたがお世話になりました。でも最後の仕事をしていただきます。遺書を書いて下さいとノートとペンを差し出す愛梨。

どうして?幸男の問いに、私がエデルヴァよ、あの後、狭い所に押し込められて何人にも男の相手をし、一週間で気が狂いそうになり、一ヶ月でどうして生きているのかわからなくなってしまった。そんな経験をした私がエデルヴァよ、と。

このエデルヴァを引き取ったのが真海。そして真海とともに復讐の機会をうかがっていたということ。最愛の妻と娘に出て行かれ、放心状態の幸男は、すみれに愛している、全てはすみれへの愛のためと書いた遺書を書いたが、それがすみれにとって重荷になると思ったのか、それを破り捨てての首吊り自殺。

そこに駆けつけた江田愛梨の心境は如何に?幸男の娘に自分と同じ思いをさせたくないという気持ちがこちらに伝わってきて、桜井ユキちゃん、大女優の道が拓いたぞ~!

で、入間家では鬼嫁が舅・貞吉に毒を盛るカウントダウンが始まり、それは次回で。寺角の死体も見つかり、ようやく暖が生きて現れたことを知った入間公平と神楽だったが、さらにその上を行く真海、という感じでしょうか。

香港マフィアに屋敷で襲撃を受けた真海。でもマフィアのボスが仲間の裏切りに遭って、No2の男が真海と密通していたことが判明。それだったら秘書の土屋にも言っていれば、電気ショックで倒れることもなく、真海様のどSぶりと土屋が哀れ。

寺角殺害の犯人は、安堂と留美で、真海家の防犯カメラでその現場を押さえてあるから、これで入間公平と神楽も打撃を受けるでしょう。でも決定打ではなく、何を持って入間公平と神楽から全てを奪うのか?

これが楽しみでもあり恐怖でもある「モンテクリスト伯」、今期ナンバーワンのドラマ決定です&次週もお付き合いくださいよ、奥さん。

モンテクリスト伯・視聴率の変遷

第7話 5.9%
第6話 6.0%
第5話 5.3%
第4話 6.5%
第3話 7.1%
第2話 5.7%
第1話 5.1%
(ビデオリサーチ調べ 関東地区)

世間の皆さんはこの時間帯、一体何を見ているのでしょうか?TBS「櫻井・有吉THE夜会」?それとも日テレ「ダウンタウンDX」?、もしくは報道ステーション? う~ん、分からない。こんな刺激的なドラマは久しぶりなのに、リアルタイムで観ている人が少ないなんて…。

モンテクリスト伯・主題歌

DEAN FUJIOKA 2nd Single「Echo」Trailer

確かにツッコミどころ満載ですよ。このドラマ。まずなんといっても、なぜ柴門暖の顔を思い出せないのか?という事。幼なじみや婚約者がその顔を観ても思い出せない、こんな事があるかあ?と絶叫してもおかしくはないのです。

でもいいんです、ドラマの内容が凄すぎるから。個人的にはここ数年の中で最大のヒットドラマだと思っています。その衝撃はこのオーケストラの曲で分かっていただきたく、ショスタコーヴィチの交響曲第5番「革命」第4楽章です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。