精霊の守り人最終章(シーズン3)6話あらすじと感想ネタバレ。タンダは死ぬ運命?

NHK大河ファンタジー「精霊の守り人最終章」6話のあらすじと感想ネタバレです。ついにタルシュ帝国が新ヨゴ国に攻め入り、戦闘開始。しかし、鍛錬の経験が無い農民だらけの新ヨゴ国の守りはすぐに破られ、兵となっている農民たちは、なす術もなく斬られまくり。その中にはタンダ(東出昌大)の姿があり、コチャ(とまん)を敵から守る最中に足に刃が刺さり絶体絶命の危機。

そしてタンダの魂は、トロガイ(高島礼子)の下にやってきて、まるで死人のような口ぶり。「早く身体にお戻り」の言葉に、鳥となって飛んでいきましたが、あれはタンダは死ぬ運命という伏線ではないかと。

原作本を読んでいないので、全く予測がつきませんが「精霊の守り人最終章」も残り3話。すでにバルサロスを感じてしまうほどの面白いドラマであります。でも視聴率が悪いということで、その原因の一つを挙げてみたいと思います。

「精霊の守り人最終章」6話、カンバル王国がロタ王国と同盟を結んで新ヨゴ国を支援することになり、チャグム皇太子の用心棒としての役目を終えたバルサ(綾瀬はるか)。カンバル王国のラダール新国王の即位式の後、チャグム皇太子とバルサが別れの言葉を交わすのですが、その際に流れる過去の映像の数々。

2人が歩んだ道のりとその苦難さを表現するには最適なのかもしれません。それにこの最終章から「精霊の守り人」を観る人にとっても分かりやすくなっており、おそらくはそういう意図なんでしょう。

でも、「精霊の守り人」を3年前からずっと観続けてきた視聴者にとっては、なんとも焦れったく感じられ、もっとテンポよく進んで欲しい!とテレビ画面の前で苦渋の表情であります。

悪の軍団・ロタ帝国の侵略が始まっているのに、もっと急げ!チャグム!呑気に昔の出来事を思い出している場合じゃない!という感じでしょうか。

とにかくドラマの進展の序破急というか、リズム感が悪いという印象の「精霊の守り人最終章」。時間をかけるシーンは当然あるべきですが、テンポよく魅せるシーンも必要で、タルシュ帝国が攻め入ってきたなら、その対応なりをもっと素早く展開してこそ、戦いの臨場感が出るというもの。

物語のテーマ性、登場人物のキャラ設定とキャスト陣、それにCGと音楽、全てがほぼ完璧なドラマで、もっと続編を観たいと願うのですが、このテンポとリズム感だけが本当に残念。これでリアタイ視聴を脱落する人もいるはずで、それは結果的に視聴率に繋がっているのではという見立てです。

スポンサーリンク


ロタ王国が久しぶりに登場しました。イーハン閣下(ディーン・フジオカ)の相変わらずのカッコよさ。そしてロタ王国南部の大領主スーアン(品川徹)の息子オゴン(富澤たけし)が、初めて言葉を話したような(?)

ここにタルシュ帝国のラウル王子(高良健吾)が、密偵ヒョウゴ(鈴木亮平)とともに乗り込んできて、スーアンとオゴンを恫喝。打倒イーハン、そしてタルシュ帝国の手先として新ヨゴ国への兵を挙げさせたのですが、果たして、この狡猾な父親スーアンと食うことだけしか能がない息子のオゴンは、このままタルシュ帝国の意のままに動くのか?あるいはイーハン閣下と手を組むのか?この親子が北の大地の命運を担っているものと予想です。

そしてもう一人、新ヨゴ国、カンバル王国、ロタ王国の命運を握る人物がいます。それは「精霊の守り人」シーズン2「悲しき破壊神」で登場したアスラ(鈴木梨央)。怒りや悲しみが頂点に達すると、その神がかった異能の力で万物を壊してしまう少女。

トロガイやカンバル王国の牧童トト(米良美一)が予言している「この国は無くなってしまう」というのは、タルシュ帝国のよる北部三国への侵略で北部三国が消滅するのではなく、アスラの怒りと悲しみが引き起こす偉大な力で、この世が全て更地になってしまうのではないかという妄想です。

とにもかくにも、こんな壮大なドラマを作れるのはNHKしかないのですから、ぜひともこの大河ファンタジーを成功させなければいけません。さあ、みんなで見ましょう!精霊の守り人最終章!と太字で書いて、次週も宜しくお願いいたします。

ちなみに、ヒョウゴは今日から「西郷どん」が始まります。コスプレ・ヒョウゴから裸の吉之助へ。こちらもお見逃し無く。


出典:NHK大河ファンタジー「精霊の守り人 最終章」公式サイト
あらすじやキャスト相関図などにつきましては、「精霊の守り人 最終章」公式サイトをぜひご参照ください。非常に分かりやすく作られております。

精霊の守り人 メインテーマ

NHKドラマ『精霊の守り人』テーマ曲
作曲:佐藤 直紀 編曲:大木 裕一郎
演奏:花野恵里さん

スポンサーリンク



文:許してチョンマゲ

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。