なつぞら(105話7月31日)死神の娘キアラのキャラクター作りが混迷を極める

NHK連続テレビ小説

なつぞら(105話7月31日)

●東洋動画・階段踊り場

坂場:僕と… 僕と! 結婚して下さい。結婚…してくれませんか? ぼ… 僕の気持ちはずっと前から分かっていたでしょう…。

なつ:いや… 全然分かりませんでした。

坂場:ずっと長編映画の演出ができたら 言おうと思ってたんです。

なつ:えっ…。

坂場:あなたの気持ちはどうですか?

なつ:はい… 分かりました。

坂場:えっ?

なつ:結婚します。

坂場:えっ… いや 本当ですか?

なつ:はい。

坂場:いや… 結婚ですよ? 

なつ:えっ…何を疑ってるんですか?

坂場:映画が成功したらですよ。

なつ:それ… いる?

●喫茶「リボン」

桃代:えっ 何それ?いきなり結婚?

なつ:びっくりするでしょ。

桃代:うそだ… 本当は今までつきあってたからでしょ?

なつ:本当につきあってないってば… 多分。

桃代:えっ それでいきなり結婚してもいいと思ったわけ?

なつ:う~ん… まあ 不思議なんだけど そうかなって気がして…。やっぱり そうなるのかなって…。

桃代:何それ? それ 今頃気付いたの 本人だけだからね。

なつ:でもイッキュウさんは 今度の長編漫画映画が成功しなければ結婚できないと思い込んでるみたいで。

桃代:だから今まで告白できなかったってことか…。実はね 私も今ね 東洋動画の助監督とつきあってるのよ。

なつ:えっ! えっ… そうなの?

桃代:うん。知り合いに紹介されてね。彼も監督になるまでは結婚したくないって思ってるみたい。

なつ:まあ 結婚と成功は関係ないのにね。

桃代:うん… 不器用な男ほど そう考えないのよ。あ… でも大丈夫よ。きっと成功するわよ。テレビだって成功したじゃない。

なつ:うん… まあ そのために頑張るわけじゃないけど 必ず成功させたいわ。長編漫画映画は私の夢でもあるから。あ… モモッチ。

桃代:ん?

なつ:作画課の人たちには言わないでね 何か恥ずかしいから。

桃代:うん 分かった。仕上課にしか言わない。

なつ:それも同じだから! 誰にも言わないで。

桃代:うん… うん 分かった。分かったって。

それから その長編漫画映画の企画は猛烈な勢いで進んでゆきました。

●東洋動画作画課

坂場:題名はまだ仮ですが「神をつかんだ少年クリフ」です。ある村の巨大な木に誰にも抜けない剣が突き刺さっています。それをある日 一人の少年クリフが引き抜き 村人から英雄と見なされます。しかしそのクリフの前に神が現れて その剣を砕いてします。その神とは戦の神であり つまり死神です。死神の目的は神を畏れなくなった人類に戦をさせて滅ぼし もう一度 世界を創造し直そうということです。そしてその村に 死神の娘であるキアラが現れます。キアラは父の命令でこの村に戦をもたらそうとしてるんです。そのキアラとクリフが出会い 互いにひかれ合うようになっていく。戦争という運命の中でどうやって人間が善と悪を見極めていくか それがテーマです。では引き続きキャラクターを検討していきたいと思います。まずはクリフから。クリフは決して諦めない勇気ある少年です。
 
しかし その勢いはすぐに止まりました。なつが描く死神の娘キアラのキャラクターに イッキュウさんはなかなか納得せず 脚本作りは遅れ 予定の8月になってもまだ作画の作業に入れずにいました。

なつ:違う?どこが違うんですか?

坂場:キアラは戦をつかさどる神の娘で この村に争い事をさせに来たわけですが これだといかにも災難をもたらしそうな娘って感じがするじゃないですか。

なつ:もっと か弱い方がいいってことですか? みんながだまされやすいようなキャラにしろってことですか?

坂場:いや 強くは見せたいですよ。か弱い女の子にはしたくない。

神地:一見 か弱そうに見えて 実は強かったなんて それこそ通俗的だからね。

坂場:しかし これは強すぎます。

神地:強い女性だけど 主人公が恋に落ちるような魅力もないとさ…。

坂場:神っちの言うとおりです。

仲:どう? 何か困ってる?

なつ:仲さん…。

坂場:いえ 大丈夫です。

神地:大丈夫ですよ。

仲:大丈夫?

なつ:はい…。

仲:少し内容が難しすぎないかな。子どもたちがついていけるかな。

坂場:大丈夫です。ちゃんと活劇にはしますから。

仲:アクションが面白ければいいというものでもないからね。

坂場:話が分かりやすければ いいというものでもないでしょう。

なつ:ねえ ちょっと…。

仲:そうかな。

なつ:あの 仲さん…。

坂場:ほかに何か?

仲:いや…。

坂場:生意気なようですが 好きにやらせて下さい。責任は取りますから。

仲:分かった。それじゃ 成功を祈ってるよ。

なつ:何で仲さんにそんな失礼なこと言うんですか? 何か手伝おうとしてくれたんじゃないですか?

神地:あの人に泣きついたらおしまいだよ。永久に新しいものなんか できなくなる。

なつ:えっ…。

坂場:とにかく あなたはキアラについて もう少し考えてみて下さい。

●東洋動画・中庭

なつ:はあ…。仲さん…。

仲:あっ なっちゃん。いや 暑いね。

なつ:仲さん… さっきイッキュウさんが何か失礼なこと言ったみたいで すいません。

仲:君が謝らなくたっていいんだよ。しかし 遅れてるみたいだね。

なつ:はい… なかなかキャラクターのイメージをつかめずに困ってます。キャラクターが出来てないと イッキュウさんも脚本が完成できないんです。

仲:普通は脚本から入るのに 珍しい演出家だよね。自分で絵を描けるわけでもないのに。

なつ:仲さんは あの人がやろうとしていることは 間違ってると思いますか?

仲:なっちゃん… 僕には分からないんだよ。

なつ:えっ…?

仲:彼のやろうとしてることが 正しいのか間違ってるのか 新しいのか そうじゃないのか…。どうも判断がつかない…。それが悔しいんだよ。

なつ:悔しい?

仲:アニメーターとして 自分の限界を突きつけられたみたいで 悔しいんだ…。

●喫茶「リボン」

下山:井戸さん。

井戸原:うん?

下山:仲さんって やっぱりイッキュウさんのことを嫌ってるんすかね?

井戸原:嫌ってる? そんなことはないだろ。イッキュウさんを嫌ってるのは むしろ俺だよ。

(せきこみ)

下山:堂々と言いますね。

井戸原:仲ちゃんは どっちかというと 買ってるんじゃないか 彼を。

下山:買ってる?

井戸原:うん。 今度の演出にしたって 君に言わせたんじゃないのかな 坂場イッキュウを使ってほしいと。

下山:えっ…。

井戸原:そうさせるためには テレビで彼を成功させなければならなかったろう。だからこそ まな弟子の奥原なつを テレビに送り込んだんだよ。

下山:なっちゃんを…。

井戸原:うん。まあ あくまで俺の推測だけどな。

●東洋動画作画課

坂場:違うんだ… 違うんです。キアラのキャラクターはこうじゃないんです!神の怒りと人間の愛に引き裂かれていくような登場人物なんです。何度言ったら分かるんですか?こういう説明的で分かりやすいキャラクターじゃないんです!

なつ:あなたがどうしたいのかを考えて あなたの頭の中に向かって絵を描くのは これ以上無理です。

坂場:僕はもっとアニメーターの中から湧き出てくる そういう絵を使って映画を作りたいんです。テレビとは違うものを。

下山:それは無理だよ イッキュウさん。テレビと同じようにね 時間だって制限はあるんだから。

なつ:映画を作らなければ 元も子もありません。あなた一人が作っているわけじゃないので…。

坂場:そんなことは分かってます!だから待ってるんです!私は絵描きじゃない。だから理想のキアラを描くことはできない。でも妥協はしたくない!私は私を超えたいと思っています。どうか… 皆さんも 皆さんを超えて下さい。そういう絵を出して下さい。早くあなたのキアラを見せて下さい。

仲:なっちゃん。

なつ:あっ 仲さん お疲れさまでした。

仲:なっちゃんに頼みがあるんだけど。

なつ:頼み? えっ?

なつよ それはきっと仲さんの魂だ。

●感想

あなたがどうしたいのかを考えて あなたの頭の中に向かって絵を描くのは これ以上無理です。

なっちゃんのこのセリフは、結婚したとしても所詮、夫婦は他人という意味合いではないかと。そう考えると実に奥深い内容で、熱中症に気をつけましょう。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク