なつぞら11話ネタバレ|天陽家族は拓北農兵隊として音問別に入植してきた

朝ドラなつぞら(11話4月12日)あらすじと感想

●音問別小学校

なつよ さあ 始まる。

カラーアニメーション映画「ポパイ~アリ・ババと40人の盗賊」上映

(笑い声)

(拍手)

夕見子:ねえ 何しているの?

なつ:えっ?

夕見子:もしかして 漏らしたの? 私はずっと我慢してた。先 行くね。

なつ:天陽君! あっ 郵便屋さん。

正治:やあ 君は柴田牧場さんとこの…。天陽の友達だったのか。

なつ:はい。

天陽:えっ 知ってるの?

正治:うん 手紙を… ね。

なつ:あの まだ来ませんか?

正治:うん… そうみたいだね。来たら すぐに届けるから。

タミ:あなたが東京から来た子ね。

なつ:はい。

タミ:いろいろ 大変なことがあったんでしょうね。天陽と仲よくしてやったね。

なつ:はい。あっ 面白かったね!

天陽:えっ?

なつ:漫画映画 すごく面白かった!

天陽:あっ そうか。

なつ:天陽君は面白くなかった?

天陽:そんなことないよ。前見たのは 白黒だったけど 今のは天然色だったし。

なつ:色がすごくきれいだった。

天陽:やっぱり アメリカの映画は進んでるなあ。兄ちゃんが言ってたけど アメリカにはディズニーっていう漫画映画があるんだって。それはすごいらしいよ。

なつ:わあ~ 見たいなあ。

正治:しかし 恐ろしい爆弾も作れば ああいうものも作るんだからな。学校もすぐにアメリカ礼賛っていうのは どうなんだろうな。さんざん鬼畜米英だと教育しといて。

タミ:あなた…。

剛男:なっちゃん 帰ろう。夕見子は?

なつ:お便所。

剛男:あ~…。

富士子:あら 郵便屋さん。

正治:こんにちは 柴田さん。

タミ:山田の家内です。いつも学校で息子が なつさんと仲よくしてもらってるようで。ありがとうございます。

富士子:こちらこそ。なんだ そだったの。

なつ:はい。

正治:それじゃあ これで。

タミ:さようなら。失礼します。

なつ:さようなら。

天陽:今度 うちに遊びに来いよ。

なつ:えっ?

天陽:うちに 絵の具があるんだ。絵を描かしてやるよ。

なつ:本当に? いいの? 行っても。

天陽:いいよ。

正治:天陽 あんな家に柴田さんのお嬢さんを招くなんて失礼だぞ。

なつ:ダメですか?

富士子:あの~ もしよかったら 是非。

正治:あっ… そりゃ もちろん うちは構いませんが。

タミ:はい… いつでも どうぞ。

それから ある日のこと。学校帰りに天陽君と一緒にその家に向かいました。天陽君の家は 本当に小さな家でした。

●山田家・馬小屋

天陽:こっちは馬小屋なんだ。行こう。

なつ:うん。うわ~ すごい! これ 天陽君が描いたの!?

天陽:違うよ。それは兄ちゃんが描いたんだ。

なつ:お兄さんが?

天陽:うん。中学で美術部に入ってるんだ。兄ちゃんの絵 すごいだろ。父さんも兄ちゃんのために 無理して絵の具を買ってるんだ。僕の絵はこっちだよ。ここで死んだ馬の絵を描いたんだ。

なつ:だから黒いの?

天陽:そういうわけじゃないよ。黒い絵の具は 赤や黄色よりも安いんだって。それに あんまり 兄ちゃん使わないから。何か描く? ここにあるやつ どれ使ってもいいって 兄ちゃんに言われてるんだ。

なつ:あっ… いいよ。

天陽:せっかく来たのに。遠慮するなよ。絵 描きたいんだろ?

なつ:また 今度。今日は天陽君の絵を見られただけで満足。

天陽:そっか。

天陽:貧しくて驚いただろ?

なつ:そんなことないよ。私なんて ずっと家がなかったんだから。

天陽:そっか。

なつ:頂きます! 冷たくておいしい!

●山田家・畑

天陽:畑がうまくいかないから… ダメなんだ。

なつ:えっ?

天陽:ここは いくら耕しても土が悪いと言われて 父さんはもう 耕す気もなくなってしまったんだ。

なつ:そうなの?

天陽:それで父さんは なんとか郵便局の仕事を見つけて 母さんは近くの畑を手伝って 食べ物をもらってくるんだ。それも今年の秋までのことかもしれない。

なつ:えっ?

天陽:ここを離れるんだ。

なつ:東京に戻るの!?

天陽:分からない。だけど もうここにはいられないよ。作物が育たなければ 捨てるしかないよ こんな土地。せめて あの馬が生きていたらな…。俺の力じゃどうすることもできない!農家にとって馬の力は欠かせないんだ。悔しいけど…。チクショー! チクショー!

なつ:天陽君は農家をやりたいの?

天陽:そりゃ やりたいよ! 俺はここで生きたいんだ! ここが好きなんだ! この土に勝ちたいよ! 勝ちたい…。くそ~! くそ~! くそ~! あ~!

●柴田牧場・牛舎

悠吉:それは 拓北農兵隊だな。

なつ:たくほくのうへいたい?

剛男:何ですか? それ。

悠吉:ああ 剛男さんは 戦争に行ってて知らんでしょう。つまり 日本の政府が空襲で家をなくした東京の人に 北海道へ行って開拓しなさいよと勧めたってわけです。なっちゃんの同級生も そんなでここ音問別に来たんだべ。

菊介:けど 今更来たって まともな土地はみんな開拓されたあとで もう人が住んでるのさ。

剛男:そうだろうねえ。

菊介:結局 たくさんの人がもう東京に帰ったって話だけどね。

悠吉:しかたないもな。食うもんが作れないんじゃ。

剛男:なっちゃん?

泰樹:ん? 何だ。

なつ:あの… お願いがあります。天陽君を助けて下さい。

泰樹:何 助ける?

なつ:畑で収穫ができるように。

泰樹:親はとっくに諦めてるんだべ。

なつ:天陽君はそれでもやりたいって言ったんです。はっきり言いました。土に勝ちたいって。

泰樹:勝ちたい?

なつ:はい。土に勝たせてあげて下さい!

泰樹:無理だ。土が悪すぎる。

なつ:見てもないのに…。

泰樹:見んでも分かる。

なつ:おじいさんだって 最初はそうだったんでしょ? 土が悪かったって。

泰樹:なつ もう ほっといてやれ。

なつ:うそつき! おじいさんは自分の力で働いていたら いつか必ず誰かが助けてくれるもんだって言ったじゃない! 天陽君は一人で頑張ってるの! 一人で土を耕してるの! 天陽君を誰が助けてくれるの!?

剛男:なっちゃん 分かったから… ねっ。

●柴田家・居間

剛男:なっちゃんは?

富士子:部屋に行ったみたい。

剛男:そう… 天陽君が離農しそうだって 本当に心配してるんだなあ。

富士子:天陽君 いなくなるの?

剛男:うん。それで お義父さんに助けてくれって 泣いて頼んでたよ。

富士子:あの子がそんなことを?

剛男:優しい子だよ。

夕見子:好きなのさ その子が。

剛男:好きなのか… えっ?

夕見子:あの子の好きな人でしょ 天陽君って。

富士子:そうなの? やっぱり。

剛男:いや いや いや いや 好きとか嫌いとか そういうもんではないでしょう。まだ子どもなのに。

夕見子:はあ~?

富士子:それは あなたがまだ子どもだと思いたいだけでしょう。

剛男:えっ?

富士子:好きになった子と離れたくないのね きっと。

剛男:いやいや それは君が逆に あの子を子どもに見てるだけだと思うな。あの子の怒りは そんな単純なものではなかったような気がする。

泰樹:じゃあ どういうもんだ?

剛男:ああっ… あの もっと… この世界に対する何と言うか こう…。

泰樹:あの子の怒りは あの子にしか分からん。それでいい。ごちゃごちゃ言うな。

剛男:ごちゃごちゃ言わせているのは お義父さんでしょう。

泰樹:何?

剛男:あっ いや…。

●柴田家・子ども部屋

<私にも そんなことは分かりませんでした。自分がなぜ あんなに怒ったのか>

なつよ それはお前が今 少なからず幸せだからだ。

ナレのなっちゃんパパが言いたかったのは、泰樹が8話で言ったこのセリフがあったから。

怒りなんていうのは とっくに通り越しとるよ。怒る前に あの子は諦めとる…。諦めるしかなかったんだ。それしか 生きるすべがなかったんじゃ。あの年で…。怒れる者はまだ幸せだ。自分の幸せを守るために人は怒る。今のあの子にはそれもない。争いごとを嫌って あの子は怒ることができなくなった。あの子の望みは ただ生きる場所を得ることじゃ。

ということで、怒りを見せない人はメンタル面が心配だと書いて、また明日です。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。