なつぞら(110話8月6日)良子「北海道の牛飼いは8割から9割が赤字経営だ」

NHK連続テレビ小説

なつぞら(110話8月6日)

●十勝・柴田家居間

なつ:じいちゃんのバター? えっ じいちゃんのバターを農協で!?

泰樹:うん。

剛男:十勝の農協が集まって 乳製品の工場を作ろうとしてるのさ。いわば 酪農家自ら設立する乳業メーカーだな。

なつ:へえ~ 農協が今度は乳業メーカーまでやろうとしてんの!

剛男:その先頭に立ってるのが うちの田辺組合長だ。

なつ:その田辺組合長に 夕見は信頼されてるんだって?

夕見子:まあね。半分は通訳を兼ねて一緒にヨーロッパに視察旅行に行ってきたからね。向こうじゃ 酪農家自らチーズやバターを作って売ってるのさ。立派な工場だって持ってる。それを十勝でもやろうとしてんのさ。

なつ:すごいね。

坂場:すばらしい考え方です。

富士子:おかげで 夕見子もなかなか結婚のことを考えてくれないんだわ。

夕見子:また すぐ そったらこと言う。

なつ:ごめんね 夕見。夕見より先にして。

夕見子:大丈夫。全然羨ましくないから。

弥市郎:あっ まあ はい。

坂場:あっ すみません。

明美:でも おかしいでしょ なつ姉ちゃん。あんなに牛乳や牛が嫌いだった夕見姉ちゃんが 結局 なつ姉ちゃんに代わって 今じゃ じいちゃんのバターまで作ろうとしてんだから。

なつ:そだね… 本当にそだね! じいちゃん いかったね。

泰樹:新しいことしなけりゃ 十勝の牛飼いは 牛飼いの喜びを感じることもできなくなってるんだ。

なつ:牛飼いの喜び…。

●帯広「雪月」

妙子:ありがとうございました。

次の日 なつとイッキュウさんは 帯広に来ました。

妙子:いらっしゃい… あれ!

なつ:こんにちは。

雪次郎:あっ なっちゃん!

なつ:おお~! 

雪次郎:イッキュウさん!

坂場:お久しぶりです。

雪次郎:待ってたわ。昨日 こっちに来たのかい?

なつ:うん。元気そうだね 雪次郎君。

元気だ。いや~ 俺はこうなると信じて待ってたわ。

妙子:まあ 座って。今 うちの人と ばあちゃんにも知らせてくるからね。

なつ:あっ おばさん これ 最近売られてる東京のお菓子。おじさん 興味あるかなと思って。

妙子:そりゃ喜ぶわ。ありがとう。

雪次郎:ありがとう。

妙子:ゆっくりしてって。ね…。

雪次郎:あっ イッキュウさん うちの菓子 何でも好きなの食べてみて。

坂場:はい。すっかり菓子職人になったんですね。

雪次郎:あ… はい。結局 役者より職人の方が向いてたのかもしれません。

なつ:もうお菓子作ってんの?

雪次郎:まあ 最近やっとな。したけど ここにあるのは全部 おやじが考えて作ったんだ。自分の菓子が作れなくちゃ 一人前とは言えねえべ。あっ 咲太郎さんや亜矢美さんは元気かい?

なつ:うん。あっ お兄ちゃんの会社も どんどん忙しくなってるみたい。

雪次郎:そうか…。俺がいなくても東京は回るんだな。

坂場:実は僕も会社を辞めたんです。

雪次郎:えっ? えっ?

雪之助:なっちゃん なっちゃん なっちゃん! なっちゃん! あ~ なっちゃん いらっしゃい!

とよ:なっちゃん おめでとう!

なつ:とよばあちゃん おじさん ご無沙汰してます。

とよ:どれ どれ どれ どれ。なっちゃんをもらいに来たって人は あんたかい?

坂場:はい。

とよ:頭いいんだってね。

雪之助:やめれ。なれなれしいべ いきなり。

とよ:なっちゃんの相手なら うちの親戚もおんなじだべさ。

雪之助:親戚でもなれなれしいわ。なっちゃん お土産ありがとね。

なつ:あっ いえ。

妙子:東京では もう雪次郎もいろいろお世話になったみたいで…。

坂場:いえ こちらこそ。あの 坂場一久と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

雪之助:あ… これはどうも。帯広 雪月の小畑でございます。

妙子:まあ座って。座って 座って…。

とよ:柴田のじいさんに殺されなかったかい?

坂場:は… はい。

なつ:なんとか許してもらえたみたい。

とよ:なんとかかい? やっぱし ヤキモチ焼いたのかい?

なつ:いや そういうんじゃないんだけど…。

雪次郎:会社を辞めたから?

とよ:えっ?

なつ:まあ… そんなとこ。

雪之助:えっ 会社ってなっちゃんの?

なつ:いや 私は辞めてないんですけど この人は辞めてしまって。

とよ:したら 今は無職かい?

坂場:はい。

とよ:それは反対されても無理ないべさ。それでよく来たね。

雪之助:やめれって。

坂場:すぐに次の仕事を見つけようと思ってます。

とよ:そら そうだわ。

なつ:それで私も満足なんです。

とよ:なっちゃんにとったら そったらこと 苦労のうちに入らんもね。

なつ:はい。ず~っと強い とよばあちゃん 見習ってきましたから。

とよ:うれしいこと言ってくれるね。

(笑い声)

雪之助:あっ そうだ なっちゃん ウエディングケーキは 俺にタダで作らせてくれよ。

なつ:えっ?

雪之助:世界一のな 十勝のケーキ作る。じいちゃんの牛乳でな。

なつ:ありがとう おじさん。

妙子:なっちゃんには本当 お世話になったからね。もう ケーキなんて安いもんよ。幸せになってくれて本当にいかった。おめでとう。

なつ:おばさん ありがとう。

坂場:すみません。あっ あの… 仕事はなんとかしますから。

大丈夫 イッキュウさん。慌てない 慌てない。 

とよ:あ~れ! ほれ あれ 先生!

なつ:ああ… 倉田先生!

倉田:やあ。

なつ:何で!

雪次郎:俺が知らせたんだ。なっちゃんが今日ここに来るって。

なつ:え~!

倉田:奥原なつ 元気だったか?

なつ:はい。

倉田:よし。お前の漫画映画はいつも見さしてもらってるよ。「神をつかんだ少年クリフ」あれは…。すばらしかったな。お前の魂を感じた ハハハ。

なつ:よかった…。うれしいね…。

坂場:ありがとうございます!

倉田:うん… ん?

雪次郎:あっ 先生 その映画を演出したのが この人イッキュウさんです。

倉田:イッキュウ…?

雪次郎:あ… じゃなくて 坂場一久さんです。この人と 今度 なっちゃんが結婚することになったんですよ。

倉田:ああ そうかい。君があの映画を…。うん あれを作った君なら 奥原を安心して任せられる。奥原なつを どうかよろしくお願いします。

坂場:こちらこそ よろしくお願いします。

雪次郎:いかったな なっちゃん。

なつ:うん ハハ…。

雪之助:あ~ いらっしゃい。

なつ:あ~!

門倉:おお… 奥原!

なつ:よっちゃ~ん!

良子:なっちゃ~ん!

なつ:なしてよ よっちゃん! 私を置いて こんな人と結婚したの!

門倉:えっ?

良子:ごめんね なっちゃん…。なっちゃんがいなくて つい寂しくて… 魔が差したの!

門倉:ええ?

なつ:よっちゃ~ん!

良子:なっちゃ~ん!

倉田:まあ いいじゃないか 一緒にはなれたから。な。

門倉:そうっすね…。

雪次郎:はい どうぞ。

なつ:ありがとう 雪次郎君。ここでみんなに会えるとは思わんかったわ。

雪次郎:なんも なんも。

門倉:お前 天陽は呼ばなかったのか?

雪次郎:えっ?

良子:バカでないの あんたは!

門倉:あっ すまん…。

なつ:なんも なんも。もちろん 天陽君にも会いたいと思ってんのさ。あっ この人も天陽君の絵が好きなんだわ。

坂場:はい。できれば たくさんの絵を見たいと思っています。

倉田:あいつは今や立派な画家だ。あっ もちろん 職業的にという意味ではなく あいつの生き方そのものが画家なんだ。土を耕し 牛の乳を搾り 家族と生きている その手から 自分の作品を生み出している。したから あいつの絵は純粋で尊いんだ。

雪次郎:あっ 天陽んとこ おととし 男の子が生まれたんだわ。

なつ:知ってる… よっちゃんのとこは 2人いるんだっけ?

良子:気付かないと思うけど 今 ここに3人目。

なつ:いや… たたいちゃダメっしょ!

門倉:雪次郎 お前もグズグズするな。いつまで一人でいるつもりだ。根性入れて 相手を探せ! ねえ おばさん。

妙子:本当。もっと言ってやって。

雪次郎:俺はいんだよ まだ。

門倉:何で?

雪次郎:寄り道したから まだ半人前だ。

なつ:フフッ。あっ 倉田先生。

倉田:うん?

なつ:農協が今度 自分でバターを製造する乳業会社を作ろうとしてるみたいなんです。

雪次郎:バターを?

倉田:奥原も聞いたか。いいかい? これは非常に画期的なことなんだ。農民が企業に頼らずに 自ら作った乳製品を消費者に届けようとしているんだからな。

門倉:北海道の牛飼いは 8割から9割が赤字経営だ。良子の家の牧場 俺が継いでよく分かった。

良子:メーカーが買う北海道の牛乳は ほとんどがバターとかの加工用で安いんだわ。

門倉:柴田牧場だって楽じゃねえべさ。

なつ:そうなんだ…。

倉田:だから 農協自ら工場を作ろうとしているのさ。まあ それこそ 田辺組合長の言っていた 酪農王国への道なのさ。

なつ:酪農王国…。

回想田辺:この十勝全体を 全国一の酪農王国にしたいんだ。

雪次郎:それを 夕見子ちゃんもやってるんだな。

なつ:うん。

●音門別農協・組合長室

(ノック)

夕見子:組合長 大変です!

田辺:どした? 夕見子さん。

夕見子:国から横やりが入りました。

田辺:横やり?

夕見子:十勝の市町村長宛てに 集約酪農地域についての速達文書が届いたみたいです。

田辺:それは 十勝全体を集約酪農地域に指定するということかい?

夕見子:そういうことです。それも今日届いたのに その返答をあさってまでにしなくちゃならないそうです。

田辺:あさって? あさっては日曜でないかい!

夕見子:そうです。ほとんど こっちには時間がありません。

剛男:組合長 どうしますか? これはどう考えても 工場建設に対する妨害です!

●柴田家居間

なつ:その集約酪農地域っていうのに 指定されると どうなっちゃうの?

剛男:酪農地域として国の補助が受けられる。あっ ありがとう。

なつ:それって悪いこと?

剛男:勝手に乳製品工場を建てられなくなるのさ。

夕見子:国が我々の計画に反対してるってことよ。恐らく 裏でメーカーが働きかけてるのさ。

剛男:したから そういうやり方で潰しに来たんだ。

富士子:恐ろしいわね。

坂場:世の中の仕組みを変えようとしてることですからね。

なつ:それでどうなるの? 工場は建てられなくなるの?

剛男:いや 建てる道は一つだけある。明日中に届け出を出せばいんだ。

なつ:明日中に?

夕見子:そう。集約酪農地域に指定される前なら 工場新設の届け出だけで工場は建てられる。

坂場:明日は土曜日ですね。

剛男:そうなんだよ。明日中といっても お役所は午前中しかやってないから それまでに組合長会議で決定して届け出も出さなくちゃならない。

富士子:午前中に全部かい。

夕見子:その準備に追われて 今日はこんな時間になったの。

泰樹:わしらにも できることあるかい?

剛男:お義父さん。

夕見子:じいちゃん…。そだ じいちゃんらも できれば会議に出て!

なつ:えっ?

剛男:なして?

夕見子:酪農家が結束してるところを見せれば 組合長たちも迷わないべさ。

剛男:あっ… したら 明日の朝 できるだけ人を集めよう。

なつ:えっ したら 私も行く!

坂場:僕も行かせて下さい!

剛男:えっ?

坂場:あっ いや… なつさんが大切にしている十勝の酪農のことを 少しでも知りたいんです。

泰樹:勝手にすりゃいいべ。

坂場:はい!

●柴田牧場・作業場

泰樹:そういうことで みんな 農協に向かってくれ。

菊介:はい。

悠吉:おやっさん 分かった。行くべよ。

坂場:菊介さん 先日は申し訳ございませんでした。

菊介:は?

坂場:皆さんの苦労を何も知らずに 軽はずみなことを言いました。

菊介:いや…。

坂場:皆さんの工場を必ず造って下さい。応援しています。

なつよ この人はこういうことが本当に好きなんだな。

なつ:うん。

●感想
久しぶりに大量のセリフが飛び出し、ひぇ~と朝から悲鳴の8月6日火曜日は、広島原爆の日。

戦争のない平和を願い、黙祷します。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク