なつぞら(117話8月14日)昭和42年8月15日、風車でなつ咲太郎の結婚祝賀会

NHK連続テレビ小説

なつぞら(117話8月14日)

●新宿「風車」

咲太郎:俺は母ちゃんの子どもになれて 本当に幸せだったな。

亜矢美:何言ってんの 今更…。

咲太郎:母ちゃんに会えなかったら 俺は確実に死んでたからな。母ちゃんが俺に ただ生き延びるためじゃなく 生きることを教えてくれたんだ。

亜矢美:ムーランルージュに引っ張り込んだだけだろ。

咲太郎:いや それだけじゃない… いろいろあったことを忘れたのかよ。

亜矢美:あ… 忘れちゃったね 昔のことは み~んな。あ… だけど お前は確かに金もうけのことしか考えない マセガキだったね。

(回想)

亜矢美:ねえ… 何でそれ読まないんだよ。

咲太郎:こんなもん読むより 体動かして金稼がないと 妹たちを迎えに行けないんだよ。

亜矢美:お前ね… お前がバカなまんまで 妹たち迎えに行ったって どうやって養うの。いいかい 頑張って これ読んで で もし 分かんない字とか言葉があったら いちいちこれで調べるの。それだけで だんだん世の中のことが分かっていくから。

咲太郎:そんなことより 進駐軍の前で踊った方が手っ取り早いよ。

亜矢美:バカ! 進駐軍だってね バカじゃないんだよ。お前の下手くそな踊りに喜んで いつまでもかわいがってくれるわけじゃないんだからね。咲太郎 人を本気で楽しませたいって思うんだったら 本気になって勉強しな。 

(回想終わり)

咲太郎:母ちゃんがいなかったら 俺はバカなままだった。

亜矢美:バ~カ まだバカは治ってないんだろ。

咲太郎:あっ そうか ハハハ…。

亜矢美:大バカだもん。

咲太郎:ハハハ…。

(回想)

♪鐘の鳴る丘

亜矢美:こんな歌がはやってんだね…。

(鼻をすする音)

亜矢美:泣いてんのかい?

咲太郎:この歌聴くと 何か悔しくなんだよ…。

亜矢美:そっか… 孤児院の歌だもんね。咲太郎 こっち おいで。

咲太郎:えっ?

亜矢美:ほら おいで。

咲太郎:ちょっと… 何すんだよ。

亜矢美:いいから。お前だってさ 親を亡くした一人の子どもなんだからさ 人に甘えて泣いたっていいんだよ。私をさ お母ちゃんって呼んでごらん。

咲太郎:いいよ…。

亜矢美:いいから 呼んでごらんって。ここは劇場だよ… ムーランルージュ。私たちは何にだってなれるんだから。演じられるんだから。ほら 母ちゃんって呼んでみな。

咲太郎:母ちゃん…。

亜矢美:何だい 咲太郎…。

咲太郎:母ちゃん 母ちゃん…。母ちゃん…。

亜矢美:♪鐘が鳴りますキンコンカン

(回想終わり)

咲太郎:母ちゃん…。

亜矢美:うん?

咲太郎:母ちゃんと俺は何も変わらないからな。

亜矢美:分かってるよ。これからも変わらず 偽物の親子だろ。

咲太郎:偽物じゃないだろ もう… 今度は俺に甘えてくれよ。変に遠慮なんかしたら 承知しないからな。

亜矢美:だったら だったら じゃあ… また ムーランルージュを建てておくれよ。

咲太郎:はあ?

亜矢美:あの舞台でさ また踊ってみたくなっちゃったな。

咲太郎:母ちゃん それはもう無理だ。母ちゃん もう50だぞ。

亜矢美:だから 死ぬ前に もう一回 踊ってみたいんだろうが!

咲太郎:おい 母ちゃん…。

亜矢美:ああ 踊りたい…。

咲太郎:よし 分かった。

亜矢美:えっ?

咲太郎:俺に任せろ。昔の俺とは違うんだ。思いっきり 親孝行してやるよ。

亜矢美:そりゃまた… うれしいね。♪紅いルージュに

咲太郎:おお…。

●西荻窪・坂場家

坂場:君の誕生日といえば… もうすぐ8月15日か。

なつ:うん…。

坂場:いろんなことを忘れないためにあるような日だな。

なつ:うん… だからね 私は誕生日が来る度に 亡くなった父や母のこと 周りにいた人たちのことを自然に思い出す。近頃 あれから何年がたつんだなって 思うようになってる。

(回想)

なつ:気持ちいい?

千遥:うん 気持ちいい。

咲太郎:おい なつ!

なつ:どうしたの?

咲太郎:戦争が終わったみたいだ。

なつ:えっ?

咲太郎:日本は負けたらしい…。今日は8月15日 なつが生まれた日だな。

なつ:あっ そうだ…。

信哉:そっか なっちゃん 誕生日か。

なつ:うん。

千遥:おめでとう お姉ちゃん。

(回想終わり)

なつ:ねえ…。

坂場:うん。 どうした?

なつ: また 千遥に会いたくなっちゃった…。

坂場今は僕がついてる。

なつ:ねえ… もし 子どもが生まれて…。私たちの子どもは 幸せになれるのかな…。

坂場:なるよ… なるに決まってるだろう。

なつ:うん…。

●東洋動画スタジオ・テレビ班作画室

荒井:やるか?

なつ:お願いします。

荒井:いや お願いしますって…。

なつ:茜さん 大丈夫ですか?

茜:ちょっと 夏風邪をひいたみたいで…。

なつ:えっ。

茜:風邪薬をのめないからね 今は。治りが遅いのよ。

なつ:あっ ちょっと すいません…。熱があるんじゃないですか。早く帰った方がいいですよ。

茜:あ 大丈夫… 今日中にこの原画までは仕上げないと。

荒井:どないしたん? 何かあったんかい?

なつ:茜さん 風邪をひいてるんです。今日は帰らせて下さい。

荒井:風邪か。

茜:あ… 大丈夫です。

荒井:ほんま?

なつ:ほんまじゃないですよ! ただの体じゃないんですよ! すぐ帰らせて下さい。

荒井:いや せやけど…。

なつ:茜さんの分は 私がやりますから!

荒井:ほんま?

なつ:ほんまです!

なつ:呼んでくる。

茜:あ… ありがとう。

なつ:下山さん。

下山:おお どうした?

なつ:ちょっと。

下山:えっ? あっ ごめん。

なつ:下山さん 茜さん 風ひいて 少し熱があるみたいなんです。家に帰らせて下さい。

下山:大丈夫?

なつ:大丈夫じゃないですよ。早く帰って休ませて下さい。

神地:ねえ どうしたの? 茜ちゃん 何かあった?

茜:あっ いや ううん 何でもないから…。

なつ:下山さんが送って下さい。私は今 ちょっと仕事があって無理なんで…。

茜:なっちゃん! 本当にもう大丈夫だから。ただの風邪だから。

なつ:でも…。

茜:あんまり大げさにしないで。仕事を続けにくくなるから。ごめんね 私の仕事まで押しつけちゃって。

なつ:そんなことは…。

下山:そこまでは送っていくよ。

茜:うん。ごめんね…。

神地:大変だな 働きながら子どもを産むのは。

それから 8月15日を迎えました。

●新宿「風車」

亜矢美:咲太郎 光子さん なっちゃん イッキュウさん この4人の前途を祝して かんぱ~い!

一同:かんぱ~い!

なつ:ちょっと待って下さい! 亜矢美さんも おめでとうございます。

亜矢美:何で?

なつ:お兄ちゃんの家族ですから。

藤田:そうだ! よくぞ 咲太郎をここまで育て上げた。

松井:よっ 亜矢美母ちゃん!

島貫:よくやった! おめでとう!

レミ子:おめでとうございます!

藤田:おめでとう。

光子:ありがとうございます。

茂木:ママ やっとこれで面倒な子どもが片づいたね。

亜矢美:ハハ 本当。そりゅ そうだ 本当 本当 ハハハハ…。

咲太郎:母ちゃん 長い間 お世話になりました。

亜矢美:バカだねえ それは男のセリフじゃないだろ ね ハハ…。

なつよ 母になるのも悪くはないぞ。

●感想
昨日、亜矢美さんは49歳と書きましたが、50歳が正解でした。お詫びとともに訂正させていただきます。

そして、実際の8月15日は明日ということで、終戦記念日と奥原なつ30回目の誕生日です。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント