なつぞら(122話8月20日)マコプロダクションに誘われるイッキュウさん

NHK連続テレビ小説

なつぞら(122話8月20日)

●西荻窪・坂場家

麻子:それで 今日はイッキュウさんを誘いに来たの。

坂場:えっ?

なつ:誘いに?

麻子:イッキュウさん またアニメーションを作る気はない?

なつ:あります! また作りたいと思ってます。

麻子:そうなの?

坂場:はい… それはどういうことでしょうか?

麻子:実は会社を興したのよ。

坂場:会社を?

麻子:そう。アニメーションを製作する会社。といってもまだ小さな会社なんだけど…。それに下山さんも参加してくれることになったから。今 うちで動き出してるテレビ漫画の企画にのってくれてててね。それにイッキュウさんにも参加してもらいたいと思ってるの。もちろん演出家として。イッキュウさんが来てくれたら心強いわ。ただし あの漫画映画のように凝ったことはできないわよ。あくまでテレビ漫画が中心なんだから。あまり画を動かさないのが今はかっこいいの。それでもよかったら一緒にやらない? また。

なつ:どうして黙っているの? よかったじゃない!マコさんとまた一緒にアニメーションが作れるなんて…こんないい話ないでしょ!

坂場:君はどうなるんだ?

なつ:えっ?

坂場:僕が働きに出てしまったら 君はどうやって働くんだ?

なつ:そんなことは 後から一緒に考えればいいでしょ。

坂場:いや 生まれてから考えたって もう遅いんだよ。

なつ:そうだけど…。

坂場:のんきに喜んでる場合じゃないだろ。

なつ:それでも…。

麻子:なっちゃんは 今の会社 辞めるわけにはいかないんでしょ?

なつ:はい…。それは… いきません。

麻子:本当はあなたのことも誘いたかったのよ。

なつ:マコさん。

麻子:誰よりも真っ先に誘いたかった。

麻子:私はね とうとう子どもができなかったわ。それで旦那と相談して 自由に好きなことをしようって決めたの。

なつ:別れちゃったんですか?

麻子:くっついてるわよ 円満に。

なつ:あ… すいません。

麻子:ありがとう。それで 会社の名前はマコプロダクションにしたの。

なつ:マコプロダクション?

麻子:名前は旧姓のままです。よろしく。

なつ:へえ~ マコプロか…。いいですね ハハハ…。

麻子:そこはね 女性のアニメーターが母親になっても安心して働ける場所にしたいと思ってるの。

なつ:母親が…?

麻子:だから いつか… そういう時が来たら いつでも来てちょうだいよ。まあ まだ会社があればの話だけど。

なつ:うれしいです。

麻子:イッキュウさんも現実的なことも考えて できると思ったら来てちょうだい。

坂場:ありがとうございます。本当に光栄です。

麻子:変わったわね イッキュウさん。

坂場:えっ?

なつ:そうですか?

麻子:だって物分りがいいんだもの。

坂場:ハッ… 何ですか それは。

麻子:だけど イッキュウさんらしさを失ってほしくないわ 私としては…。

なつ:予算と締め切りを守らなくてもいいってことですか?

麻子:そういうことじゃないでしょ!

なつ:冗談です。

麻子:もう…。

なつ:それで どうするの?

坂場:ん?

なつ:マコさんの仕事… やってみたいと思わないの?

坂場:その話は今 考えなくてもいいじゃないか。

なつ:どうして? やりたいなら私のために諦めてほしくないな。

坂場:君のためじゃないだろ。僕たちの子どものためだ。

なつ:そう言ってくれるのはすごくありがたいんだけど それであなたがどんどん変わってしまうのは 私は嫌だな。

坂場:なら どうしろと言うんだ? 昔みたいに 自分のことだけを考えろとでも言うのか?

なつ:一緒に考えるって言ったでしょ。一緒に考えようって… 2人にとって一番いい方法を。

坂場:とにかく今は… 今もらってる仕事をちゃんとやらなくちゃならない。君はちゃんと産まなくちゃならない。それが一番大事なことだ。

なつ:うん…。

坂場:うん。

●下山克己・茜夫婦の家

茜:赤ちゃんを預けるの?

なつ:うん… それしかないと思って。イッキュウさんは 働きに行きたいんだもん 本当は。それを我慢してるのが分かるの。

茜:なっちゃんは 本当にそれでいいの? 困らないの?

なつ:やっぱり 子どもを預けるのは大変なんですか?

茜:うん… もう大変よ。0歳児を預けられる所を見つけるなんて 奇跡に近いかもね。せめて1歳ぐらいにはならないと 預かってくれる所は本当に少ないと思う。

なつ:1年か…。でも イッキュウさんにも やっぱり夢を諦めてほしくないんです。

茜:イッキュウさんは ただ諦めてるだけじゃないと思うわよ。

なつ:えっ?

茜:実は イッキュウさん なっちゃんが昼間働いてる間 ここに何度も来てるのよ。

なつ:ここに?

茜:うん。子育てのことを教えてくれって。

なつ:茜さんに?

茜:明子のオムツを取り替えてくれたり ミルクの作り方を覚えたり あっ それにオムツの縫い方まで覚えたのよ。

なつ:あの人がそんなことまで…。

茜:恥ずかしいから なっちゃんにはないしょにしてくれって言われてたけど 楽しそうに見えたな。待ちわびてるのよ 子どもが生まれてくることを。

●吉祥寺・マコプロダクション

麻子:イッキュウさん!

下山:おい!

麻子:アッハハハ… よく来てくれたわね。

坂場:下山さんは もうここに移ったんですか?

下山:いや まだだよ。でも東洋動画には話してあるんだ。別に引き止められやしなかったから 円満退社だ。

坂場:そうですか。

下山:うん。なんとかして ここを日本のアニメーションの新天地にしてやるよ。

坂場:新天地か。

麻子:散らかってて驚いたでしょ? まだ作画作業には入ってないんだけど 下山さんと企画の打ち合わせをしていたところよ。これ。

(三代目カポネの企画書)

麻子:ここで少数精鋭でやっていこうと思ってる。動画と仕上げは更に下請けに外注したりもしなきゃいけないけど だからこそ 好きなものが作れると思ってる。

下山:うん。イッキュウさんも 是非 ここで一緒にやろうよ。

坂場:そうですね… 面白そうですね。

(笑い声)

●西荻窪・坂場家

(戸が開く音)

なつ:ただいま。

坂場:あっ お帰り。

なつ:あ… 遅くなってごめんね。

坂場:お疲れさま。

なつ:あ… もしかしてオムツ縫ってるの?

坂場:うん… ちょっとずつね。本で縫い方覚えたから。ちょっと待って。ここまでやったら すぐ ごはんの用意するから。

なつ:私も手伝う! よいしょ… 縫い方 教えてよ。

坂場:いいよ 疲れてるのに。

なつ:大丈夫。ああ… ふ~ん なるほど。それをこう縫えばいいのか…。

坂場:実は 今日… 行ってきたんだ。

なつ:どこに?

坂場:マコさんの会社だ。それで 君に相談せず 悪いと思ったけど… 決めてきた。

なつ:マコさんのところで働くことに?

坂場:うん…。

なつ:あ… そうなんだ。

坂場:ただし 1年は待ってもらうことにした。

なつ:1年?

坂場:子どもが生まれてから1年ぐらいたてば 預けられる保育園も見つかるかもしれない。生まれたばかりの赤ん坊を預けるのは やはり難しいと思うんだ。それまでは僕が家にいることにするよ。だけど 僕にもまだ 君が言うようにアニメーションに挑戦したいという気持ちがあるんだ。だから それまで待ってもらうことにした。

なつ:そこまで考えてくれてたんだね。調べてくれたんだね。ありがとう。

坂場:それじゃ… いいのか?

なつ:それは こっちのセリフだよ…。ごめんね イッキュウさんにいろいろ気を遣わせたよね。ごめんね。

坂場:何を言ってるんだ。全部 それも覚悟して結婚したんじゃないか。

なつ:うん… そうだね。

坂場:よかった。

なつよ イッキュウさんがうれしそうでよかったな。

●感想

なつ:どうして? やりたいなら私のために諦めてほしくないな。

坂場:君のためじゃないだろ。僕たちの子どものためだ。

なつ:そう言ってくれるのはすごくありがたいんだけど それであなたがどんどん変わってしまうのは 私は嫌だな。

このやりとりで、なっちゃんにおいおい!と思った人も多かったはず(?)

今週は坂場イッキュウさんのファンが増えていくような展開で、広瀬すずちゃん、頑張れとエールです。

スポンサーリンク



●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク




スポンサーリンク

コメント