なつぞら(124話8月22日)なつが春で夕見子が秋で砂良は冬でベビーブーム

NHK連続テレビ小説

なつぞら(124話8月22日)

●西荻窪・坂場家

坂場:おかしいな…。もうこれ以上 痛みの間隔が縮まらなくても病院に行った方がいいんじゃないか?

なつ:どうしよう 陣痛じゃなかったら…。

坂場:とにかく病院に行こう。な。

(ブザー)

坂場:えっ? 誰だ こんな時に。

なつ:出て。

坂場:いいよ…。

なつ:早く出て!

坂場:あっ!

富士子:おはようございます。

なつ:母さん!

坂場:あっ あの…。

富士子:なつ! どしたの?

なつ:母さん 助けて…!

坂場:どうぞ…。

なつ:あっ 父さん… じいちゃんまで!

泰樹:おう…。

剛男:なつ 大丈夫か?

泰樹:何じゃ… 産まれそうなのか?

富士子:痛みはどう?

なつ:じいちゃん見たら… ますます母牛になった気分だわ。

泰樹:あ?

(牛の鳴き声)

なつ:も~…。

富士子:大丈夫 おなかが張ってるだけ。赤ちゃんは何ともないから 体をよ~く温めて楽にしてれば… どう?

なつ:うん… 何か痛くなくなってきたみたい。

富士子:多分 本当の陣痛じゃないんだわ。私にも覚えがあるから。陣痛の前に その兆しみたいに 痛くなることがあるんだって 体がお産に向けて準備してるんだわ。

なつ:そうなの?

富士子:うん。本当の陣痛は あんた こんなもんじゃないわ。

なつ:そうなんだ よかった…。

坂場:助かりました。もう僕には何が起きてるのか 全く分からなくて…。

剛男:そりゃしかたないさ。男はこういう時 慌てるわばかりだからな。

なつ:女でも経験してないことは 慌てるばかりだわ。

泰樹:お前は何べんも子牛を産ませてるでねえか。学校で習わんかったか?

なつ:勝農では 陣痛の兆しまでは習わんかったわ。牛にも そったらことがあんのかい?

泰樹:うん? いや 知らん。

なつ:知らんのかい。

泰樹:ハハハ…。おっ いいもん持ってきた。

なつ:うん?

泰樹:向こうを出る時に 子牛を産んだ牛がいてな その初乳で作った。ハハ… ほれ。牛乳豆腐じゃ。

なつ:うわ~!

坂場:牛乳豆腐?

剛男:牧場でしか作れないもんだ。

泰樹:滋養をつけるのは これが一番じゃ。

なつ:ありがとう じいちゃん…。わざわざ それを届けに来てくれたのかい こったらとこまで。

泰樹:子牛が生まれたからな ハハハ…。

富士子:どうしても 自分で持っていくって 聞かないの。

泰樹:そんなこと言ってねえべ。

富士子:言ったしょや。お前らだけで行くのかって さも不満そうに。

泰樹:聞いただけだ。

剛男:もう80過ぎて 汽車の長旅は疲れるだろうから 飛行機にしますかって聞いたら それだけは絶対に嫌だって。

なつ:飛行機怖いの?

泰樹:ん? そんなことねえべ。

富士子:じいちゃん それでも会いたかったのよね なつに。

泰樹:まあ これが最後になるかもしれんからな。

なつ:もう そったらこと言わんでよ。でも じいちゃん… 私もじいちゃんに会えてうれしい。ありがとう。こんな狭い部屋じゃね…。

剛男:心配するな。父さんたちは どっか安い宿 探すから。

なつ:したけど…。

坂場:あ… あの もしよかったら お義母さんだけでも ここに泊まって頂けませんか? そしたら なつも僕も安心しますから。

富士子:いいの?

なつ:できたら そうして。お願い 母さん。

富士子:分かった。

なつ:ありがとう。

坂場:あっ ごはんを作ります。なつもまだ 何も食べてないので。

富士子:私も手伝うわ。

坂場:ああ…。

富士子:まあ 台所 きれいに使ってるんだね。

坂場:ああ… いえ。

富士子:坂場さんが いつもごはん作ってくれてるの?

坂場:交代制でやってますけど 僕の方が忙しくないので。

富士子:あっ そのノート。

坂場:いつもお世話になってます。

富士子:本当かい? 適当な料理で驚いたでしょ?

坂場:はい。

富士子:うん?

坂場:あ いえ…。

富士子:アッハハハハ…。

剛男:坂場君は 今でも家で仕事してるのか?

なつ:うん…。

剛男:したら 子どもが生まれても なつが働きに出て 魚場君がここで赤ん坊の世話をするってことかい?

なつ:うん… しばらくは。

剛男:しばらく?

なつ:1年後には イッキュウさんも 仕事に出る予定なんだわ。

剛男:したら 子ども どうすんだ?

なつ:どこかに預けるしか…。そういう保育園を探すしかないの。1歳くらいになったら 預かってくれる所もあるって聞くから。

剛男:1歳の赤ん坊をかい…。

なつ:したけど… しかたないしょ そったらこと言ったって…。

泰樹:それも覚悟して結婚したんだべ。今更 弱音吐いてる場合でねえ。

なつ:うん… そうだね。じいちゃん。

泰樹:うん…。

坂場:ちょっと味を見て下さい。

富士子:うん…。 あっ 私のよりおいしいわ。

坂場:いやいや… お義母さんの味を作りたいんですよ。

富士子:なんも。坂場さんの味になればいいしょや。

坂場:はい…。

なつ:う~ん 懐かしい…。

富士子:イッキュウさんも食べてごらん。

坂場:あ… はい。うん… 豆腐というより あっさりしたチーズですね。

剛男:それ 乳製品だからね 一応。あっ そうだ! たんぽぽバターも持ってきたんだ!

なつ:本当?

富士子:えっ 早く出さなくちゃダメでしょや。すぐ冷蔵庫入れないと。

剛男:いや すまん。牛乳豆腐ですっかり忘れてたわ。ほら。

なつ:わ~! ハハ…。夕見子は今 農協じゃなくて こっちの工場に勤めてるんだよね?

剛男:うん。そこで牛乳も市場に出したいと思ってな 夕見子は今 一生懸命 紙のパックの開発に乗り出してるさ。

なつ:ああ 牛乳の紙パックか…。本格的に たんぽぽ牛乳に向けて やってるんだね。

剛男:うん。

なつ:いつか こっちでも買えるようになればいいのに。

坂場:あっ しまってくる。

なつ:ありがとう。

富士子:したけど 夕見子もこれからどうなるか…。

なつ:どしたの?

富士子:実はね… できたの 夕見子にも。

なつ:ん?

富士子:赤ちゃんが生まれるの。

なつ:うそ!

剛男:それが本当なんだ。

泰樹:うん。

富士子:つい最近 分かったばかりなんだわ。

なつ:なして すぐ教えてくれないの!

剛男:だから なつには東京行って知らせるべって。

なつ:えっ…。で いつ生まれるの?

富士子:今年の秋だって。なつが春で、夕見子が秋。

なつ:へえ~ したら同い年でないの!

富士子:そうだわ。まるであんたら2人とおんなじだわ。

なつ:うれしいわ!

坂場:おめでとうございます。

剛男:あっ ありがとう。

なつ:したら 雪次郎君も大喜びでしょ。

富士子:それが大変みたい。

なつ:えっ 大変?

●帯広「雪月」

とよ:あんたね 仕事仕事って うちの跡取りに何かあったらどうすんの!

夕見子:はあ? 誰が跡取りって決めたんですか? 私は跡取りを産むつもりはありません!

とよ:産むつもりはなくても 生まれてきたら そりゃ もう立派な跡取りなんだわ! 男でも女でもね!

雪次郎:ばあちゃん やめてくれや! 俺が仕事に行っていいって言ってるんだも。

雪之助:雪次郎 これはもう お前だけで決めていいことじゃねえべや。

妙子:夕見子さん どうしても仕事を続けたいって言うなら 私を殺してからにしてちょうだい!

雪次郎:そったら問題でもねえべ!

とよ:いい覚悟だ。継がせる気がないなら この店 潰してから行けばいいべ!

雪次郎:勝手に潰すな!

夕見子:はあ~?

雪之助:諦めれ 雪次郎。これはもう 男には止められんわ。

雪次郎:おやじ… おやじ!

夕見子:嫌~!

雪次郎:おやじ! 

夕見子:嫌~!

●西荻窪・坂場家

なつ:夕見 大丈夫?

富士子:ハハ 大丈夫さ。

なつ:まあ そうだね。みんな うれしいんだね。

富士子:うん。

泰樹:それだけじゃねえんだ。照男にもできたんじゃ。

なつ:えっ… 子どもが?

剛男:実はそうなんだ。

なつ:まさか 照男兄ちゃんにもできたの!?

富士子:まさか! 照男じゃなくて 砂良さんにだわ。

なつ:そんなことは分かってるよ 母さん。

富士子:えっ? あ… そうね。

なつ:えっ 2人目?

泰樹:そうじゃ。来年の1月に生まれる。

なつ:あ… したら冬かい? すご~い!

富士子:本当に不思議なこともあるもね。

坂場:ちょっとしたベビーブームですね。

泰樹:まあ 牛にはよくあることじゃ。

剛男:いや 牛舎の話ではないですから。

泰樹:ハハハハ…。

なつ:じいちゃん 牧場はどう?

泰樹:牧場はもう照男のもんじゃ。菊介も砂良さんもおる。わしのやることはもうない。

なつ:じいちゃん…。

泰樹:照男が立派に わしの夢を継いでくれた。ハハハ…。

(ブザー)

なつ:誰か来た。

坂場:今度は誰だろ? は~い。

咲太郎:よっ!

光子:こんにちは。

坂場:あっ お義兄さん 光子さん。

富士子:あら。

坂場:あ… どうぞ。

咲太郎:あれれ これはまた 皆さん おそろいで!

剛男:咲太郎君 どうも。

咲太郎:こちらこそご無沙汰してます。

光子:北海道から出ていらしてたんですか?

富士子:今朝 着いたばかりで…。あっ ご結婚おめでとうございます。

咲太郎:あ… また たくさんのジャガイモ 送ってもらってありがとうございます。

光子:本当にすみません。本当においしいですね。北海道のジャガイモは きっと世界一です。

泰樹:牛乳も。

光子:あ… はい。牛乳も。

剛男:そんなことしかできなくて。

咲太郎:何よりもうれしいですよ。

光子:ちょっと あなた いつまで手に持って話してるの。

咲太郎:あっ そうだ なつ いろいろ買ってきたぞ ほら。

なつ:え~!

一同:おお~。

咲太郎:ベビーベットも明日届くからな。

なつ:お兄ちゃん 光子さん ありがとう!

坂場:すみません。

咲太郎:まあ こんなことしかできないけどな 俺も。

泰樹:まるで咲太郎に孫でも生まれたみたいだな。

富士子:ヤキモチ焼かなくてもいいしょや。

泰樹:なんも焼いてねえべや!

(笑い声)

咲太郎:まあ とりあえず…。

坂場:ありがとうございます。

咲太郎:それじゃ 宿なんて言わずに うちに泊まって下さいよ。部屋は余ってますから。あ… といっても 俺の家じゃなくて 彼女の家ですけど。

光子:どうぞ いらして下さい。

剛男:いいんですか?

光子:もちろんです。

咲太郎:何日でもいて下さいよ。

なつ:お兄ちゃん ありがとう。

咲太郎:こうやって みんな お前のそばについてるんだ 安心して産めよ なつ。

なつ:うん…。

なつ:ううっ… ああっ…。

富士子:なつ! なつ!

なつ:母さん 痛い…!

富士子:大丈夫 大丈夫… イッキュウさん!

なつ:ううっ…。

富士子:イッキュウさん!

坂場:はい?

富士子:陣痛が来たみたい。

坂場:えっ!

なつ:ううっ… 痛い… この前と全然違う!

なつよ いよいよ生まれるのか? 私の孫が…。 

●感想
当初は「坂場さん」で、途中から「イッキュウさん」に変わる、義母の婿への呼び方。この辺りの微妙な物言いが、実社会でも参考になるわいと。

それにしても家族とはいいもので、子どもの頃、あれだけ孤独だったなっちゃんの周りには、いまやたくさんの人がいて、出産を応援してくれている…。

引きこもりの人に、ぜひとも見てほしいと思う「なつぞら」です。

スポンサーリンク



●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク




スポンサーリンク

コメント