なつぞら(125話8月23日)なつが女の子を出産して泰樹が坂場優と命名

NHK連続テレビ小説

なつぞら(125話8月23日)

●西荻窪・坂場家

なつ:痛い…!

富士子:大丈夫 大丈夫。

なつ:ううっ… 痛い… この前とは全然違う!

坂場:何分間隔ですか?

富士子:そんなの分からない! 病院に連絡して 今から連れていくって。

坂場:はい… はい!

富士子:あっ それと咲太郎さんにも連絡して。

坂場:咲太郎… はい 分かりました!

富士子:大丈夫…。

なつ:ううっ!

●産婦人科・待合室

咲太郎:何だよ…。

●産婦人科・分娩室

なつ:ん~… ううっ…。

秀子先生:はい もう少しよ 頑張って。痛くても息まないで。おなかの力抜いて 陣痛の波に合わせていくからね。

なつ:はい…。フフフフ…。

秀子先生:えっ 何笑ってんの?

なつ:何でもないです…。

(牛の鳴き声)

回想泰樹:陣痛に合わせて引くぞ。

なつ:うう~っ…。

秀子先生:はい 来た! はい ゆっくり息吐いて!

なつ:フ~ フ~…。

秀子先生:フ~…。

なつ:フ~…。

回想泰樹:よし 引け! よ~し 出るぞ。

なつ:ううっ…。フ~ フ~ フ~…。ううっ… ううっ…。会いたい…。早く会いたい…!

秀子先生:もうすぐ もうすぐ会えるよ! はい ゆっくり息吐いて!

なつ:フ~ フ~…。

●産婦人科・待合室

(産声)

剛男:おお…。

咲太郎:生まれた… 生まれた!

光子:おめでとうございます。

泰樹:ご苦労さん…。

●産婦人科・分娩室

秀子先生:はい 生まれました。元気な女の子です。

本日 私の孫がこの世に誕生しました。

●産婦人科・病室

富士子:もう絵を描くの?

なつ:生まれたばかりの姿も 記録しておきたいから。

咲太郎:そんなことしなくたって カメラ持ってきたぞ。

光子:バカね そういうことじゃないでしょ。

なつ:ありがとう。写真も撮ってほしいけどね。

剛男:名前は もう決めてあるのかい?

坂場:あっ いえ なつが付ければいいと思って。

富士子:女の子だって さっき知ったんだもね。

咲太郎:俺は一応 男でも女でも 両方考えておいたぞ。

光子:あんたは 出しゃばらなくていいんじゃないの。

咲太郎:そうか?

光子:うん。

咲太郎:まあ… 困ったら言え。

坂場:お義兄さんでも なつでもいいですから いい名前を付けて下さい。

なつ:本当にいいの?

坂場:うん。

なつ:それじゃ…。

咲太郎:よし 分かった。

なつ:じいちゃん 付けて。

咲太郎:えっ?

泰樹:ん?

なつ:この子に 名前付けてほしいの… じいちゃんに。

泰樹:いや わしはいいから…。

なつ:お願い じいちゃん。じいちゃんの夢を 少しはこの子にも継がせてやってよ。

泰樹:なつ…。

富士子:付けるしかないしょや もう。

剛男:なつの頼みですよ。

泰樹:よし 分かった… そったら考えるべ。

なつ:うん。よかったね…。

●西荻窪・坂場家

泰樹さんは結局 東京にとどまり 7日間 考え抜きました。そして なつと赤ちゃんが退院して お七夜を迎えた その日。 

富士子:何て読むの?

泰樹:ゆう。

なつ:ゆう?

泰樹:そうだ。なつのように 優しい子になってほしい。わしの願いは… 夢はただ それだけじゃ。

なつ:ゆう…。

剛男:坂場 優か。

富士子:なつの子だから 優子にしないで 優がいいかもね ハハ…。

なつ:どう? イッキュウさん。

坂場:え… うん いい名前だ。

なつ:そうだよね? うん いい名前…。優! 優ちゃん…。今日からあなたは坂場 優です。じいちゃん ありがとう。

剛男:優のじいちゃんは私なんだけどな… 優ちゃん。ハハ…。

なつ:優ちゃんですって… はい。

(泣き声)

泰樹:お~ ごめん ごめん…。優… 優… 優…!

翌日 泰樹さんと剛男さんは 北海道に帰っていきました。

富士子:勤めに出たら 優ちゃんにはどうやって乳をあげるの?

なつ:粉ミルクにするしかないわ。

富士子:粉ミルクで育てんのかい?

なつ:うん。私がずっと そばにいられるわけじゃないから しかたないしょ。

富士子:でも本当に 6週間で仕事に復帰して 大丈夫なのかい?

なつ:私は大丈夫。そのためにイッキュウさんも協力してくれるんだから。いつまでも休んでたら申し訳ない。

富士子:あんたは母親なんだよ もう。

なつ:うん。それは分かってるから…。

(優の泣き声)

なつ:まただ。

坂場:また おなかがすいたのか?

なつ:イッキュウさん 大丈夫。仕事してて。あ~ ぬれてる。おしめだわ…。はいはい… よいしょ。はいはい…。

富士子:私 こっちにいようか?

なつ:母さん… そんなに心配しないで。母さんは 十勝の家に絶対に必要な人でしょ。照男兄さんにも砂良さんにも 2人目が生まれるんだし 夕見子にも生まれるんだよ。母さんがそばにいなくてどうすんのさ。

富士子:あんたを一人にしておく方が心配だわ。

なつ:一人じゃないってば…。

坂場:本当に大丈夫ですよ お義母さん。

富士子:そりゃ 私がいたら邪魔だろうけど。

なつ:そういうことじゃないってば…。これ以上 母さんに甘えたら 私が母さんみたいになれないでしょ。

富士子:えっ?

なつ:母さん…。

富士子:ん?

なつ:私は母さんみたいになりたいの。強くたくましく。

富士子:美しくね…。そりゃ なるでしょや… あんたは私の娘だもの。

なつ:うん。優… よろしくね。できたよ。

そうして たちまち ひとつきが過ぎました。

富士子:何かあったら すぐ連絡してね。したらね。体に気を付けて。

なつ:母さんも気を付けてね。

富士子:バイバイ。

なつ:バイバイ…。

なつ:優。

なつ:あ…。

坂場:おいしい? 優。

なつ:アハハ…。

坂場:ハハハ 優…。

(泣き声)

坂場:もういらない? もういらないかな?

優が生まれて 6週間が過ぎ なつが仕事に復帰する日がやって来ました。

なつ:優… ママ 行ってくるからね。

坂場:おいおい…。

なつ:大丈夫…。

坂場:おい。

なつ:優ちゃん… ママ すぐ帰ってくるからね。待っててね… ごめんね。

(泣き声)

なつ:起こしちゃったね。

坂場:はいはいはい どうしましたか? 大丈夫 大丈夫。

なつ:行ってきます。

坂場:行ってらっしゃい。心配するな。

なつ:うん。お願いね。

坂場:うん。

(泣き声)

坂場:あ… はいはい。どうしました? 大丈夫よ。

(泣き声)

はいはい どうした…。

●感想
坂場優ちゃん誕生で、なっちゃんイッキュウさんおめでとう。

でも、坂場家のじいちゃんばあちゃんは来ないのかい?と突っ込みをいれた人も多いはず(笑)。

「なつぞら」の最終回までのネタバレを昨日、書き上げましたので以下をご参照ください。

スポンサーリンク



●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク




スポンサーリンク

コメント