なつぞら(132話8月31日)昭和48年6月1日、優は5歳で天陽が過労で入院

NHK連続テレビ小説

なつぞら(132話8月31日)

●西荻窪・坂場家

坂場・なつ:ハッピーバースデー トュ ユー ハッピーバースデー トュ ユー ハッピーバースデー デイア 優 ハッピーバースデー トュ ユー

坂場:おっ おっ… お~! おめでとう!

なつ:おめでとう 優!

昭和48年6月1日 優は5歳になりました。

優:ありがとう!

(笑い声)

坂場:何だろうね?

なつ:何だろう?

なつ:はい。

優:あっ… ねえ ママ お馬さんがいた。

なつ:えっ? どこ?

優:ほら あそこ!

なつ:うん? ああ 雲か…。どれ?

優:ほら あれ! あそこ!

なつ:うん? ああ 本当だ! お馬さんが走ってるように見えるね。

優:乗りたいね。

なつ:乗りたい? 優 本当に乗りたいの?

優:乗りたいよ。優ちゃん 乗りたい!

なつ:乗せてあげよいうか?

優:本当に?

なつ:本当。優ちゃん 本物のお馬さんに会ったこと 覚えてないの? じいちゃんとばあちゃんちで。

優:牛さんがいたとこ?

なつ:そう 牛さんがいたとこ。あ… まだ2歳の時に一度会ったきりだから あんまり覚えてないか。お馬さんも見たんだよ そこで。

優:本物のお馬さん 見たい!

なつ:じゃあ また連れてってあげる。今度は ママがお馬さんに乗せてあげるよ。

優:やった! いつ?

なつ:う~ん… そう来るよね。

優:いつ? いつ? いつ? いつ?

なつ:う~ん じゃあ… 今度の夏休みに。

優:ママの夏休みって いつ?

なつ:そう来るか…。う~ん… あっ ママの誕生日辺りに。8月15日。ママ その辺り 必ず休み取るから。約束する。

優:ありがとう ママ!

なつ:優… ありがとうなんて 言わなくていいんだよ。

●保育園に通う途中

なつ:優 お知らせの紙 先生に忘れないでね。

優:うん 分かった。

なつ:行ってらっしゃい。

優:行ってきます。

なつは作画監督として 忙しい日々を過ごしていました。

●東洋動画スタジオ・テレビ班作画室

なつ:番長に取りついた魔物は 番長の純情な心に影響されて 番長が思いを寄せるこの女学生を好きになってしまうんです。それで人間を殺せなくなって魔王を裏切ることになります。

堀内:原作よりも魔人の目に人間味があっていいと思う。ですよね? 宮田さん。

宮田:いい! かっこいいです!

堀内:ね! ハハハ…。

動画担当:お願いします。

なつ:う~ん これじゃ迫力が出ない。線を太くしてみて。あと もっと荒々しくていいから。やり直して。

中島:分かりました。

なつ:よろしく。

中島:はい。

引き受けた以上は ヒットさせようと必死でした。優を迎えに行けない日もまた増えていったのです。そんな時 今は茜さんに代わってこの人が優を預かってくれています。

●風車プロダクション

咲太郎:はい ここ ここ。はい。はい 優 連れてきたよ。

優は咲太郎の声優事務所でママの帰りを待つのです。

光子:優ちゃん いらっしゃい。

優:は~い。

光子:おなかすいたでしょ? これ食べててね。

優:あり… あっ 光子さん ママがね ありがとうは言っちゃダメって言うの。

光子:えっ? 言わなきゃダメよ! ありがとうは言わなくちゃいけません。感謝の気持ちを持つことは人間の基本です。

優:はい。ありがとうございます。頂きます。

光子:はい 召し上がれ。 なっちゃんは何を考えてるのかしら…。礼儀を教える気がないのかしらね。

咲太郎:これは 俺か…?

優は今でもみんなの愛情を受けて育っていました。まるで昔の自分のようだと なつは時々思うのです。そして ある日曜日のこと。

●西荻窪・坂場家

(ブザー)

なつ:あっ 来たな。

優:夕見おばさん?

なつ:そう。は~い。夕見 いらっしゃい!

夕見子:久しぶり。

優:夕見おばさん いらっしゃい。

夕見子:優! おっきくなったな! 元気だったかい?

優:元気です!

夕見子:うん。よし。

なつ:雪見君は元気?

夕見子:元気 元気。元気じゃないと 小畑家じゃやってけないしょ。

なつ:そうだね ハハハ…。

優:どうぞ。

夕見子:ありがとう。優 いいものあげる。

優:ありがとう。

夕見子:はい。

優:雪月のお菓子だね!

夕見子:そうだよ。ん? イッキュウさんは?

優:パパはお仕事です。

夕見子:あ… 日曜日もかい?

なつ:うん。でも今日は夕見が来るから 早く帰ってくるって。

夕見子:ふ~ん 大変だね。ありがとう。

なつ:で 夕見は? なして東京来たのさ?

夕見子:これ。

なつ:バター?

夕見子:違う。こっち。

なつ:あ~! たんぽぽ牛乳! 出来たの?

夕見子:そう。これを東京で売るために来たのさ。

なつ:わ~ すごい! ねえ 飲んでいい?

夕見子:うん。はい どうぞ。

なつ:頂きます。うん おいしい! 十勝の牛乳だわ!

夕見子:やっと 十勝から東京まで冷蔵庫で運べるようになったのさ。

なつ:ふ~ん。

優:優ちゃんも飲みたい!

なつ:うん したら ママの飲んでみな。

優:うん。

なつ:気を付けて。

夕見子:ねえ どう?

優:おいしい!

なつ:ねえ。

夕見子:やっぱり なつの子だね。

なつ:夕見は飲めないの? 今でも。

夕見子:牛乳を使った料理ならいいけど いまだに牛乳は飲めん。

なつ:誰の子さ あんたは。

夕見子:雪見は好きで飲んでんだけどね。

なつ:あんただけ やっぱり変わってんだね。

夕見子:うるさい…。これを東京で流通させれば 私の役目は終わりだわ。

なつ:終わり?

夕見子:うん。農協の仕事はもうこれで辞めようと思って。

なつ:えっ…。

夕見子:雪月も案外忙しくなっての。ほら ディカバージャパンとかって 旅行ブームになってから 雪月の土産も飛ぶように売れてんのさ。

なつ:へえ~。

夕見子:けど営業力がないからね。これからは私の力で もっと大きくしてやろうと思って。

なつ:いいね。

夕見子:ん? 何 馬? あっ なつ。

なつ:ん?

夕見子:天陽君のことは知ってる?

なつ:天陽君がどうかしたの?

夕見子:何か忙しすぎて 風邪こじらせて入院してるみたいよ。

なつ:入院!?

●帯広の病院

雪次郎:よっ!

天陽:おお 雪次郎。雪見君も…。

雪見:こんにちは。

天陽:こんにちは。いらっしゃい。

雪次郎:うん。元気そうだな。

天陽:うん もうすっかり いいんだわ。もうすぐ退院できるだろうって。したから そう毎日来なくてもいいさ。

雪次郎:疲れがたまってる時は…。よっ! 雪月の菓子が一番なんだって。

天陽:悪いな。

雪次郎:あれ? 昨日持ってきたの もう食べたのか?

天陽:あ… ごめん うちのが持って帰ったわ。

雪次郎:あっ。

天陽:おかげで 子どもたちが大喜びだ。

雪次郎:まあ それならそれでいい。俺も大喜びだ。 ほら 見てみ。ここでも毎日 絵描いてんのか? 休みに来たんだべや。

天陽:急いで描かなくちゃなんないんだわ。信用金庫の来年のカレンダーの絵を頼まれてんだ。去年 馬が死んで 畑にトラクター頼まなくちゃなんないべ。その金がないと払えんのさ。

雪次郎:絵で食えるんだから 大したもんだ。もう立派なプロだわ。

天陽:プロではないよ。けどまあ これも収穫と同じだべ。

雪見:おじさん 上手だね!

天陽:ありがとう。

雪次郎:バカ! 上手って 雪見 天下の山田天陽さんに失礼だべ。

雪見:父ちゃんよりも上手!

(笑い声)

雪次郎:比べたら失礼だべや。うん? どれどれ どれどれ… うん? そう変わらんべ。ハハ…。また 馬描くのか。

天陽:うん。雪次郎 おかしなもんだな…。好きな絵を描くために農業をしてたつもりが 絵を売らんと 今は農業がままならんようになってしまった。

雪次郎:まあ 冷害が続いた年もあったからな。お前は離農しないだけ偉いわ。絵を描いて家族を守ってんだべ 今は。

天陽:俺は 俺でいたいだけだ。どんなことがあっても。な。

雪次郎:かっこいいな 天陽おじちゃんな。

雪見:かっこいい!

(笑い声)

●西荻窪・坂場家

なつ:おっきけどいい?

夕見子:頂きます。 う~ん おいしいわ!

坂場:奮発したんで いっぱい食べて下さい。

夕見子:私なんかに奮発しなくてもいいのに。

坂場:いえ…。

夕見子:頂きます。

坂場:それで 天陽君は大丈夫なんですか?

夕見子:うん。何か 疲れ過ぎて 風邪こじらせただけだって言うから。帯広の画廊とも契約して 絵がどんどん売れるようになってんのさ。

なつ:畑仕事もしながらだからね。

夕見子:そう。それもやめないの。その分 奥さんが大変みたい。

なつ:そう…。

坂場:北海道の展覧会でも賞をたくさん取ってるからな。こっちの画壇でも 天陽君を知らない人はもういないだろう。

優:テンヨウ君?

なつ:天陽君は ママとパパの北海道にいる大事なお友達。

優:じゃあ 優ちゃんともお友達だね。

なつ:うん。そうなれるよ。

優:優ちゃんも会いたい。

なつ:会いたいね…。うん… 天陽君に会いたいな。あ… 夏休みになったら きっと会えるよ。

優:楽しみだね。

なつ:楽しみだね。

ああ なつよ どうか夏がまだ終わらないうちに… 来週に続けよ。

●感想
次週のタイトルは「なつよ 天陽君にさよならを」。この言葉ですでに察知している方も多いはず。 享年37歳という早すぎる死です。

それにしても優ちゃんが自分のことを「優ちゃん!」と呼ぶ不思議。昭和48年頃、こんなんだったけ?と首をかしげながら、来週もよろしくお願いいたします&よい週末を。

スポンサーリンク



●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク




スポンサーリンク

コメント