「スカーレット」まで27日。なつぞら(134話)山田天陽が畑で倒れてこの世を去った

NHK連続テレビ小説

朝ドラ101作品目「スカーレット」まで27日。「なつぞら」メインキャストであった山田天陽の早過ぎる死に、朝から号泣しまくりの日本列島です。

なつぞら(134話9月3日)

●山田家・天陽のアトリエ

靖枝:あ…。あっ 大変! 病院に早く戻らなくちゃ…。

天陽:大丈夫だ。戻る前に畑を見てくる。

靖枝:えっ?

天陽:来週 退院する頃には芋掘りだろ。様子を見てくる。

靖枝:いや… 私も行く。

天陽:靖枝はいいから。もうじき おやじが搾乳に来る。それから… おふくろと子どもたちをよろしく頼む。

靖枝:陽ちゃん…。

天陽:ちょっと行ってくるだけだから。すぐ戻る。

●山田家のジャガイモ畑

天陽:あったかいな…。

それは… 夏の終わりのことでした。

●東洋動画スタジオ・テレビ班作画室

陽平:なっちゃん。

なつ:あっ 陽平さん。どうかしたんですか?

●東洋動画スタジオ・中庭

なつ:陽平さん まさか… 陽平さんまで ここを辞めるんですか?

陽平:えっ?

なつ:辞めて まさかマコプロに行くんじゃないでしょうね?

陽平:なっちゃん… 落ち着いて聞いてくれるか。

なつ:はい。もう何を聞いても驚きませんから。

陽平:天陽が死んだんだ。今朝早く 亡くなったって。

なつ:何を言ってるんですか?

陽平:僕もまだ信じられないんだけど どうも うそじゃないみたいだ…。

なつが まとまった夏休みを取れたのは 9月にはいってのことでした。

●十勝・柴田牧場

優:あっ 牛さんだ。

なつ:そう あそこがママの家。おじいちゃんとおばあちゃんと ひいじいちゃんたちがいる家だよ。前 来た時は ちっちゃかったから覚えてないよね。

優:広いね。

なつ:広いでしょ。

優:お馬さんもいるの?

なつ:いるよ。会いに行こうか。

優:うん!

●十勝・柴田家

なつ:ただいま。

砂良:あっ なっちゃん お帰り。

なつ:砂良さん ただいま。

砂良:あっ 優ちゃん! 大きくなったね。

優:ただいま!

剛男:お帰り 優ちゃん。着いたのかい。

なつ:あ… ただいま。

剛男:お帰り。

富士子:お帰り。

なつ:分かる?

富士子:優ちゃん お帰り! 

優:おばあちゃん ただいま!

なつ:優 あんた おばあちゃんのことは覚えてたの? 2歳の時に会ったっきりなのに。

富士子:そりゃ 覚えてるさ。ねえ? ばあちゃんのことは絶対に忘れないって約束したもね!

優:うん。

剛男:ほら じいちゃんのとこさも おいで ほら。え… 優ちゃん じいちゃんのことは覚えてないのかい!?

●柴田家・集乳場

なつ:ただいま。

一同:おお!

なつ:じいちゃん ただいま。

泰樹:うん… お帰り。

悠吉:お帰んなさい なっちゃん。

菊介:やっと来たか。今か今かと待ってたもね。

照男:連絡すれば 駅まで迎えに行ったのに。

なつ:あ… そこまでバスで来て… 優と歩きたかったから。

(笑い声)

泰樹:優! おいで… おいで。

なつ:え… なしたの? てれて…。じいちゃん 怖くないしょ? 優の名前 付けてくれた人だよ。

泰樹:優 おいで…。

優:ただいま。

泰樹:お帰り 優。おいで…。ハハハハハ… 重くなったな。

なつ:じいちゃん 照男兄ちゃん 私…。

泰樹:うん…。

照男:みんなも驚いたんだ。

なつ:忙しいのもあったけど… びっくりし過ぎて 本当になるのが怖くて すぐに来られんかったわ…。

照男:お葬式は立派なもんだった。新聞社とかテレビ局も来てたな。

悠吉:あんな偉い画家さんだったなんて…。いつの間にか…。

菊介:そんなこと 本人は一つも見せなかったもな。

泰樹:なつ… まあ ゆっくりして それから会いに行けばいいべ。

なつ:うん…。

照男:あ… なつ 牛舎見るか?

なつ:うん。

●柴田家・牛舎

照男:これが ミルカーだ。

なつ:へえ~。

照男:これさえあれば 手絞りの時の半分の時間でできてしまうんだわ。

なつ:そう。

照男:うちには 今 これが3つある。

菊介:なっちゃん 優ちゃん 今はこうやって牛乳を搾るんだ。おかげで おやじはもうここに搾乳しに来なくてもよくなったんだ。

なつ:じいちゃん 優が馬に乗りたいって言ってんの。

泰樹:優 馬 乗りたかったか?

優:うん。

泰樹:いや~ そりゃ ちょっと残念だったな。馬はもう売ってしまうた。

なつ:えっ?

悠吉:なっちゃん 今は 馬を使ってる百姓は随分減ってな。今は車とトラクターだもな。

照男:天陽のうちでも そうやってんだ。

なつ:したら 天陽君の家にも 馬はもういないの?

泰樹:去年 死んだ。

なつ:去年?

泰樹:あの馬だ なつ…。天陽の畑を開墾した年に来た。25年以上 よく長生きした…。今頃はまた…天陽と会ってるべ。

●柴田家・居間

剛男:どう? 優ちゃん うまいか?

優:うん おいしい!

富士子:おいしいしょ。優ちゃんが来ると思って ばあちゃんが腕によりをかけて作っといたんだから。

優:ありがとう おばあちゃん。

富士子:ああ… 優ちゃんは本当に礼儀作法が行き届いてるね。なつ あんた偉いわ。

なつ:いつも光子さんに しつけられてるから。

泰樹:優 こっちさ来い。そうそうそう… こっちさ来い ハハハ…。

剛男:何するんですか!

菊介:こりゃ おやっさんと剛男さんの戦いだな。そのうち 優ちゃんを食われちまうぞ なっちゃん。

なつ:優は みんなにかわいがられることに慣れてるのさ。昔の私とおんなじだわ。

地平:ただいま。

砂良:あっ 帰ってきた。

一同:お帰り。

砂良:ちゃんと挨拶しなさい。

地平:なつおばさん お帰りなさい。

なつ:うわ~ 地平君 また伸びた!まだ中学生でしょ。どこまで伸びんのさ。

砂良:しょうがないしょや 柴田家の家系だし 毎日 濃い牛乳を飲んでんだから。

なつ:だっこできるのも 今のうちだね。

剛男:優ちゃん おいで ほらほら…。

●柴田家・寝室

なつ:母さん… 私このまま 今の仕事を辞めるかもしれない。

富士子:えっ? なして?

なつ:自分が何をしたのか 分からなくなって…。お金のことを考えなければ 今は優といられる時間を一番に大切にしたいと思うようになって。

富士子:そう…。それが なつの出した答えなら そうすればいいしょ。

なつ:少し 疲れてしまった…。

次の日 なつたちは天陽君の家に向かいました。 

●十勝・山田家

なつ:すいません… アトリエを見てもいいでしょうか?

正治:もちろん 構わないよ。

●山田家・天陽のアトリエ

優:あっ ママ ほんものだ! ほんもののお馬さんがいるよ!

なつよ… それが天陽君の遺作だ。

スポンサーリンク



●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク




スポンサーリンク

コメント