なつぞら15話ネタバレ|組合はお前を使ってわしを調略するつもりか

朝ドラなつぞら(15話4月17日)あらすじと感想

なつ:いい牛じゃないですか。

正治:剛男さんから勧められたんだわ。この牛に子牛を産ませて それがメス牛なら農協に返せばいいんだ。

泰樹:その牛は わしの牛とは何も関係ない。

なつ:それはそうだけど…。

泰樹:お前も その牛の面倒を見ることは許さん。

田辺:音問別きっての酪農家である柴田泰樹さんが賛成に回らなければ 農協の足並みもそろいませんから。

剛男:必ず説得します。

●柴田家・茶の間

剛男:そういえば なつ お前 天陽君とこで 牛を見たんだって?

なつ:えっ?

これが なつの人生を揺るがす波乱の幕開けでした。

剛男:どうだった? いい牛だったか?

なつ:うん… 黒白のいい牛だった。

剛男:だろ?

なつ:うん…。

剛男:天陽君も喜んでたか?

なつ:うん 喜んでた… と思う。

剛男:「と思う」って どっちだ? 喜んでたか? 喜んでなかったか?

なつ:えっ?

照男:どっちでもいいだろ そんなこと。

剛男:どっちでもよくない! 大事なところだろ!

照男:何が言いたいのか分かんないよ なつには。

富士子:そうよ。

剛男:いや だから 天陽君の家にいる牛はだな…。

照男:そういうことを なつに言っても しょうがないだろ。

富士子:そうよ。

剛男:どうして?

なつ:どうして?

剛男:なあ なつも気になるよな。天陽君は なつの大事な友達だもんな。

夕見子:恋人でしょ。

なつ:えっ?

剛男:えっ?

泰樹:ん? そうなのか?

なつ:違う! 違うってば!… ねえ 夕見! 変なこと言わないでよ。

剛男:余計なことを言うな お前は。大事な話をしてるのに。

夕見子:だから 何の話?

明美:私にも分かんな~い。

富士子:そうよねえ。

富士子:言いたいことがあるなら なつにじゃなく 言いたい人に言えばいいのよ 面と向かって堂々と。

なつ:じいちゃんに言いたいことがあるの?

剛男:だから つまりですね 天陽君の家にいる牛は農協が貸した牛なんですよ。

泰樹:そんな話は聞いとらん。

剛男:だから聞いて下さい。

泰樹:聞きたくないと言っとるんじゃ。

なつ:話ぐらい聞こうよ じいちゃん。

泰樹:ん?

なつ:私も聞きたいから 一緒に聞こう。

泰樹:じゃあ しゃべれ。

剛男:あ… はい。去年のような冷害の多いこの土地では 農家はみんな 酪農もする必要は感じていても 牛を購入する資金がなくて 手を出せないんですよ。だから農協で牛を保有して それを貸すことにしたわけです。

なつ:それは すごくいいことだと思う。

剛男:そうだろ?

泰樹:だからといって 農協が牛飼いを牛耳っていいことにはならんぞ。

剛男:酪農家を牛耳るだなんて そんなこと考えてませんよ。

なつ:牛耳るって?

富士子:牛耳るって 牛の耳って書くのよね?

夕見子:そう。

富士子:なしてかしら?

なつ:母さん そこは 今 気にしなくていいと思う。

富士子:ああ… そうね。

剛男:我々は ただ 農家の力になりたいだけなんです。みんなで安心して暮らせる土地にしたいだけなんですよ。

泰樹:お前は牛飼いのことは何も分かっとらん。

なつ:じいちゃん それはひどいよ。

剛男:ひどいです! 私だって富士子ちゃんと結婚してからは22年も!

明美:あっ 富士子ちゃんが出た。

なつ:シ~。

剛男:そりゃ お義父さんの力にはあんまりなれなかったかもしれませんけど… けど そばでず~っとお義父さんの苦労を見てきたつもりです!

なつ:あの~ よく分かんないだけど 何が問題なの? じいちゃんは。

泰樹:問題など 何もない。農協が勝手に問題をこじらせとるだけじゃ。

剛男:そんなことはありませんよ。お義父さん この村に電気が通って明るくなったのだって 我々農協組合が努力して資金調達をしたからです。団結なくして 農協も酪農もよくなっていきませんよ。少しは我々を信じて下さい お義父さん!

泰樹:分かった。

剛男:えっ… 分かってくれましたか?

泰樹:電気いらん。

剛男:えっ?

泰樹:明日 電信柱 引っこ抜け。世の中 無駄に明るくなり過ぎると 大事なことが見えんようになる。

夕見子:うまいこと言うな じいちゃん。

なつ:夕見! ひっかき回さない。

●柴田牧場・牛舎

照男:何だ? なつ。

なつ:ああ 照男兄ちゃん。

照男:見回りは 俺がやるから いいって言ってるだろ。お前は学校があるんだから 早く寝れ。

なつ:大丈夫。あのさ… 照男兄ちゃんはどう思う? じいちゃん 何であんな怒ってるのさ?そんな怒ることかな? 父さんの言ってること。

照男:お前が気にすることはないよ。したから じいちゃんもお前に話さないんだべ。

なつ:でも どういうこと?

照男:天陽君とは何も関係ないことだ。

なつ:えっ?

照男:したから 気にすんな。おやすみ。

なつ:天陽君のことは関係ないってば…。

●柴田家・茶の間

富士子:それは分かってるけど 父さんの気持ちもね。

剛男:あ なつ…。なっちゃん。

なつ:えっ?

剛男:ちょっと こっち いらっしゃい。ほら お茶でも飲まないか?

なつ:よいしょ… 何?

富士子:ちょっと なつをどうする気?

剛男:別にどうもしないよ。だけど なつだって気になってるだろ?

なつ:うん 気になってる。じいちゃんのことしょ?

剛男:そうなんだ

富士子:なつを巻き込まないでよ。

剛男:そんなこと言うなら なつは もう巻き込まれてるんだよ。これは なつの将来に関わることなんだから。

なつ:じいちゃんと何があったの?

剛男:うん… 実はな 今度 農協で牛乳を一手に引き取ろうかと思ってるんだ。

なつ:牛乳を一手に?

剛男:そう。今までは 酪農家は直接 乳業メーカーに卸してただろ?それを農協がまとめて乳業メーカーに卸そうとしてるんだよ。

なつ:それに じいちゃんが反対してるわけ?

剛男:そうなんだ。

なつ:ありがとう。

富士子:じいちゃんは 農協を頼りたくないのさ。自分の牛乳は自分の力で売りたいだけなの。昔から何でも自分の力でやってきて それを支えに生きてきた人だからね。

剛男:だからといって うちの牛乳だけ高く売れれば それでいいってわけにはいかないよ。

富士子:それは分かってるわよ。

剛男:このままだと 力の弱い小さな農家が泣くことになるんだ。それでいいと思うか?なつは。

なつ:それは思わんけど…。

剛男:頼む なつ 音問別の酪農のために立ち上がってくれないか。

なつ:え~…。

夕見子:何 大げさなこと言ってのんさ。

剛男:何だ 聞いてたのか。

夕見子:別に興味ないから気にしないで。

剛男:少しは興味を持ちなさい お前も。なつと同じ高校生だろ。

夕見子:私は普通校。普通に生きます。お母さん 私もお茶が欲しい。普通に喉渇いた。

剛男:なつ じいちゃんさえ 組合に任せるって言ってくれたら 天陽君だって幸せになれるんだよ。

なつ:えっ?

富士子:そっ… そんな ずるい言い方しないでよ!

剛男:いや ごめん… けど そういうことなんだ。頼む なっちゃん じいちゃんに言ってくれないか。農協との話し合いに応じるようにって。私は農協に賛成だって。

なつ:え~…。

●柴田家・子ども部屋

(なつのため息)

夕見子:だから私には関係ない 迷惑だって言ってやればよかったのさ。

なつ:関係ないことないしょ。私だって この牧場で働いてんだから。

夕見子:なつ あんたにだって人生を選ぶ権利はあるんだからね。

なつ:どういう意味?

夕見子:あんたが 農業高校行ったのだってじいちゃんの期待に応えるためしょ?その上 父さんの期待に応える必要はないって言ってんの。

なつ:私は好きで学校に行ってるし ここで働いてんの。

夕見子:そう? なつは どっかでまだ遠慮してんだよ。

なつ:そんなことない。いい? 余計なこと言わんでよ。これ以上 ひっかき回さないでよ。

夕見子:あ~… そうですか。それは余計なお世話でしたね。では どうぞご自由に 朝までじっくり悩んで下さい。おやすみ。

なつ:ねえ 夕見…。

(ため息)

●柴田牧場・牛舎

(あくび)

悠吉:どうした なっちゃん 寝不足かい?

なつ:そんなことないよ。

悠吉:じゃ たるんでるだけかい。

菊介:春から夏にかけてのこの時期が 一番眠いもな。一年で一番 寝心地がいい。

(あくび)

菊介:寝ていたい。

富士子:なつ もういいから 学校行く支度しな。

なつ:まだ大丈夫だよ。

富士子:ゆうべのことは 気にしなくていいからね。

なつ:母さん 私 じいちゃんと話してみるわ。

富士子:いいの そんなの あんたが…。

なつ:けど じいちゃんの考えも知りたいし。

泰樹:何の考えだ?

なつ:あっ じいちゃん…。じいちゃんは 農協の考えに反対なの?

照男:なつ そんなこと 朝からする話じゃないべや。

泰樹:わしは反対はしとらん。農協が勝手にやりたいことをやればいい。わしとは関係ないと言ってるだけだ。

悠吉:その話か…。

なつ:だから じいちゃんは何が悪いと思ってんの?

泰樹:悪いなんて言ってない。変える必要はないと言ってるんだ。

なつ:組合よりメーカーとの関係を大事にしたいってこと?

泰樹:わしの牛乳を ほかの牛乳と一緒にされてたまるか。あいつに頼まれたのか?

なつ:えっ?

泰樹:組合は お前を使って わしを調略するつもりか。

なつ:そたらこと… 組合は関係ないよ。

泰樹:あいつに言っとけ。わしの牛乳は農協には絶対に売らんと。なつに言っても無駄だと。

富士子:あ~ 余計にこじらせた。

なつ:ちょっと待ってよ じいちゃん。

泰樹:ああ それから 今日帰ったら 子牛の様子を見てくれ。食欲が落ちてるようだ。分かったな?

なつ:うん… 分かった。

●十勝平野

なつよ とにかく 朝だから元気をだせ。

なつ:私はどうしたらいいのさ。教えて! 山! 道! か~ぜ~!

NHK大河ドラマ「真田丸」。その8話目のタイトルが「調略」でした。真田昌幸=柴田泰樹という認識でいいかと思う本日の感想です。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。