「スカーレット」まで7日。なつぞら(151話)家政婦の富士子とレイの獣医話

NHK連続テレビ小説

朝ドラ101作品目「スカーレット」まで7日。坂場家に富士子ちゃんが家政婦代わりにやってきて、まさに「家政婦のミタ」。

というのも日テレ「家政婦のミタ」で、松嶋菜々子さん演じる家政婦の三田さんが派遣された家の長男が翔くん14歳で、中川大志さんが演じておりました。

あれは2011年の秋ドラマ。8年前のことがつい昨日のことに思える、泰樹さんの回想ぶりに涙かな。

なつぞら(151話9月23日)

昭和50年3月 富士子さんが小学校に上がる優のために 上京してくれました。

●西荻窪・坂場家

富士子:じいちゃんがね… このところ元気がないんだわ。

なつ:えっ?

富士子:病気とかじゃないんだけどね… 90だしね。

なつ:父さんも言ってた… 穏やかになったって。

富士子:私の母さんのことがあってから医者が嫌いで 一度もかかったことがないでしょ。無理やり連れていこうとしたら もう十分なんて言うんだわ。そうはいっても なかなかしぶといと思うんだけどね。じいちゃんのことだから。

そして4月 優は小学校に入学しました。しかしこんな日も なつとイッキュウさんは休めません。

なつ:ごめんね 母さん 慌しくて。

富士子:そのために来たんだから。

坂場:お義母さん すみません。よろしくお願いします。

富士子:あっ イッキュウさんのご両親から届いたこの百科事典 どうするの?

坂場:あ~ そのまま置いといて下さい。出しても まだ読めませんから。

富士子:分かった。

なつ:名古屋のおじいちゃん おばあちゃんに入学式の写真と一緒にお手紙送ろうね。

優:うん。

なつ:優 おめでとう。

坂場:おめでとう。

なつ:なるべく早く帰ってくるからね。

優:行ってらっしゃい。

●マコプロダクション

なつ:おはようございます。

陽平:おめでとう。

なつ:ありがとうございます。

町田:これ 今朝回収した原画です。

なつ:あ… みんな どう?

町田:外注先もみんな徹夜続きです。あっ でも作品にはみんな自信を持ってるんで それでなんとか持ちこたえてる感じですね。

なつ:あ…。

麻子:イッキュウさん 今日中に次の絵コンテ 上げてね。

坂場:分かってます。

「大草原の少女ソラ」は放送から半年がたち 人気番組になっていました。物語も佳境を迎え なつたちも外注先も 視聴者の期待に応えようと必死に作業を続けました。

●西荻窪・坂場家

富士子:上手。もう一つ…。

(ブザー)

富士子:はい。

千遥:こんにちは。

富士子:千遥ちゃん?

千遥:姉から お見えになっていると聞いていたので。

富士子:えっ?

千遥:千夏です。

富士子:あれ! 本当 昔のなつにそっくりだわ。

優:千夏ちゃん!

千夏:優ちゃん!

富士子:どうぞ 上がって。

千遥:お邪魔します。

千遥:あの 柴田さん その節は大変失礼をしてすみませんでした。私の洋服まで取っといて頂いてありがとうございます。

富士子:なんもさ。そんな水くさいこと言わなくてもいいの。

千遥:あっ これ 優ちゃんの入学祝に作ってきたんです。

富士子:千遥ちゃんのお料理?

千遥:はい。

富士子:うれしいわ。なつもイッキュウさんも喜ぶわ。

千遥:柴田さんもいつか 是非 お店にいらして下さい。

富士子:千遥ちゃん 本当によかった…。

千遥:ご心配をおかけして すみませんでした。

富士子:じいちゃんも喜んでたわ。

●マコプロダクション

坂場:これがレイは父さんに夢を語るシーンの絵コンテです。場所はソラとレイが 風の丘と呼んでいる丘で そこで星を見ながら語るようにしたいんです。

なつ:星を見ながらね…。それは何時ごろ?

坂場:何時?

なつ:眠る前? それとも朝の搾乳をする前? 

坂場:う~ん…。

<新天地を求めて旅をするソラの家族は その途中で川に流されていたレイを助けました。いつしかソラとレイは 本当の家族のように育っていきました。やがてレイは 馬の死をきっかけに獣医になりたいという夢を抱くようになりました。レイはその夢をかなえるために遠くの街へ旅立つことを父さんに告げるのでした>

<レイが 父さんに夢を語るシーンか…>

なつ:イッキュウさん。

坂場:うん?

なつ:この絵コンテだけど 星を見ながら話すのはいいけど やっぱり最後は夜明けにしない?

坂場:夜明け?

なつ:そう。話し終えた2人に 朝日が昇ってくるの。牛飼いの生活は 太陽と共にあるでしょ。その始まりを示す朝日の中でなら 父さんとレイの別れる決心も もっと希望に満ちたものになると思う。私も朝日に励まされたことがあったから。

神地:開拓者を励ます朝日か… いいと思う!

坂場:それなら もっと風の丘であることも生かせるな。風と光で夜明けのにおいを出そう。

麻子:ちょっと 変えるならすぐに動いてよ。もう時間ないんだから。

坂場:分かりました。陽平さん! モモッチ!

陽平:どうしたの?

坂場:このシーンなんですか 最後は夜明けにしたんです。

陽平:夜明け? なるほど…。僕も昔は天陽たちと一緒に開墾してて 十勝の夜明けは何度も見てるよ。

坂場:風と光でそれを表現したいんです。

なつ:陽平さんの中にある夜明けを ぜひ描いて下さい。

陽平:分かった。描いてみるよ。

桃代:私は?

神地:光が出れば 人物にも影が出るだろ。

桃代:うん。

神地:夜明けらしい影の色を 陽平さんと相談して勉強しといた方がいいよ。

桃代:なるほど。ありがとう 神っち。

神地:モモッチには才能があるんだから。

桃代:神っちにそんなこと言われると うれしい。

茜:忙しいのに 何かいい感じね。

麻子:あ~ これであと何枚 増えることやら。 

●西荻窪・坂場家

なつ:ただいま。ただいま…。

富士子:これ 千遥ちゃんが持ってきてくれたの。

なつ:えっ 千遥が来たの?

富士子:うん。わざわざ 入学のお祝いにって 持ってきてくれたわ。

なつ:おいしそう。

富士子:本当においしかったわ。食べるかい?

なつ:うん。うれしい…。これから仕事するから その前に。

富士子:体壊すよ。というより 壊さない方が不思議だわ。

なつ:ハハ… じいちゃんにも届けたいしょ。

富士子:えっ?

なつ:じいちゃんも見てくれてるんでしょ? したら じいちゃんに少しでも元気になってもらいたいのさ。

富士子:なつ…。

なつ:うん?

富士子:心配してるんだね。

なつ:じいちゃんだけでなく じいちゃんのような開拓者の人に恥ずかしくないものを見せたいんだわ。私にできる恩返しはそれだけだから…。頂きます。ん~!

なつは ロケハンで出会った十勝の人々や風景を思い出しながら開拓者の物語を描いてゆきました。

(回想)

なつ:じいちゃんが一人で北海道に来て 開拓したみたいに… 私も挑戦したい。

泰樹:よく言った。それでこそ わしの孫じゃ! 行ってこい。東京を耕してこい!開拓してこい!

そして そのシーンが放送される日を迎えました。

●西荻窪・坂場家

テレビ:「育ててくれる」「昨日の涙と明日の笑顔は」「きっと友達」「ラララ ラララ」

●十勝・柴田家

(「大草原の少女ソラ」テレビ放送)

レイ:「父さん 僕は牛や馬を助けたい。命を助けたい。そのために勉強したいんだ。そのためには遠くの街に行かなくちゃいけない。父さんの牧場を一緒にやりたいけど ごめん… 僕はどうしても獣医になりたいんだ。行きたいんだ」

父さん:「レイ… あのひときわ輝いている星を見ろ。あれは明けの明星だ。この辺りでは古くから 朝の口にいる神と呼ばれている」

レイ:「朝の神様…?」

父さん:「お前は今 あの神様に誓ったんだ。よく言った。それでこそ私の息子だ」

レイ:「父さん…」

父さん:「行ってこい レイ…。 お前がいなくても俺がこの牧場を守る。お前の分まで守ってみせる。だから行ってこい。お前はお前の夢を守れ」

レイ:「父さん!」

(鳴き声)

(風の音)

なつよ どうやら 風はここまで吹いたようだ。

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

スポンサーリンク



コメント