なつぞら3話ネタバレ|富士子「このいい加減にしろ!この頑固ジジイ!」

朝ドラなつぞら(3話4月3日)あらすじと感想

なつ:私をここで働かせて下さい。何でもします。

泰樹:いいんでないかい。その方がその子もここにいやすいと言っとるんだべ。

剛男:言ってませんよ。

なつ:言ってます!

泰樹:言ってるんでないか。

富士子:いいから なっちゃん。

泰樹:それでこそ赤の他人じゃ。

剛男:お義父さん!

泰樹:明日から 夜明けとともに起きて働け。

なつ:はい!

なつが北海道の開拓者一家 柴田家に来て数日がたちました。ここで働くと決めたなつは 一日も早く酪農の仕事を覚えようと必死でした。

なつ:おはようございます!

(牛の鳴き声)

剛男:おはよう なっちゃん。

菊介:今朝は元気だな。

悠吉:早起きにも慣れたんかい?

なつ:はい。

剛男:なっちゃん こっち手伝って。

なつ:はい。

剛男:はい。

朝は4時に始まります。まずは 牛たちによい乳をたくさんたくさん出してもらえるよう 乾燥させた飼料などを与えます。

なつ:おはよう 今日もよろしくね。よいしょ… 今日もよろしくね。おはよう。

(牛の鳴き声)

<それから搾乳をします。なつはまだできません。そして 牛を放牧して新鮮な草を食べさせます。

なつ:行ってらっしゃ~い! 元気いっぱい草を食べてね! 糞もしてね! 行ってらっしゃ~い! 行ってらっしゃ~い!

夕見子・照男:行ってきま~す。

富士子:はい 行ってらっしゃい。

なつ:行ってらっしゃ~い! 行ってらっしゃ~い!

富士子:なっちゃん おはよう!

なつ:おはようございま~す! 元気いっぱい 糞もしてね! 行ってらっしゃ~い!

悠吉:じゃあ 次 糞出し やってくれ。

なつ:はい。

牛たちが出ていくと これからが大変です。牛たちの寝床をきれいにするのです。

菊介:なっちゃん 頑張れよ。

悠吉:牛になりたいべ。あれら 一日食ってんのが仕事だ。羨ましいべ。

なつ:ハハハハ…。私は乳を出せないから 力を出さないと。

悠吉:なっちゃん…。

菊介:子どもの冗談とは思えんべさ。

富士子:いいのかい? このまま なっちゃん 学校にもやらないで。

剛男:今は あの子の好きにさせるしかないさ。あの子にも 意地みたいなもんがあんだわ。ず~っと 大人に頼らず生きてきたからな。

富士子:大人のあんたが連れてきたんでしょ。無責任だわ そんなの。

剛男:なっちゃんは だいぶ仕事にも慣れた。自分を認めてもらおうと必死なんだわ。俺にはその気持ち よ~く分かるさ。

富士子:はあ… な~して 男って 自分の身に置き換えて 人のことを考えることしかできないのさ。

剛男:したけど これから あの子がここで生きてくためには 大事なことのように思うんだ。今は見守るしかないよ。

(ため息)

剛男:大丈夫だって。俺がついてんだから。

富士子:だから 心配だべさ!

剛男:よし 明美 お父ちゃんとこ来い。ほら 明美…。まだ慣れないのか。ほら 父ちゃんだぞ。よし おいで おいで おいで…。

菊介:よいしょ。

それから 新しい寝ワラを牛舎に敷き詰めてゆきます。

剛男:あっ… 大丈夫?

大丈夫です。自分でやれます。

●柴田家・居間

一同:頂きます。

それから やっと朝食です。食べている時のなつは 本当に幸せでした。

悠吉:なっちゃんは 本当にいい食いっぷりだな。

菊介:あんだけ働けば 腹も減るべさ。

悠吉:牛に負けんな。

菊介:牛と張り合って どうすんだよ。

悠吉:な~に いいべさ…。

菊介:何言ってんだ おやじ。

悠吉:黙って食え。

菊介:うっせえよ おやじも黙って食え。

朝食が終わると 今度は畑仕事が始まります。柴田家では 酪農のからわら 豆やジャガイモを作っていました。おじいさんは搾った牛乳を集地乳所まで馬車で運んでいきます。

なつ:お帰りなさい。お帰りなさい。いっぱい食べた? いっぱい糞した?

剛男:はい ただいま。

なつ:ハハッ お帰りなさい。

それから 夕方にも帰ってきた牛たちの乳を搾ります。

(牛の鳴き声)

●柴田家・夕飯

泰樹:おい。

なつ:あっ お兄ちゃん!

夕見子:えっ?

照男:何?

なつ:えっ?

剛男:ハハハ… 何だ 寝ぼけてただけだ。

泰樹:寝るか食うか どっちかにしろや。

なつ:はい… 頂きます。

(泣き声)

剛男:なしたの?

富士子:だって かわいそうだべさ…。このいい加減にしろ! この頑固ジジイ!

泰樹:わしが何したんじゃ。

剛男:富士子ちゃん 落ち着いて。

なつ:ごめんなさい!

剛男:なっちゃんはいいんだよ。

夕見子:ごちそうさん!

剛男:おい 夕見子!

(泣き声)

剛男:どうなってんだ…。

●剛男富士子の寝室

(足音)

夕見子:もう やだ!

剛男:なした?

富士子:なしたの?

夕見子:あの子 いびきうるさくて寝られない。

(いびき)

富士子:疲れてるんだわ。

剛男:夕見子 こっちで寝ろ。

夕見子:やだ。おじいちゃんとこで寝る。

剛男:夕見子…。

●泰樹の寝室

(いびき)

その日は日曜日でした。牛にはもちろん 日曜日などありません。

泰樹:おい こっち来い。やってみろ。

なつ:えっ?

泰樹:搾ってみろ。

なつ:はい!お願いします! よろしくね。蹴らないでね。

(鳴き声)

なつ:大丈夫 大丈夫…。

泰樹:牛から離れるな。おっかなくても くっつく方が安全じゃ。

なつ:はい。

泰樹:まずは このあっためた布で乳首を拭いてやる。そして よくあっためるんだ。

なつ:はい。

泰樹:強く刺激してやらんと 乳は出ん。でも素早くやらんと 牛が嫌がる。

なつ:はい。

泰樹:よし もういいだろう 搾れ。

なつ:はい。

泰樹:数を数えるように 上から指を折るようにして搾る。

なつ:指を…。 あっ! そうか そうやるんだ。

泰樹:おっ おっ おっ おっ…。

なつ:あっ。

剛男:すごい! やったな なっちゃん!

悠吉:うまいもんだ。もう調子が出てきたべさ。

菊介:なっちゃんは 本当に俺たちの仕事をよく見てたんだな。

悠吉:ハハハハハハ…。

剛男:随分 上手んなったな。

照男:ダメだよ 俺なんか。じいちゃんに頼りにされてないし。

剛男:ああ… 父さんだって じいちゃんに頼られたことはないよ。気にすんなよ。照男 あの子のこと頼むな。父さんは お前を頼りにしてるんだぞ。

照男:いいよ そんなこと。

剛男:そんなことって何だ。

照男:俺は 父さん 偉いと思うよ。

剛男:照男… ありがとう。

●夕見子の部屋

剛男:夕見子 ちょっといいかな? おっ 勉強か 偉いな。父さんも働くより勉強の方が好きだったな。夕見子は父さんに似たんだな。

夕見子:働けってかい?

剛男:いや… そうじゃないよ。

夕見子:じゃ 何?

剛男:うん…。父さんが あの子をここに連れてきた理由をちゃんと話そうと思ってな。

富士子:あの子がいない!

剛男:えっ?

富士子:父さんがどっかに連れてったみたい。

剛男:えっ どこへ?

なつはそのころ 荷馬車に乗っていました。まるで どこかへ売られてゆくように。なつよ 一体 どこへ揺られてゆくよ。

本日の感想:ナレのウッチャン、もう少し弾けてもいいかもしれません。そして、剛男の「ふ~じこちゃん」を連発して欲しい柴田家であります。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。