なつぞら34話ネタバレ。雪之助「帯広の土地を思い出せるような銘菓にしたい」

なつぞら(34話5月9日)

●帯広「雪月」

なつ:アニメーションって 何でもできるんだね。無理だよね そんなの。私がそんなところに行けるわけないわ。酪農だって中途半端なのに。うん… 私ができるわけがない アニメーションなんて。

天陽:なっちゃん…。

なつ:うん?

天陽:本当は行きたいんだべさ?

なつ:ハハ… 無理 無理 無理 無理!ハハハ…。

妙子:はい お待たせしました。コーヒーと紅茶ね。はい どうぞ。

雪次郎:映画 行ったんだって?

なつ:うん。

天陽:やあ。

雪之助:やあ 2人ともちょうどいいところに来たね。今朝から雪次郎と2人で新しいお菓子 作ってたところです。

なつ:あっ バターを使ったお菓子?

雪之助:そう そう そう そう そう。これが雪月の新商品 バター煎餅!

なつ:バターせんべい?

雪之助:まあ ビスケットみたいなもんだな。

なつ:あっ! これ ミルクバケットの形してる。

雪之助:そう! よく気付いたね!

なつ:いや 気付かれなかったら失敗しょ?

雪之助:そうだな ハハハ…。

妙子:コーヒー 紅茶にちょうどいかったわ。

なつ:頂いてもいんですか?

雪之助:どうぞ どうぞ どうぞ。

雪次郎:まだ 売りもんじゃねえけど たくさん作ったから。ほら この前 学校で作ったあのバターを使ったんだわ。

なつ:ああ。

雪之助:天陽君も!

なつ:頂きます。

天陽:あっ 頂きます。

雪之助:どう?

なつ:うん おいしい!

雪之助:天陽君は?

天陽:おいしいです。

雪之助:よかった ハハハ…。おい 雪次郎 ほかのテーブルの方にもおすすめして。

雪次郎:あっ はい。

雪之助:これはね なっちゃん 地元の銘菓にしたいんだよ。

なつ:めいか?

雪之助:そう。帯広に来た人がさ みんな これを買って帰るようなお土産にしてね これ食べたら みんなが帯広の土地を思い出せるような そんなお菓子にしたいんだ。

なつ:だから 地元のバターにこだわってるんですね。

雪之助:そのとおり。天陽君の絵と同じだ。ここで生きなければ 作れないものにしたいんだ。

妙子:このお菓子を入れる缶も考えてあるのよ。

雪之助:おお~ ハハハ そう そう そう…。これ おふくろのアイデアでね。

とよ:これは柴田のじいさんなら分かると思うよ。

なつ:じいちゃんとも関係あるんですか?

とよ:その昔 明治の頃に十勝を切り開いた 依田勉三さんという人がいました。その人が晩成社という開拓団を率いていたのね。

なつ:とよばあちゃんの知り合い?

とよ:知り合いじゃないけど 同じ帯広にいたからね。あんたのじいちゃんは 会ってたんでないかい。

なつ:その晩成社がバターを作ってたって じいちゃんから聞きました。

とよ:そう! そのバターの缶がこんな感じだったのよ。

なつ:ふ~ん。

とよ:雪次郎!

雪次郎:はい。

とよ:これ じいちゃんに持ってってやって。

なつ:いいんですか?

とよ:うん。

なつ:ありがとうございます。

とよ:はい。

なつ:喜ぶと思います じいちゃん。「開拓者の郷」…。

雪之助:そう これが商品名だ。つまり 十勝の歴史を今に伝えて 今の十勝の新しいバターを使った お菓子というわけだ。

なつ:すごい…。

とよ:売れるかね?

妙子:売れますよ。

とよ:材料費もいくらかかるか分からないのに。

雪之助:大丈夫だ。バターのことなら なっちゃんと相談してやっていくから。ね。

なつ:あっ… はい。

雪次郎:俺は東京に行かされるしな。

雪之助:期待してるよ なっちゃん!

なつ:はい。

●汽車の中

天陽:なあ なっちゃん。

なつ:うん?

天陽:じいさんに相談してみれば いいんでないか?

なつ:バターのこと?

天陽:違うよ。

なつ:じゃ 何のことさ?

天陽:東京に行くこと。

なつ:どうして?

天陽:どうしてなんて… 自分で考えろよ。お兄さんも向こうにいるんだし 柴田家の人もダメとは言わないんでないか?

なつ:行きたいなんて言ってない!

天陽:だったら行くなよ。

天陽:俺 今度 スキー大会出るから。

なつ:えっ?

天陽:開拓青年団の。

なつ:出るの? スキー持ってたの?

天陽:うん… 板につける金具はあるけど板はない。自分で作るわ。

なつ:えっ!

天陽:ハハハ…。

なつ:大丈夫なの?

天陽:大丈夫さ ハハハ…。

なつ:作り方 知ってるの?

天陽:知らん。

なつ:はあ?

天陽:ハハハハ…。

●柴田牧場

なつ:どう?

悠吉:うん うまいよ!

なつ:でしょ。

菊介:うまいけど これ 煎餅なのか? 洋風の味だな。

なつ:バター煎餅なんだから 洋風でいいのさ。

菊介:ビスケットでいいべさ。

なつ:あっ ビスケット知ってんだ。

菊介:バカにすんなよ おい。

なつ:こんなふうに帯広のお菓子屋さんがバターを買ってくれるようになれば ここでバターを作っても無駄にならないんじゃないかな。

悠吉:けど 雪月さんは変わってるからな。ほかの店はバターよりも小豆が中心だべさ。

なつ:これから変わっていくと思う。洋菓子が増えていくよ。

菊介:みんなにバター売ったら 雪月が怒るべさ。

なつ:どうして?

菊介:雪月が特別でなくなるべ。

なつ:雪之助さんは そんな心の狭い人じゃないよ。

菊介:分かんねえよ。

悠吉:会ったことあんのか?

菊介:会ったことはねえ。

なつ:ハハハ…。

悠吉:なら 分かんねえべ。

菊介:だから 分かんねえって言ってるべ。

悠吉:はあ?

泰樹:なつ。

なつ:ん?

泰樹:お前と照男に任せる。2人で考えてやれ。

なつ:照男兄ちゃんと?

泰樹:うん。今日 天陽と映画行ったのか?

なつ:うん。あっ 天陽君 スキー大会出るんだって。

菊介:おお 出るか! よし この菊介さんが教えてやる。

なつ:本当?

菊介:おう。

富士子:ちょっと いつまで休んでるの?

悠吉:はいはい…。

菊介:富士子さん こけたね 今ね…。

泰樹:照男も スキー大会出る。

照男:えっ?

富士子:何?

泰樹:照男 出るべ。

悠吉:おっ 照男君と天陽君の戦いかい!

菊介:だったら 俺は照男君の味方だ。子どもの頃から俺が教えてきたからな。

なつ:天陽君は敵じゃないべさ!

菊介:いや 照男君が出る以上は敵だ。

富士子:なつ 牛が待ってるよ。

なつ:あっ うん 分かった。

●柴田家・剛男富士子の寝室

富士子:もし なつがそのこと知ったら どうなるんだろう。

剛男:そのこと?

富士子:照男のことよ。

剛男:ああ…。

富士子:もし… もしもよ 照男にその気があって なつはじいちゃんのためを思って 私たち家族のためを思って それを断れないと思ったとしたら… それは2人にとって残酷な話よね。

剛男:なつは天陽君のことが好きなんだろか?

富士子:分からない…。

剛男:もし そうじゃないとしたら 照男のことを好きになる可能性なんて あるのかな? 本気で。

富士子:そうなってもらいたいの?

剛男:君はどうなんだ? もし そうなったら反対か?

富士子:私は… 今のまんまがいい。ずっと今の家族でいたい。

●山田家作業場

回想天陽:お兄さんも向こうにいるんだし 柴田家の人もダメとは言わないんでないか?

回想なつ:行きたいなんて言ってない!

回想天陽:だったら行くなよ。

●柴田家

泰樹:これ使え。

照男:えっ 買ってきたの?

泰樹:そだ。

なつ:あっ! ずるい!

剛男:何がずるいんだ?

なつ:天陽君は板を持ってないから 自分で作るんだよ。

泰樹:持ってないのか?

なつ:うん。

照男:パチンコもねえのか?

なつ:金具だけはあるって。

夕見子:ハハハ… それじゃ勝負にならんわね。

明美:あっ なつ姉ちゃんの貸してやれば?

なつ:ダ~メ! 自分で作った方がかっこいいっしょや!

明美:うん かっこいい!

泰樹:勝てばいいんだ。

照男:えっ?

泰樹:勝った方がかっこいいべ。

そして スキー大会がやって来ました。

●スキー大会会場

なつ:見て! イエ~イ!

天陽:何ですか? 大事な話って…。

照男:うん… なつのことだ。

天陽:なっちゃんがどうかしたんですか?

照男:お前… なつのこと どう思ってる?

天陽:えっ?

照男:好きなのか?

天陽:なしてですか?

照男:答えろよ。

なつよ 何だか 妙な雲行きになってきたぞ。

●感想
天陽君が汽車の中で「行くなよ」と言った時、なぜか「半分、青い。」の鈴愛と律の相合傘を思い出し、あれは高校卒業間近のこと。

雨の音が綺麗に聞こえる傘が欲しいと言う鈴愛に対して、律は最後の最後、最終回前にそれを鈴愛に渡したことを思い出し、今回の汽車のシーンも何かの伏線かと思うおじさんの独り言。

そして、スキー大会のシーンでは、「ひよっこ」の奥茨城村の聖火リレー大会を思い出し、なんだか朝ドラのことしか頭にないぞと反省して、明日の天陽君と照男兄ちゃんの対決に注目です。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。