なつぞら(45話5月22日)おでん屋風車の女将・亜矢美が咲坊の母ちゃん

なつぞら(45話5月22日)

●クラブ「メランコリー」

カスミの歌:可哀想だよお月さん なんでこの世の幸福は ああ みんなそっぽを向くんだろ

なつは 東京・新宿にいました。

カスミ:ありがとうございました。どうも… ありがとうございました。ねえ もしかして あなたは…?

なつ:お久しぶりです。

雪之助:いや~ いかった! あなたの歌声はね すばらしいです!

カスミ:どうもありがとうございます。

雪次郎:すいません お酒に酔ったみたいで…。

カスミ:ああ… いいんですよ。あなたは確か 咲坊の…。

なつ:はい 奥原咲太郎の妹です。兄が今 どこにいるか知りませんか?

カスミ:知らないわね。

なつ:そうですか…。

カスミ:ちょっと お酒につきあってくれる?

なつ:えっ?

●おでん屋「風車」

雪之助:寒くないですか? そんな格好して。ちゃんと挨拶…。

カスミ:あっ こんばんは。

亜矢美:あら カスミねえさん いらっしゃい。

カスミ:はい こっちよ! お客さん 連れてきたのよ。

亜矢美:まあ うれしい お客様。いらっしゃいませ アッハハ…。いらっしゃい。

なつ:おばんです。

亜矢美:あっ おばんです ハハハハ…。どうぞ。

なつは亜矢美さんとの出会いの意味をまだ知りませんでした。

雪次郎:父ちゃん… もうやめれって。な。

雪之助:心配すんな 雪次郎。ここ どこよ? 新宿だべ お前…。

雪次郎:もう分かったって…。

亜矢美:北海道からじゃ 遠かったでしょう。

なつ:はい。

亜矢美:おでん 好きなの言って。

カスミ:遠慮しなくていいのよ 私のおごりだからね。

亜矢美:じゃあね おすすめの このばくだん 食べてよ。

なつ:すいません。

雪之助:あの~ 私 熱かんにして下さい。

亜矢美:お~ はいはい。

雪次郎:それはもう出さなくていいですから!

亜矢美:出しますわよ。商売 商売!

雪次郎:え~…。

亜矢美:レミちゃんも好きなの言って。

レミ子:はい。それじゃ… はんぺん 大根 ちくわぶ コンニャク 卵 ツミレ がんもどき!

亜矢美:分かんないけど 全部入れときます。

レミ子:あ~ お願いします。

亜矢美:今日はステージの帰りなの?

カスミ:そう クラブメランコリー。この3人はね 私の歌を聴きに来てくれたのよ。

亜矢美:おねえさんの古くからのお知り合い?

カスミ:人を捜して 私を訪ねてきたのよ。

亜矢美:あら 人捜し?

なつ:はい。

カスミ:子どもの頃に生き別れた お兄さんですって。それがね 私と同じムーランルージュで働いていたんだって。去年の夏ごろよね 捜しに来てたのは そのお兄さんを。

なつ:はい。その時 兄には会えたんですけど また今は どこにいるか分からなくなって。

カスミ:だからね 今度は お兄さんのそばで暮らすために東京に出てきたんだって。

なつ:いや 兄にとっては 迷惑になるだけかもしれませんけど…。

カスミ:名前 何ていうんだっけ?

なつ:奥原なつです。あっ 兄の名前は奥原咲太郎です。

カスミ:ムーランルージュじゃ 咲坊って呼ばれてた子なのよ。

亜矢美:はい 熱かん…。

雪次郎:あ~… やめれって いや もう…。あっ もう…。

雪之助:なみなみ… ついで下さい。

雪次郎:いや もう あっ もう…。

雪之助:あのね 女将… 女将 あの この子はね なっちゃんね 本当に苦労したんだわ。

亜矢美:そうなの?

なつ:おじさん いいって… そったらこと ないから。

雪之助:ある。あるべ! 子どもの頃によ 北海道の牧場に預けられてさ これがね そこにいたのは なんとまあ 人の苦労を苦労とも思わねえような おっかない開拓者のじいさんでな 牛のね… 牛の乳搾り できなきゃ学校に行くなって言われてたんだよ。

雪次郎:いや もう いつの話してんだべ。

雪之助:なっちゃん なっちゃん… あれだべ あの~ ほら つらくなってよ 牧場を飛び出したことあったべ?

なつ:おじさん…。

雪之助:あったべ!

なつ:あったけど…。

雪之助:あったべ! ほら あの 東京のお兄さんに会いたくなってよ 飛び出したことあったべや? ところが… ところがですよ 女将… 女将!

亜矢美:ん… はい?

雪之助:その兄さんってのがね これ 会ってみたら もう これ ろくでもねえやつでな…。

亜矢美:あら…。

雪之助:警察のね やっかいになるようなやつだったんですよ!

雪之助:もう やめれって! なっちゃんに失礼だべ そったらこと言ったら!

なつ:別にいいから。

雪之助:なっちゃん あれだよな… お兄さん 川村屋に借金残してんだべ? その借金 返すためにね なっちゃんは皿洗い 川村屋でやってるんです。

なつ:いや おじさん それは違うっしょ!

雪之助:そういうことにもなるべさ。おい 雪次郎! お前 支えてやれ!

雪次郎:うん…。

雪次郎:分かったか? 雪次郎 お前…。おっ…!

なつ:あっ! おじさん…? えっ…?

雪次郎:支えなきゃなんねえのは そっちだべよ…。しょうがねえな もう… 飲み過ぎだべ 弱えのに…。

なつ:あっ すいません もう帰ります。

亜矢美:北海道?

なつ:いや… 川村屋です。寮があるんで… すいません ごちそうさまでした。

亜矢美:気を付けてね。

なつ:はい。

なつ:ごちそうさまでした。

雪次郎: すいません ごちそうさまでした。

雪之助:寒い… 寒い…。

なつ:えっ?

レミ子:咲ちゃんにんさ…。

なつ:咲ちゃん?

レミ子:お兄さんに 私にも返すように言ってよ。

なつ:兄はあなたにもお金を借りてるんですか?

レミ子:お金じゃない…。私の心よ。

なつ:はい?

レミ子:心の操! 真心を一晩 貸したままだから…。返してもらうわよ。

なつ:さっぱり 分かんねえ…。

カスミ:ごめんね。

亜矢美:知らせに来てくれたのね おねえさん。

カスミ:あとは 亜矢美ちゃん次第よ。

●川村屋の寮

なつ:すみません 佐知子さん。

佐知子:何が?

なつ:せっかく 一人で部屋を使ってたのに…。

佐知子:私は最初は相部屋だったのよ。だから気にしないで。

なつ:佐知子さんみたいな人で いかった。

佐知子:私もあなたでよかったわ。困ったことがあれば 何でも言ってね。

なつ:ありがとうございます。

佐知子:咲ちゃんからは 何も聞いてない… わよね? 私のこと?

なつ:咲ちゃん?

佐知子:そりゃ 言えないか…。

なつ:えっ?

雪次郎:あっ なっちゃん 早えなあ。

なつ:遅いよ。どうしても早く目が覚めちゃって。布団の中で我慢してたんだから。う~ん 牛が恋しい…。

雪次郎:そうか。

なつ:おじさん 大丈夫?

雪次郎:さっき 目 覚めて 二日酔いで苦しんでるわ。水 持ってこいって。父ちゃん…。

(雪之助の声)

なつ:あっ おはようございます。

佐知子:おはよう。早起きで偉いわね。

なつ:いや 癖なんです。あっ 自分でやります…。

佐知子:あのさ…。

なつ:はい?

佐知子:これ 少ないけど… お兄さんに渡してくれる?

なつ:えっ?

佐知子:少しでも 足しになればと思って。

なつ:えっ 何ですか? これ。

佐知子:お金よ。

なつ:えっ なして お金を…?

佐知子:力になりたいからでしょ。私からじゃ 遠慮して受け取ってくれないかもしれないから あなたから渡してあげて。ね。

なつ:あっ あの… 兄と何かあったんですか?

佐知子:ハッ… やだ… まだ ないわよ。

なつ:まだ…? えっ もしかして 兄はあなたにも借りがあるんですか?

佐知子:借りなんてないわよ。私と咲ちゃんは同志だもの。

なつ:同志?

佐知子:この新宿で ずっと一緒に強く生きていこうって誓ったの。ハッ… やだ…。

なつ:やだ…。兄って どんな人なんでしょう…。怖…。

●おでん屋「風車」

配達員:こんにちは。

亜矢美:はい ご苦労さん。

(戸が開く音)

咲太郎:ただいま!

亜矢美:咲太郎…。

咲太郎:何だよ しけた面して。相変わらず不景気か? 神武景気もここまでは届かないか。ま 元気出しなって 母ちゃん。

亜矢美:あ… おでん 出来たばっかりだけど 食べるかい?

咲太郎:うん。風車のおでん 久しぶりだなあ。

亜矢美:あんた また新宿に戻ってきたの?

咲太郎:ここしか帰る所がないだろ。

亜矢美:で 今は何やってんの?

咲太郎:今? 今は新劇の劇団 手伝ってんだ。

亜矢美:新劇?

咲太郎:昨日が千秋楽だったんだ。ちっとも もうからないけど うん… 役者はいいんだよ。あっ ほら ムーランルージュも最後の方は新劇みたいだって言われてただろ?

亜矢美:うん…。やっぱり そっか まだ知らないか…。

咲太郎:えっ?

亜矢美:それで帰ってきたってわけじゃないんだ。

咲太郎:何の話だ?

(ため息)

亜矢美:あんたの妹 新宿に来てるよ。北海道から。

咲太郎:えっ なつが!

亜矢美:あんたを捜してる。今度はこっちで暮らすために出てきたらしいよ。

咲太郎:何で? 今更 俺なんか…。

亜矢美:あれは… 追い出されたんだね。

咲太郎:えっ… 北海道をか?

●「川村屋」厨房

先輩:まず 卵をこうやって 白っぽくなるまで泡立てる。それから さっきの粉も もう一回 ふっとけよ。

雪次郎:はい! 分かりました!

光子:なつさん。

なつ:はい。

光子:これから忙しくなるから 今のうち ごはん食べておきなさい。

なつ:はい。

●おでん屋「風車」

咲太郎:俺のせいか…!? 俺のせいで なつは 一人で東京に来たのか…!

亜矢美:妹さんはね 北海道で それはそれは苦労してきたらしいよ。

咲太郎:いや そんなことはないだろう! 去年の夏に会った時は幸せだって言ってたよ。一緒にいた おばさんだって…。

亜矢美:お前が そう言わせたんだろが。

●「川村屋」厨房

先輩:熱いよ 熱いよ…! 何だ まだ泡立て終わらないのか。早く粉ふって バターは湯煎にかけとけよ。

雪次郎:はい…。

なつよ 何だか 咲太郎に勘違いされているみたいだけど もうじき 会えるかもしれないよ。

●感想
長い! いや、多い! 東京・新宿偏に入った途端、セリフの量が増えまくりで、ここまで辿りついてバタンキューです。

ということで、明日もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。