なつぞら(46話5月23日)マダムも随分あこぎなまねするもんですね

なつぞら(46話5月23日)

●「川村屋」厨房

杉本:お前 何度言ったら分かるんだ! 仕事は見て覚えるんだ。いちいち指示待つな。本当にやる気あんのか?

雪次郎:はい!

杉本:お前のやる気は返事だけなんだよ。

雪次郎:はい!

なつ:頑張れ…。

●「風月」

咲太郎:俺のせいか…!? 俺のせいでなつは一人で東京に来たのか…!

亜矢美:北海道で妹さんは それはそれは苦労してきたらしいよ。

咲太郎:いや そんなことはないだろう! 去年の夏に会った時は 幸せだって言ってたよ。一緒にいたおばさんだって…。

亜矢美:バカ!お前がそう言わせたんだろうが。かわいそうにねえ… 小さい時から牧場でさんざんこき使われて もう朝から晩まで牛の乳搾りだ…。あっ 手がしばれるわとか言ってると 乳も搾れねえで学校なんて行くんでねえ。ビシビシビシ~ッて…。

咲太郎:ひでえ…。それじゃ 孤児院よりひでえじゃねえか!

亜矢美:で やっと大人になってお前に会いに来たわけだ。

咲太郎:どこにいるんだ? なつは。

亜矢美:川村屋。誰かの借金を返すために皿洗いをしてるらしいよ。

咲太郎:えっ…。

亜矢美:どうしたもんかねえ… このまんまじゃねえ 人間のクズだわな!

咲太郎:分かってるよ! チクショー… 許せねえ…。北海道め…。許せねえ!

その日の閉店後 なつは店の片付けを手伝っていました。

●「川村屋」

(戸が開く音)

なつ:あっ すいません 今日…。

咲太郎:なつ! 遅くなって悪かったな。

なつ:お兄ちゃん!

咲太郎:なつ お前を迎えに来たんだ。

なつ:どういうこと?

佐知子:咲ちゃん!

咲太郎:お~ さっちゃん! 元気か?

佐知子:咲ちゃんも元気そうでよかった。

咲太郎:ああ 俺は元気だ。

なつ:すいません 佐知子さん ちょっといいですか?

咲太郎:ごめん さっちゃん。また今度。妹がすねてるから。

なつ:すねてないけど!

咲太郎:あっ 妹のことは知ってるよね?

佐知子:もちろん。一緒の部屋にいるから。

咲太郎:そうなんだ?

佐知子:心配しないでね。なっちゃんのことは自分の妹だと思って大事にするから。

なつ:あの ちょっと…。

咲太郎:優しいだろ さっちゃんは。

なつ:ちょっと待ってよ お兄ちゃん! それより 今 どこで何してんのさ?

咲太郎:今はとにかく急いで お前を迎えに来たんだよ。

なつ:えっ?

光子:どういうことなの?

咲太郎:あっ マダム…。

光子:お久しぶりね。

咲太郎:マダム 俺の借金と妹は何の関係もないだろ!

光子:どういう意味かしら?

なつ:お兄ちゃん…。

咲太郎:妹を働かせるなんて 川村屋のマダムも随分あこぎなまね するもんですね。

光子:はあ?

咲太郎:これを!

光子:何?

咲太郎:返済金です。またた1万円だけですけど…。これからは必ず毎月返しに来ますよ。そのかわり 妹は解放してもらいます。

なつ:ねえ ちょっと待って。

光子:妹がここにいると知って 慌てて返しに来たわけ? 相変わらずね。

咲太郎:妹は連れていきます。

光子:どうぞ。

なつ:えっ ちょっ… お兄ちゃん!

雪次郎:なっちゃん お兄ちゃんって…。

咲太郎:誰だ? こいつは。

なつ:あっ 雪次郎君。北海道から一緒に来た私の友達。

咲太郎:北海道?

雪次郎:小畑雪次郎です!なっちゃんのお兄さんですか?

咲太郎:何だ? お前。

雪次郎:えっ?

咲太郎:何で なつを追っかけてきたんだ!?

雪次郎:いや 追いかけてきたわけでは…。

なつ:お兄ちゃん やめてよ!何をさっきから勘違いしてんのさ!

咲太郎:なつ とにかくここを出よう。お兄ちゃんと一緒に行こう。

なつ:えっ?

咲太郎:いいですね? マダム。

光子:だから お好きにどうぞ。別になつさんをここに縛りつけてるわけではありませんからね。

野上:それどころか 保護してるようなものですよ。

咲太郎:行こう なつ!

光子:連れてって 今度があなたが妹を不幸にするの?あなたは今のなつさんの何を知ってるの?何をしてあげられるというの? あなたは今 何をしてるのですか?

咲太郎:新劇の劇団の制作部にいます。

光子:それで なつさんを幸せにできるの?なつさんの生活を保証できるの?

野上:マダムに借金も返しながら。

咲太郎:だけど…。

光子:これからこの先 どうやって 妹と生きてゆくつもりなんですか?

なつ:いいんです! マダムは兄の何を知ってるんですか! すいません…。

雪次郎:なっちゃん…。

光子:そうね… 私は何も知らないわね。

野上:なんてことを…。

なつ:すいません あの… 少しだけ兄と話をさせて下さい。

光子:お好きにどうぞ。

野上:戻ってこなくていいですよ。

なつ:すいません…。

咲太郎:行こう なつ。

なつ:お兄ちゃん ちょっと待って! どこに行くの?

咲太郎:俺の家だ… もう心配ないよ。

なつ:何がさ? 何なのよ もう! やっと会えたのに…。何なの? マダムにあんなこと言って…。何て言うか… 話についていけないべさ!

咲太郎:お前 すっかり北海道に染まったな。

なつ:言葉はしょうがないしょ。

咲太郎:言葉だけじゃねえ…。何か… 苦労が顔ににじみ出てる。

なつ:聞きようによっては失礼だからね それ。

咲太郎:悪かった。すまん このとおりだ。

なつ:ねえ やめてよ… お兄ちゃんが謝ることなんてないから。

咲太郎:俺のせいで 皿洗いなんかさせて…。

なつ:だから さっきから勘違いしてるみたいだけど 何もお兄ちゃんのためじゃないから!

咲太郎:分かった。とりあえず行こう。話はそこでだ。

なつ:お兄ちゃんの家って どこ?

咲太郎:もう そこだ。なつ… なつに会わせたい人がいるんだ。

なつ:誰?

咲太郎:話は会ってから。

なつ:どこ行くの…。

●「風月」

(戸が開く音)

咲太郎:連れてきたよ。

亜矢美:あっ いらっしゃい。おばんでござんす。

なつ:ここは歌手の煙カスミさんと…。

亜矢美:咲太郎 お店閉めちゃおっか。うん うん…。

咲太郎:えっ いいのか?

亜矢美:いいのいいのいいの… 早く…。

咲太郎:分かった。

亜矢美:なつさん おなか すいてらっしゃるでしょ? ね。咲太郎!咲太郎! 今日はさ 奥の桟敷で3人でごはん食べましょうよ。

咲太郎:ああ いいね そうするか。なつ 奥行こう。

なつ:待ってよ お兄ちゃん…。いい加減にしてや!

咲太郎:どうした? なつ。

なつ:こんな大人の人まで…。

咲太郎:えっ?

なつ:ここで一緒に暮らしてるってこと?

咲太郎:ああ そういうことだ…。

なつ:ねえ 言うよ!私 言っちゃうからね!

咲太郎:うん 何でも言ってくれ。

なつ:この人のために言うよ!

亜矢美:ん 何?

なつ:去年の夏休み 浅草で会った踊り子の人は お兄ちゃんによろしくって言ってたよ!またいつでも遊びにおいでって! 朝まで一緒にいたんでしょ!?

咲太郎:ああ マリーのことか?

なつ:それから 煙カスミさんと一緒にいた人も…。

亜矢美:あっ 土間レミ子ちゃんね 付き人の。

なつ:そうです。その人がお兄ちゃんに返してだって!

咲太郎:何を?

なつ:心の操! 真心だって!

咲太郎:何だ それ。

なつ:知らんわ そったらこと! それから佐知子さんは…。

咲太郎:あ~ 待て! 分かった!言いたいことは分かった。違うよ。それは勘違いだ。

なつ:いや 勘違いさせてんのは お兄ちゃんでしょ!

咲太郎:あ~ まあ 落ち着け!落ち着けって…。

亜矢美:ねえ もうバカでしょ 咲太郎ね。困っちゃうわよね アッハハハ…。

なつ:何でそんな落ち着いてるんですか?

亜矢美:あっ… あっ まさか えっ… 妬くとか? うん? うん?

咲太郎:バカ この人は違うよ。この人は俺の母ちゃんだ。

なつ:えっ?

咲太郎:まあ 母ちゃんみたいなもんっていうか 岸川亜矢美って 元ムーランルージュの踊り子だ。今からゆっくり話すよ。

なつ:あっ…。

回想藤田:咲太郎は戦後のマーケットで うろうろしてるところを助けたんだ。

回想なつ:それはありがとうございました。

回想藤田:助けたのは俺じゃねえ。戦前からムーランで踊ってた岸川亜矢美っていう踊り子だ。

亜矢美:あっ ああっ あ~っちっち…!

なつ:あなたが そだったんですか…。

亜矢美:あっ まあね…。

咲太郎:そうか… 藤正親分や角筈書店の社長から聞いてたか。

なつ:でも それなら どして 歌手の煙カスミさんは あなたのことを隠してたんですか?

亜矢美:えっ?

なつ:去年 東京にお兄ちゃんを捜しに来た時もそだったし この間も あなたのことを私に隠してましたよね?

亜矢美:あ… それは私に気を遣ってくれたんじゃないの? うん…。

なつ:どうしてですか?

亜矢美:う~ん…。あれ どうしてかしら? アハハハハ…。

咲太郎:なつ そんなことはどうだっていいだろう 会えたんだから。それより なつ ここでお前も一緒に暮らさないか?なつさえよければ ここに住んでいいんだよ。

なつ:私も一緒に?

亜矢美:もしよければなんだけど…。狭いんだけどさ 上に2部屋あるから。

咲太郎:生活の面倒は俺が見るよ。なんとかする。俺に任せろ。

亜矢美:バカ! お前のそのなんとかっててのが 一番信用できないの。だから こうなってんでしょ。

咲太郎:いや なんとかするしかないだろう!

亜矢美:どうやって?

咲太郎:だから… なつのために働くよ。

亜矢美:食べてけんのか? 新劇で。

咲太郎:ほかの仕事も探すよ。

亜矢美:私がなんとかします。

咲太郎:そのなんとかだって 当てにならないだろ。やっと この店を借りて生活してるくせに。

亜矢美:とにかくさ ここにいてもらってさ んで 食べていければいいんでしょう?

咲太郎:食べさせられんのかよ?

亜矢美:あっ おでん 毎日食べられんじゃない ねえ。あっ 何だったら ここで働いてもらっていいわよ。

咲太郎:客もろくに来ない こんな所で働いて どうするんだよ。

亜矢美:こんなかわいい子 来てくれたら お客さん いっぱい来ちゃうわ。

咲太郎:おい 俺の妹を商売に使おうってのかよ。

亜矢美:ちょっと手伝ってもらうだけでしょ。あっ その方がね ここにいやすいわよ ねえ?

なつ:嫌です…。やめて下さい…。

咲太郎:えっ?

なつ:2人して私をバカにしないで下さい。

亜矢美:バカになんかしてないから。

咲太郎:何言ってんだよ?

なつ:私はもう一人で生きられます。ここは私とは何の関係もないとこですから。帰ります。

咲太郎:えっ…? ちょっ… おい なつ… なつ! おい なつ! なつ! なつ… 待てよ! どうしたんだ? なつ。

なつ:お兄ちゃんは私と千遥を捨てたんでしょ。それで楽しかったんでしょ?ずっと…。死ぬほど心配してたのに…  私と千遥のことはとっくに忘れて… もう関係なかったんでしょ!

咲太郎:なつ…。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。