なつぞら(5話4月5日)富士子「謝らないで。お金のことなんて気にしないで」

朝ドラなつぞら(5話4月5日)あらすじと感想

●柴田家・子ども部屋

夕見子:これ あげる。おやすみ。

なつ:ありがとう。

●柴田家・牛舎

なつ:おはようございます。

悠吉:おっ 元気だな。

菊介:おはよう。

剛男:おはよう。

泰樹:おはよう なつ。

なつ:はい おはようございます!

泰樹:なつ 搾乳終わったら 今日は学校へ行け。

なつ:えっ… はい。

剛男:なっちゃん いかったな。

泰樹:分かったら さっさと働け!

2人:はい!

●柴田家・居間

なつ:はあ。

富士子:はい これ弁当ね。

なつ:ありがとうございます。

富士子:勉強道具もちゃ~んとそろえといたから。

なつ:すみません。

剛男:学校 俺も一緒に行くから。

富士子:大丈夫かい?

剛男:大丈夫だよ。挨拶ぐらいできるわ。

富士子:じゃ もう一つ弁当ね。

剛男:弁当の時間まではいないよ。

富士子:あっ そっか。

夕見子:行くなら もう時間だよ 父さん。

剛男:すぐに着替えてくる。

剛男:行ってきます。

3人:行ってきま~す。

富士子:行ってらっしゃ~い。

なつ:行ってきま~す!

悠吉:気ぃ付けてな~!

菊介:頑張れよ!

照男:あっ 手振った。

剛男:うん。

夕見子:仲いくなったの?

なつ:はい。

夕見子:あのさ もう分かったから。無理に働かなくてもいいから。

なつ:別にに無理してないよ。夕見子ちゃんも一緒にやらない? 牛の乳搾り 面白いよ。

夕見子:絶対にやだ! 何で牛乳なんか搾らなくちゃなんないのさ。

剛男:夕見子は牛乳が嫌いなんだ。戦争から戻っても まだ直ってなかったな。

夕見子:一生 飲まんから。

なつ:あんなに牛がいるのにもったいない。

夕見子:牛なんか臭いだけだし 私にとってはな~んの役にも立たない。

なつ:えっ あんなにかわいいのに…。

(ため息)

剛男:どうした 照男? ため息なんかついて。

照男:俺はまだ 搾乳教わってないのに…。

剛男:ああ いつでも教えてやるよ。

●小学校

先生:おはよう。

生徒:おはようございます。

●校長室

剛男:今日から もう一人 よろしくお願いします。

校長:それで その子は柴田さんの養子になさるおつもりですか?

剛男:いえ あの子には 実のきょうだいがいるんです。いずれ また 一緒に暮らしたいと思ってるようです。なので 籍は入れず 名前も奥原なつのまま うちの子として育てたいと思ってます。

和子先生:ご立派ですわ。なかなかできることじゃありませんもの。

剛男:いえ… 本当にそれでいいかどうかは あの子次第です。

●教室

なつ:奥原なつです。よろしくお願いします。

和子先生:奥原なつさんは 東京から来て 今は柴田夕見子さんの家に家族として暮らしています。みんな 仲よくして下さいね。

一同:は~い。

和子先生:では 夕見子さんの隣に座って。

なつ:はい。

和子先生:はい それでは皆さん 国語の教科書を開いて下さい。この前の授業の続きです。6ページを開きましょう。広げましたか? 6ページですよ。

夕見子:はい。

なつ:ありがとう。

夕見子:いちいち いいって。

大作:東京って お前の家も空襲で焼けたのか?

なつ:えっ?

実幸:天陽君とおんなじじゃないのか?

大作:それで疎開してきたんだろう?

女の子:開拓に来たんでしょ。

大作:でも うちの親は疎開者だって言ってるぞ。

なつ:私も空襲で家が焼けたのは同じです。それで親を亡くして孤児院にいました。

さち:孤児院?

実幸:東京で?

なつ:はい。その前は… 浮浪児でした。

大作:ふろうじ?

実幸:家がなくて 外で暮らしてる子どもだべ。東京には そういう子どもが街にたくさんいるんだって。野良犬みたいに暮らしてて バイ菌とは怖~い病気 いっぱい持ってるって。

一同:ええっ!

夕見子:ちょっと いいかげんなこと言わないでよ!

なつ:病気で死んだ子はいっぱいいました。

一同:ええっ!

夕見子:あんたまで言わないでよ!

なつ:私は夕見子ちゃんのお父さんに助けられました。赤の他人なのに 助けてくれたんです。それで北海道に来たんです。

さち:夕見子ちゃんのお父さん 偉いね。

大介:だけど こいつが病気だったら どうすんだよ!

夕見子:ちょっと!

大介:病気じゃないって 証拠見せろよ。

なつ:証拠?

大介:野良犬が病気かどうかなんて ちょっと見ただけじゃ分かんねえだろ。

なつ:フフフフ…。

夕見子:ちょっと 何で笑うのさ!

天陽:病気だったら とっくにその子は死んでるよ。東京から北海道までって どれくらい離れてると思ってんだ。

大介:そっか…。

●柴田家の畑

剛男:ただいま。

富士子:お帰り。どうだった?

剛男:大丈夫だよ あの子は賢いから すぐに慣れるよ。

富士子:あとは 私らが本当にあの子の親になれるかどうかだね。

剛男:そだな。

●教室

(ベル)

なつ:うわ~ うまい! さっきはありがとう。

天陽:あっ 別に。

なつ:それ あなたんちの馬?

天陽:うん 死んじゃったけどね。

なつ:死んじゃったの?

天陽:買ったけど もう死ぬ年だったんだ。だまされたんだ。

なつ:でも 生きてるみたい。

天陽:絵では生きているようにしなくちゃ。思い出すことにならないだろ。大好きだったんだ この馬…。

なつ:フフフ。

●学校からの帰り道

夕見子:ねえ 何で怒らないの?

なつ:怒る?

夕見子:嫌なこと言われたら 怒ればいいじゃない。遠慮したって 誰もあんたのこと いい子なんて思わないよ。

なつ:別に… いい子じゃないよ 私は。

夕見子:ほら そういうとこ。もっと言い返せばいいじゃない。

なつ:言い返してるでしょ?

夕見子:言い返してないよ。

なつ:何て言えばいいの?

夕見子:そんなことは自分で考えなよ。

なつ:難しいなあ…。

夕見子:あんたは野良犬? 病気なんか持ってないでしょ?

なつ:分からない。

夕見子:えっ 分からないの?

なつ:孤児院のお医者さんは 大丈夫だって。

夕見子:そしたら大丈夫さ。したら もっと怒りなよ。

なつ:浮浪児だったのは本当だし…。

夕見子:それは あんたのせいじゃないしょや。

なつ:怒らないでよ。

夕見子:あんたが怒んないからさ。

●柴田家の軒先

正治:では これ…。

なつ:あっ!

富士子:お帰んなさい。どうしたの?

なつ:あの…。

正治:それじゃ。

富士子:ご苦労さま。

なつ:手紙… 来てませんか?

富士子:なっちゃんに?

なつ:はい。

富士子:うん… 来てないわ。

夕見子:ただいま。 どうしたの?

富士子:お帰んなさい。なっちゃん 学校どうだった?

なつ:すいません!

正治:何?

なつ:すみません あの… 手紙はどうやって出したらいいんですか?

正治:手紙? 君が出したいの?

なつ:はい。

正治:どこに出すの?

なつ:東京の家族です。どうやって出したらいいですか?

正治:それなら おじさんが出してあげるよ。明日でいいかな? 受け取りに来るよ。

なつ:いくらですか?

正治:えっ…。

富士子:なっちゃん 手紙待ってたの?

なつ:すみません。

富士子:謝らなくていいの。もしかして 東京にいるお兄さんからかい?

なつ:はい。

富士子:なっちゃんの方からは 手紙出さないの?

なつ:あの… おばさん お願いします。手紙を出す10銭 貸してもらえませんか?

富士子:何さ それ! そんなことはいいから。なっちゃん。なっちゃんは今 この家で暮らしてるけど なっちゃんはなっちゃんでしょ!東京にいるお兄さんだって親戚の家にいる妹さんだって なっちゃんにとっては大事な家族でしょ。そういう気持ちを隠す必要はないの。そういうなっちゃんをおじさんもおばさんもここで育てたいの。分かる?なっちゃんは 自分の思ってることを素直に言えばいいのよ。いくらでも手紙を出しなさい。書きなさい。謝らないで。お金のことなんて気にしないで。

なつ:はい ありがとうございます。

なつは久しぶりに 亡くなった父の手紙を開けました。そこには一枚の懐かしい家族の絵がありました。

なつ:お兄ちゃん どうして手紙をくれないの?

なつよ 本当の家族が恋しくなったのか…。

昨日今日と、泣かせるセリフが多くて「ふ~じこちゃ~ん」と軽く呼べない富士子さんに泰樹じいさん。おのおの方、心して視聴いたしましょう。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」イメージ

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?
朝ドラ総選挙(2回)

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。