なつぞら6話ネタバレ|なつは、その朝突然、東京に帰る決心をしたのです。

朝ドラなつぞら(6話4月6日)あらすじと感想

「お兄ちゃん 元気ですか? なつは元気です。なつは元気だけど早くお兄ちゃんに会いたいです。孤児院の暮らしは大変だと思うけど 頑張って早くなつを迎えに来て下さい。それからお兄ちゃんにお願いがあります。千遥のいるおじさんの家の住所 教えて下さい。千遥はまだ手紙を読めないけど 手紙を書きたいです。お兄ちゃん 早くまた千遥と3人で暮らせることを 私は…」

照男:う~ん…。

●柴田牧場・牛舎

なつ:おはようございます!

剛男:なっちゃん ちょっと来てごらん。

なつ:あっ…。

悠吉:今 生まれるとこだ。

なつ:あっ…。

剛男:生まれたよ!

泰樹:ご苦労さん。よし 初乳を絞るぞ。

剛男:はい。

なつ:乳も出して 子どもも産むんだね。牛さんって大変だね。

菊介:何言ってんだよ なっちゃん。子どもを産まなきゃ 乳は出ないのさ。

なつ:そうなの?

悠吉:そりゃ 人間の母親と一緒だ。

なつ:そうか…。みんな お母さんなんだ。

●音問別小学校・教室

花村:1から7は引けないので お隣の10の位から 10借りてきます。10引く7は3。3足す1は4ですね。

夕見子:(小声で)ねえ 何見てんの?

なつ:えっ? 何も見てないよ。

夕見子:何も見てないわけないしょ。

なつ:後ろを見てただけよ。

花村:奥原なつさん。

なつ:はい!

花村:この問題 分かりますか? 今の授業を聞いていたら分かるはずですよ。

なつ:あの 答えは… 10銭です!

花村:せん?

なつ:あっ 10です!

大介:金の計算してんじゃねえよ。

(笑い声)

花村:正解ですけど。

なつ:すみません…。

●柴田家・居間

剛男:10銭? 10銭を貸してくれってか?

富士子:そう 郵便代よ。東京にいるお兄さんに出したいからって。

剛男:そんなこと 遠慮してたのか。

富士子:そなのよ。

悠吉:泣けるねえ。鬼のような他人の家で暮らす戦災孤児の話はた~くさん聞くもな。あっ いや…。この家がそうだと言っているんではなく…。

菊介:余計なこと しゃべんな。

悠吉:ごめん…。

富士子:だから私 手紙なんかどんどん書けって 怒っちゃったのよ。そしたら あの子 泣きだしちゃって。

剛男:やっぱり寂しいのか なっちゃんは。

●音問別小学校・教室

なつ:また馬? 今日ね 子牛が生まれたの。馬しか描けないの?

天陽:悪いか?

なつ:悪くないけど ほかの絵も見てみたいから。

天陽:どうして 絵が見たいの?

なつ:私のお父さんも 絵がうまかったの。お父さんの新しい絵は もう見られないから。

天陽:ふ~ん。

(風の音)

天陽:おっ。

なつ:あっ! ちょっと貸して。

天陽:えっ? 何?

なつ:うわ~ 面白い! ねえ これ見て! まるで馬が暴れてるみたい。ねっ ほら!

(いななき)

●柴田家

なつ:あっ こんにちは。

正治:やあ。手紙書いた?

なつ:はい。これでお願いします。

正治:はい。確かにお預かりしました。

なつ:あの…。

正治:うん?

なつ:返事があったら すぐに届けてもらえますか?

正治:もちろん すぐに届けるよ。待っててね。

なつ:はい。

夕見子:手紙出したの?

なつ:うん。

夕見子:どこに出したの?

なつ:東京のお兄ちゃんのところ。

夕見子:ふ~ん。ねえ はっきり聞くけど あんたはこの家にいたいと本当に思ってる? それとも しかたなく?

なつ:えっ?

夕見子:私は別にどっちだっていいのよ。ただ 聞いておきたいだけ。はっきり知っときたいのよ あんたの気持ちを。だって そうじゃなきゃ あんたをどう受け入れていいか 分かんないだもん。どっち? そこが分かんないと どう優しくしていいのか 分かんないよ。

なつ:それなら 無理に優しくしなくたっていいよ。

夕見子:えっ?

なつ:私は大丈夫だから。無理しないでね。

富士子:よいしょ…。ああ お帰んなさい。

なつ:あっ ただいま! あの おばさん 何か手伝います。

富士子:そう? じゃあね… 明美と遊んでてくれる?

なつ:はい。

富士子:そんだけで助かるわ。

なつ:はい。明美ちゃん おねえちゃんと行こう。よし。

夕見子:あの子… 腹立つ!

富士子:えっ?

なつ:やった~!分かった? じゃあ 今度 明美ちゃんの番。

(薪割りの音)

なつ:上手ね。それ 私にも教えて。

照男:えっ?

なつ:私にもやらせて。手伝います。

照男:ダメだよ!危ないよ。

なつ:大丈夫よ。明美ちゃん ちょっとだけ離れててね。

照男:ダメだったら! お前は牛の乳搾りがあるだろ。これは俺の仕事だよ。

なつ:そっか そうだよね。私のお兄ちゃんは ダンスを踊れるの。

回想咲太郎:♪得意顔 東京は銀座へと来た

なる:タップダンスって知ってる? 昔 浅草の芸人に習ってたんだって。私も習いたかったけど 戦争になったからダメだったの。

照男:何 言いたいの?

なつ:それだけ。行こ 明美ちゃん。

<それから 何日たっても兄からの返事は来ませんでした>

なつ:ただいま!

<私はおかしいと思うようになりました。兄は別れる時 私に手紙を書くと言いました。うそをつくような兄ではありません。兄から手紙が来なければ 妹の行方も分かりません。>

なつ:あっ 大丈夫?

(泣き声)

なつ:あっ 血が出てる…。

回想千遥:お母さん お母さん!

回想なつ:大丈夫 お姉ちゃんがいるから。

回想千遥:お母さんに会いたい! お母さ~ん…。

回想なつ:大丈夫だってば!

(泣き声)

夕見子:ちょっと 何してんのさ!?

(泣き声)

夕見子:明美 大丈夫? 何してたのさ!

なつ:えっ…。

夕見子:お母さん!

富士子:なしたの?

夕見子:あの子が明美を泣かしてた。

富士子:え~? どしたの?

なつ:ごめんなさい! でも…。

富士子:もういいから… 明美の世話はいいから あんたはおじいちゃんの仕事 手伝ってきて。

なつ:はい…。

<私は考えていました。兄は私が会いたいと手紙に書いたものだから これ以上 寂しがらせないように わざと返事を書かないのではないかと…。「お兄ちゃん 私は大丈夫です。私は幸せです。みんな 優しくしてくれています。どうか私のことは心配しないで」。>

なつ:さようなら…。

なつはその朝 突然 東京に帰る決心をしたのです。なつよ 東京は遠いぞ。来週に続けよ。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。