なつぞら(65話6月14日)アニメーター試験にようやく合格した奥原なつ

なつぞら(65話6月14日)

蘭子:「私の心を思い知るがよい! ああ 許仙様…」

仲:なっちゃん 次の作品の製作が決まったよ。

なつ:えっ 本当ですか? 楽しみです。

仲:そこで… また 動画のテストを受けてみないか?

なつ:えっ!

●おでん屋「風車」

亜矢美:お待たせ 熱いよ。

雪次郎:ありがとうございます。

亜矢美:で また テスト 受けるの?

なつ:はい。今年の4月に入った人が 最初に受ける能力審査にまた 参加させてもらえることになっただけですけど

亜矢美:それはちゃんと期待されてるってことだね。ああ ムーランルージュで いい役をもらうんだって 誰かに期待して頂かないと なかなかチャンスってのは巡ってこないもんだったわよ。

なつ:だから今度こそ その期待にちゃんと応えないと。

雪次郎:なっちゃん 頑張れ。

なつ:うん。

雪次郎:うん。

咲太郎:しかし 漫画映画も案外いいもんだよな。

雪次郎:えっ?

咲太郎:役者の声は ああいう可能性だってあるんだよな。

なつ:えっ?

咲太郎:亀山蘭子が声を吹き込んで漫画の白蛇姫が泣いた時…。

回想蘭子:「ああ 許仙様…」。

咲太郎:いい芝居するなと思って。ま とにかく これは面白い発見だった。うん。

(戸が開く音)

カスミ:はい こんばんは。

亜矢美:カスミねえさん レミちゃんも。

咲太郎:いらっしゃい。

なつと雪次郎:こんばんは。

カスミ:みんな いるのね。

雪次郎:暇なんで。

なつ:暇なのは雪次郎君だけ。

(笑い声)

カスミ:ほら レミちゃん 咲ちゃんに頼んでみなさいよ。

レミ子:え いきなりですか? こんな所で…。

カスミ:そのために来たんでしょ 今日は。

咲太郎:何だよ レミ子 俺に頼みって何だ?

なつ:えっ もしかして 結婚…?

咲太郎:おい まさかだろ それは!

亜矢美:え~! そうなの…!?

咲太郎:違うよ 絶対違えよ…。

亜矢美:レミちゃん いつものおでん? はい。

カスミ:熱かん お願い。

亜矢美:は~い。今日もステージ?

カスミ:うん。フフ…。実はね… レミちゃん 新劇やりたいんだって。

咲太郎:えっ レミ子が?

カスミ:あれ見て感動したんだって。それでね 咲ちゃんの劇団に入りたいんだって。

咲太郎:おお そうか!

カスミ:今更遅いかもしれないけど…。

亜矢美:レミちゃんって 今 おいくつだっけ?

レミ子:咲ちゃんと同じ。

亜矢美:25か…。

咲太郎:大丈夫だよ レミ子。俺は応援するよ。何もできないけど。

レミ子:咲ちゃん… ありがとう!

咲太郎:そうだ!レミ子だよ! レミ子でもいけるんだよ 漫画映画は!

レミ子:えっ?

咲太郎:レミ子も絶世の美女になれるんだ!

レミ子:私が絶世の美女に?

咲太郎:いや… パンダかもしれない。

レミ子:パ… パンダ?

なつ:さ~て 私も頑張ろう。ごちそうさまでした。

亜矢美:は~い はいはい…。

なつはそれからも必死できれいな線で動画を描く練習を続けました。そして再び試験に挑みました。

●東洋動画

下山:お~ 今日も決まってるね。

なつ:おはようございます。

下山:おはようございます。

なつ:おはようございます。おはようございます。

なつ:奥原なつです。よろしくお願いします。

井戸原:座って。はい それでは制限時間は今日一日の就業時間内 8時間。それまでに5枚以上の動画を完成させるように頑張って下さい。

仲:では 始めます。よ~い スタート!

<じいちゃん…>

回想泰樹:漫画か映画か知らんが 東京を耕してこい!開拓してこい!

<私は鉛筆を手に まだ何もない世界を耕しています。じいちゃんの歩いた道はまだまだ遠いけど…>

仲:今回も枚数は君が一番多い。50枚とは恐れ入ったよ。

なつ:すいません…。

井戸原:動画で肝心なのは 線のきれいさ 正確さだが… 短い間によくここまで上達したね。君にアニメーターとしての可能性があることだけは誰もが認めざるをえない。

仲:合格だ。マコちゃんもね 君のことを推していたよ。

なつ:えっ?

仲:君の動画を見てくれたんだ。お礼を言っておきなさい。

●東洋動画作画課

麻子:何?

なつ:ありがとうございました。奥原なつです。これから こちらでお世話になります。どうかよろしくお願いします!

麻子:よかったわね。じゃ 頑張んなさいよ。

なつ:はい。

(拍手)

下山:おめでとう なっちゃん! ようこそ 動画の世界へ!

なつ:よろしくお願いします!

(拍手)

なつ:よろしくお願いします!

(拍手)

なつ:皆さん よろしくお願いします!

●東洋動画仕上課

富子:そう… 動画に行っちゃうのね。

なつ:はい。すいません…。何だか 仕上を裏切るみたいに…。

富子:裏切る? あなた 裏切るような力を盛ってたの?

なつ:あ… いや…。

富子:まあ しっかり おやりなさい。あなたがきちんといい動画を描いたら こっちできちんと仕上げてみせるから。

なつ:はい… ありがとうございます。

富子:その時は あなたのことを なっちゃんと呼ばせてもらうわよ。

なつ:えっ… それじゃ その時 私もトミコーさんと呼ばせて下さい!

富子:トミコー?

なつ:あ いや… トミさんでした。

富子:トミコーって何? トミコーって何?

なつ:山根さん! 本当にお世話になりました。

<泰樹への手紙「私 頑張るからね じいちゃん。じいちゃんに今度会う時までに 私はこの道をしっかり歩ける人になっていたいです。それがどんな小さな道でも 自分の大切な道を誇れるように じいちゃんに示したいです。どうかそのことをじいちゃんから父さんや母さんにも伝えて下さい。そっちに帰れなくても大好きなじいちゃん じいちゃんはいつでも私の一番の誇りです」。>

●「風車」なつの部屋

(ノック)

亜矢美:なっちゃん 失礼。置いときます。

●新宿「川村屋」

野上:いらっしゃいませ。今日はまたおそろいで。

咲太郎:マダムはいますか?

なつ:あっ マダム…。

光子:どうかしたの?

咲太郎:マダム 大変お待たせしました。これで全額。お納め下さい。

光子:ちょっと! 店の中でおやめなさいよ。

なつ:マダム 野上さん 私 アニメーターになったんです!

光子:あら そう!

野上:大声出さない! ほかのお客様にご迷惑です。マダムまで…。

咲太郎:また今日はにぎわってますね。

テレビ:「いいね よし それではチンリンリー 友情の握手をしよう。これで君は僕の大切な相棒だ」。

なつ:子どもが多いですね。

光子:今日は「名犬チンリンリー」をやってるからよ。

咲太郎:何? それ。

光子:アメリカのテレビ映画よ。

咲太郎:えっ… 日本語が聞こえますけど。

光子:それは日本人がセリフを入れてるからでしょ。

テレビ:「あの場所はとても危険なんだ。もしかすると 命を落とすかもしれない」。

光子:子どもが楽しんで見るものだから 字幕を出すよりも見やすいのよ。

テレビ:「行くべきか 行かざるべきか… う~ん よし やっぱり行こう!」。

咲太郎:へえ…。

テレビ:「前進あるのみだ。進め 進め 未来へ進め!」

咲太郎:なるほど 日本の役者がしゃべってるのか。面白いな。

なつ:うん。

なつよ 咲太郎よ… 新しい道をどんどん切り開け。

●感想
お詫びです。放送開始8分過ぎ辺り、なっちゃんが試験に挑んでいる時に、泰樹に対する気持ちを独白していましたが、その字幕を追いきれず、文字起こしができませんでした&申し訳ありません。

そして、レミ子が新劇に入りたいということで、それを見守った雪次郎は再来週、事件を起こします。もうすでに気付いていると思いますが、川村屋を辞めて「赤い星座」に入ってしまう展開で、どうなる「雪月」の未来!?

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。