なつぞら(67話6月17日)千遥は昭和21年、6歳の時に一人で家出していた

NHK連続テレビ小説

なつぞら(67話6月17日)

井戸原:君にアニメーターとしての可能性があることだけは誰もが認めざるをえない。

仲:合格だ。

麻子:じゃ 頑張んなさいよ。

下山:ようこそ 動画の世界へ!

なつは晴れて アニメーターになりました。

なつ:信さん! 見つかったの?

信哉:うん。

咲太郎:よし… 8月15日 会いに行こう。

なつと咲太郎は12年前に別れた妹 千遥を訪ねました。

●船橋・栄春荘

なつ:千遥?

咲太郎:千遥なのか?

なつ:千遥なの?

幸子:違います。

咲太郎:えっ…。

幸子:私は… 違います。

咲太郎:私はってことは… それじゃ千遥は…?

幸一:あの… あなた方は?

なつ:千遥の家族です。姉と兄です。千遥に会いに来たんです…。

(鈴の音)

幸子:どうぞ。

咲太郎:すみません いきなり来て。としおばさんは いつ亡くなったんですか?

幸一:はい… 2年前に病気で…。これは下の娘の幸子です。

咲太郎:幸ちゃんか…。幸ちゃんは確か千遥の2つ上だったよね?

幸子:今 19です。

なつ:千遥が本当にお世話になって…。そんで 千遥は今 どこにいますか?

幸一:申し訳ない…。千遥ちゃんはいないんです。

咲太郎:いないって どういうことですか?

幸一:いないんです…。許して下さい…。

なつ:どういうことですか?

咲太郎:千遥は… 死んだということですか?

幸一:いえ それが 家出をしたんです。

なつ:家出?

咲太郎:いつですか!

幸一:私が復員して しばらくしてから… 21年の夏でした。警察にも届けたんですが 手がかりはなくて…。

なつ:そんな… そんな前に…。

咲太郎:それなら どうして教えてくれなかったんですか!?

幸一:私はすぐ千遥ちゃんのいた孤児院に行ったんです。そしたら そこにはもう誰もいませんでした。

咲太郎:手紙は? 俺の出した手紙があったはずです。その手紙には ここにいるなつの住んでた北海道の住所が書かれていたはずです。

幸一:その手紙は 千遥ちゃんが持って出たようです。

咲太郎:千遥が?

幸一:はい…。だから… いずれは あなた方に会えるだろうと 私たちは いちるの望みを抱いていたんですが…。

なつ:千遥は… 私らに会いたくなって 家出したんですよね? 私や兄に会いたくて…。

幸子:うちの母から逃げたんだと思います。

なつ:えっ?

幸一:幸子。

なつ:逃げたって…。

咲太郎:どうして?

幸子:母が… 千遥ちゃんにきつく当たっていたからだと思います。千遥ちゃんにばかり きつい仕事を言いつけて… 食べ物も 私や兄や姉よりも少なく与えて… それで我慢しきれなくなって 千遥ちゃんは逃げ出したんだと思います。

咲太郎:おばさんが? おばさんはそんな人じゃなかった…。 俺はよく覚えてます。母にとって おばさんは唯一の姉妹みたいな人で… 本当は俺たち家族全員で疎開しようとしてたくらいなんです。

幸一:あのころの家内は本当の家内ではなくなっていました。私がこんな体になって復員して… 幸子の上に3人の子どもがいて 食べ物もなくて働き手もいなくて…。

咲太郎:だから… 千遥をいじめたんですか?

なつ:千遥は… ずっと苦しんでたんですか…。

幸子:千遥ちゃんはずっと笑っていました。

なつ:えっ?

幸子:だから 私も平気なのかと思って…。千遥ちゃんは 嫌なことがあっても 作り笑いばかり浮かべて それで母は 余計にイライラしてたみたいで… バカにしてるのかって どなって…。ごめんなさい… 私たちのせいなんです…。

幸一:本当に申し訳ない…。

咲太郎:なつ…。

回想千遥:サンキュー。

なんてつらい日だ…。私はもう そちらには帰れない。千遥が今 どうしているのか 2人に何も話してやれない。この日はなつたち きょうだいにとっても特別な日だったのです。

●おでん屋「風車」

信哉:乾杯。

亜矢美:お祝いしとこ…。

(戸が開く音)

亜矢美:お帰り。

信哉:お帰り。どうだった?

咲太郎:千遥は 子どもの頃に家出をしたらしい。

亜矢美:えっ…。

信哉:子どもの頃に?

咲太郎:大丈夫だよ なつ。警察に届けたと言ってるし… もし千遥の身に何か悪いことが起きたんなら そういう知らせがとっくにあったはずだよ。な 信 そう思うだろ?

信哉:ああ…。

亜矢美:そう… そうね その方が可能性として高いわね。そういう知らせがないってことは きっとどこかで無事に生きてるってことだわ。

なつ:道で暮らす子も 亡くなる子も 街にまだたくさんいた頃だよ…。

咲太郎:それでも 千遥は… どこかで生きてるよ!

なつ:そんな奇跡 信じろって言うの? お兄ちゃんの手紙だって 持ってってるんでしょ? それなのに どして連絡がないの! 千遥はまだ6歳だったんだよ…。どうやって 一人で生きていくのさ?

咲太郎:一人じゃないかもしれないだろ。俺やお前も一人じゃなかった。だから生きられた。俺たちが生きられたのだって奇跡だろう。

なつ:私は… 何も知らないまま 今まで生きてた…。千遥の悲しみや絶望を知らないまま… 幸せに…。千遥を見捨てたのに…。

咲太郎:なつ!

信哉:なっちゃん…。

亜矢美:そんなふうに考えちゃダメ。

なつ:お兄ちゃん… 奇跡なんてないんだわ。

●「風車」なつの部屋

富士子からの手紙「なつ 二十歳の誕生日 おめでとう。東京へ行って1年半だね。仕事には少し慣れたかい? なつのことだから きっと夢中で頑張ってるんだろうね。二十歳の記念に万年筆を贈ります。父さんと選びました。たまには手紙買いてね。みんな喜びます。母より」。

なつ:千遥…。ごめんね…。

なつよ 二十歳の誕生日 おめでとう。どうか その夢が その道がいつまでも続きますように…。

●感想
家出でしたか…。早急にネタバレを修正いたします&ごめんなさい。

それにしてもこの「なつぞら」、なっちゃんの結婚相手よりも、千遥の行方の方が気になる方も多いはずで、最終回に十勝の柴田牧場で働く千遥ちゃん、なんていい終わり方であって欲しいと願う月曜日の朝です。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント