なつぞら(69話6月19日)下山「奇跡は人間が当たり前のことをする勇気」

なつぞら(69話6月19日)

咲太郎:千遥のために描くんだよ。お前言ったよな? 漫画映画は子どもの夢なんだって。その夢を千遥に見せてやれよ。

●東洋動画作画課

仲:じゃ 次は…。

なつ:おはようございます。

井戸原:うん?

なつ:遅れて すいません…。

井戸原:今 キャラクターの検討会をしているとこだ。牛若丸は仲ちゃんの絵で決まった。

なつ:はい…。 いいと思います!

井戸原:君は出さないのか?

なつ:えっ まだいいんですか?

井戸原:そのために遅刻してきたんだろう?

なつ:はい!これです。

井戸原:うん。これは… 常盤御前だ。

なつ:はい。

仲:じゃ 次は常盤御前を検討しようか。

下山:はい。

なつは 千遥への不安を抱えながら アニメーターとしての第一歩を踏み出しました。

なつ:みんな うまい…。

仲:やっぱり みんな 美人に描こうとしてるな…。牛若丸の母親という点では 僕はこの絵に一番 母性を感じるんだけどな。

なつ:えっ…!

井戸原:それはまた 仲ちゃんの なっちゃんびいきなんじゃないのかい?

仲:ひいきで作品は決めないよ。一つの意見。

堀内:しかし 常盤御前がただの母親でいいんでしょうか? 常盤御前は 再会を願って会いに来た牛若丸を 冷たく突き放しますよね? それで絶望する牛若丸が前半の山場になる。最初から いい母親みたいな顔していたら 牛若丸が絶望しても 客は感情移入しないんじゃないですか?

井戸原:う~ん それはあるな…。最初は常盤御前と悪者のように描いた方が 見る人に衝撃を与えることになる。その点では 僕はこの表情にひかれるんだけどね。

茜:あれ もしかして 堀内さんが描いたんですか?

堀内:違うよ。

井戸原:これ 誰が描いたの?

麻子:私です。

下山:やっぱり 絵には描く人間が出ますね。

麻子:どういう意味ですか?

下山:えっ いや… 女性の内面は やっぱり女性が鋭く捉えてるなっていう意味ですけど…。

仲:う~ん なっちゃんとマコちゃんの対決か…。マコちゃんは 何でこうしようと思ったの?

麻子:常盤は 初め その美貌と知性で1000人の女の中から選ばれ 侍女のような身分で召し抱えられたにすぎませんでした。そこから源義朝の側室に上り詰めたんです。常盤御前はしたたかで強い女性なんです。

中:う~ん…。なっちゃんは どう思うの?

なつ:私は… そんな怖い顔の母親を 子どもに見せたくありません。

麻子:は…?

なつ:いや 子どもだって いろいろ考えながら見ると思うんです。ただ怖いだけの母親 見せられて 後で優しくなっても それじゃ 納得できないんじゃないですか?

麻子:顔が怖いからって 根っから優しくない人だと思わないわよ 子どもだって。

なつ:そでしょうか? 子どもには どんなに怒られた時でも 母親の愛情は伝わると思うんです。

麻子:何の話をしてるの? あなた。

なつ:えっ…。漫画映画は 子どもが見るものです。子どもが夢を見るように 見るものだと思うんです。

仲:まあ 確かにこっちの常盤御前も こっちの常盤御前も 内面的には両方あるはずなんだよ。

井戸原:そう。結局 2人とも中途半端ってことだろうな。一面的で人物の奥行きが感じられない ってことだろう。

なつ:はい…。

麻子:はい…。

井戸原:よし じゃ 次行こう。

一同:はい。

●東洋動画・中庭

(ため息)

下山:何かあった?

なつ:別に何も…。

下山:別に何も か…。うそだね。あった。明らかに何かあった。明らかにいつもと様子が違う。

なつ:そんなに明らかですか?

下山:うん 明らかだよ。だって その服装 前にも見たことあるもん。

なつ:えっ?

下山:とうとう 前と全くおんなじ服装で来ちゃったよ ハハハ…。証拠見せようか? あのね これね…。

なつ:いいです! いいです…。そんな… 毎日替えるのは無理ですよ。夏はそんな重ね着しませんし。

下山:まあ それは許すけど… 何かあったんなら話してみなよ。本官に話して 楽になれ。

なつ: 警察…。あ… あの 私の住んでるおでん屋に よく来るお客さんの話なんですけど… 親戚の家から幼い妹が一人で家出をしたんです。その家では警察に届けたって言ってるんですけど もし その子どもに何かあったんなら そういう知らせがその家にあるものですか? 途上で暮らす子どもも 亡くなる子どもも まだたくさんいた戦後間もない頃です。そういう子どもがまだ生きてると思いますか?

下山:う~ん…。

なつ:そんなことは奇跡ですか?

下山:あのころは 警察も混乱していたかもしれないけど そこにいるのは やっぱり人間だからね。僕がまだ新米で 派出所に勤務していた頃 近くの飲食店から逃げ込んできた 娘さんがいたんだ。生活に困って娘を売るっていう記事が新聞に載っていた頃だから その子はその店が怖くなって逃げたんだ。

なつ:逃げてきたんですか?

下山:店との間には あっせん業者が入っていて まだその時点では 違法とは言えないって 警察の上司は判断した。だけど そこにいた僕の先輩は諦めなかった。法律を一生懸命勉強して 戦後定められた日本国憲法の中に「何人もいかなる奴隷的拘束も受けない」という条文があるのを発見して それを根拠に娘を自由にしたんだ。

なつ:勝手にですか?

下山:うん。上司も飲食店の店主も怒ってね。先輩は 辞職も覚悟してた…。あっ 今 その子は先輩の知り合いの旅館で元気に働いてるよ。奇跡なんてもんは 案外 人間が当たり前のことをする勇気みたいなもんだよ。その勇気を持ってる人間は どこにでもいるよ。

なつ:その先輩は 下山さんじゃないんですか? だから警官を辞めたんですか?

下山:僕? ハハハハ… いやいやいや…。僕なんて 勤務日誌に似顔絵ばっかり描いて 怒られてた人間だよ ハハハハ…。え~ だから辞めたんだ ハハ…。きっと そのお子さんも 誰かに助けられてるんじゃないかな。

なつ:そですよね…。

下山:ほら… 早く食べなよ それ。

なつ:はい…。

下山:ゆっくりね…。

なつ:頂きます。

●東洋動画作画課

仲:なっちゃん マコちゃん。

2人:はい。

仲:ちょっと。2人の絵を合わせて ちょっと描いてみたんだけど こんなのでどうかな?

なつ:すごい…。どうしたら こんな絵が描けるんだろう…。

仲:なっちゃんは 誰かを思い浮かべて常盤御前を描いたの?

なつ:あ… はい。北海道にいる母を…。

仲:うん やっぱり お母さんか…。お母さんを描くのが悪いわけじゃないんだけど 自分の母親には優しさばかりを求めてしまいがちだからね。お母さんだって 一人の女性だし 内面にはもっと怒りや苦しみ 悲しみだとか 子どもが見たくないものだって いっぱい持ってるはずだろ?

なつ:はい…。私は子どもの気持ちばかり考えて 常盤御前のことを 考えてなかったかもしれません。

麻子:私は 生い立ちだとか 理屈ばかり考えてました。

仲:どれも大事なことだよ。それに なっちゃんの悩みは正しいと思うよ。子どもが見て 本当だと思ってくれるような絵を 僕らは探し続けていかなきゃいけないんだから。子どもの力を侮ったら それで終わりだ。

なつ:子どもの力…。

仲:ね。マコちゃん。

麻子:もちろんです。

なつ:あの マコさん… さっきはすいませんでした。生意気なこと言って。

麻子:だから 謝らなくていいのよ。口に出したことは 仕事で責任取るしかないのよ 私たちは。

なつ:仕事で?

麻子:じゃないと 本当に認めるなんて できないでしょ。

仲:仕事で認め合うしかないのが アニメーターのつらいとこだ。なっちゃんはもう アニメーターなんだから。

なつ:はい。

なつよ 今は頑張るしかないぞ。

●感想
下山さんが語ってくれた娘さんの話。もしかして、その飲食店から逃げ出した娘が千遥じゃないかと妄想。

もしそうだとすると、今は旅館で働いているということで、千遥は無事に生きている、やがてその旅館に社員旅行で行ったなっちゃんが、千遥と再会するという奇跡を書いてみて 明日もよろしくお願いします。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

One Reply to “なつぞら(69話6月19日)下山「奇跡は人間が当たり前のことをする勇気」”

  1. なつの妹はもしかしたら下山さんが助けた少女かもしれないって思いました。知り合いの旅館で働いていたらいいなぁって思いました。
    早くどんな形で出会えるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。