なつぞら(74話6月25日)帯広から新宿に夜行列車でやってきた小畑家一家

NHK連続テレビ小説

なつぞら(74話6月25日)

●おでん屋「風車」

雪次郎君が川村屋を辞めて役者になると言いだしてから数日 なつは牛若丸と馬の動画にてこずっていました。

なつ:はあ… よ~し…。ああ…。

その日 なつは久々に徹夜をしました。

なつ:よいしょ…。ん~…。ん? あっ! おじさん? おばさん… とよばあちゃん…! おじさん おばさん とよばあちゃん…!

雪之助:おはよう。

妙子:お久しぶりね なっちゃん。

とよ:なっちゃん! やっと会えたわ~!

なつ:とよばあちゃん!

雪之助:雪次郎から手紙もらって 飛んできたんだわ。

なつ:ああ… 雪次郎君に会ったの?

妙子:それが… あの子いないんだわ。

なつ:え… 雪次郎君がいない?

雪之助:川村屋の部屋を勝手に出てったみたいだ。

とよ:とにかく なっちゃんに会えたんだから…。なっちゃん 悪いけど どっか座らせてくれんかね。もう こわくて こわくて…。

なつ:どうぞ 中…。

とよ:悪いね…。よっこらせ よいしょ よっこらせ…。どっこいしょ。ああ やっと落ち着けた。はあ…。あっ あ~ら… いやいや これはまあ どうもどうも なっちゃんがいつもお世話になっております。

亜矢美:はあ…。

なつ:とよばあちゃんです。あっ あの… 雪次郎君の家族です。

亜矢美:あっ じゃ 北海道から?

雪之助:あの~ 私は以前ここにお邪魔しました雪次郎の父親です。

亜矢美:あっ あ~…。

妙子:私は母の妙子です。

雪之助:ここになっちゃんが住んでると聞いていたので 朝早くから押しかけてしまって どうもすいません。

亜矢美:いえ いえ…。

なつ:あっ あの この人 亜矢美さんです。あの 何て言うか…。

とよ:知ってるよ。なっちゃんのお兄さんを拾ってくれた人だべさ。

雪之助:拾ったって言うなよ…。

なつ:あっ あれがお兄ちゃん。

とよ:あれが?

雪之助:久しぶりだね。

咲太郎:あっ… どうも。

妙子:まあ… かっこいいお兄ちゃんね なっちゃん。

なつ:いや おばさん そんなことないから 本当 だまされないで。

妙子:えっ?

とよ:この人は男見る目がないからね。

妙子:ん? ちょ… 誰の息子と結婚したんですか。

亜矢美:あっ あの よろしかったら どうぞ 奥へ。

妙子:あんた…。

咲太郎:あっ いてっ…。

なつ:ねえ お兄ちゃん 雪次郎君がいなくなったみたい。

咲太郎:へえ… そうなんだ…。

雪之助:申し訳ないが 川村屋が開くまで ここにいさせて頂けますか?

亜矢美:いくらでも どうぞ。狭っ苦しくて すんません…。

妙子:なっちゃんは仕事 大丈夫なの? ほら やっとやりたい仕事に就けたでしょや。

なつ:今日は日曜日だから 大丈夫。

妙子:あっ そっか… 日曜日か。

なつ:3人で来て大丈夫なの? 雪月は。

雪之助:それどころじゃないからね。

なつ:あ…。

妙子:思い切って 3人で来たんだわ 雪次郎さ会いに。お店閉めて。

とよ:事によると 永久に閉まることになるかもしれないからね。

なつ:そんな…。

亜矢美:あら やだ 私 お茶も出さないで…。朝ごはん まだですよね?

妙子:もう どうぞ お構いなく。食欲もありませんから。弁当も夜行列車で食べてきたんで…。あっ… そうだ あんた それ…。

雪之助:ああ ハハハハ…。あの これ つまらないものですが どうぞ。

亜矢美:あ… お土産なんて そんなもの結構ですよ。

雪之助:そんなもの? あ… せん越ですが 土産はそんなものではありません。これでも一応 十勝の銘菓です。

なつ:雪月のバター煎餅。おじさんの魂のお菓子。

亜矢美:魂…。まあ それはそれは結構なものを… ありがたく頂戴いたします。

妙子:どうぞ。

亜矢美:じゃ 粗茶だけでも…。

なつ:あっ 私も行く。

咲太郎:えっ…。

なつ:すいません。

亜矢美:大丈夫 大丈夫。あっ… こっちがいいか。

なつ:ダメだって! おじさん酔わしたら どうなるか…。

亜矢美:そうだね。

なつ:お茶で。

雪之助:それで あいつはあなたのいる劇団を受けたんだね?

咲太郎:はい。

雪之助:あなたが誘ったのかい?

咲太郎:違いますよ。けど… そんなにいけないことですか?

妙子:えっ?

咲太郎:雪次郎が夢を追っちゃ そんなにいけないんですかね?あ… 店が大事なのも分かりますが 雪次郎の夢だって大事じゃないですか?

とよ:夢を追うのはいいけどね。それが幻だったらどうすんの?

咲太郎:幻でもいいじゃないですか。夢か幻か 追ってみなければ分かりません。

とよ:へえ~ 立派なこと言うね。

咲太郎:いや それほどでも…。

とよ:褒めてないわ。

咲太郎:えっ?

とよ:そんじゃ 誰でも雪山に登ってみなけりゃ 登れるか死ぬかも分からんと言ってんのと同じだべさ、

妙子:お義母さん それはちょっと極端でしょ。

とよ:そんなことないべ。食えなきゃ死ぬべ。

雪之助:雪次郎はね 菓子職人になるっていう ちゃんとした夢があったんだ。

咲太郎:だから それを本人が幻だと思ったんでしょ。しょせんは親の決めた事だって。

なつ:お兄ちゃん 言い過ぎだってば!

雪之助:君はどうなんだ? うん? 夢だか幻だか知らんけど 借金作って警察の世話にもなって なっちゃんに迷惑かけてばっかだべ。

なつ:いや おじさん 今はそったらことないから…。

妙子:あんた ちょっと言い過ぎだわ。

咲太郎:俺と雪次郎は違いますよ。親のくせに そんなことも分からないんですか! 雪次郎のことを信じてやればいいじゃないですか。

雪之助:信じてるから こうやって飛んできたんだべ。もうこれ以上 あいつの人生 狂わさんでくれ。頼む。

なつ:おじさん… 雪次郎君は全部一人で決めたんです。どこにいるのか お兄ちゃんも知りません。

咲太郎:(小声で)しれは知ってる。

なつ:あ… それは知ってるそうです。えっ!?

咲太郎:雪次郎に相談されて 俺が出ろって言ったんだ。

4人:はあ!?

亜矢美:咲太郎 やっぱりお前か!

咲太郎:今 親に会ってしまったら 絶対に決意が揺らぐって…。あいつはやっぱり諦めるしかないって言うから だったら先に川村屋を出てしまえって言ったんだ。

なつ:お兄ちゃん!

咲太郎:部屋は俺が用意した。

雪之助:どこだ?そこ。

咲太郎:実はあいつ 劇団の研究生に受かったんですよ!

妙子:えっ?

咲太郎:俺は裏方で潜り込んだだけですけど 雪次郎は正々堂々と試験を受けて 役者としての素質を認められたってことです。その倍率は10倍です。10人に一人の狭き門を突破したんです。

妙子:本当かい?

雪之助:喜んでる場合じゃないべ。

とよ:そんなにいるんかい 役者になりたいなんて若者が 東京には。

咲太郎:そうです。どうか 祝ってやって下さい!

亜矢美:バカ! 言うタイミングが違うんだよ!

咲太郎:えっ?

なつ:その前にどこにいるの? 雪次郎君 どこに隠したの!?ちょ… どこ!

妙子:ねえ 教えて!

とよ:しゃべれ!

咲太郎:レミ子と同じアパートだ。たまたま 隣の部屋が空いてたから。

妙子:じゃ… すぐ行きましょう。

雪之助:いや… その前に川村屋に挨拶するのが筋だべ。

とよ:うんだ うんだ…。

●新宿「川村屋」

雪之助:この度はまことに申し訳ございませんでした!

光子:そんなことはやめて下さい 小畑さん!

野上:されると思いました。

とよ:本当に息子と孫が2代に渡ってお世話になっておきながら とんだご迷惑をおかけして…。

妙子:本当にすいませんでした。

光子:いいですよ うちは。それより せっかく北海道からいらしたのに 会わせてもやれない こちらが恥ずかしいです。

なつ:マダム 雪次郎君の居場所は分かりましたから。

光子:えっ そうなの? まあ どうか座って… お話ししましょう。職長も参りますから… ね。

とよ:お言葉に甘えて… いてててて…。

雪之助:すいません お嬢さん…。

野上:マダム。

雪之助:あっ…。

とよ:マダム…。

光子:いや もう本当いいですから。

杉本:雪次郎君は至って真面目に修業されてましたよ。

雪之助:本当ですか?

杉本:本当です。だから 私もいなくなるのが残念で つい少し きつい言い方をしたかもしれません。

雪之助:いえ… ありがとうございます。

とよ:あの子は真面目だから… 真面目なまま 道を外れたんだね。

妙子:あの子は ここで決して皆さんにご迷惑ばかり おかけしてたわけじゃないんですね?

杉本:そんなことはないです。彼にやる気がないとは一度も思ったことはありませんでした。

光子:私もてっきり 雪次郎君はお菓子作りが好きなんだと思ってました。さすがは小畑雪之助さんのご子息だと。

とよ:それだけの修業を捨てる覚悟をしたんかい あの子は…。

雪之助:何言ってんだ。そんなもの覚悟じゃない ただの甘えだ。

とよ:覚悟だべ!

妙子:あんた こんだけ真面目に…。

雪之助:甘えだべ! こんだけ迷惑かけて…。大体 お前が甘やかすから…。

なつ:あの! 雪次郎君は本気です。本気で演劇が好きなんです。だから雪次郎君も苦しいんです。それだけは分かります。

●雪次郎のアパート部屋

雪次郎:えっ 3人で来たんですか!?

咲太郎:うん。もうじき ここにやって来ると思う。

雪次郎:そ… そんな急に… それはないっしょ 咲太郎さん!

咲太郎:お前は逃げたんじゃないだろ? 覚悟して ここに来たんだろ? あとはお前が説得しろよ。

雪次郎:それができたら ここにいないですよ!

咲太郎:情けないな…。本当に家族を捨てる覚悟があるのか? お前。俺はお前を隠したんじゃないぞ。お前の覚悟を後押ししただけだよ。本当にやりたいことがあるなら どんなことにも正面から向き合えよ!

レミ子:来たわよ!

咲太郎:じゃ そういうことだ うん。

雪次郎:ちょ… 咲太郎さん! いないって言って下さい…。

咲太郎:おい おい… ちょ ちょ ちょ ちょ…!

雪之助:雪次郎!

妙子:雪次郎!

とよ:元気かい?

なつ:雪次郎君 黙っていなくなるなんて それはないっしょ。

ああ 雪次郎の運命やいかに…。

●感想
はい、確かに雪次郎の運命も気になりますが、それ以上に今は千遥のことで頭が一杯なのですが…。

第14週に千遥が登場します。北海道の柴田家を訪れる一人の女の子。年は18歳で、演じているのが清原果耶ちゃん!

NHKの秘蔵っ子を忘れていた我が身を憂い、明日もよろしくお願いいたします。

※清原果耶ちゃん、「あさが来た」で亀助と結婚したふゆですよ。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

なつぞら千遥(ちはる)はどうなる?どうして欲しい投票アンケート実施中

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント