なつぞら(95話7月19日)泰樹が新宿「風車」にやってきて高山昭治を抹殺

NHK連続テレビ小説

なつぞら(95話7月19日)

●新宿「風車」

なつ:夕見…。

夕見子:なつ… あんた うちの家族にしゃべったしょ。

なつ:えっ…。

夕見子:裏切ったしょ!

夕見子:この人の家にもばれたんです。

なつ:えっ?

夕見子:うちの親が 大学や寮に連絡して いろいろ聞いたみたいで…。この人の家にも電話して 居場所は知らないかって聞いたみたいで。

咲太郎:まあ… 当然そうなるよな。

夕見子:したから もう東京を離れることにした。

なつ:どこ行くの?

夕見子:分かんないよ。分かっても なつには二度と言わない。それで昨日まで働いた給金をもらいに来たんです。

亜矢美:まあ… はいはい ようござんすけど…。

なつ:待ってや 夕見! なして逃げるの?

夕見子:逃げる?

なつ:したって そうでしょや? 好きならなして逃げるの? 高山さんも夕見が好きなら なして逃げるんですか? なして親に言えないんですか? 親の決めた相手とは結婚しないで 夕見と一緒になりたいって なして言えないんですか?

夕見子:うん だから… そういうことが嫌だって言ってるんでしょや!

なつ:そういうことから逃げて 幸せになれるとは思えないよ 夕見。

夕見子:結婚を認めてもらうことが幸せなの? したら 幸せは人から与えてもらわなきゃいけないものなの?

高山:やめるべ もう。

なつ:えっ…?

高山:もういいべ そんなことは…。 もう無視すんなや…。

夕見子:無理って何さ?

高山:俺といたって…。

夕見子:無理なんて何もしてないよ。

高山:俺といたっていいことなんか一つもなかったべ。

夕見子:そんなことないよ。いいことは これから一緒に作ってくんでしょや。

亜矢美:分かった! とりあえず みんなでごはん食べよう… ね。 朝ごはん まだでしょ?

高山:俺は本気でなかったよ。

咲太郎:おい よく考えてから物言えよ。 勢いで言うと取り返しのつかないことになるぞ。

高山:勢いでないです。本気で駆け落ちがうまくいくなんて 思ってなかったです。

咲太郎:何だ そういうことか。

夕見子:どういうこと?

高山:このまま うまくいくなんて思えるわけがないだろ!

亜矢美:高山さん あなたがうまくいかなかったからじゃないの?

高山:えっ?

なつ:亜矢美さん どういうことですか?

亜矢美:ジャズの雑誌に原稿持ち込んでも うまくいかったんでしょ? 自分の実力を知って こんなはずじゃなかったって思ったんじゃないの?厳しいようだけど。

高山:ジャズなんで ただの遊びですよ。

夕見子:昭ちゃん…。

高山:無理なんだわ。俺が家を継がないなんて できっこないんだ。

夕見子:なして!

高山:夕見だって そう思ってるから ここに来たんだべ!

夕見子:どうゆうこと?

高山:うちの親にばれればいいと思ったんでないのか?

夕見子:はあ?

高山:お前だって… 本当は俺がマル高デパートの跡取りだから 好きになったんだべ。

夕見子:それ 本気で言ってんの?

高山:大体 夕見は俺のことが好きでないべさ? いつも計算高くて偉そうで 俺に対する優しさなんて 一つも感じたことなかったからな!

夕見子:優しくできないのは あんたが甘えるからだべ。

高山:したら そっちが甘えればいいべ!そうゆう かわいげもないんだわ 君には!

夕見子:かわいげって何?

高山:分からない女だな 君は。

夕見子:それって 女が分からないことも 男のためには分かれってことでしょ!

高山:そうゆうとこが もううんざりなんだわ!

咲太郎:おい なつ 何でお前が泣いてんだ?

なつ:夕見は…子どもの頃から人に甘えたりしなかった。私がいたから…。

夕見子:は?

なつ:9歳の時に突然見ず知らずの私がやって来て 夕見が一番 親に甘えたかった時に私がいたから 夕見は誰にも甘えられずに…。それでも私のことを受け入れてくれて…。だから家族とか結婚とか そうゆうことに冷めてるとこがあるとすれば それは私のせいで…。

夕見子:なつ…。

なつ:でもね… 夕見はただ一度も…一度もうそをつかなかった。私に対しても誰に対しても一度だって うそをつかず うそのない夕見のままでいてくれた。それに私がどんだけ救われたか…。今まで生きてきて 夕見のような素直な子に私は会ったことがない。こんなすてきな人 見たことない。夕見が計算高くて偉そうだなんて… あんたは夕見のこと知らなさすぎる!あんたに夕見はやらない!絶対に渡さない!あんたと夕見の結婚を私は絶対に認めない!

夕見子:なつ 落ち着いて…。そもそも結婚する気なんてないんだから。

高山:俺だって結婚する気はないよ。

夕見子:あんたは… 自由になんて なれないんだね。

高山:自由になって飯も作れん女と結婚したってしょうがねえべ!

なつ:ねえ ちょっと!

咲太郎:もういい! もう終わった。話はついたから…。

泰樹:お前か…。抹殺! そのひげも それ。

亜矢美:おつかれさまでした。

なつ:じいちゃん!

夕見子:じいちゃん…。

咲太郎:泰樹さん…。

亜矢美:初めまして。

泰樹:夕見子が大変お世話になりました。夕見子 迎えに来た。一緒に帰るべ… うん。

●新宿・街頭

なつ:じいちゃん 本当にすぐ帰っちゃうの?

泰樹:用事は済んだ。牛より人が多い所は 何か落ち着かん。

なつ:ハハハ。

夕見子:私が札幌案内しようか? じいちゃん。

泰樹:それより 早くうちさ帰ってやれ。お前のおやじは このままほっとくと 何しでかすか分からんぞ。

なつ:したけど じいちゃん よく東京来る気になったね。

夕見子:そんなの決まってるしょ。私に手を焼いてる母さんに 言われたからだべ。母さんの考えそうなことだわ。

泰樹:いや それは なつが…。

なつ:えっ?

泰樹:いや… 東京の… パフェというのを食べたくなったんだ…。

2人:パフェ?

泰樹:霽月の大将に聞いてな。

夕見子:行こう! パフェ食べて帰ろう じいちゃん。

泰樹:なつは?

なつ:あ… 私は仕事だから 2人で食べてきて。

泰樹:なつ。

なつ:うん?

泰樹:体 気ぃ付けて 仕事頑張れ。

なつ:うん… じいちゃんも体に気を付けて。みんなによろしく。

泰樹:分かった。

夕見子:したら じいちゃん 行くべ。

なつ:行ってらっしゃい。あっ…。

●東洋動画作画課

坂場:なるほど 後ろ姿ですか…。怪物の後ろ姿というのは想像がつきませんでした。確かに そうすることでこの木の歴史が浮かぶように見えてきます。樹齢を後ろ姿で表したんですね。すばらしいです。これでいきましょう!

なつ:やった~!

下山:おお…。

(拍手)

麻子:いくら何でも 時間かけ過ぎでしょう。

なつ:すいません… でも ほかのカットも描いてましたから。

麻子:私も鳥のデモには 丸3日かかったけどね。

なつ:イッキュウさんは ただの偉そうな人じゃないですよね。

麻子:私は偉そうなんて一度も思ったことないわよ。

なつ:えっ?

麻子:あなた そう思ってたんだ。

なつ:違いますよ! だから… 違うって言ってるじゃないですか。

麻子:要するに あの人は漫画映画が好きなのよ。

なつ:はい。そうなんです。 それに 可能性を見てるんですよね。

坂場:すばらしいです。顔の表情もいいですが 体全体の動きが…。

茜:あの2人って 何だか末恐ろしいわよね。

なつ:はい…。私らも負けず頑張りましょう。

麻子:仕事しましょ。

茜:はい。

なつ:はい。

なつよ その先へ 先へと進んでいけ。そして…。「Everybody Loves Somebody Somebody(いつか誰かを愛せよ…)。

●感想
抹殺! 「真田丸」では“暗殺”の言葉が幾度も出ていましたが、さすがに朝ドラでは暗殺もまずく、“抹殺”でボンボン高山を成敗。

ただ、泰樹じいちゃんと亜矢美さんとの会話が短か過ぎて残念至極。同じ里親同士、わしらは家族じゃ、何かあったらわしを頼ったらいい、あんたはわしの娘も同然だ…。

なんてセリフを期待していたので、う~ん、これは今後の期待といたしましょう。

スポンサーリンク


●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

なつぞらネタバレあらすじと感想を最終回まで!キャスト一覧と結婚相手予想も

NHK朝ドラ「なつぞら」ネタバレトップ画像

朝ドラ全99作品一覧とイチオシ人気投票実施中(第2回)一番面白いのは!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク