「ノーサイド・ゲーム」最終回ネタバレ感想。結末にスッキリした?

ドラマ・映画

大泉洋さん主演のTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」最終回が2019年9月15日(日)に放送され、その結末の感動したという声が巷には多かったのですが…。

個人的には、サイクロンズの津田監督(渡辺裕之)と柴門監督(大谷亮平) の握手がどうも気になり、ラグビーのノーサイド精神とは、こういうものかと分かったような分からないような余韻が残ったものです。

※ノーサイドとは?
ノーサイドとは、ラグビー用語で試合終了の事。 試合が終われば敵と味方のサイドが無くなり、勝った側も負けた側もない(=NO)という意味。

「ノーサイド・ゲーム」最終回ネタバレ感想

アストロズのグランドに怪しい男が一人。アストロズの練習を見ながら熱心にメモを取り、ファンではないなと眼鏡美女のマネージャー。

実は、浜松電気のラグビー部・ブルズのゼネラルマネージャー赤木一輝(櫻井翔)だった。

※櫻井翔さんとアストロズの浜畑を演じている廣瀬俊朗さんは、慶應大学の同期だそうです。

で、赤木はほかのチームのゼネラルマネージャーたちに勧められて、アストロズの見学に来たと。そして一緒にラグビーが置かれている状況を変えていきましょうと君嶋(大泉洋)とガッチリ握手。

その勢いで、日本蹴球協会を尋ねる君嶋。すると専務理事室では、プラチナリーグの改革を求める専務理事・木戸(尾藤イサオ)が、富永会長(橋幸夫)に相手にされず意気消沈。

そこに君嶋が姿を見せて、

我々が守らないで、誰が日本のラグビーの未来を守るんですか!

と専務理事・木戸に迫り…。

トキワ自動車では、常務・脇坂(石川禅)の提案により、アストロズの予算削減が取締役会で議論されていた。

これまで140億円もかけてラグビー部を存続させてきたが、見返りゼロだったと強調する脇坂常務。

それに対して、ここ2年間の部の活躍と地元重視のファン拡大等、数字では見えないところで会社に貢献していた、もう少し温かい目で見てほしいと必死で訴える君嶋。

しかし、会長の富永がいる限り、日本蹴球協会が変わらない、参加企業が金を吸い取られるだけだと反論する脇坂常務。

そこに君嶋のスマホにメール着信があり…。

日本蹴球協会の臨時理事会で富永会長の解任が決まったと。

この情報を聞いた島本社長(西郷輝彦)は、アストロズの予算削減案を却下することを役員全員に求めたのだった。

がっかりした脇坂常務は、もうお前は帰れ!と君嶋に言うと、いえ、まだ終わっていません、我が社のコンプライアンスに関わる案件もございますと瞳がキラリ。

島本社長もそれに輪をかけて、君嶋、続けろと。

カザマ商事のバンカーオイル事故の隠蔽工作に、我が社の人間が関わっていたと脇坂常務に一瞥。

それは風間社長(中村芝翫)の高校時代の同期だった脇坂常務、アナタだ!と指を刺し、そして証人として風間社長を取締役会へ招き入れ…。

自分と滝川元常務(上川隆也)を利用して、自分の出世だけを考えていたのはお前だ!

風間社長の証言に動揺を隠せない脇坂常務に対して、君嶋がまるで水戸黄門のように一喝。

正々堂々とぶつかることもできないあなたは、ただの卑怯者だ!そんなあなたにトキワの未来を語る資格はない!

そして日曜劇場お得意の「きみしまあ~あ~あ~!」と絶叫しながら、負け組は椅子から崩れ落ちたのである。

プラチナリーグの優勝決定戦。会場は復興途上にある福島県。

アストロズの対戦相手は、ここ2年間、苦杯を飲まされてきた宿敵サイクロンズ。

ホイッスルが鳴り、試合開始。サイクロンズに移籍した里村(佳久 創)の活躍もあり、前半は6対26で、大きく負け越すアストロズ。

※参考までに、里村を演じる佳久 創(かく そう)さんは、かつて中日ドラゴンズで大活躍した郭源治投手の息子さんです。

試合の後半戦。アストロズは浜畑(廣瀬俊朗)を入れて、七尾(眞栄田郷敦)とのWスタンドオフ態勢で試合に臨むと…。

攻撃の幅が広がり、次々とトライとドロップゴールを決めるアストロズ。そしてついに、ノーサイドの笛が鳴り、残りワンプレー。

足をひきずりながら必死で走る浜畑は、最後に七尾にパスを出し、七尾がそのまま逆転のトライ!

浜畑に駆け寄る里村。そして浜畑を尊敬の目で見つめる両チームの選手たち。

監督同志もガッチリ握手をするのだった。

その後。君嶋は本社に戻り経営戦略室の室長&アストロズの部長に。アストロズのGMは選手引退した浜畑が就任。

こんな感じだったでしょうか。最後に姿を見せた滝川元常務(上川隆也)が、なぜかわいそうになり、滝川元常務も本社復帰させて!と書いて終わりです&ありがとうございました。

スポンサーリンク



コメント