おっさんずラブ最終回ネタバレ感想とあらすじ。LGBTドラマの魁として歴史に残る。

ドラマ最後のシーン、春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)が、上になったり下になったりしてのキス接吻のエロいこと!

布団に入りながら寝ぼけ眼で観ていましたが、このシーンで、黒澤武蔵と同じおっさんにも関わらず、ムラムラしちゃうというのはどういうこと?教えてだーりお。

でも、だーりおこと荒井ちず(内田理央)はイケメン外人さんとカップルになり、そうかいそうかい、あっちもよほど良かったんだろうと舌打ち。

もうこの際、事務のおばちゃんでもいいかと、瀬川舞香(伊藤修子)の姿を探すと、あの児嶋の長渕もどきにお金を渡していて、カ~っ!と怒り心頭。

このドラマ、同性愛者にとっては本当にワクワクドキドキしたかと思いますが、異性愛者にとっては困惑することばかりで、我らが大塚寧々様にタメ口する栗林歌麻呂に天誅を下すべきと、「おっさんずラブ」最終回。

でも、こうして同性愛が堂々とドラマで描かれていることが、この国の成熟度を現しているんだと思いますよ。戦前にこんな内容だったら、絶対に非国民と言われていたはずで、平和日本、ありがとうと感謝です。

ちなみに、このおっさんは、同性愛ではなく、異性愛者ですが、女性の同性愛者も愛したいという底無しの女性好き。

もっと言うと、タイプであれば女性も男性も関係なく愛したいという性的指向なので、バイセクシュアル(両性愛者)とお呼びになって、ハニー&ダーリン。

スポンサーリンク


おっさんずラブ最終回ネタバレ感想とあらすじ

結局、春田との結婚を諦めて、春田の気持ちを優先させた黒澤武蔵の行動は、まさに年長者の鏡。これで春田と牧凌太が結ばれることになり、めでたしめでたし。

そんな黒澤も武川政宗(眞島秀和)の手を握り締めてニコッ。これで中年カップル誕生という解釈でよろしいかと。やはり年相応の相手が落ち着くものですよね、奥さん。

おっさんずラブ最終回あらすじ

物語は1年後。春田創一(田中圭)と黒澤武蔵(吉田鋼太郎)はなぜか同棲生活を送っていた。

そんなある日、本社から黒澤のもとに「上海を拠点とした新規プロジェクトのメンバーに、春田を指名したい」との打診が舞い込む。驚きながらも、転勤を決意する春田。ところが直後、そんな春田がさらにふっ飛ぶ、驚きの展開が起こる。なんと黒澤が、一世一代のフラッシュモブ作戦で春田にプロポーズ!?

この話はまたたく間に、春田と1年前別れを決めた牧凌太(林遣都)や幼なじみの荒井ちず(内田理央)、そして黒澤の元妻・蝶子(大塚寧々)や牧の元彼・武川政宗(眞島秀和)らも知るところとなり…!? 混乱の中、春田の頭に素朴な疑問が浮かぶ。「結婚って……何!?」

だが、考えても考えても、明確な答えは見つからない。一方、彼を取り巻く人々の胸にも、さまざまな思いが交錯し…。まっすぐな恋にときめき、戸惑い、時に涙しながら、それぞれの道を進んできた登場人物たち。33歳ダメ男・春田が、未曽有のモテ期を経て、最後に選ぶ答えとは…。

“恋”とは、“人を愛する”とは、一体どういうことなのか――。『君に会えてよかった』この春いちばんピュアなラブストーリー『おっさんずラブ』、ついに完結!

(C)テレビ朝日土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』
出典:テレビ朝日土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』番組公式サイト

おっさんずラブ最終回ネタバレ感想

最終回ということで、ほぼ全員がカップル成立。先に書いたように、荒井ちずは外人のサラリーマンと。兄の児嶋だよ!は瀬川の姉さんと。

それに黒澤と武川の中年カップルに、栗林歌麻呂と黒澤蝶子の年の差カップル。みんなおめでたいのですが、でも栗林歌麻呂と黒澤蝶子の会話を聴いてきて、ムカムカするのはなぜ?

栗林歌麻呂を演じるのは金子大地君で21歳。アミューズ所属ということで福山先生の後輩。それにしても21歳と49歳かぁ。母子といってもおかしくはないけど、これはこれでアリという事で泣くばかりですが…。

この哀しい気持ちは単純に大塚寧々ちゃんに対する憧れ?それとも同世代の女性を年下男に奪われる焦り?突き詰めると、やはり老いへの不安が根底にあるようで、現役の男としての賞味期限がそこまで迫り、はあ~頑張りますよ、奥さん。

現役の炎が消えないうちにデートでもしましょうと書いて、「おっさんずラブ」のレビュー終わりです。

何度も書きますが、このようなLGBTを扱うドラマが増えたことは絶対にいい事です。マイノリティにこそ光を当てるべき、今の日本の過剰な忖度ぶり。

久しくメディアに出てきていませんが、こんな時にこそ「LGBTバンザイ!」とフェイスブックに書き込めよ昭恵ちゃん、です。

おっさんずラブ視聴率の変遷

第7話(最終回) . %
第6話 3.9%
第5話 3.9%
第4話 3.5%
第3話 3.8%
第2話 4.2%
第1話 2.9%
(ビデオリサーチ調べ 関東地区)

参考までにLGBTの定義を書いておきます。

女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)
男性同性愛者(ゲイ、Gay)
両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)
トランスジェンダー(Transgender)

この頭文字を取ってLGBT(エル・ジー・ビィー・ティー)です。

もっと厳密に言うと、女性同性愛者も男性同性愛者も両性愛者も、性的指向を意味していますが、トランスジェンダーはちょっと違います。

トランスジェンダーは、自身の性と心の性が一致しない人を指す言葉であり、その性的指向はまた別のもの。

そこを間違えてはいけない、今の世の中ですよ、奥さん、早く連絡してきてね。

おっさんずラブ主題歌

おっさんずラブ×スキマスイッチ「Revival」スペシャルPV

この歌を聴きながら、思い出した人たちが居ます。平井堅さん、松平健さん、それに高倉健さん。日本が誇る三大「ケンさん」。 残念ながら渡辺謙さん、緒方拳さんは、この範疇に入らないようです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。