【麒麟がくる】鉄砲鍛冶・伊平次を演じる玉置玲央さんのプロフィール

(C)有限会社ゴーチ・ブラザーズ玉置玲央ドラマ

NHK大河ドラマ【麒麟がくる】第5話「伊平次を探せ」で、鉄砲鍛冶・伊平次を演じる玉置玲央(たまおき れお)さんのプロフィールをまとめてみました。

まず玉置玲央さんですが、この【麒麟がくる】で大河ドラマは2度目の出演になります。初めての出演は平成28年(2016年)放送の【真田丸】。

織田信長(吉田鋼太郎さん)の嫡男・織田信忠を演じ、劇中では明智光秀(岩下尚史さん)が起こした本能寺の変で、二条城にいた所を責め込まれて自害。

元々、真田昌幸(草刈正雄)に対して厳しい態度を取っていたボンボン息子、そんな印象でしたが、今回も本能寺の変に絡む出演となり、ブレークの予感が漂う34歳という感じでしょうか。

玉置玲央さんのプロフィール

名前:玉置玲央(たまおき れお)
生年月日:昭和60年(1985年)3月22日
出身地:東京都
サイズ 身長 171cm
B88cm W67cm H89cm
特技:運動全般(バク転、宙返り)
経歴:★東京都出身。劇団「柿喰う客」の中心メンバーとして活躍。劇団以外でも、『夢の裂け目』『Take Me Out 2018』『秘密の花園』『イヌの日』など数多くの作品に出演。最近では映像にも活躍の場を広げ、NHKドラマ10『コピーフェイス~消された私~』、大河ドラマ『真田丸』などに出演。初出演映画『教誨師』では自己中心的な死刑囚・高宮を好演し、高い評価を得た。類まれな身体能力とよく響き渡る声をもつ、今最も注目される俳優の一人である。

出典引用元:所属事務所 有限会社ゴーチ・ブラザーズ GORCH BROTHERS

個人的に玉置玲央さんの存在を知ったのは、つい最近のことで本当に申し訳なくごめんなさいです。

令和元年(2019年)のカンテレ・フジテレビ系ドラマ「TWO WEEKS」。ここで主役の結城大地(三浦春馬)を裏切ることになるホンダを演じた玉置玲央さん。

柴崎社長(高嶋政伸さん)の手下となって、結城の娘・はなちゃんの病院を突き止めて誘拐する辺りは、なんて酷い男なんだとテレビの前で地団駄を踏んだものです。

向かって左端が玉置玲央さんで、真ん中が池田鉄洋さん、右端が大下ヒロトさんです。

NHK大河ドラマ【麒麟がくる】、これと並行するかのように、NHKよるドラ『伝説のお母さん』にも出演されております。

待機児童にワンオペ育児…“無理ゲー”な問題山積みの子育てを“ ファンタジーなのにリアル”に描く「RPG子育てストーリー」、それが『伝説のお母さん』ということで、前田敦子さんが演じる“伝説の魔法使い”メイ。

その夫であるモブを演じているのが、玉置玲央さん。

「行き当たりばったりでゲームとごろ寝が大好きだが「男は一家の大黒柱」という思いも強く、メイに対してコンプレックスを隠し持っている。娘のさっちゃんのことは可愛がっているが、うんちのオムツは変えられない。おだてに弱く、人が良い」というキャラクター設定で、まさにダメンズの見本。

土曜日の夜ドラ『伝説のお母さん』と日曜の大河ドラマ『麒麟がくる』で連日NHK出演。演じる役の振れ幅がものすごく激しく、役者・玉置玲央さんから目が離せないと褒め称えて、今後の活躍に期待したいと思います&ありがとうございました。

スポンサーリンク



コメント