スカーレット(101話1月31日)昭和44年12月末、ラジオから「さいなら」

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第101話、昭和44年の12月末、喜美子は武志とともにちや子の家に一泊。そこで聞かされた荒木荘の面々のその後。

荒木さだは京都の服飾専門学校の校長先生で、大久保さんは相変わらず。

そして田中雄太郎の声がラジオから流れてきて「どうも こんばんは。信楽太郎です」。

その昔、喜美子が雄太郎に信楽太郎の名前を提案したのは、11月7日放送の34話でした。

スカーレット(34話11月7日)信楽太郎とちや子に「荒木荘卒業させて頂きます」
朝ドラ「スカーレット」第34話、喜美子からちや子さんへの手紙「新聞社辞めた聞きました。大丈夫やろか。心配やけどきっとちや子さんなら。うちにいろんなこと教えてくれた、ちや子さんなら。そう思てうちは行きま...

そして大阪弁を書き起こすのが一苦労だった「中淀はたらく母の会」は、以下の方々です。

アイ子:梅田千絵さん

由香里:五十嵐サキさん

まみ子:和泉さん

栄子:大橋 梓さん

それにラジオのDJは、ポン太:畑中ふうさんでした。

スカーレット(101話1月31日)セリフ

●大阪・ちや子の家

喜美子:おおっ。

ちや子:おおっ!

喜美子:あっ。

ちや子:喜美ちゃん!

喜美子:ちや子さん!

ちや子:入って入って。

喜美子:失礼します。

ちや子:ちょっと見て こっち! 言うてたお客さんや。信楽から来たお客さん。挨拶はまた後でゆっくりな。まずは乾杯しよか。ちょっと一足遅れのクリスマス会や。

喜美子:ちや子さん これ すいません 皆さんでよかったら。

ちや子:悪いなあ。気ぃ遣てもろて ありがとう。これ いい?

まみ子:は~い。

ちや子:はい。

喜美子:ありがとうございます。

ちや子:ああ ありがとう。ええかな? あっ ええな。ほな…。

武志:(小声で)何?

喜美子:(小声で)メリークリスマス。

武志:うち 仏教ちゃうん?

喜美子:ええねん ええねん もう…言って。

武志:ほな…ほな…メリークリスマスです!

一同:メリークリスマスです!

ちや子:かんぱ~い!

一同:かんぱ~い!

ちや子:乾杯。

子ども:4! おお 結構いい数字やん。

子ども:12…。ああ 通り過ぎちゃうねんな。

喜美子:地域活動?

アイ子:そう。「中淀はたらく母の会」いうて 名前付けてな。地道にコツコツと署名活動してんねん。

ちや子:こうして週末には集まって。幼児保育の時間延長やら 学童保育所新設の署名運動。

アイ子:み~んな共働きでなあ 子どもの預け先に苦労すんねん。うちはもう大学生やけど。

まみ子:うっとこは まだ苦労の真っ最中や。

栄子:うちもやあ。今日は会社が休みやからええけど ふだんは首から鍵ぶら下げてんねん。

アイ子:鍵っ子を減らしたいんよなあ。

ちや子:アイ子さんな うちの父の教え子やってん。

喜美子:えっ ちや子さんのお父さん?

ちや子:中学の先生やっててん。

喜美子:へえ~。

アイ子:先生のご葬儀でお会いして 記者やってはるいうから…。

まみ子:ポッポ~!

栄子:その汽車ちゃうわ。雑誌の記者や。

アイ子:こらええ。「はたらく母の会」を取り上げてもらおう思てな。

ちや子:で 紙面で取り上げたんが今年の秋。あそこに貼ってある。

アイ子:後で見て下さい。大きい扱いやなけど ええ文章や。

ちや子:ほんまは見開き狙ってたんやけどなあ。

アイ子:女が声を上げてもなかなか取り上げてもらわれへん。そっからのおつきあいや。ここも連絡先にさしてもろてる。巻き込んでしもて。

ちや子:ううん。応援させてもろてます。

アイ子:いつか この運動のこと まとめて本にしてもらうねん。

喜美子:ええっ。

ちや子:はい。

アイ子:うちのこと べっぴんと書いてや。

(笑い声)

(ドアが開く音)

(せきこみ)

アイ子:大丈夫かいな。

由香里:やったんや… やったでえ!市会議員の時宗先生が請願書に記名捺印してくれたで!

アイ子:ほんまかあ! やった!

由香里:学校ん時の先輩のツテ頼ったんよ!

アイ子:ちょっと見して。よう やった! 私らの署名活動も効いたんちゃうの!時宗先生 味方につけたらグイッと動くんちゃうか! よかったわあ!

まみ子:あ~ よかった~!

ちや子:よかったや~ん。学童保育新設の嘆願書。あ… うちの妹分みたいなもんやねん 信楽から遊びに来てん。

由香里:信楽…信楽焼で有名な?

喜美子:あっ はい。

ちや子:笹山さん 美術館の職員さんやな 陶芸詳しいな。

由香里:詳しない 詳しない。

ちや子:陶芸家の川原八郎って分かる? ご主人や。

栄子:ええっ! ご主人 陶芸家なん?

喜美子:はい…。

由香里:あの川原八郎!?

ちや子:ほんで 彼女も陶芸やってんねん。なっ? 夫婦でな。うん? どないしたん?

アイ子:あ…おなか すかへん? あっ! 武志君 回るテーブル行ったことある? くるくる回んねん。中華や中華! 食べに行く?

栄子:ええなあ!

アイ子:そしたら ちゃっちゃと片づけよ 方づけよ。

まみ子:ほな 行こ行こ。
 
●川原家・母屋

(戸が開く音)

八郎:すみませんでした。

マツ:ああ もうええの?

八郎:はい。

マツ:それだけ?

八郎:ハハッ。何や おらん時見計らって荷物取りに来たみたいで…。

マツ:武志とは会うてるんやろ?

八郎:もちろんです。喜美子とも 落ち着いたらゆっくり話 しよ思てます。

マツ:あの子 これで穴窯おしまいにするやろ。お茶わん 持ってく? しもうとこか。大事にな。

八郎:はい。すいません 失礼します。おやすみなさい。

マツ:おやすみなさい。

●大阪・ちや子の家

ちや子:酔いさめた? 飲まされたもんなあ。

喜美子:1杯だけ…。

ちや子:ええ?

喜美子:3杯です。

ちや子:フッフフッ。

喜美子:あんな 日本酒3杯も飲んだん初めてや…。

ちや子:中国酒や。

喜美子:はあ…何や ふわ~んとして…。

ち:たまにはええやろ。

喜美子:いや~ お酒は…。父がよう飲んでたんで。

ちや子:反面教師か。はい コーヒー。

喜美子:あ…すんません ありがとうございます。ありがとうございます。

ちや子:これ 砂糖な。

喜美子:はい。

ちや子:はい。

喜美子:すんません。ほんでも 何となく分かりました。父がお酒を飲みたくなる気持ち…。ほんの少~しですけど。

ちや子:喜美ちゃん 何かあったんやね。おかしいなあとは思たんよ。百合ちゃんからいきなり 大阪行かせますぅ連絡あって。そういうこと言う感じの子ぉや なかったやん?

喜美子:百合子 うちが泣いてたん覚えてたんです。

ちや子:あっ 琵琶湖の…。

喜美子:はい。琵琶湖大橋の取材するって ちや子さんが話して…。

(回想)

喜美子:やりたかった~!

マツ:何!?

ちや子:どないしてん!?

喜美子:うちもやりたいこと見つけてん。

ちや子:何?

喜美子:絵付けや!

(回想閉じ)

喜美子:あんなん覚えてたん。

回想百合子:ちや子さんはお姉ちゃんにとってのお姉ちゃんやろ? 会うてきたら?

ちや子:ふ~ん ええ子やなあ。優しいな。そしたら また泣きたくなるようなこと あったんやね。

喜美子:一生懸命生きてると…。

ちや子:うん。

喜美子:いろいろありますね。

ちや子:うん いろいろあるな。

喜美子:気持ちがぐしゃぐしゃで…。

ちや子:ぐしゃぐしゃなん。

喜美子:何て言うたらええか…分かりません…。

ちや子:そうか。泣くこともできんか。ちょうどええ言うたら あれやけど うち「はらたく母の会」の子どもらが出入りするから こういうの置いたんねん。お絵描き用や。

喜美子:ああ…。

ちや子:喜美ちゃん よう一人で描いてたやん。これでちょっと待ってて。いや 実はな 1件だけ取材が入ってん。2時間ほどで帰ってくる。

喜美子:あっ お仕事やったんですか。

ちや子:ええねん ええねん。こういうこと ようあんねん。

喜美子:はあ…。

ちや子:堀中ヤスエて分かる? 大学の民事訴訟法の助教授や。次の選挙に出るいううわさがある。

喜美子:ほりなか… ちょっと選挙や政治いうのは…。

ちや子:話 聞かしてもらうねん。今夜やったら 会うてくれるいうことになってな。ちょっと行ってくるわ。

喜美子:あの 政治… あっ 政治家?

ちや子:そうそう。政治家をな 追いかけてんねん。今はそういう方面に興味があってな。知ってる? さださん。

喜美子:あっ はい。荒木荘がさら地になったいうのは聞きました。

ちや子:そう。今 新しい建物 建ててる最中や。さださんな 京都の服飾専門学校の校長先生やってんねんで?

喜美子:校長? すごい。

ちや子:大久保さんは相変わらずやしな。あと…ああ!

喜美子:えっ!

ちや子:せや! よかった~! 忘れるとこやった。あ~よかった 今 話して。

喜美子:何です?

ちや子:あれや 喜美ちゃん ラジオなんか聴く? 聴かへんのちゃう?

喜美子:はい。

ちや子:テレビは?

喜美子:まだないですぅ。

ちや子:ほな 言わんとくわ。

喜美子:ええ?

ちや子:これな 合わしたあるからな 10時になったらつけてみぃ ちゃんと聴くんやで?

喜美子:何でです?

ちや子:ええから ええから。ほな 行くわ。

喜美子:あっ…。

ちや子:ごめん 慌ただしいな。

喜美子:お気をつけて。

ちや子:10時な。

喜美子:はい。行ってらっしゃいませ。

ちや子:行ってくるわ。

喜美子:10時…。

喜美子:あっ…。

ラジオ・ポン太:もうクリスマスも終わりでございますが サンタさんはいいですね。年一日しか働かん。え~羨ましい限りでございますが 年が明けますと いよいよ 人類の進歩と調和 大阪万博が3月から開催ということで…。どないすんねやろね これ。

ラジオ・信楽太郎:いや どないもしません。

ラジオ・ポン太:どないもせんのかい。はい 本日のゲスト 話題の曲…話題?

ラジオ・信楽太郎:いや 話題やから呼んでくれたんちゃいますのん。

ラジオ・ポン太:話題の曲「さいなら」 歌うのはこの人。

ラジオ・信楽太郎:どうも こんばんは。信楽太郎です。

ラジオ・ポン太:ちょっと紹介させてもらいますと 信楽太郎さんはもともとお役所にお勤めでございました。そこを辞めて俳優を志したところ…。まあ 俳優いうてもね いろいろ大変やったんちゃうかなと思うんですが…。

(回想)

雄太郎:ほな 心機一転 芸名でも付けよかな?

喜美子:信楽太郎。

雄太郎:ハハハ… それはあかんわ。

喜美子:えっ 何でです? ええやないですか 信楽太郎。

ラジオ・ポン太:挫折に次ぐ挫折…俳優から歌手に転身後も さっぱり売れず 最後のやけっぱちで出した歌がこの歌「さいなら」。流しでずっと歌い続けてたんですよね?

ラジオ・信楽太郎:はい そうなんです。

ラジオ・ポン太:まあ こんな歌 迷惑やったんちゃいますかあ。

ラジオ・信楽太郎:アッハハッ。そうなんですかねえ。

ラジオ・ポン太:ほな 聴かせてもらいましょう。信楽太郎さんで「さいなら」。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント