スカーレット(103話2月3日)喜美子と八郎の別居が信楽中に知れ渡る

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第103話、喜美子と八郎は離れて暮らすことになり、穴窯を続けるために喜美子は地元の信用組合から借金をして、4回目5回目、そして6回目の試し焼きに挑戦。

昭和45年9月13日に閉会した大阪万博に行くこともなく、穴窯に集中する喜美子。その頃、信楽では、八郎喜美子夫婦の別居の原因は若い女のお弟子さんと、八郎があれして出て行ったというウワサが流れ…。

八郎を心配した窯業研究所の柴田が「京都の陶磁器研究所に空きが出た。このままここにおっても息苦しいだけちゃう? 京都やったら電車ですぐや。信楽 離れぇ」。

そんな2人に前に、あの草間さんが現れて、明日に続くということで、今週もよろしくお願いいたします。

スカーレット(103話2月3日)セリフ

喜美子:穴窯やりたい。やめたくない。次は成功させる。次こそは。

喜美子と八郎は離れて暮らすことになりました。

穴窯を続けるために 喜美子は借金することを決意しました。

●川原家・離れ

喜美子:お母ちゃんが武志のこと どう思てるか知ってるやんな?

武志:大好きや。

喜美子:そや 大好きや。お父ちゃんのことも大好きやで。

武志:そうなん?

喜美子:そや。そうやで? お父ちゃんのこと大好きやで? どないした。

武志:よかった~! よかった~! よかった よかった~!

喜美子:分かった分かった 起きて。話 済んでへんで。ほやけどな お母ちゃん やりたいことできてしもたん。

武志:知ってる。穴窯や。

喜美子:うん…。お父ちゃんな お母ちゃんのこと心配してな? 穴窯やるかやらんかで 言い合いしてしもた。ほやから…しばらくな? 離れて暮らす。武志にはお父ちゃんがいる所と お母ちゃんがいるここと 2個あるんで。どっちも武志の家やからな。

武志:おう。

喜美子:うん。ほんでな?

武志:うん?

喜美子:ギュ~してええ?

武志:ええに決まってるやん!

喜美子:ギュ~!

武志:うわ~! やり過ぎや~!

喜美子:ギュ~!

武志:おならが出る~! う~! やり過ぎや~!

喜美子:アハハッ。

●川原家・穴窯の中

喜美子:ありがとう。

4回目は 火の流れを再度 考え直し 置き方を工夫しました。

思うような色は出ませんでした。

回想柴田:これは… 灰がええ感じで かぶさったんやろうなあ。

マツ:何してんの?

喜美子:う~ん… 灰がな 煙突から抜けてんちゃうか思うてな 穴が大きすぎて…。

マツ:大丈夫?

喜美子:う~ん…。

煙突に続く穴の大きさを調整し 土の配合も変えてみました。そうして迎えた5回目の挑戦…。

試し焼きをした中に…。色が少し出ていました。

色の出た土を使い 試し焼きを続けます。

次は 場所の確認です。どの場所に置けば 灰がうまくかぶるのか…。

6回目の挑戦。たき口に近い場所で より多くの灰が かぶることが分かってきました。更にしっかりと灰をかぶせるためには もっと薪をたかなくてはいけない…。それを実行するには お金が足りなくなりました。

八郎と離れて暮らしていることが やがて信楽中に知れ渡り 喜美子に仕事が回ってこなくなりました。

●「かわはら工房」

喜美子:橘さん…?

橘:こんにちは。

喜美子:こんにちは。

橘:ここで待たせてもろて すみません。

喜美子:ああ いえ。

橘:お母さんが 子供服の内職してらして。タタタタッて。

喜美子:はい。

橘:忙しくしてらして ほな 工房の方で待ってて下さいって言われたんです。

喜美子:それは失礼しました。あっ これ 座って下さい すんません。

橘:ありがとうございます。終わりましたねえ 万博。行かれました?

喜美子:いえ。あの…。

橘:ああ 注文持ってきました。主人の会社の納涼祭りで 川原さんの話が出たんです。以前 引き出物でお願いした 絵付け小皿 部長の奥さんが 姪っ子の結婚式でお願いしようかしらって。絵付け小皿 5枚組を今度は100組。

喜美子:100組! 

橘:ここに連絡先 書いてきました。

喜美子:ありがとうございます。連絡してみます。

橘:前金でお願いしますって さりげなく言うときました。

喜美子:すいません 助かります。

橘:ただ一つ こらえてほしいことがあるんです。

喜美子:はい。

橘:ご主人が… 女のお弟子さんと あれして出ていったと思われてます。

喜美子:あ…。

橘:そういう うわさが立ってるんです。

喜美子:それは違います。

橘:それでも 部長の奥さん 真に受けて… かわいそうやなあ言うて注文を。あっ もし そんなこと言われるのが嫌やったら 断って下さいね。

喜美子:あっ いえ! 絵付け小皿は久しぶりやし うれしいです。喜んでお引き受けいたします。ありがとうございます。

橘:ほな よろしお願いします。

喜美子:よろしくお願いします。

●カフェ「サニー」

武志:こんにちは!

百合子:武志~。

大野:いらっしゃい。こんにちは。

八郎:こんにちは。

大野:おっ 野球やってきた。

武志:お父ちゃん 下手やった~。

(笑い声)

大野:ハチさん 慣れんことするしい。

八郎:いや~。

武志:お父ちゃんんの投げたボール どっか行った。

八郎:せやから 拾いに行ったやん。

武志:ほやけど 楽しかったで。

八郎:よかったやないか。

大野:無理やり言わせてんのちゃうかあ?

八郎:いやもうやめて下さいよ。

百合子:何にしますぅ? ごはん食べてってええの?

八郎:うん 晩ごはん食べさしてから送ってく 言うてきた。うん。

武志:カレーとプリントアイスクリーム!

八郎:そんなに食べられへん。カレー1つお願いします。

大野:はい。プリンは後でな?

武志:は~い!

百合子:武志 漫画読む?

武志:うん。

八郎:おばさん どないですか?

大野:ああ おかげさんで もう来週 退院やわ。

八郎:あっ そうですか。

大野:うん。悪いとこスパッと切って あとは問題なしや。うん。今日も信作が病院行ってるわ。

百合子:さっき電話あってな 退屈や退屈や言うてるって。

(笑い声)

八郎:ほな とりあえずは。

大野:ああ えらい心配おかけしまして。

八郎:あ…いえいえ。

大野:ほやし 百合ちゃん あれやな 延期してた結婚式の話も進めんとな。

百合子:あ~結婚式な せんでもええかなあ言うてるの。お義母さんもな 式はええやん その分 新婚旅行奮発したら ええやんて。

八郎:おかあさん…?

百合子:ここの。お義母さんや。

八郎:ああ ああ。

(笑い声)

百合子:うちのお母ちゃんも 好きにしなさい言うてるし。

大野:うん。

百合子:お義兄さんとお姉ちゃんの時みたいにな みんなで正装して写真撮るんでええかなあ。
大野:ああ みんなで写真な。そん時 ハチさん どうする 一緒に写るんけ?

八郎:あ~ 僕はあかんでしょ。

大野:あかんかあ?

百合子:ううん 武志のお父さんで うちのお義兄さんにかわりはないやろ。なあ?

大野:みんなでこう にぎやかに撮ろうや。何やったら あかまつのおやじも呼んでな。

百合子:アハハッ ええな。

大野:あかまつのおやじ 真ん中にしよか。

百合子:何でやねん。

(笑い声)

大野:いらっしゃい。

百合子:いらっしゃい。

柴田:おう。

八郎:ご苦労さまです。

柴田:4年生やったか。可愛らしいなあ。背の順で言うたら 前の方やろ。

八郎:ああ もう1番前です。せやけど リレーで第一走者に選ばれましてん。

大野:へえ~。

八郎:もう 運動会 楽しみで。

柴田:フフフッ。あんな… ハチさん 若い女のお弟子さん おったやろ。

八郎:はい。

柴田:その子が出てったんと ハチさんが出てったんと どうも時期があれやいうてな…。

八郎:今頃になって そんなこと…。ただのうわさです。

柴田:あんたらが意地張って なかなか元のさやに戻らんからや。

八郎:意地張ってるつもりは…。

柴田:京都の陶磁器研究所に空きが出た。

八郎:えっ…。

柴田:このまま ここにおっても 息苦しいだけちゃう? 京都やったら 電車ですぐや。信楽 離れぇ。

●「かわはら工房」

喜美子:ああ 寝てしもたん。

八郎:うん。こんばんは。

喜美子:あ… こんばんは。

八郎:ハハッ ぐっすりや。

喜美子:重たいやろ。

八郎:ああ ありがとう。

草間:喜美ちゃん。

喜美子:草間さん…! ご… ご無沙汰してます!

草間:久しぶり。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント