スカーレット(104話2月4日)2週間焚き続けることに反対する八郎

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第104話、6回の失敗を経て、喜美子が出した穴窯成功の答えは、1150度で2週間焚き続けること。

それに猛反対する八郎の理由は、

前に言うたな。おんなじ陶芸家やのに 何で気持ち分からへんのって。僕にとって喜美子は女や。陶芸家やない。ずっと男と女や。これまでもこれからも。危ないことせんといてほしい…。やめてほしい…。

昨年の今頃は、世の中に存在しないインスタントラーメンを開発するぞと意気込む夫がいて、それを必死に支える奥さんがおりました。

今回は、妻の喜美ちゃんが冒険したくてウズウズし、夫の八郎が右往左往という真逆のケース。

明日はいよいよ2週間の窯たき。鮫島がまんぷくヌードルを食べながら薪をくべるシーンが欲しいと願い、明日の設定は昭和45年の秋深い時期。

まんぷくヌードルが日本中で大ヒットしていた頃です。

スカーレット(104話2月4日)セリフ

●川原家・母屋

(戸が開く音)

喜美子:お母ちゃ~ん! 草間さん! どうぞ。

草間:お邪魔します。

マツ:ああ~。

草間:お久しぶりです。遅くなりまして。

マツ:ご無沙汰しております。ありがとうございます。あっ ハチさん 奥にお布団敷くさかい 上がって上がって。

八郎:ああ、ありがとうございます。すいません。あ…。

喜美子:これ 取るわな。

八郎:よいしょ。

喜美子:ありがとうな。

八郎:うん。

喜美子:草間さん どういうこと?

草間:あ… お母さんから手紙を頂いたんだよ。

喜美子:手紙…。

草間:うん…。「喜美ちゃんが頑張ってるから見に来てやってく下さい」って。

喜美子:はあ…。

草間:あっ もう喜美ちゃんっていう年じゃないか。ねえ? 喜美子さん。

喜美子:いえいえ くすぐったいわ。喜美ちゃんで。

草間:じゃあ 喜美ちゃん。

喜美子:どうぞ。

草間:お邪魔します。

(OP)

(鈴の音)

草間:武志君。

八郎:はい。あの… 柔道教わったいう話 聞いてます。

草間:ハハハッ。

八郎:年賀状もお手紙もよう頂いて…。ありがとうござます。

草間:いえいえ。

マツ:あ~来た来た。

喜美子:ごめんごめん。お待たせして。

八郎:持とか?

喜美子:ああ 大丈夫や。

八郎:えっ 穴窯?

喜美子:そや。

八郎:何で?

喜美子:うん?

八郎:いや…詳しんですか 穴窯。

草間:いえ。

喜美子:せっかく来てくれはったし。

草間:うん 聞かせて?

喜美子:今は貿易の仕事? 神戸ですよね?

草間:そう。

喜美子:台湾は…。

草間:うん 去年の暮れに引き払って 今年から一人暮らしも返上して。

喜美子:えっ…。

草間:猫と暮らしてる。フフッ 住み着いたんだよ。

喜美子:へえ~。

草間:これぐらいの おっきな。

喜美子:それ エサやり過ぎちゃうのん。

草間:ヘヘヘッ ネコちゃんって名前付けたの。

喜美子:ヘッヘッヘッ かわいい。

八郎:僕… ほな もうそろそろ失礼します。

喜美子:あっ ありがとう。あ…今日 武志…。

八郎:歯ぁも磨かんと寝てしもた。

喜美子:疲れたんやな。

歯:野球やったから。

喜美子:ありがとう お世話になりました。

八郎:ほな 失礼します。

草間:あ…すいません 失礼します。

八郎:ほな また。お邪魔しました。

マツ:カステラ包もか。

八郎:あっ いやいや そんな食べへんし 失礼します。

喜美子:おやすみなさい。

八郎:おやすみ。

喜美子:ほな 穴窯説明しよかなあ 長うなりますよ。ええですか? まず これが穴窯でございますぅ。

草間:ハハハハッ いつかの紙芝居みたいだね。

喜美子:フフフフッ。

●翌日、川原家・穴窯の焚き口前

草間:2週間?

喜美子:灰の量を増やしたいんで 窯焚きの日数も増やします。

草間:それで こういう色が出るんだ。

喜美子:そういう仮説に至りました。

草間:うん…。でも 2週間も大丈夫? 薪代もすごいことになりそうだね。

喜美子:薪代はなんとかします。ほやけど この窯がもたへんかもしれへん。

草間:もたないって?

喜美子:崩れ落ちるからもしれません。

草間:えっ! そうなったら…。

喜美子:おしまいです。次が最後や…。ほやけど…やってみます。

草間:お母さんが手紙に 慶乃川さんのことも書いてきてね。

喜美子:秋安 そやったんですか?

草間:「穴窯をやってた」っていう。

喜美子:あっ そう! そうなんですよ 何や 変な縁いうか…。

草間:慶乃川さんが今の喜美ちゃんを知ったら…何て言うだろうね。

喜美子:陶芸家はやめとけ 言うてはりましたからねえ。

(笑い声)

喜美子:笑わはるんちゃいますか キキキキキィて。

(笑い声)

喜美子:アホや言われそうです。

草間:それでもやるんでしょう。

喜美子:やります。

草間:そうか。

喜美子:はい。

草間:よし。じゃあ 僕はこれで。

喜美子:あ…。

草間:これ ありがとう。

喜美子:はい。お仕事 お忙しいのにすいませんでした。

草間:いや 思ってたより元気そうで安心した。

喜美子:お母ちゃん どんなこと書いたんやろ…。

草間:どうやって励まそうか 実は悩んだんだ。

喜美子:話 聞いてもろただけで 励まされました。

草間:うん…。やっぱり 渡そう。

喜美子:えっ 何です?

草間:励ましになるかなあ? この方に…。

喜美子:このお方は!

(回想)

慶乃川:今日 行かはると聞いて。これ…邪魔かのう?

喜美子:タヌキや!

慶乃川:信楽のお土産として。

草間:ありがとうございます。

(回想閉じ)

草間:小さな焼き物だけど…敬意を表して。

喜美子:敬意を表して。

草間:見守ってもらおう。

喜美子:よろしゅう頼みます。

草間:じゃあ また。また会おうね。

喜美子:はい。また いつか。

草間:さようなら。

喜美子:さいなら。

喜美子:先生に礼!

喜美子と草間:お互いに…。

喜美子:礼!

草間:いや 喜美ちゃん そうじゃなくて。

喜美子:えっ?

草間:土の配合を変えるって言ったけど…。

喜美子:はい。

草間:あの時 土を掘ってた。

喜美子:うん?

草間:慶乃川wさん。初めて会った時 土を掘ってた。

●信楽山中の土掘り場

(回想)

慶乃川:信楽の土はええ土やし。何がええんでしょう?

(回想閉じ)

ざらっとした手触りの温かい信楽の土。喜美子はこの土を使って作品を作ろうと思いました。

●川原家・母屋

陽子:この写真な こう 大きく引き伸ばして サニーに絶対飾ったるわ! 

大野:もう 何べん言うねん それ。

陽子:いや~それにしても ええ写真や。何回見ても涙出てくるわあ。信楽中に貼って歩こか?

大野:そうしようか。

(笑い声)

喜美子:おばさん ほんま元気になったなあ。

陽子:うん もう元気元気。悪いとこ ぜ~んぶ取ったしな。おばちゃんな もう体の中 ええとこしかないでえ。ハハハハ…。マツさんもな 健康診断いうの ちゃんと受けた方がええで。

大野:ああ ほんまやでえ。

マツ:ああ そういうのんなあ。

百合子:お母ちゃんも 長生きしてもらわんと。

陽子:あんたも長生きせえや!

大野:ああ…。今ので 寿命3秒縮んだわ。

陽子:わあ~ 3秒縮んだら悪いなわあ。

八郎:あの ほな 僕 そろそろ失礼します。はい。

大野:あ~ そうか。

八郎:武志 またな。

武志:うん またな。

八郎:おう。すんません 失礼します。

百合子:ありがとな。

陽子:またね。

大野:ほなな。

マツ:気ぃ付けて。

八郎:はい。ありがとうございます。

●川原家・庭先

信作:お…。

八郎:うん?

信作:また 武志連れて どっか行こうや 夏に琵琶湖行ったみたいに。

八郎:ああ。

信作:お前 溺れた。

八郎:言うなや。

信作:沈む 沈む…。

八郎:やらんでええ もうな何や。

(笑い声)

信作:頑張って お父さんやってんねんてな?週に1回か2回会うてんのやろ。

八郎:お父さんは頑張ってやるもんやないで。頑張らな続かんような関係になったら あかんで? 百合ちゃんと仲ような。

信作:あっ 穴窯 手伝ってえ言われた。

八郎:えっ。

信作:頼まれたから引き受けた。言うとくな。

八郎:え… 何で信作にまで?

信作:次は長い。

八郎:窯焚きの日数?

信作:2週間たく 言うてたわ。

●「かわはら工房」

喜美子:昼間の火の番を交代でお願いしたいねん。

直子:昼だけでええの?

喜美子:夜はしんどいやろ。

直子:お姉ちゃんかて しんどいやろ もうええ年やん。

喜美子:はあ… もう何べんもやってきたから。

直子:夜も鮫島にやらしぃ。

鮫島:あっ やります。

マツ:直子 結婚したのに まだ鮫島言うてんのん?

直子:あ~癖でな。

鮫島:フッフッフッフッフッ…。

直子:何?

マツ:何?

鮫島:こう見えて 2人っきりになると ダーリンって呼んできます。

直子:ちょ… 黙れ!

マツ:どこの言葉?

喜美子:直子! やめぇ やめぇ! これ ちょっと…。何やってんねん。

鮫島:あっ これ お土産で持ってきたんで よかったらお義姉さん着て下さい。

マツ:直子!

喜美子:お土産…。

鮫島:ごめんて。

マツ:こら もう やめな…!

(戸が開く音)

●川原家・庭先

八郎:2週間 たき続けるいうんは ほんまか?

喜美子:ほんまや。

八郎:どっから2週間て数字が。

喜美子:失敗を積み重ねた結果 出した答えや。1150度で2週間。

八郎:1150度で2週間 たき続けたら どないなる思う。釜がもたんで。崩れ落ちるで?焼き過ぎて下手したら火ぃが燃え移って火事になる。そこまで燃え移って火事になってまうで?危険やからやめとけ。

喜美子:うちが出した答えや。やらせてもらいます。

八郎:前に言うたな。おんなじ陶芸家やのに 何で気持ち分からへんのって。僕にとって喜美子は女や。陶芸家やない。ずっと男と女や。これまでもこれからも。危ないことせんといてほしい…。やめてほしい…。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント