スカーレット(115話2月17日)喜美子が40を超えて初めての二日酔い

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第115話、小池アンリが神戸からワインを持ち帰って深酒。喜美子、40を超えて初めての二日酔いをして、息子の研修先に電話。

「もうええか? ほんでな いちいち電話してこんといて 暇やのう。ああ ほんならな」。

武志の気恥ずかしさがよく分かり、喜美子が子離れが出来ていないことが判明した今朝の回。

そして信作が酒処「あかまつ」に八郎を呼び出して、4年ぶりにどうでもええ話をして、赤松の大将のご長寿ぶりにびっくり。

もし信作と百合子の間に男の子が出来ていたら、その名前は「ケン作 キン作 ユウ作 ハチ作」になっていたはずだと武志が明かし、掛井先生は「愛と誠」のはやり名前を気にする様子。

でも「愛と誠」の映画が流行ったのは昭和51年辺りで、スカーレットのこの時期は昭和58年のはずで、そのタイムラグにクエスチョンマークが浮かんだ2月17日、月曜日の朝です。

スカーレット(115話2月17日)セリフ

●川原家・母屋

喜美子:ええっ。あ…? え~。

ゆうべは ワインを飲みました。

(回想)

アンリ:はあ…。ここら辺では手に入らんワインやで。わざわざ神戸まで戻って 手に入れてきたんや。あんたに飲ませてあげたかったし。

喜美子:すんません…。

アンリ:ほな 乾杯。

喜美子:乾杯。ん! おいしい…!

アンリ:おいしい? フフフッ。

喜美子:へへ~。

アンリ:どうぞ~。

喜美子:ハハッ ありがとうございます。ほんま すごい…。

アンリ:よっしゃ! 一緒に暮らそう!

喜美子:よし! 一緒に暮らしょ~!

(笑い声)

(回想閉じ)

喜美子:小池アンリさん また どこか出かけたんやろか…。

喜美子 40を超えて 初めての二日酔いです。

●信楽窯業研究所・事務室

(喜美子と武志の電話)

喜美子:ほな これ くれたん 竜也んとこのお父さん?

武志:バナナやろ? ゆうべ 説明したやん。竜也のことが心配で おじさんが見に来てはった。

喜美子:ほな これは うれしさのお裾分けか。

武志:まあ 言うたら そういうこっちゃ。

喜美子:あっ ほんでな 起きたら 小池アンリさん いはらへんの。

武志:知らんわ。 そもそも お母ちゃんに あんな友達いてたなんて。

喜美子:友達? あれ 友達なん?

武志:聞くなや 俺に。もうええか? ほんでな いちいち電話してこんといて 暇やのう。ああ ほんならな。

事務室長:お母さん?

武志:はい…。

事務室長:お元気?

武志:あ…はい。

事務室長:火まつりの時に また講演頼んでるさけ よろしゅう言うといてな。

武志:こちらこそお世話になります。

事務室長:あっ 穴窯で有名な女性陶芸家 川原喜美子先生や。

女性事務員:知ってるやんなあ? 信楽で知らん人いやらへんで。

真奈:はい。

武志:ほな 失礼します。

事務室長:お父さんも昔 陶芸家やったん知ってる? 川原八郎いうて そこそこ有名で 頑張ってやってたんやけどな。

(ドアが閉まる音)

八郎の話は 喜美子の話と共に 今でもたまに人々の口にに上ることがあります。

●信楽窯業研究所・研修室

(ドアが開く音)

竜也:おはようございます。

川原八郎は 妻である川原喜美子の才能に負けて信楽から逃げていった…。

武志:よし…。

掛井:おっ ええ色 出てるやないか。

武志:そうですか? ありがとうございます。

掛井:あ~そういうたらなあ 名前にも はやりいうのがあんのやなあ。

武志:名前?

掛井:愛と誠が人気らしいわ 子どもの名前。分かってる。予定日はまだまだ先や。気ぃが早いんは 十分分かってるけどな。

武志:はよないですよ。桜も桃も おめでた分かった瞬間に付けてました。

掛井:桜に桃? 可愛らしいなあ。

武志:叔母さんとのこの 子どもです。

掛井:サニーいうカフェに嫁がはった?

武志:はい。叔母さん 百合子 叔父さんが信作。女の子やったらお花の名前。男の子やったら何とか作 付けるいうて。

掛井:へえ~。

武志:信作叔父さんは 男の子を想定して ケン作 キン作 ユウ作 ハチ作 4つ候補出してました。

掛井:最後 納得できへんな。ハチ作? うん どっかからハチが?

武志:八郎。俺のおやじです。

掛井:ああ…。

武志:信作叔父さんは おやじのこと 何や知らん 大好きなんですよ。

掛井:俺も言うたことあるよな? おやじが出てった話。

武志:ああ 武蔵丸いう名前付けてくれた すぐ殴るお父さん。

掛井:手紙の一通ももろたことないし どこにいてるか分からん。おやじのせいで おふくろがどんだけ苦労して俺を育てたか…。

武志:ほやけど 普通やったんですよね。

掛井:せや どんな父親のもとで生まれ育とうが 何しようがな 俺は普通の子ぉや。普通の ええ先生や。

武志:アッハハハ… ええ先生まで 自分で言うかな。

(笑い声)

掛井:親は親。子は子ぉや。

武志:はい。

●酒処「あかまつ」

(戸が開く音)

赤松:いらっしゃい。

(戸が閉まる音)

信作:ええ?

八郎:ええよ。

信作:ええよな。

赤松:ええよ。

信作:ヘッヘッヘッ お前! ハチ! 

八郎:おう おう おう!

信作:久しぶりやんけ!

八郎:おう おう…。

信作:5年か? 4年か? どんぐらいや。

八郎:まあまあまあ こうやって会うんは 4年ぶりやな。おうおう…元気そうやな。

信作:元気ちゃうわ アホ!

八郎:元気やん…。

信作:へろへろや~。もう 忙しいどころちゃうで ほんま ずっと あちこち出張や。研修やら顔つなぎやら 何やらで 東京ばっかりや。

八郎:えっ 今は何?

信作:えっ 今は お前…。おう とりあえず…。

八郎:ああ ありがとう。

信作:今は 課長や。ヘヘッ 観光課 大野課長や。

八郎:大野課長~。

信作:おう おう おう おう。

八郎:ほんで 何や びっくりしたで いきなり会いたいいう連絡あって。

信作:ああ…若いもんらが仕事覚えてきたからな ちょっと こっちにも余裕できてん。うん。ほんで 桜と桃のピアノ発表会も無事済んだしなあ。

八郎:あ~ええなあ 見たかったわあ。

信作:上手なもんやで バンバンバン!

八郎:何やそれ。

信作:可愛らしい。

八郎:太鼓やん。

赤松:はい。

八郎:ありがとうございます。ほんで 何?

信作:うん?

八郎:何か あったんやろ?

信作:あ…課長になってな…。

八郎:うん。

信作:飲みに行っても楽しないねん。誰と飲んだら気が楽やろうって考えたら お前や。こうやって ゆっくり飲めんのは お前ぐらいしかおらへん。ほやから名古屋から呼び出したった。
八郎:せやから聞いてるやん。何でも言え。

信作:東京のな。

八郎:うん。

信作:出張先のビジネスホテルな。決まったホテルや。いっつも同じとこ泊まんねん。これがまたせっまい部屋でなあ。それはええねんけど その部屋のベットの横にライトがあんねん。そのライトの…スイッチがどこにあるか分からへん…。かれこれ3年ぐらい 泊まり続けてんのやけど いまだに分からへんねん。あのスイッチ どこにあんのやろうな…。

八郎:はあ どこやろなあ。

信作:誰にも聞かれへんねん 今更…。

八郎:分かる。

信作:誰にも言えへんやろ こんなどうでもええ話。

八郎:分かる。どうでもええ話やろ。

(笑い声)

赤松:はい。

八郎:ありがとうございます。

●川原家・縁側

アンリ:ただいま。買うてきたで。ヘヘヘヘッ。

●川原家・母屋

アンリ:はい。はいはい はいはい。出来たでえ。

喜美子:ありがとうございます。

アンリ:うん 何かな おなかに入れとかんと。

喜美子:すんません。

アンリ:はい どうぞ。

喜美子:う~ん…何 これ。

アンリ:お茶漬けや。

喜美子:冷や飯に…。

アンリ:うん お茶かけた。

喜美子:うん。

アンリ:フフッ。

喜美子:ありがとうございますす 頂きます。

アンリ:はい 食べえ。

喜美子:あっ 食べへんのですか?

アンリ:あっ うちは食べてきた。買いもんもしてきたで。あっ コーヒーもらうな。

喜美子:はい。あの…昨日 一緒に暮らそう言うたん 覚えてます?

アンリ:覚えてるよぉ 酔った勢いでな。

喜美子:;酔うた勢いでしたね。

アンリ:「川原ちゃ~ん」「小池ちゃ~ん」言うて 盛り上がったな。

喜美子:「川原ちゃん」「小池ちゃん」…。

アンリ:部屋空いてるから ええよぉ言うてたで。

喜美子:あ…。

アンリ:好きに使てええって。

喜美子:はい。あの… ほんまに一緒に暮らすんやったら 出かける時は言うてくれます? どこ行ったんやろて心配します。まあ 今までは1人やったから 誰に言う必要もなかったんでしょうけど。

アンリ:面倒くさいなあ…。ああ 分かった。ほな 出かける時は あんたの許可を得る。何かする時も言う。ほんでええ?

喜美子:そう言われると…。いや やっぱり大丈夫です。言わんくて大丈夫です…。ほんまに暮らします?

アンリ:1人で寂しいんやろ? 泣いてたやん。

喜美子:えっ?

アンリ:川原ちゃん ハチさん ハチさん言うて 泣いてたで。

喜美子:ハチさん…?

アンリ:うん。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットのネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント