「スカーレット」12話10月12日 喜美子「ここにいたい!ずっと信楽にいたい!」

NHK朝ドラ「スカーレット」メージ画像 NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第12話、大阪に働きに行くことになった喜美子15歳の春。

喜美子:ここにいたい! ずっと信楽にいたい! お父ちゃんとお母ちゃんと… みんなと…。みんなとここで暮らしたい!

常治:タヌキの道の先 ず~っと行ったらな 左に折れて またず~っとず~っと 登っていくんや。行ったことあるか? 細い道行ったらな 急にパアッと開けるんや。そこから見える夕日がきれいや。よう見とけ。大阪行ったら もう見られへんで。

15の娘が行きたくないと泣いているのに、この父ちゃんは…。やはり男は甲斐性あってこそと書いて、この週末は台風に備えましょう。

「スカーレット」12話10月12日

●川原家

喜美子:大阪?

常治:そや。大阪で働け。晴から お前は大阪や。

喜美子:分かった ほな 行くわ。

マツ:喜美子…。

喜美子:大阪 働きに行きます。

(翌朝)

常治:人生にはな どうしても人に頭下げなならん そういう局面が3回はある。

喜美子:お父ちゃん しょっちゅうやん。

常治:やかましいわ アホ。ええか 床なめるほど顔近づけて 腹の底から声絞り出して「お願いします」言うてお願いする。そういうのがな 人生には3回ある。その1回が これや。

喜美子:床なめてきたん?

常治:苦い味したんでえ もう。

喜美子:ほんま?

常治:ハハハッ。

喜美子:うそか~。お父ちゃんの口 半分はうそでできてんな。

常治:社長の名前 見たか? 荒木さだ いう女や。いとこや。

喜美子:いとこ!? そんなんいたん 大阪に? お父ちゃんの?

常治:せやから そう心配はいらん。悪いようにはならん。

喜美子:そうか。

常治:直子も百合子も 喜美子おらんようになったら家の仕事 ちゃんとせな あかんで?

2人:はい。

喜美子:大丈夫け?

常治:返事!

2人:はい!

喜美子:お給料もろたら送るしな。何か欲しいもんあるけ?

直子:ほな テレビジョン。

喜美子:テレビジョン!?

百合子:うちも欲しい! テレビジョンが欲しい!

喜美子:何年かかるか分からへんで?

直子:はよしてや? うちも頑張るし!

百合子:頑張る!

喜美子:分かった。ほな みんなで頑張ろう。

常治:えらい ごっつい頼みやな もう~。

翌日 喜美子の担任の寺岡先生が訪ねてきました。

常治:ほう 金賞。

寺岡:金賞取ったこと 言うてなかったん?我が校では川原さんだけです。絵だけやない 勉強もようできます。特に数学な? 今 信楽では上の学校に進みたい子を支援しよういう動きがあるんや。川原さんは優秀やから上の学校に進むというのはどうやろ?先生 それやったらなんとかしてあげられるで?タダで高校行けるかもしれません。

常治:女には学問は必要ありませんわ。

寺岡:ほやけど…。

常治:うちの状態がどうか ちいちゃい頃からよう計算してきたからです。春からうちは 若い男の子を2人運送で雇う その給料がなんぼなんぼ… 妹が2人おって 家族の生活がなんぼかかる。瞬時にいろいろ分かっとるんです。働きへんかったら食べていけんいうこと。恥じさらけ出すようなこと言うて情けないですけど…。

寺岡:あ… いえ!余計なこと言うて こっちの方が…。

常治:大阪行って仕送りする。この子にはそれ以外の道はありません。

そうして喜美子は中学を卒業する日を迎えました。

●卒業式の帰り道

信作:…で いつ行くんけ?

喜美子:帰ったら準備せな。

信作:急やの。

喜美子:会えんくなると思うと寂しいわ タヌキ。

信作:タヌキかい!

喜美子:辛気くさい話 聞かんで済むんはうれしいわ~。

信作:うれしいんかい。

照子:喜美子!

喜美子:何や?

照子:いた~! 喜美子!何で勝手に帰るん!?卒業式の余韻も何もないやんけ。

喜美子:うち忙しいさかい 言うたやろ。

照子:大阪行く話やったら 聞かへんで!約束したやろ!? うちで働けるよう 丸熊陶業のみんなを説得してあがるて!

喜美子:約束はしてへんわ。

照子:行くなら うちを倒してから行け。

喜美子:何で?

照子:うちは 婦人警官 辞めた。夢やったけど「諦めろ」言われた! 

喜美子:何の話や。

照子:「丸熊陶業継げ」言われてる。お兄ちゃんが亡くなっかたら うちが継がんとあかんて。うちは一生 信楽や! 行くなら うちを倒してから行きなさい。

喜美子:信先 走って持ってきて。

信作:はっ?

喜美子:柔道着2着 道場にな。あいつ倒したるわ。

照子:ん!

●柔道場

照子:来い!

喜美子:「礼に始まり礼に終わる」。習うたやろ。礼! 

照子:来い!

喜美子:柔道着 届くまで待たんか。

照子:ん~ もう じれったいの~。

喜美子:草間流柔道は学校の制服着たまま やるもんやない…。これ 柔道ちゃうやろ…。放せ。

照子:嫌や。

喜美子:ちょう… もう… ええ加減にせえ! しゃあない 来い。

照子:よ~し 来い!

信作:あれ? ほれ…。

喜美子:とやあ~!

信作:ああ…。

喜美子:アッハッハッハ…。

信作:い… 息できひん…。

喜美子:アッハッハ 新聞紙 詰めたった。

信作:鼻血か…。

喜美子:出てへん。

信作:出てへんのかい!

喜美子:アハハハハ…。

照子:はあ…。中学も終わりや。うち性格悪いさけ 友達できひんかった。

喜美子:ハハハハ。

照子:高校行っても できひんわ。あんた いいひんと困る。あんた いいひん信楽は想像できひん…。大阪…行ったらあかん。信楽 捨てるんけ? 大阪行ったらあかん。許さへん! 一生許さへんで!

喜美子:照子… そんなんやから友達できへんのやで? 

(泣き声)

喜美子:ヘヘヘヘッ アハハハハッ。

(泣き声)

喜美子:ハハハハッ さようなら~ 照子~。

照子:そんなん聞きたない~!

喜美子:元気でな~。あんたのこと忘れへんで~。

照子:言うな~!

(笑い声)

●川原家

喜美子:なあ お父ちゃん。

常治:うん?

喜美子:タヌキの道 知ってる? 信楽に来たすぐの時にな あの道でほんまもんのタヌキに会うたで。「よよそもんはタヌキに化かされるんや」信作が言うてな。

常治:ほな 化かしに来たんやな。

喜美子:ほやけど あれ以来 会うてへんねん。見たことない。ほんまのタヌキは現れへん。何でか分かる? もう よそもんやないからな。うちはよそもんちゃう。うちは信楽の子や。うちは信楽好きや。うちは…。うち…。大阪行きたない!

(泣き声)

喜美子:ここにいたい! ずっと信楽にいたい! お父ちゃんとお母ちゃんと… みんなと…。みんなとここで暮らしたい!

(泣き声)

常治:タヌキの道の先 ず~っと行ったらな 左に折れて またず~っとず~っと 登っていくんや。行ったことあるか? 細い道行ったらな 急にパアッと開けるんや。そこから見える夕日がきれいや。よう見とけ。大阪行ったら もう見られへんで。

●タヌキの道の先の山頂

ここで見つけた焼き物のかけらを 喜美子は旅のお供にしました。

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレとあらすじを最終回まで!キャスト紹介も!
NHK朝ドラ「スカーレット」ネタバレあらすじイメージ画像
スポンサーリンク


コメント