スカーレット(120話2月22日)自分より誰かの人生を豊かにしてあげたい

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第120話、八郎が新人賞を取った作品を壊して前に進もうとし、喜美子はそんな八郎に対して新しい関係を築こうやと提案。

それを聞いた信作は「女やなあ…女はそういうことケロッと言いだしよる。男はよう言わん。女は強いなあ」。

まさに川原喜美子は強し。そして

うちはまだ自分の人生を豊かにするより 誰かの人生を豊かにしてあげたい。今はパリに行くことより ここに座ってたい。何か…作りたいんです。無性に今 作りたいんです」。

名言です。そして来週の第21週は特別編「スペシャル・サニーデイ」。スピンオフドラマが途中で入るという珍しい展開のようで、まずは心穏やかな週末をお過ごしください。

スカーレット(119話2月21日)セリフ

●「かわはら工房」

喜美子:「あ~」やないで? 言うてみ。「喜美子」言うてみ。

八郎:喜美子。

喜美子:ちゃうなあ。

八郎:もう分からへん…。

喜美子:何もないねん もう何もないねん。さっぱりとな? お互い さばさばいこうや なっ 分かる? うち できるで。もう 手ぇ触っても何ともない。ほら こんなんもできるで ほらほら。お~ハチさん久しぶり おうおうおう おうおうこう…。

喜美子:片づけて はよ行こう。

八郎:これな… 何回も壊そう思うた。

喜美子:新人賞取ったやつやん。

八郎:うん…。「前に進むんは 壊しながら行くいうことや」。昔 喜美子が言うてたん思い出してな。何回も壊そう思うた。

喜美子:陶芸やってへんて ほんま?

八郎:今は休んでる。

喜美子:やりたいいう気持ちはあるん?

八郎:陶芸を始めた頃の感じになれへんかな思てる。

喜美子:どんな感じ。

八郎:ドキドキしてた。土触ったり形作ったり…あの感じな…陶芸に対するあの感じ… 恋やな。もっかい好きになりたい。純粋にな。

喜美子:ほな 壊したらええやん。壊して 前に進みぃ。ほんで うちともな。新しい関係 築こうや。

(戸が開く音)

武志:ごめん 聞いてた。それ お父ちゃんの大事な皿 ええの? 割ってええの?

喜美子:壊して前に進むんよ。聞いてたやろ。

八郎:せや。

武志:ほな ちょ 貸して。

八郎:えっ…。

喜美子:えっ。

武志:あ… ま… まっ…。あっ。

喜美子:あっ。

武志:いや…。

(信作の鼻歌)

信作:武志~ 面白おじさんが来た…。えっ。よ…呼んだよな? 呼ばれたよな 俺。えっ うん?

八郎:ケガせんかったな? 

武志:あ… うん 割るつもりやなかったんのやけど… ごめん。

喜美子:割るつもりやなかったん?

武志:あ… いや 割るつもりやったんやけど… もっと こう かっこよくシュ~投げてやろう思て…。

八郎:ハハハ…シュ~って お前 野球やないねんから。ほんで 武志が割って どないすんねん。

武志:あ… ほんまやな…。

八郎:ハハハハ…。

武志:手ぇ滑ってしもうた ごめん。

八郎:ええねん ええねん。もともと壊すつもりやったし。はあ… すっきりしたわ。むしろ ありがとうや。

喜美子:ハチさん これで前に勧めるんちゃう?

八郎:いや~…。きれ~いに割ったな。

(笑い声)

信作:ハチ…。

八郎:うん。

信作:それ 新人賞取った時のやつやろ。

八郎:そや。

信作:そやんな? やっぱり そやんな? 

八郎:覚えてくれてたん。

信作:懐かしいなあ…。

八郎:焼き上がった時 見に来てくれたもんな。

信作:ああ。貸して。

八郎:うん?

信作:俺にも供養さしてくれ。

八郎:ありがとう。ちょっ! ちょっ ちょっ もう 優しくやれ 優しく。もう繊細さがないわ。

信作:おっ アリや。

八郎:えっ?

信作:アリだ。へへへ…。さっき 喜美子「ハチさん」て呼んでたな。久々に聞いたで…。何や あいつ 明るかったな。

八郎:普通にしよう言われた。

信作:普通?

八郎:まあ 普通が何か よう分からへんけどな。まあ 意識し合う感じがな…。意識せんとこうと思うても そう思うこと自体が…。

信作:嫌いで別れたわけやないもんなあ。普通にして… フッ そんでハチさんか。

八郎:新しい関係 築こう言われた。

信作:女やなあ… 女はそういうこと ケロッと言いだしよる。男はよう言わん。女は強いなあ。

喜美子:何してんの? いつまでやってんねん。カレー食べへんの?

信作と八郎:食べます。

●川原家・母屋

武志:俺にとってはな 化学やねん。

信作:化学? 釉薬がか?

武志:うん。釉薬にはな いろんな材料があんねん。いろんな材料が熱によって溶け合って
化学反応 起こすねん。ほうして色が生まれる。その色はな 無数や 無限にある。どう組み合わせるかによっても色が変わってくんねん。それがもう楽しいんや。

(笑い声)

武志:ありとあらゆる色が生まれるでな。あっ ほやけどな 釉薬で作り出される色は 穴窯とはまたちょっと違うねん。

信作:武志は色にこだわってるんか。

武志:釉薬の奥深さや。釉薬が作り出す色を追っかけてる。計算したとおりに色が出た時は そら もうたまらん。「やった~!」思う。

(笑い声)

八郎:色をコントロールしたいんやな。

武志:お父ちゃんもそやった?

八郎:まあ 計算どおりにいかんことも多いけどな。

武志:分かってる。ほやけど それもそれで楽しい。

喜美子:どんな色を出したいん?

武志:そら 俺の… 俺だけにしか出せん色を…。

喜美子:まだ見つかってへんのやな。

八郎:まだ出合うてないんやなあ「これや!」いう瞬間。

喜美子:心が熱なる瞬間な。

武志:何 おれ。

喜美子:ジョージ富士川先生が言うてた。

武志:「自由は不自由」の。

喜美子:うん。

武志:熱うなる瞬間なんて あんの?

喜美子:あるで。お母ちゃんにとって それが穴窯やった。出会えるとええな。

八郎:楽しみやな。

喜美子:楽しみやな。

武志:うん。

喜美子:うちも負けてられへんな。よし パリ行くか。

信作:えっ パリ?

喜美子:うん パリ行ってくるわ。

信作:また けったいなこと言い出したで。

八郎:小池さんに誘われた言うてたもんな。

喜美子:うん。

武志:駅前のブティックも よう行かんやん。

喜美子:思い切って行ってみようかと。

武志:大丈夫なん 飛行機。

喜美子:うん。

信作:んっ お前 知ってるけ? 飛行機ってな 乗る時 靴下脱がなあかんねん。

喜美子:そうなん?

信作:ああ そやな ハチ。

八郎:せやで 靴と靴下はきちんと脱いで乗らなあかんねん。

喜美子:ハチさん 乗ったことあるん?

八郎:まあ 国内線やけど。

信作:国際線はもっとすごいで お前。あんな 乗る時に こう… こうやって こうやって乗っていかなあかんねん。

喜美子:そんな苦しい思いしなあかんの?

信作:ああ とにかくな 全部ちっちゃくて狭いねん。お前 パリ 何十時間と こうやで。どうする?

喜美子:そんな しんどいん…。

信作:ああ。

八郎:うそや うそ。

喜美子:うそ?

武志:信じてたん? お母ちゃん かわいいな。

喜美子:えっ… うそなん? えっ どこまで うそなん?

●「かわはら工房」

アンリ:(依頼した花瓶を受け取りながら)はい。

喜美子:はい。

アンリ:いや~ 残念やわ パリ行かへんの。

喜美子:行く気にはなったんですけど…。

アンリ:何でやめたん。

喜美子:飛行機に乗る時 靴と靴下を脱がなあかん言われて。

アンリ:フフッ 何それ。

喜美子:フフッ 冗談です。それは冗談で… 前に小池ちゃんが教えてくれたやないですか。うちの作品が小池ちゃんの人生を豊かにしてる。ほんまにそうなら うちはまだ自分の人生を豊かにするより 誰かの人生を豊かにしてあげたい。今はパリに行くことより ここに座ってたい。何か…作りたいんです。無性に今 作りたいんです。

アンリ:そうかあ…。もう一個 教えたろか。

喜美子:えっ?

アンリ:芸術以外で人の人生を豊かにするもんは何や? 人を思うことや。自分以外の誰かの人生を思うことや。寄り添うこと思いやること ほんで時には背負ったりすることや。あんな 誰の人生を思うことで自分の人生も豊かになるんやで。フフッ ええ作品作ってや。またいつか800万で買いに来るわ。

喜美子:アハハハハッ はい。

アンリ:楽しかったで。

喜美子:うちも楽しかったです。

アンリ:ありがとう。

喜美子:ありがとうございました。

アンリ:ほな さっさと やりぃ。

喜美子:はい。

●信楽窯業研究所・研修室

武志:先生。

掛井:うん? 

武志:先生 これ…。

掛井:ああ 亜鉛結晶釉や。

武志:結晶…。

掛井:きれいやろ。

武志:雪か… 花が開いたみたいやな…。ええなあ… この感じ…。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットのネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント