スカーレット(124話2月27日)近藤彬は信楽派出所勤務の警察官

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第124話、百合子の中学の時の同級生・近藤彬は、昨年の春の異動で信楽派出所に配属された警察官。中学の時は柔道部の主将で県大会で優勝した強者。

そんな近藤君が、百合子に「きれいやったでえ。好きでした」と口にして信作が詰め寄り、明日に続くという展開。

で、今週は回想シーンが多いのですが、その中でも丸熊陶業の番頭・加山が憎たらしく感じた回がこちら。

スカーレット(54話11月30日)喜美子の賃金アップで百合子が高校進学
朝ドラ「スカーレット」第54話、深野先生たちは信楽を去っていきました。喜美子の暑い夏はこうして終わりを告げました。やがて秋が深まり…川原家に変化がありました。喜美子のお給金が上がったことから 百合子の...

よう言うわ 女だてらに。中学しか出とらんのに。養う奥さん子どもがいるわけやなし。養うてくれる人 見つけた方が早いんちゃいますか?

番頭加山は古い考え方をする男の象徴。情けないことに、令和の現在でもこんな頭カッチカチのおっさんがいるのでご用心&早く撲滅しちゃいましょう!

スポンサーリンク

スカーレット(124話2月27日)セリフ

●カフェ「サニー」

百合子:いらっしゃ~い。あ~! 近藤君。

照子:えっ 誰?

信作:知らん。

近藤:こんにちは 百合ちゃん。

信作:百合ちゃん…。

百合子:え~ ほんまに来てくれたん? ありがとう。

近藤:当たり前や。約束したやろ あん時。

照子:あん時?

信作:知らん。

近藤:これ。

百合子:何?

信作:知らん。

照子:何?

信作:何? 知らん。

百合子:あ~! あっ これ… もう ありがとう。あっ 紹介します。中学の時の同級生の…。

近藤:自分は近藤彬といいます。

信作:自分を自分って言うタイプ。

百合子:お待たせしました。

近藤:ありがとう。

照子:はあ~ 同窓会か~。

百合子:はい 先月行ってきたんです。

照子:でも 何でイヤリング?

百合子:その時に どっかで落としたみたいで。

近藤:百合ちゃん もうず~っと しゃべりっ放しやったから 気ぃ付かへんかったんやなあ。
百合子:やんなあ 次の日 声カスカスやったもん。

近藤:同窓会て 毎回毎回 同じことで盛り上がりますよねえ。

百合子:そうそうそうs。誰々君 運動神経よかったぁとかな。

近藤:運動神経といえば 和田や和田。ちょっと見んうちに 太りよったなあ。

百合子:昔はすごいかっこよかったんやからぁ。

近藤:「昔は」て。

百合子:あ…ハハハッ。

近藤:和田は悦子ちゃんとつきあってたしなあ。

百合子:あっ ちゃうちゃうちゃう 小森さんや小森さん。

近藤:ああ 小森は悦子ちゃんの前や。

百合子:そやった。なあ 知ってる? あそこ もめて大変やったんよ。

近藤:そうなん?

百合子:何か…あっ…。

近藤:ああ…。

百合子:ごめんなさい。

照子:あ…いや そら 声カスカスなるなあ。

近藤:先輩方もしてはるんですか 同窓会。

照子:あ…うちら…同窓会したことあった?

信作:記憶にございません。

百合子:同窓会はあっても 声かけてもろてへんのちゃう? 友達いいひんから。

照子:ちゃうわ! いるわ 友達。うちと こことあの… 喜美子や。

百合子:そや 3人や。

照子:そやで 腐れ縁や。

(回想)

信作:あれ? ほれ…。

喜美子:とやあ~!

信作:ああ…。

喜美子:アッハッハッハッ…。

信作:息できひん…。

喜美子:アッハッハ 新聞紙 詰めたった。

信作:鼻血か…。

喜美子:出てへん。

信作:出てへんのかい!

照子:中学も終わりや。うち性格悪いさけ 友達できひんかった。

喜美子:ハハハハ。

照子:高校行っても できひんわ。あんた いいひんと困るわ。

(回想閉じ)

敏春:僕は羨ましいけどなあ。

照子:うん?

敏春:腐れ縁の3人が ずっとおんなじ町で ずっと仲ようしてるなんて。

照子:さすが 敏春さんやあ。あっ うちの旦那ですぅ。

近藤:ええ さっきお聞きしました。

敏春:同窓会いうても 結局 なかなか集まらへんしねえ。

百合子:あっ でも 近藤君が声かけたら ほとんど来るやんなあ。

近藤:いや たまたまやて。

百合子:たまたまちゃうよ。高島君まで来てたやん。

近藤:北海道から来てくれたもんなあ。

百合子:近藤君 昔から そういうとこ変わらへんわ。

近藤:百合ちゃんも全然変わらへんやん。

百合子:えっ?

近藤:あのころのまんまやん。

百合子:いや~ もう何か この辺は変わったでえ。こうな…。あっ… あっ また…。ごめんなさい。

照子:あっ ええよ ええよ。

敏春:話 尽きませんね。

近藤:百合ちゃんは同窓会ん時 ず~っと大野先輩の話 してました。

百合子:ちょちょ… やめえ。

近藤:自分 全部覚えてます。

信作:やめろや 恥ずかしいな。

照子:それ うれしい時の顔やん。

信作:あっ?

近藤:「信作と13人の女」。

(笑い声)

敏春:今日は その話 よう出てくるな。

照子:信作の人でなしぶりが よう分かったやろ。

信作:俺 もう家帰ってええ?

照子:いや ここや ここ。

近藤:先輩は 別れた女の人たちに未練が残らんよう わざとひどい別れ方をしはったんですよね?

照子:えっ?

近藤:自分は そこに先輩の男らしさを感じました。あ…。

照子:何してんねん。

近藤:けど 自分が一番感動した話は違います。

照子:そんな話ある?

近藤:先輩は 百合ちゃんと一緒になるために 柔道の特訓を…!

(回想)

照子:信作。うち 子ども4人産んでるんやで? 4人やで 4人。そうは見えんかもしれへんど 若い頃の筋肉 ぜ~んぶ脂肪に変わって 美しかった体はボロボロや。おなかなんかは 4人も産んでみぃ もう妊娠線がいつまでたっても消えへん スイカみたいに残ってるわ!

信作:スイカ?

照子:ほや。スイカみたいな線がここにな…って そんなとこに反応せんでええ。はあ その上 柔道なんて 十何年ぶりやで? そんなうちみたいなもんに 投げ飛ばされるて どういうこっちゃあ!

八郎:えっ 信作 照ちゃんに投げ飛ばされたん? 何や。何? ちょちょ ちょちょ…。

照子と陽子:甘えんな!

(回想閉じ)

照子:うちには惨めな話にしか聞こえへんn

近藤:負けて負けて負けて。どん底に突き落とされても それでも諦めず 恥ずかしげもなく百合ちゃんに堂々とプロポーズする! 

敏春:今のは褒めてた思てええんやな?

近藤:先輩はすごい人です。

信作:彬。

近藤:はい。

照子:何回もせんでええ。

信作:そのとおりや。草間流柔道は勝ち負けが大事やないんや。

近藤:感動しました。

信作:彬! これが草間流柔道や! 痛い! 痛い痛い! 参った! 参った!

百合子:はい。

近藤:すいませんでした。

照子:あんなん ほっとけ ほっとけ。負けることには慣れてるもんなあ。

百合子:近藤君 中学の柔道部主将で県の大会でも優勝してるんです。

照子:そんなすごい後輩がいたなんてなあ。何や そういうたら どっかで見たことあるて思ててん。

敏春:また調子ええこと言うて。

照子:いや ほんまに。会うの初めてやないで。

近藤:アッハハハ…。

百合子:多分 見たことあんのは ほんまです。なっ?

近藤:実は自分も皆さんのことは お見かけしたことがあります。

照子:うちらのことを? えっ? ヒント。

近藤:え~… あっ バキュ~ン! うっ ああっ。何じゃこりゃ~。

(銃声)

照子:あ~! あっ あっ 分かった分かった! あの ここまで出てる! あの あれ…!

信作:お巡りさんや!

百合子:ピンポ~ン!

信作:おおっ!

近藤:昨年の春の異動で 信楽の派出所に配属になりました。

敏春:何や 私服やと分からんもんですねえ。ハッハッハッハッ。

近藤:先輩?

照子:うちも夢やってん。小さい頃 うち 婦人警官目指しててん。

近藤:へえ~。

百合子:へえ~。

敏春:あ~ 見たかったなあ… 照子の婦人警官姿。

照子:ほんまにぃ?

敏春:けど もしそうなってたら 僕らは会うてへんかったかもしれん。

照子:あかんあかん! それは嫌や~。

敏春:僕も嫌や。

信作:いつまでいんのやろ この2人。

近藤:百合ちゃんの夢は 家庭科の先生やったな。

百合子:えっ 何で?

近藤:卒業文集。

百合子:あ~読んだん?

近藤:読んだ。

信作:俺 読んでへん。

(回想)

百合子:お姉ちゃん。

喜美子:うん?

百合子:ちょっとええ?

喜美子:あ… これ 済んだらな。

百合子:今。お父ちゃんが行水してる間に 言いたいねん。

喜美子:何?

百合子:先生が明日 うちまで来てくれる。お父ちゃんと話しに。

喜美子:ああ 進学の話?

百合子:喜美子姉ちゃんにいてほしいねん。

マツ:せやけど 仕事やもんなあ。

喜美子:早く帰ってくることはできるよ。いた方がええの?

百合子:助かるぅ。

マツ:無理せんでええよ?

百合子:お母ちゃんだけやと 心細い。

マツ:そら 分かる。分かるけど…。

喜美子:分かった 百合子の大事な話や はよ帰ってくるわ。

百合子:ありがとう。

喜美子:大学行きたいの?

百合子家政科いうのがあんねん。新しな そういう科が出来てんて。ともちゃんが教えてくれてん。

喜美子:ともちゃん。

マツ:一番の仲よしや。

常治:知らんわ もう。

百合子:家庭科得意やったら そういうとこ 行ったらええやんって ともちゃんが…。ほんでな うちも自分で調べてみてん。ほんでな そこ行ったらな 家庭科の先生になれんねん。

寺岡先生:教員免許が取れます。

喜美子:家庭科の先生になりたいの?

百合子:うちもお姉ちゃんみたいに 自分の得意なこと好きなこと 何か見つけたいなあ思てたんよ。ほやから行きたいねん。県短行きたいなあ思てんねん!

喜美子:そうか… そんなこと考えてたんやな。

百合子:ほんでな 寺岡先生に相談したらな…。

寺岡先生:はい。県短目指すんなら 高校は甲賀一高がええんやないかと…。

常治:分かった もう…。百歩譲って二百歩譲って 大学は行ってええねん。

百合子:ほんま!?

寺岡先生:短期大学です。

常治:短期でも何でも行ったらええよ もう。せやけど 高校はあかん。

百合子:えっ?

常治:そもそも 高校は行く必要がない。

喜美子:何 言うてんねや!?

常治:「女には学問は必要ない」ねん。

喜美子:家庭科の先生なりたい言うてるやん!

常治:先のことはかまへんねん 別にな。

百合子:今は高校の話をしておんねん。

常治:な? 高校はあかん言うてる。

喜美子:何であかんの!?

常治:うちのどこに お前 ほんな高校行かす余裕があんねん。

百合子:えっ!? 

常治:昔とおんなじこと もう何回も言わすな もう。

百合子:昔とはちゃうやろ。今は喜美子姉ちゃん働いてるやん。

常治:火鉢の生産が大幅に縮小されんねん。

百合子:えっ…。そうなん?

喜美子:知ってたん?

常治:当たり前や お前 こっちは運送やっとんねん。

(回想閉じ)

百合子:あの頃は…ほんまに ず~っと悩んでた。

近藤:そうかあ。文集からはすてきな家族の姿しか浮かばんかった。

百合子:うちが高校行けたんは喜美子姉ちゃんのおかげや。

(回想)

敏春:何でしょう?

喜美子:うちは丸熊陶業にしがみつくことにしました。うちはここに残って引き続きお仕事させて頂きます。マスコットガール ミッコーでも キッコーでも 何でもかまいません。それがお仕事であれば 一生懸命やらせて頂きます。

加山:ええ心がけです。

敏春:分かりました。

喜美子:つきましては…。

加山:まだあんの?

喜美子:信楽初の女性絵付け師として それに見合った…その…要求といいますか…。

敏春:要するに 賃金アップ?

喜美子:はい。

加山:よう言うわ 女だてらに。

喜美子:すいません。

加山:中学しか出とらんのに。

喜美子:すいません! ほやけど 稼がなならんのです。これまでみたいなお給金やと この先やっていけるかどうか…。

加山:養う奥さん子どもがいるわけやなし。

喜美子:家族がおります。うちには家族が。下の妹を進学させてやりたいし 電話かて引きたい。

加山:養うてくれる人 見つけた方が早いんちゃいますか?

喜美子:すいません ご検討下さい。お願いします。お願いします!

(回想閉じ)

百合子:結局 家庭科の先生には なれへんかったけどな。

近藤:それでも やってきたことは何も無駄になってへんやん。

照子:そやそや。

敏春:ここのカレーは絶品です。

照子:桜と桃の服 百合ちゃんのお手製やんなあ。

近藤:あっ! 同窓会に着てきた服も あれ 自分で仕立てたん?

百合子:あ~あれは お義母さんのお下がりを 手直ししただけ。

照子:はあ~。

近藤:きれいやったでえ。

百合子:えっ?

信作:ハッ あ… あれ? あれ? ああっ あっ お前 百合子のこと好きやったんか。ちょっと!

照子:同じこと思ててもな 口に出してへんねん。

信作:いやいやいや 今の感じは 好きやったやろ 好きやったやろ! お前。

近藤:好きでした。

信作:ええっ! えっ…。ほ… ほな 今は? 今はどう思ってんねん!

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットのネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント