スカーレット(129話3月4日)大崎茂義医師が初登場し、武志が鼻血

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第129話、滋賀県立病院の医師・大崎茂義(稲垣吾郎)が敏春の検査結果を照子に伝え、血糖値が高いと。

将来ではなく老後のために、今後は更に厳しい食事制限が必要で、気を付けよう、甘い食べ物と塩分取り過ぎ、という感じでしょうか。

武志の体の具合が日を追うごとに悪くなり、見ているこちらの方もしんどくなりそうですが、明日金曜日の「あさイチ」のプレミアムトークに出演する戸田恵梨香さんが何を語るのか、それはそれで楽しみにしたいと思います。

スカーレット(129話3月4日)セリフ

●滋賀県立病院・待合室

山ノ根:え~っと 熊谷さ~ん。

照子:あっ はい。

山ノ根:検査結果ね あの~ 今 先生来ますんで。

照子:あっ はい。

山ノ根:お待ちください。はあ~! 川原喜美子先生? 

喜美子:あ…はい。

山ノ根:ああ! 私 好きなんですぅ。

喜美子:ありがとうございます。

山ノ根:個展にも何回も行かしてもらいました。一緒に… 一緒に 一緒に… あの…。

喜美子:あ… はい はい…。

山ノ根:写真を撮りました!

喜美子:あ…。

(回想)

山ノ根:あの~あ… あの お写真 ご一緒に撮って頂けますぅ?

喜美子:ああ はい。

受付:撮りますよ。はい チーズ。

(シャッター音)

(回想閉じ)

山ノ根:覚えてはらへんと思いますけど。

喜美子:ああ… すんません…。

山ノ根:ええんです ええんです。いや~感激やわあ。

(OP)

喜美子:遅いなあ すぐ来るような感じやったのに。

照子:こういうもんやで 病院は。

喜美子:そうか?

照子:病院 苦手や。

喜美子:そら 得意な人おるか?

照子:思い出すわ…おじさん。偶然 会うてん。

喜美子:うん。

照子:おじさん 強い人やったな。うちはあかん。敏春さん大丈夫やろか…。

喜美子:大したことないよう祈ろう。

照子:祈ろう。あっ おじさんの顔が浮かぶ。

喜美子:やめえ やめえ もう思い浮かばんでええ もう。

照子:濃いでえ~。

喜美子:ハッハッ。

大崎:熊谷さん。

喜美子:何ですか?

大崎:あ… どちらが熊谷さん?

喜美子:えっ 何ですか?

大崎:大崎です。

山ノ根:先生 大崎先生 もう着て下さい。

大崎:え~。

山ノ根:もう「え~」やないです。すんません。もう かなわんなあ もう ほら はい きちんとして下さいよ どっかのおっさんみたいですやんか。

大崎:おっさんだもん。

山ノ根:ほな はよしてや おっさん。

大崎:担当の者が夏風邪で。医者の不養生ってやつですよね。僕が代わりに。どうぞ お入りください。お待たせしました。

照子:はい。ほな 行ってくる。

●カフェ「サニー」

敏春:血糖値が… 高い?

照子:そや 命に関わるようなことやなかった。

敏春:ほんまに?ほんまですか?はは…よかった…。

陽子:ほっとしたなあ。はい。

照子:また こんなん頼んで! うちが頂きますぅ。

敏春:あ… ちょ…。

喜美子:これまで以上に 食事に気をつけな あかんらしいですよ?

照子:ほんで うちが呼ばれたんやで。更に厳しく食事を管理し 節制しなあかん。将来のためにな。

喜美子:うん?

照子:うん? うん? 分かる。今の 将来いう言い方 しっくりこんなあ。

喜美子:しっくりこん。

照子:将来やのうて うちらの場合…。

喜美子:老後や。

照子:老後や。

陽子:あんたらが老後の話するなんてなあ。

大野:ほやけど もう照ちゃん おばあちゃんやもんな?

照子:2人目 出来ましたぁ。

大野:わっかいおばあちゃんやあ。やっぱり 孫は孫で もうかわいいて たまらんやろう?

敏春:たまりませんわぁ。

(笑い声)

武志は次世代展に応募することを八郎に話し 喜美子は作品作りにいそしんで 暑い夏が過ぎていきました。秋には今年4回目の穴窯をたき上げて…。本年度の作品作りは早々に終えました。

●「かわはら工房」

住田:お礼の手紙ですか。

喜美子:うん、「作った湯飲みでお茶飲んでます。水曜日の朝 足取りがほんの少し軽くなりました」。うれしいなあ。

住田:何で 水曜日?

喜美子:住田さん。

住田:はい。

喜美子:うち 陶芸教室 開こう思います。

住田:え~。

喜美子:ゆっくり考えたんですけど そういう時間を作りたい。

住田:陶芸教室でっか?

喜美子:近所の人ら集めて 子どもたちにも声かけて。

住田:採算取れます?

喜美子:もうけは あらへん。まあ地元に貢献するいうやつやな。

住田:そんなん続きますぅ?

喜美子:ほやから ゆっくり考えた言うてるやん。材料費はもらうで。

住田:そらそうでっせ 持ち出しはあきまへんで。

喜美子:月に2~3回… 週1回にしようか。

●カフェ「サニー」

百合子:早速 始めることにしたそうです 陶芸教室。

大野:おっ。

喜美子:お声かけ お願いしますぅ。

大野:はいはい。

陽子:はいはい! うちもやってみたい。もうずっと前から やりたい言うてたやんなあ?

大野:昔 そんなん言うとったな。なあ?

陽子:ほんまはな おかあちゃん合唱団もやりたかってん。

百合子:そやったんですか?

大野:何でもやりたがんねん。

陽子:まあ この店の仕事もあるしなあ なかなか時間とれへんやろう?

百合子:そんなん なんぼでも言うて下さい。やりたいことやって下さい。

陽子:ほんま?

大野:やったらええ…。

陽子:ええの? やってええの? わあ~ うれしいわあ 喜美ちゃんに教えてもらえるんやろ?

喜美子:是非いらして下さい。お待ちしてますぅ。

陶芸教室の準備を進めるうちに 11月半ばになり…。武志の作品がようやく完成しました。

●信楽窯業研究所・研修室

掛井:おっ 雪 降らせられたやないか。

武志:なんとか。

掛井:最高の出来ちゃうか。

武志:やりたいことは全部やりました。最高とは 正直言えないですけど…最善は尽くしました。

掛井:最高の答えやろ。

武志:えっ。

掛井:限られた時間の中で 自分の最善を尽くす。ようやった。

武志:はい。

掛井:よう やり切ったな? お疲れさん。

武志:ありがとうございます。

掛井:次世代展 応募するんやろ?

武志:はい!

●武志のアパート部屋

一同:かんぱ~い!

大輔:ようやっと終わったな。

学:これで 一息つけるんやろ?

武志:長かったな。

竜也:ずっと やってはったから。

武志:ハハッ まあ そういうもんやからな。

学:皿 もっとある?

武志:おう。あ…。ごめんな。思うようなもん作ろう思たら とことん追求してしまう。時間も忘れてしまうわ。はい。なあ この夏の俺の思い出 聞いてくれるか。この夏の思い出は! 雪の結晶で~す! って アッハハハ… すごいやろ 寒いやろ。

大輔:あっ せやせや 真奈さんと話 したん?

武志:何を?

大輔:ええ~ 「何を」て 分かるやろ。

学:分からんのとちゃう? こいつ 鈍いとこあんで。

大輔:え~。

竜也:いや 分かります。

大輔:やんなあ! ほら 竜也君でさえ分かってんのに。ちょっ どないしたん? なあ・

学:待て待て待て。

大輔:うん? うん?

学:何や おもろいこと考えてんちゃうけ?

大輔:分かった! あの体勢からハト出すで。ハトな 白いハトな。パア~って こっち飛んでくんねん こっちの方に。パア~って。

学:ちゃうな。これは愛の告白とちゃうか~?

大輔:あ~! さっきのな? さっきのな。真奈さんのこと ほんまは俺も思てますね~んいうて。分からんちゃう 分かっとるやん。

学:分かっとるなあ。

竜也:ちょっと…。大丈夫ですか?

武志:ああ ごめんな 大丈夫 大丈夫。

大輔と学:うわ~!

大輔:おい ちょっ…。

学:お前 ティッシュは…。

大輔:たれてる たれてる!

学:はい はい… お前 はよせえ!

大輔:止めえ 鼻血止めえて。止めえ 止めえ…。使い過ぎやて お前 もったいないな。

学:何でそんな鼻血とか出んねん…。

武志:ごめんな それ せっかく持ってきてくれたのに。

竜也:ああ。みんなでやろか思て。

武志:つなげるテレビがなくてな。

竜也:いえ よっぽど一生懸命やったんですね。

武志:うん?

竜也:テレビもない部屋で 帰ったら寝るだけの毎日やったんですね。

武志:あ~ ハハッ まあ確かにな。

竜也:俺も野球やってる時はそうやった。

武志:夢は野球選手やったもんな。

竜也:あ…肘 痛めたんで…。

武志:諦めたん。

竜也:もともと そんなん無理や思てたんで。

武志:夢は無理やから見るんやで? 手ぇが届かへんから 人は夢みるんちゃう?

竜也:タケタケは どんな夢を見てるんですか。

武志:亜鉛結晶のデザイン化や。

竜也:はっ?

武志:器に雪 降らせるんが ここんとこの夢やった。

竜也:終わったやないですか。

武志:終わってん。

竜也:どうするんですか これから。

武志:なあ。もう どうしよ。ハハハッ。

竜也:夢みて下さいよ。

武志:お前もな。悪ぃ 寝るわ。

竜也:調子悪いんですか?

武志:いや 飲み過ぎてん。

竜也:どっか痛むとか。

武志:ちょっと寝たら治る。おやすみ。

●「かわはら工房」

喜美子:鼻血?

照子:まあ 鼻血出たからいうて 何やいう話やけど 竜也が心配しててな。疲れがたまってんちゃう?

喜美子:ふ~ん…。

照子:ひとつきほど前にも ひどい風邪ひいたんやて。聞いてる?

喜美子:知らん。

照子:あ… 聞いてないんか。まあ 言わんよなあ そんなん いちいち言うてこんわなあ。ほな これ あっち置いとくな。

喜美子:あっ ありがとう。

(戸の開閉音)

●ビリヤード場「ヤングのグ」

喜美子:来てないて 休みうことですか?

店長:うん それも急にな。

喜美子:えっ。

店長:だるい言うてよ。

喜美子:いや~すいません ご迷惑おかけして。ほんま 申し訳ありません。

(戸が開く音)

武志:おっ…。

喜美子:あっ 武志。

武志:え…何してんねん。

喜美子:何してんねんはこっちや。電話にも出んと。

武志:バイトや。

喜美子:バイト来てへんやん。

武志:今 来たやん。

喜美子:休む言うたんちゃうのん。

武志:あっ もう大丈夫です すんませんでした。すぐ入りますね。

喜美子:なあ。

武志:うん?

喜美子:どっか調子悪いん?

武志:風邪や 風邪。

喜美子:病院行ったん?

武志:薬のんだら治った。

喜美子:前もひどい風邪ひいて 寝込んだらしいやん。

武志:いちいち来んなや 大丈夫やし。ほんま大丈夫やから。ちょっと寝たら治んねん。お母ちゃんこそ気ぃ付けや。また痩せたんちゃうんけ。

喜美子:えっ。

武志:アハハッ ほなな。いらっしゃいませ。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットのネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント