スカーレット(130話3月5日)滋賀県立中央病院を紹介される武志

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第130話、信楽の小向医院で血を採って調べた結果、知り合いの専門の先生がいるからと紹介状を書いてもらった武志。

その先生とは、滋賀県立中央病院第二内科の大崎茂義先生。武志曰く「白血球が何や あれや言うてた…」。

それを聞いた喜美子が「ちょっと待てえ。そんな何回も医者行ってて 何でひと言も言うてくれへん。風邪かどうか分からんかったんやろ! 何で言うてくれへんの!

って、喜美子こそちゃんと人の話を聞こうよと思った人が多数のはず。年を重ねて、喜美子も父親の常治そっくりになったきたもんだと思いつつ、武志の顔色が悪くて、明日明後日が非常に重いです。

スカーレット(130話3月5日)セリフ

●川原家・軒先

(足音)

喜美子:ああ…。あれ?

八郎:おう。買い物?

喜美子:ああ おいしいもん いっぱい食べさせたろ思てな。

八郎:えらい ぎょうさん。名古屋でもおいしいもん食べてるで?

喜美子:武志にや。

八郎:あ… はい。

喜美子:はい。ほんで 鍵開いてんで?

八郎:ああ 知ってるで。鍵かけな。

喜美子:はい。

八郎:「はい」やあらへん…。はいはいはい…。

喜美子:そこ置いて。

(OP)

●川原家・玄関兼台所

喜美子:陶芸教室 始めることにしてん。

八郎:おう 聞いた聞いた。チラシも見たで。

喜美子:張り切ってんねん。

八郎:申し込み どんだけ来てんの?

喜美子:まだ少ないけどな 大人クラスと子どもクラスに分けてやるんよ。

八郎:ふ~ん 武志も手伝うのん。

喜美子:あっ 次世代展に応募 間に合うたで。

八郎:あっ 電話かかってきた。

喜美子:あっ そうなん。

八郎:うん。やっと出来たでぇいうてな。

喜美子:ふん。

八郎:掛井先生からも ようやった言われたらしいで。

喜美子:そういうことは報告するんやなあ…。

八郎:うん?

喜美子:体調悪いん聞いた?

八郎:体調?

喜美子:うん 風邪ひいて寝込んだらしいわ。

八郎:また 何にも食べんとやってたんちゃうか?

喜美子:作品作り?

八郎:うん。電話の声は いつもと変わらんかったで。

喜美子:あ… そうか…。

八郎:うん。今日来たら いっぱい食べさしたろ。

喜美子:そのつもりや。

八郎:うん。これ固いな…。

喜美子:破んな 破んな。

桃:こんにちは~!

喜美子:ああ こんにちは。

百合子:こんにちは。

八郎:こんにちは。

百合子:おいしいもん 持ってきたよ。

桃:持ってきたよ~。

喜美子:ありがとう。

百合子:アップルパイやぁ。

八郎:すごいな。

喜美子:あ~おいしそう。すごいな。

百合子:一緒に作ったもんな。

桃:なあ。

八郎:ほんまあ。

喜美子:手伝ってやってくれたん。

桃:どこに置くぅ?

八郎:ここに置きぃ。

桃:はい。

八郎:座って…。座って。チンして。

桃:チ~ン。

(鈴の音)

喜美子:桜ちゃんは来ぃひんの?

百合子:う~ん 行く言うてたんやけど 出かけに叱ったら すねてしもた。

喜美子:何で叱ったん。

百合子:ピアノ行く言うて さぼったんよ。

喜美子:へえ~。

桃:外で遊んでええ?

百合子:寒いでえ。

桃:ゴム跳びしたい。

百合子:一人ですんのん?

八郎:おっしゃ おっちゃん一緒にやったろ。

喜美子:ハチさんが? 桃ちゃんな この人 絶対できひんから気ぃ付けてな。

桃:は~い!

八郎:できるわ。

喜美子:できる…よなぁ。

八郎:やりま…しょかぁ。

桃:ねえ 行こ行こ。

八郎:ほら 行くで。ああ 行こ行こ。

百合子:ありがとう。

桃:バイバイ!

喜美子:バイバ~イ。桜ちゃん ほんで?

百合子:うん…ピアノやめたい言い出してな。

喜美子:この前 発表会 上手にやってたやん。

百合子:あれでもう満足したらしいねん。

喜美子:へえ~。

百合子:ほやから あかん言うて叱った…。

喜美子:やめたらあかんの。

百合子:あかんわ 許さへん。

喜美子:ピアニスト目指してるん?

百合子:いや そういうのんとちゃうけど 途中で放り出すのようないし。そろばんもお習字もそやで。いやいや やってん。あかんやろ そんな態度。

喜美子:自分からやりたい言うたんやったらな? そろばんもお習字も自分からやりたい言うたん?学習塾も行かせるようなこと聞いたで。

百合子:大事やで?

喜美子:大事。

百合子:そろばんも お習字も大事や。うちかて習いたかった。学習塾行って短大受験もしたかった。うちができひんかったこと 全部させてあげたい。

喜美子:さあ こっち おいで。

百合子:何?

喜美子:さあ さあ さあ さあ…。はいはい ええからええから。

百合子:何や。

喜美子:さあさあ…。

百合子:何?

喜美子:はいはいはい 座り座り。お母ちゃんに聞いてもらい。子育て頑張ってたら 大事なもんがどんどん増えてくなあ。そろばん? お習字? ほんでピアノ?

百合子:分かってるよ…。そんなん言われんでも…何が大事か…。

(戸が開く音)

桃:お母さん! お姉ちゃん来たよ!

百合子:えっ…。

桜:ごめんなさい。

百合子:桜…。

桜:ピアノ…続けます。やめません。

百合子:桜。

信作:ちゃうやろ ほんまは。後で話そか。

百合子:桜 やめたかったらやめてええんよ。桜の気持ちが大事やからな?叱ったりしてごめんな。後で話そう。帰ったら話そな?

信作:おう 帰ったら話そ なっ?

桜:お父さん 臭い。

桃:ゴム跳び まだやってええ?

百合子:少しならな。

桃:やろう。

桜:やるやる!

桃:行くでえ。

百合子:気ぃ付けて。

桃:バイバ~イ。

桜:行ってきま~す。

百合子:は~い。

喜美子:今 臭い言われんかった?

八郎:あっ?

信作:おう こんなええ匂いする父親おらんわ。

喜美子:臭い言われてたな。

八郎:言われてたな。

喜美子:言われてたなあ。きついなあ。

信作:きついでえ。

喜美子:きついなあ。ハッハッハッ。

百合子:ええ匂いやでえ。

(喜美子から武志への電話)

武志:あっ 悪い…。

喜美子:もう みんな来てるで 食べてるで?

信作:おい武志! 何してん はよ来い!

武志:あ~あっ 掛井先生がな急に来はってん。

喜美子:あっ そうなん…。あ~うん ほな分かった。よろしく言うといてな。うん。あっ もしもし? あ~。あかんなあ。何や 掛井先生とお友達も来てはるらしいわ。

百合子:こっちに呼んだらええやん。

信作:それは来ぇへんわな。

八郎:来ぇへんかもなあ。

喜美子:面倒くさそうやった。

八郎:まあ 元気いうこっちゃ。

百合子:せっか用意したのになあ。

信作:お前 うっとうしがられてんちゃう?

喜美子:桜ちゃんと桃ちゃんは お父さんのどこが好き?

信作:ないんかい!

(笑い声)

信作:あるやろ 1個ぐらい。

(翌日、武志に電話をかける喜美子)

喜美子:出えへんな…。出かけたんやろか…。

●「かわはら工房」

(かわはら工房陶芸教室初日)

陽子:こんにちは。

喜美子:あ~こんにちは。

陽子:あれ 一番乗りや。早かった?

喜美子:いえいえ全然。あっ 荷物 そこ置いて下さいね。

陽子:あっ は~い。あ~楽しみやわあ。

喜美子:始まりますねえ。

陽子:雑貨屋やねん。

なな子:え~。

加代:知らんわなあ。

なな子:うん。

陽子:何で知らんの。うちのサニーはな 昔 雑貨店やってん。なあ 喜美ちゃん。

喜美子:そうですね。

陽子:あっ 喜美ちゃん言うたらあかんわ。先生や。

喜美子:もう何でもええですよ。

陽子:いや 統一せなあかんて。先生や 決まりや。 先生なっ。

加代:うん。

喜美子:あっ ほな そろそろ始めさせてもらいます。

陽子:はい。

喜美子:初日なんで 自己紹介しときますか。

加代:この三人だけ?

陽子:これから増えていくんのや。

喜美子:あっ 自己紹介の前に うちからひと言。ええ時間を過ごしましょう。こうやって一緒に陶芸をやる時間が こう…宝物になるような。

陽子:ほう~!

喜美子:ほう~!

(笑い声)

陽子:宝物 ええなあ。

喜美子:ニコニコでやりましょう。楽しくやりましょう。

加代:は~い!

加代となな子:は~い!

喜美子:よろしゅうお願いします。

陽子:先生 よろしくお願いします。

ここの大体 1センチくらいの内側まで広げていきます。まず この高台を作ります。手のひらでトントン トントン まっすぐなるように ろくろをちょっとずつ回していきながら…。

陽子:回すん? 回しながら…。

喜美子:ゆっくり ゆっくり広げてって下さい。また こっからひも取ってもろて 左手を上に 右手でつけていきます。ここを…。

陽子:あれ?

喜美子:親指でつけていきます。

陽子:間違えた…。

喜美子:押していきながら少し上にのばしながら ゆっくり ゆっくりでええですよ。

陽子:あ~あ~! ちょっと待って…。

喜美子:はい。押しながら…。

陽子:こう? ゆっくり ゆっくり…。

喜美子:はい。最後までいったら…。

陽子:いったら…。

喜美子:ちょうど この切れ目の所で見てて下さいね。切ります。

加代:あ~。

陽子:取ってええんや。

喜美子:取ってええです。ゆっくりでええですよ。そしたら外側もなじませていきます。下から上へ 土をのばすように。つまみながら…はい。

陽子:爪の跡ばっかり ついちゃう…。

(笑い声)

●川原家・母屋

喜美子:いや~おもろかった。あれ?武志? あ~何してんの 武志 いつの間に来てたん 寝てたん。

武志:あ…。

喜美子:どないしたんよ。

武志:ああ 声かけよ思たけど… あれ 陶芸教室?

喜美子:ああ。どうした?

武志:あ…病院行ってたんや。

喜美子:あっ そうなん。また風邪か熱でもあるん?

武志:いや 熱は今はない。

喜美子:うん。何か食べたん?

武志:いや…。

喜美子:食べるか?何か作るで。

武志:お母ちゃん。

喜美子:うん?

武志:話あんねん。

喜美子:ああ 何?

武志:うん…。

(武志のせきばらい)

喜美子:どないした。

武志:前には ひどい風邪ひいてしもて。

喜美子:もう それ知らんかった…堪忍な。

武志:で なかなか治らんかったし 医者 行ったんや。

喜美子:おう どやった 風邪やった?

武志:分からん…。

喜美子:分からんて どういうこと?

武志:まあ 風邪にしては長引いてるないうて 血ぃ採って調べるか言われた。

喜美子:えっ。

武志:ほやけど 次世代展の締め切りやら いろいろあったし ちょっと待ってもろたんや。

喜美子:何を。

武志:ほやから 血ぃ採って調べんのを。…で まあ終わったし行ってきた。

喜美子:それが今日?

武志:それは この前。今日行ったんは…。

喜美子:ちょっと待てえ。そんな何回も医者行ってて 何でひと言も言うてくれへん。

武志:風邪やからいうて ほんな いちいち…。

喜美子:風邪かどうか分からんかったんやろ! 何で言うてくれへんの!

武志:怒るなや…。この前 行った時 血ぃ採ってな その結果を今日聞いてきた。

喜美子:うん どやった。

武志:白血球が何や あれや言うてた…。

喜美子:あれて 何?

武志:先生を紹介してもろたんや 知り合いがいはるねんて。専門の先生。連絡取ってくしぃ言われた。

喜美子:ほう…。

武志:これ。

喜美子:また くしゃくしゃにして…。

武志:県立病院。大崎先生や言うてた。

(滋賀県立中央病院第二内科 大崎茂義先生への紹介状)

●滋賀県立中央病院・廊下

大崎:こんには。

山ノ根:先生 大崎先生。はよ着て はい。着て下さい。

大崎:いいよ…。

山ノ根:ちゃんと着て。はい。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットのネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント