スカーレット(133話3月9日)お母ちゃんはお母ちゃんいう生き物や

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第133話は、昭和59年正月から。百合子が桜と桃を連れて川原家にやってきて、八郎と武志が羽根つきでおもてなし。顔中を墨だらけにして「武志 何ちゅう顔しとんねん」「お父ちゃんもや」。それを見守る喜美子がフフフッと笑い、いっそのこと皆で一緒に暮らせよと歯ぎしりする視聴者かな(?)。

窯業研究所の修了が迫り、その後は陶芸家になるために素地屋(きじや)になることを勧められた武志。

素地屋とは土を成形して、絵付けする前の器を作る人だと解釈していいと思います。

そして、本日の名言がこちら。

喜美子「あいにくお母ちゃんはな 女性やない。お母ちゃんはお母ちゃんいう生き物や」。

言い得て妙で、本日も慌てず騒がず、しっかり生活していきましょう。

スカーレット(133話3月9日)セリフ

●川原家・軒先

昭和59年正月

(にぎやかな声)

八郎:ごめん ごめん ごめん。

武志:負けへんで…! 違うよ それ…。

八郎:こうか? あかん!痛い…。もうあかん 腰痛い…。

武志:いくよ。ほっ!

八郎:上手やん。いけ!

武志:あ~!

八郎:アホ~!何しとんねん。

八郎:笑てるな。

武志:笑てるわ。

八郎:笑てるな…笑てるやんか!

百合子:帰るでえ。

桃:はい。

百合子:ほら お礼 言うて。

桜:お年玉ありがとうございました!

桃:ありがとうございました!

八郎:はい。

百合子:ほんま ありがとう。

武志:来年は負けへんで。

桜と桃:キャ~!

武志:あっ ちょ…待ちぃ!

百合子:ごちそうさま!

喜美子:ああ 気ぃ付けてや。

武志:またな。

喜美子:何ちゅう顔してんねん。

八郎:ほんまや。武志 何ちゅう顔しとんねん。

武志:お父ちゃんもや。

八郎:えっ?

喜美子:フフフッ。

八郎:何を笑とんねん。

●川原家・母屋

武志:父ちゃんにはな 病院行ったこと言うてないで。

喜美子:うん。

武志:心配かけるしな…。

喜美子:お母ちゃんな 車の免許取ろう思うねん。

武志:ええ!?

喜美子:今年の目標や。100個あるうちの1個や。

武志:100個もあんのん。

喜美子:免許あると便利やろ。

武志:でも車がないやん。

喜美子:買うわ。

武志:本気なんや…。

喜美子:車欲しい思わへん?

武志:う~ん…。そら あったら便利やけどな?

喜美子:そやろ?

武志:でも お母ちゃんが免許取れるんやろか。

喜美子:頑張って取るよ。

武志:誰を乗せるん。

喜美子:雨の日とかな 武志のこと送ってやれるやん。

武志:どこに送るん 送らんでええよ。

喜美子:武志は何なん? 今年の目標。

武志:目標なあ…。

喜美子:100個作り。

武志:100個も?

喜美子:目標いっぱい作っとけ。

武志:まあ考えとくわ。

(戸が閉まる音)

(回想)

大崎先生:僕は患者さんに本当のことを伝えたいと思っています。病名の告知をするということです。

(回想閉じ)

●「かわはら工房」

八郎:あ~。

武志:ああ…あかん…。

八郎:惜しいなあ。

武志:惜しいことないわ。なあ お父ちゃんやってぇや。

八郎:ええ?

武志:ええやん やってぇや。

八郎:いやいやいや お父ちゃん何年もやってへんねん。

武志:何で ええやん。やって…。

八郎:武志がやらな 練習なれへんやろ…。

喜美子:あれ 終わってしもうた?

八郎:うん ありがとう。

喜美子:武志 ここ 置いとくな。

武志:うん ありがとう。なあ お母ちゃんな 今年の目標100個あんねんて。

喜美子:言わんでええ。

武志:そのうちの1個がな…。

喜美子:いちいち言わんでええねん もう。

八郎:武志は修了したら どないすんの?

武志:研究所?

八郎:うん。この3月で修了やろ。

武志:うん…。

八郎:どないするか考えてんのか。

武志:掛井先生が陶芸家としてやっていけるようになるまで 素地屋さんやったらどうや言われてん。

八郎:ああ 素地屋な。おんなじ皿 おんなじ茶わんを何百個と上手に作らんとあかん それも手早くな。できるか?

武志:できる。

八郎:今の感じやったらまだまだやで。

武志:え…そんなことないわ。

八郎:毎日 ろくろの前 座りぃ。

喜美子:ここ来たらええやん。

武志:かわはら工房?

喜美子:うん。もう いっそのこと アパート引き払て もう ここ戻ってこい。家賃いらんで。

武志:え~ それはないわ。

武志:せやなあ せっかく一人で頑張ってんのに。

武志:ほや! 甘やかしたらあかんで。

八郎:ごはんも1人で作るししな。

武志:この前な たこ焼き作ったった。

八郎:ああ。

喜美子:えっ 誰に?

武志:うまかったやろ。

八郎:紅しょうが入れ過ぎや。フフフッ。

喜美子:アパート行ったん?

八郎:おう。

武志:信作叔父さんとな。

喜美子:お母ちゃん行くぅ言うたら 来んでええ言うたやん!

武志:男はええねん。

喜美子:何やそれ。

八郎:しっかりやってたでえ 洗濯もんも取り込んでな パパ~ッと要領よく畳んでたわ。

喜美子:今度行ったる。

武志:来んでええよ。

喜美子:ぜったい 行ったるからな。

武志:女性は立ち入り禁止ですぅ。

喜美子:あいにく お母ちゃんはな 女性やない。

武志:ほ…ほや 何なん。

喜美子:お母ちゃんはお母ちゃんいう生き物や。

武志:何やそれ。

(笑い声)

武志:あっ やろん?

八郎:う~ん?

武志:お父ちゃんがやってるとこ見たことないし 見てみたい。

八郎:ないことないやろ 覚えてへんだけちゃうか。

武志:う~ん…覚えてるんは… ほや お母ちゃんがここに座ってて で 何や 作っててん。それをな ず~っとこうやって待っててん。あれ 何やったっけ? あっ!

(回想)

武志:お母ちゃ~ん!

喜美子:ちょっと待ってな。

武志:うん。

三津:座って待ってよ。

武志:ありがとう。

(回想閉じ)

武志:靴下をな 繕っててん。それをこうやって見せてきて…。うまいことできてへんいうて叱られた。もう お母ちゃんずるいわ。

喜美子:何がずるい。

武志:「お母ちゃんが武志のこと どう思てるか知ってるか」言うからな「知ってる好きや」言うたら「好きちゃうわ!」

3人:「大好きや!」

(笑い声)

(八郎の作陶)

武志:おお…。

八郎:はあ…。

武志:さすがやなあ ずっとやってへん言うてたのに。

八郎:久しぶりやで ほんまに。

武志:手ぇが覚えてんねんな。すごいな…。

八郎:ええ?

武志:うまいなあ…。

八郎:褒められた。ハハッ。

武志:ほやけど お母ちゃんのとは またちょっと違うな。

八郎:う~ん 人によって癖っちゅうもんがあるからなあ。

武志:でもお母ちゃんはお父ちゃんに教わったんやろ。

八郎:うん。武志はお母ちゃんから教わったんやろ。

武志:うん 高校入ってすぐにな。

八郎:どやった。

武志:う~ん…何か 俺は… こう…ウ~いう感じやった。

八郎:ウ~? ハハッ。

武志:何かな 何て言うんやろ…何て言ったらええんやろな。すぐにはできひんで すぐにはうまいことできひん。けど ちょっとでもうまいこといったら 手ぇがな この手ぇがな 何か魔法使えるような気がしてそれが面白うて面白うて…。

喜美子:何時間もやってたなあ。

武志:うん。お母ちゃんに教えてもろたんや。「近道はないで。あっても近道はお勧めせえへん。なるべく時間をかけて歩いた方が力がつく。歩く力は大変な道の方がようつく」て。

八郎:深野先生の言葉やな。

武志:うん。決めたで。今年の目標の1個目。俺は大変な道を歩く。

八郎:ええなぁ。

喜美子:「ええなぁ」ちゃうやろ。

3人:「ええよぉ」や。

(笑い声)

八郎:ここな スタートはな ここや。こう。そっからゆっくり 左で しっかり支えてな。離すで。

武志:うん。

八郎:そう そう そう そっから持っていってもええしな。右手 上 左手 下…。いき過ぎたらあかんで。

●川原家・母屋

(翌朝)

八郎:これが そや。見たい言うてたやろ。

武志:フカ先生の?

八郎:うん。こて見て ええなあ思てな。

武志:ほう~きれいやな。

八郎:うん。こういう色を出したい思てなあ…。

武志:釉薬で?

八郎:まあ 色いうな こういうイメージな。

武志:イメージ…。

八郎:うん。なかなか難しいて…うまいこといけへんかった。

武志:大事にしてたんやなあ。ありがとう 見せてくれて。

八郎:うん。

武志:あっ!

八郎:えっ?

武志:もっかい見せて。

八郎:フフッ ええよ。

武志:ありがとう。

喜美子:武志。今週もアルバイト?

武志:ああ。

喜美子:いつやったらいんのん? アパート行きたいねんけど。

武志:えっ…。

喜美子:行く言うたやん。武志のたこ焼き食べたいねんけど。

武志:え…え~。

喜美子:紅しょうが少なめでな。ほな 来週行くで 頼むでえ。

武志:いや~あ… ああ…。

●武志のアパート部屋

(家庭の医学書を見る武志)

「血液の病気」

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットのネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント