スカーレット14話10月15日 大久保「あんたには無理や。信楽帰り」

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第14話、荒木荘に来た早々に大久保さんから「断言します。あんたには無理や。信楽帰り」の厳しい一言。

この時、喜美ちゃん15歳。中学を出たばかりの若い娘さんになんて酷いことを…、って思うところですが、そこは大人の優しさではないかと大久保さんの肩を持ちます。

酷いのは、ちゃんと仕事の内容を説明しない常治父ちゃんと、雇用の責任感が無い荒木さだだと書いて、明日からのちや子さんが気になる水野美紀ファンであります。

「スカーレット」14話10月15日

さだ:私の住んでる荒木荘で炊事 洗濯 掃除をする そういう下働きの仕事をな。

喜美子:ここで女中をやらせてもらいます。川原喜美子と申します。よろしくお願いします。

さだ:賄い付きよ?

喜美子:わ~い! うわ~…。

(ふすまにぶつかる音)

ちや子:うう…。何? 何!? 何!? はあ はあ…。

「何や この子 新しく来る言うてた子か? 若いなあ。どうせ続かんやろ」。

「鼻の下にある あれ 鼻くそちゃう? ハエや!」。

「どうでもええわ。あと10分寝よ」。

喜美子:あ…。

●荒木荘・居間

さだ:ちょっと ちょっと。ここ座って。お話があるの。まず 私から話すわ。あのな ここでの仕事やけど。

喜美子:はい。

さだ:ここは賄い付きでお部屋を貸してるの。朝ごはんから始まって 生活のこまごましたこと 洗濯も掃除もしますいうて お家賃高めに頂いてるの。

喜美子:はい。

さだ:今は私を含めて4人いてる。分かる? 大久保さんの後を引き継いで あなた1人で大人4人のお世話をするいうこと。

喜美子:はい。

大久保:無理や。

さだ:お父さんが「できる」言うから お願いすることにしたんやけど…。

大久保:そんなん 親の欲目でっせ。こんな子にできるわけあらへん。

さだ:ごめんなあ。もうちょっと 年いった大人の人がええ言うの。

喜美子:ちょっと待って下さい。うち できます。信楽でごはん炊いたり 大根たいたり 食事を毎日作ってたんです。掃除も洗濯もやってました。

さだ:そら 何にもできへんと思てへんのやで?

喜美子:ほな 何で? 何でですか!?

さだ:う~ん…。

喜美子:うち 一生懸命 働きます!

大久保:ここに お皿が3枚ある。この1枚は家族のために磨きます。この1枚は仕事やから磨きます。最後の1枚は家族や仕事や関係なしに 一生懸命心を込めて磨きます。さあ どのお皿がきれいになるでしょうか?

喜美子:このお皿です。

大久保:皆 おんなじや。

喜美子:えっ?

大久保:お皿なんか磨いたら きれいになるわ。

喜美子:ええ…?

さだ:最初に言うたけど 大久保さんは若い時から荒木家で女中さんやってたの。そのあと結婚して4人のお子さん育て上げて 厳しいおしゅうとめさんも看取って 家の中のこと ず~っとやってきた人なの。

大久保:一生懸命やったからて 仕事やから割り切ってやったからて どんな気持ちでやったかて 人から見たら大して変わらん。何でか? 誰にでもできる仕事やと 思われてまっさかいな。さだちゃんみたいに 乳あて…。

さだ:ブラジャー。

大久保:それの それの… あれの ほら…。

さだ:デザイン。

大久保:デザインして皆から「すてきや すてきや」って言われてる仕事とはちゃいまっせ。信楽のお家の手伝いとも違います。褒めてくれるお母はんは いてへん。ここは家族でも親戚でもない赤の他人の寄り集まりや。仕事も暮らしぶりもいろいろや。あんたみたいな若い子には無理や。

喜美子:そんなこと…。

大久保:早速 あんな失態してしもうたやろ。

喜美子:あんな失態…?

さだ:隣のふすま 倒したんやて? あそこの部屋に住んでる ちや子さんいう人は女やけど新聞記者よ。不規則な生活で空いた時間に帰ってきて体を休めてはるの。

大久保:断言します。あんたには無理や。信楽帰り。

喜美子:あの! ふすまを倒して ほんまにすいませんでした! 

ちや子:ああ…。

喜美子:ほんまに… ほんまにすいませんでした! うち…。

ちや子:ああ 自己紹介やったら明日にして。

喜美子:あ… それが…。

ちや子:何? 新しい女中さんちゃうの?

喜美子:それが うちには務まらへんて 明日帰れ言われまして…。

ちや子:ほな 元気で。

喜美子:元気なわけないやん。すみません。行ってらっしゃいませ!

●荒木荘・喜美子の部屋

(戸を閉めようとする音)

喜美子:うん? あ…。

●荒木荘・居間

最後にごはんをごちそうになりました。が 食欲なんてありません。

圭介:はい。

ごはんはおいしく… しかし悲しく…。

圭介:ハハハッ。

最後には おいしくが勝ち ぱくぱく頂きました。

●荒木荘・喜美子の部屋

大久保さんからおわびの手紙とお金の入った封筒を渡されました。

荷造りした時に 入れた覚えのない物が入っていました。

喜美子:臭っ…! くっさ… 何!?

(マツからの手紙)

「喜美子へ。余計なこと言うな言われてるので要点だけ書きます。同封した葉書には こっちの住所と宛名が書いてある。そのまま送ればお母ちゃんに届く。魔法の葉書や。用意したんはお母ちゃんちゃうで。陽子さんたちです。あんたのために縫うたブラウスとスカートと一緒に届けてくれました」。

回想マツ:ありがとう。

(マツからの手紙)

「「信楽の人はみんな優しい」ってお母ちゃんは言いました。そしたら陽子さんが言いました。「頑張ってんの見てきたからや。一生懸命位手伝いしてた喜美ちゃんをみんなよう見てきたからや」」。

(回想)

陽子:おはよう。

喜美子:あっ おはようございます。寒いのう。

陽子:うん 寒いのう。
 

久恵:ありがとう。

喜美子:気張りや~。

(百合子の泣き声)

喜美子:おんぶしたる。おいで。はい よっこいしょ…。

(回想閉じ)

(マツからの手紙)

「喜美子 どんなことでも一生懸命やってたら誰かが見ててくれるんやな」。「もひとつ。お父ちゃんが自分の手拭い入れとけ言いました。わざと洗うてないの。臭うて腹立つさかい負けるもんかと思うはずやって。ほんまやろか? そしたらそれも魔法の手拭いや。お父ちゃんの働いた汗のにおいです。ほな 体気ぃ付けて頑張るんよ。お母ちゃんより」。

喜美子:くっさ! ああ…臭い。臭い~!

(続く)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレとあらすじを最終回まで!キャスト紹介も!
NHK朝ドラ「スカーレット」ネタバレあらすじイメージ画像
スポンサーリンク


コメント