スカーレット(142話3月19日)敏春「武志君病気や。呼ぼうな披露宴…」

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第142話、発熱して休んでいた武志は、降ってきた雨にひらめき「器ん中に水が生きてるように水の波紋を描くんや」。

その頃、酒処「あかまつ」では熊谷家の2番目の娘・芽ぐみの結婚が正式に決まり、その相手である宝田学を前に敏春が武志のことを気にかけて…

武志君…。川原さんとこの武志君 病気や。呼ぼうな 披露宴…。来てもらおうな。にぎやかにやろうやないか。大盤振る舞いしたろやないかぁ。ハッハッハッハッ。病気平癒。身体健勝。健康長寿や~。ハッハッハッハッ…」。

しかし、風呂上りの武志に、抗がん剤の副作用による脱毛の症状が…、という流れで「スカーレット」も残り8話です。

スカーレット(142話3月19日)セリフ

●川原家・母屋

武志:あ…。

八郎:あ…雨や。あっ 傘!

武志:ちょっ 待って! 

八郎:うん?

武志:見てたい…。雨…見てたい…。

(OP)

(水滴が落ちる音)

喜美子:ただいま。

八郎:お帰り。

喜美子:えっ。

大崎:こんばんは。

喜美子:あ…何かあったん?

大崎:お邪魔してます。

八郎:先生 来てくれはって。

喜美子:どないしたん?

武志:お帰り。水を動かすことにしてん。

喜美子:えっ?

武志:水たまりやのうて 水がこう生きてるぅいう感じやな。

大崎:水が生きている…。

喜美子:どういうこと?

武志:新しいイメージが浮かんだんや。水の波紋や。

喜美子:水の波紋…。

武志:うん。器ん中に水が生きてるように水の波紋を描くんや。

喜美子:水が生きてる… ええな。

武志:うん。

喜美子:熱が出たんですか。

大崎:電話を頂いたんで どうかなって様子を見に帰りに寄ってみたんです。

喜美子:帰りに寄るようなとこやないのに もう…すんません。

大崎:ああ いえ。表情見ても問題ないですし 熱も昼過ぎには下がっていますから。

喜美子:そうですか…。

大崎:高熱が続かなければ大丈夫ですよ。

喜美子:分かりました。

大崎:でも やりたいことがあるというのは心強いですね。武志君にとって 大きな支えになってるんじゃないですか。

喜美子:陶芸は続けてもかまいませんよね?

大崎:もちろん。病状が落ち着いている限りは。

●「かわはら工房」

喜美子:見学者1名 入りますぅ。

八郎:あ…。

大崎:失礼します。

八郎:どうぞ。

大崎:ああ すいません。

八郎:よかったら座って下さい。

大崎:ああ…。

(武志の作陶作業を見守る大崎先生)

喜美子:先生は何色がお好きですか?

大崎:えっ。

喜美子:お世話になった方にお作りしてるんです。何かこう…欲しい器とかありますか。

大崎:ああ…お皿かな 大きな。

八郎:う~ん。

大崎:みんなで囲めるような大きなお皿。

喜美子:色とか模様とか…。

大崎:う~ん…クールな感じがいいかな。

喜美子:クール…。

八郎:う~ん 難しいな ハハッ。

大崎:ああ 関西弁で言ったら シュッとした? あ…違うな。クールはクールか。ハハ…こう クールな模様で…シュッ。

喜美子:ますます難しい… よう分からへん。

八郎:ハハッ…。ほなら 先生に釉薬やる時 来てもろたら。

喜美子:ああ! そやな。うん。

大崎:ああ…でも 患者さんからの頂き物を受け取るわけにはいかないんです。お気持ちだけで。

喜美子:ああ… そうか…。あっ ほな 作らはります? それやったらええんちゃいますか。
大崎:ああ…。

喜美子:お時間ある時に 是非。

大崎:あっ じゃあ楽しみにしてます。

喜美子:お待ちしてます。

大崎:では。

喜美子:ありがとうございました。

八郎:ありがとうございました。

喜美子:あっ 出来たん。

武志:うん。

八郎:お~。ほな 今日はこれでしまいか。

武志:うん。

八郎:あっ お風呂入れてくるわ。

喜美子:おっ ありがとう。お風呂上がったら和菓子やで。住田さんが「渡しといてくれ」て。
武志:おほほっ。なあなあ 京都どやったん。

喜美子:3人の作家さんと共同でやんねん。ひっろいとこやでえ。

武志:へえ~。

喜美子:女性陶芸家展。お母ちゃんが一番年上やった。ほやけど一番かわいかった。

武志:えっ 何やそれ。

(笑い声)

武志:見に行ったるわ。

喜美子:おう 見に来い。

武志:いつ?

喜美子:10月や。

武志:10月かあ…。智也にな 言うたんや。

喜美子:何を言うたん?

武志:陶芸やってること。

喜美子:へえ~。

武志:ほんで今 作りたい作品があるいうことをな。

喜美子:お見舞いに行ってるん。

武志:智也な 受験勉強してるで。大学行きたいんやて。けど 行かれへん言うてた…。勉強できひん 苦手なんやて。

喜美子:受験勉強にならへんやん。

武志:ああ…。ほやから 今度行って教えたることにした。

喜美子:ふ~ん。

武志:数学と英語 約束してな。ほんで 俺も約束した。今 取りかかってる作品がうまいこといったら一番に見せたるて。

喜美子:ハハハッ 病院まで持ってくん。

武志:まあ 入院してたらな。病状が落ち着いたら 俺みたいに通院治療に切り替わるて。

喜美子:そら そやな。

武志:ほやから 家まで持ってく言うて 琵琶湖の向こうやってな。

喜美子:えらい遠いとこから来てんねんな。

武志:うん。琵琶湖大橋を渡って俺の作品を届けたる。

喜美子:琵琶湖大橋? それ お母ちゃんも行く! 絶対 行く! ついてく。

武志:何でや。

喜美子:ええやん ええ機会や 一緒に渡ったる。

武志:渡らんでええよ。

喜美子:ええやん。もう はよ作りや。楽しみやなあ 琵琶湖大橋~。

武志:ええよ もう。泳いで渡れ。

喜美子:ハッハッハッハッ…。

●酒処「あかまつ」

男性客たち:♪「われは湖の子」

熊谷家の2番目の娘 芽ぐみの結婚が正式に決まりました。

男性客たち:♪「しみじみと」

照子:もうええ! もうええ。もうええからやめて。

敏春:う~…。

照子:今日はここでやめとこ。なっ 体にこたえるで。

敏春:武志君…。

照子:武志?

学:学です。

敏春:川原さんとこの武志君 病気や。

照子:何で 今 そんなこと。

敏春:呼ぼうな 披露宴…。来てもらおうな。

学:もちろんです。

敏春:にぎやかにやろうやないか。大盤振る舞いしたろやないかぁ。ハッハッハッハッ。

芽ぐみ:お父さん。

敏春:病気平癒。

学:ヘヘヘッ。

敏春:身体健勝。健康長寿や~。ハッハッハッハッ…。

●川原家・母屋

八郎:いろんなことが小そう見えてくるな…。

喜美子:うん?

八郎:昔 言い合いしたことや…悩んだこと…。

喜美子:罰金。

八郎:あ…?

喜美子:罰金 罰金! 罰金罰金や。

八郎:あ いや… 罰金とられるような後ろ向きな話やないって。

喜美子:ほな 何や もう ちゃちゃっと言わんかい。武志 お風呂から上がってくんでえ。
八郎:ハハハハ…。

喜美子:なにがおかしい なに 笑てんねん。ちゃちゃっと言わんかい。

八郎:あ~。おばちゃんやなあ。

喜美子:おばちゃん!?

八郎:もう 何言おうとしたか忘れた…。

喜美子:年取ったなあ?

八郎:きついわあ。

喜美子:きつないわ。

八郎:あっ 分かった。

喜美子:うん?

八郎:武志がな 今日 熱出したやん。

喜美子:うん。高熱が続かへんかったら心配することないみたいやで。

八郎:うん。まあ そやけど…。熱出されたら ドキッとするな…。ドキッとして ああ 武志は病気やったって思うわ…。病気を前にしたら…もう いろんなことがどうでもようなるわ。ただ もう…元気でおってくれたらそれでええ思うわ。あれ 罰金か? この話。

喜美子:いや…そんなことない。そんなことないけどな…。

武志:お父ちゃん 入る?

八郎:ああ 喜美子 先。

喜美子:あっ ええよ 先入って。

武志:おっ!

喜美子:食べるか?

武志:おう。

八郎:ほな お先。

武志:なあ お父ちゃん いつまでおるん?

喜美子:いつまでおるん。

八郎:週明けまでおる言うたやん。

喜美子:ほな 明日はうなぎ取ろか。

八郎:おっ ええな。

武志:ええなあ。ハハハッ。

喜美子:武志 お茶でええ? お茶でええよなあ。聞いてるぅ?

武志:分かった。

喜美子:うん。ほんでな 明日 病院行ってくるわ。智也君のお母さんに差し上げるお皿が出来たんよ 渡してくるわ。聞いてるぅ?

武志:聞いてる。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットのネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント