スカーレット(147話3月25日)武志は真奈ちゃんのこと大事に思てんのやな

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第147話、直子の計らいで武志は真奈とドライブに。帰宅後、二人きりになった武志と真奈。武志はおもむろに真奈の似顔絵を描き出す。一方、喜美子は直子の誘いで「あかまつ」に出かけて…

直子:「もっと片寄せ合えや」「膝枕したってええでぇ」そんなんも言うたった。ほやけど 間 空いたまんまや。おしゃべりはすんのにな 笑たり 楽しそうにしてんのやで? ほやけど離れたまんまや。不思議なもんやなあ? ベタベタイチャイチャしてるのん見るより 離れてる2人を見て…ああ ほんまに好きなんやな…武志は真奈ちゃんのこと 大事に思てんのやなって…。ほい。

明日は、直子が鮫島とやり直したいと言い出すはずで、出番のなかった布袋さんが可哀そう。
そして「スカーレット」も残り3話。心してテレビの前に座りたいと思います。それから、和久田アナは金曜日が最後です。

スカーレット(147話3月25日)セリフ

●川原家・茶の間

(武志の電話)

武志:もしもし。あ…鳥居さんですか?「みんなの陶芸展」担当の。あっ 川原です。川原武志です。あ…はい そうです そうです。えっ いえ こちらこそお世話になってます。はい。あ~ ハハハッ。

武志:鳥居さんは会うたことないけど もう一人の担当の岩崎さん? おんなじ中学やと思う。
喜美子:へえ~。

武志:後で来るで。

喜美子:何しに?

武志:作品 見てもらうんや。

喜美子:何で?

武志:「みんなの陶芸展」にな 俺の一角 作ってもらうんや。俺のためのスペース ザ・川原武志コーナーや。

喜美子:ずうずうしい!

武志:すごいやろ!

(笑い声)

武志:鳥居さんが作品 見せて下さいって。

喜美子:そら そや 無名の作家やもんな。

武志:まだ作家にもなってへん。

喜美子:ほやから見に来やるんか。

武志:おう。

喜美子:大丈夫なん? 味せんでも。

武志:味 分かる。

喜美子:分かるん?

武志:分からんでも分かる。食べ慣れたお母ちゃんの味や。お母ちゃんの味 思い出しながら食うたらええねん。アハハッ。

喜美子:そやな。

武志:うん。

喜美子:ほな 残さんと よう食べぇ。

武志:うん。

喜美子:うん。

武志:熱ぅ。

●川原家・軒先

鳥居:先生。

喜美子:あっ こんにちは。

鳥居:こんにちは。

喜美子:お忙しいとこ すいませんね。

鳥居:いえいえ。

喜美子:こっちに…。

鳥居:はい。

●「かわはら工房」

喜美子:来はったで。

武志:あ…あっ こんにちは。

鳥居:失礼します。

武志:あ… どうぞ見て下さい。

岩崎:失礼しますぅ。わあ! きれいやなぁ。

鳥居:ええやん。

岩崎:こんな きれいな色 見たことないです。

鳥居:しゃれてんなぁ…。あ…触ってもええですか?

武志:あっ はい。

住田:せやけど これ なかなかのもんやなあ…。

喜美子:フフフッ。

住田:売れるんちゃうか?結構な値ぇつけてもいけそうやなぁ。

喜美子:住田さんのお眼鏡にかなった言うときます。

住田:川原さんというより お父さんの方 八郎さんの影響受けてるんちゃいますかね この作風は。あっ 今日?

喜美子:あっ 今日は病院です。2週間に一度の診察日や。

住田:ああ せやった。うっかり そのことを忘れてまいますな こんなええもん見てたら…。
照子:家庭菜園 照子やでぇ。

喜美子:家庭菜園 照子 久しぶりやな。

照子:ああ 雪子んとこの孫の守りで忙しぃ…。

住田:おはようございます。

照子:あ おはようございます。何?

喜美子:今な 展示会の準備や。

照子:ああ また行くでぇ 敏春さんと。

住田:是非 来て下さい。

喜美子:あっ これ見て。

照子:うん?

喜美子:あっ やっぱりええわ。「みんなの陶芸展」で見せるな。

照子:えっ 何ぃ?

喜美子:ええねん ええねん。「みんなの陶芸展」で初めてな 見せるから。

照子:いやいや 何や。

喜美子:あっ いいんよ いいんよ。

照子:気になるやん!

(電話の着信音)

喜美子:すんません あの…。

住田:ああ 出ましょか。は かわはら工房です。

喜美子:何や これ…。

住田:あっ お待ち下さい。直子さん。直子さん。

喜美子:あっ すんません。もしもし 直子? うん。うん。ああ ドライブな。

武志:何 作ってんの。

真奈:うちも作ったった。すばらしい たこ焼きや。

武志:真ん丸にしただけやん。

真奈:心がこもってる。

武志:なあ…。タコ はみ出てんで フフフ…。

真奈:タコは入ってへんよ。

武志:分かった。才能あるんはよう分かったから ほら もう終わりや。

真奈:すばらしい たこ焼き…!

武志:はいはい…。

喜美子:車 どこに止めたん。

直子:下の方。

喜美子:下の方 言うたって…。

直子:もう片づけや。ほら 行くで。

真奈:はい。

武志:ほんまに行くん?

直子:うん。

喜美子:くれぐれも安全運転でな?

直子:スピードは出さへん ゆっくる走ったる。愛を語るドライブやし。

武志:誰が語るか。

喜美子:どこに行くん?

直子:琵琶湖一周でもしよか。

喜美子:おおっ 琵琶湖。ええやん 琵琶湖一周 行ってき行ってきぃ。なっ? 行ってき行ってきぃ もう。

●川原家・玄関兼台所

直子:疲れた~。

喜美子:お帰りぃ。

武志:ただいま。

真奈:ただいま帰りましたぁ。

喜美子:お帰りぃ。

武志:上がってて。

真奈:お邪魔しますぅ。

喜美子:どうぞ。

直子:あ~疲れた~。

武志:何してんの。

喜美子:そんなに疲れてんの。

武志:ハハハハッ 知らん。

●川原家・茶の間

喜美子:琵琶湖一周してきたん?

武志:琵琶湖ちゃうよぉ。その辺 ぐるぐる。

喜美子:琵琶湖 どこいったん。

直子:もう 地図が間違うてんねん。

武志:あんなぁ 間違うてないで。直子叔母ちゃんが地図読めへんだけや。

喜美子:ハハッ…。

真奈:間違うてたんです それが。

武志:真奈も地図 全く読めへんの。

真奈:そんなことないで。

喜美子:ごはんは? 何食べてきたん。

真奈:あっ えっと オムライスと あとグラタン サンドイッチです。

喜美子:しゃれたもん食べてんなあ。どやった?

武志:うん うまかたったで グラタン。

喜美子:おう そら よかった。

武志:おう。

直子:あかまつ行こ。

喜美子:えっ?

直子:もう 気ぃ利かんなあ 行くで ほら。

喜美子:はあ?

直子:真奈ちゃん 何時まで大丈夫なん?

真奈:えっ?

直子:門限とかないん。

真奈:あ~9時ごろまでやったら…。

直子:あ~ほな 電話して9時には帰ります言うて それまでゆっくりしていきぃ。行くで お姉ちゃん。

喜美子:はあ?

直子:もう「はあ?」やないわ。上着は?

喜美子:何で 行かなあかんのよ。

直子:もう ちゃっちゃと持ってきてぇ。

喜美子:自分で持ってきて。

直子:お姉ちゃんのや…!

喜美子:何 言ってんのや ほんまにもう…。訳分からんで。薬は? のんだ?

武志:ああ のんだ。

喜美子:ほな お茶か コーヒー…。

武志:ああ いらん…さっき飲んできた。

直子:ほら 行くで ほら。

喜美子:行かへん言うてんねん。

直子:行こう。もうお願い。ほな 9時な。行くで。

喜美子:ごはん食べた言うてんねん。

直子:ええから。もう気ぃ利かんなぁ。

喜美子:何がや ほんま…。

直子:ほな 行ってきます。

武志:ああ…。

真奈:行ってらっしゃいませ。

直子:行くで! お姉ちゃんも! はいはいはい。愛 語り合うんやでえ。ほら 行くで。

武志:何が愛や! こんなんされて語り合えるか!

(戸が閉まる音)

武志:もう…なあ?

真奈:ねえ。

武志:ああ 電話…。

真奈:えっ?

武志:遅うなるて 電話。

真奈:9時までおってええの?

武志:うん。

真奈:ほな 電話します。あっ お借りします。

武志:あんまり時間ないなぁ。

真奈:借りるよぉ? 

武志:うん。

真奈:あっ もしもし お母さん? 真奈。うん。今 川原さんのとこに来てるんやけど…9時になってもええ? うん。ヘヘッ ほな また帰る時 連絡する。うん。大丈夫。分かった。うん。ありがとう。

武志:ほな ここ座って。

真奈:そこ?

武志:ええから座って。

真奈:ほな…。

武志:似顔絵描いたろ。あ…描いてもええ?

真奈:ええけど…何や 恥ずかしいな。

武志:会えるうちに描いとかんとな。結構うまいねんで 俺。

真奈:うちな…。

武志:うん。

真奈:お母さんに言うたんよ。

武志:何を?

真奈:好きな人いること。

武志:いや そんなん言うん。

真奈:初めて言うた。

武志:言うもんなん?

真奈:言うもんちゃうよ。いちいち言わへんよ 普通はな。普通やないから言うたんよ。

武志:普通やない…。

真奈:特別や。特別な人や。

武志:ハハ…アホか。

真奈:アホちゃうわ。

武志:そんな顔すなて。ふざけるなや もう…。

●酒処「あかまつ」

直子:車ん中でな? 後ろの席に2人座ってんねんな。

喜美子:うん。

直子:もっと ひっついて座ったらええのに離れてやんねん。隙間 空いてんねん これくらい。

喜美子:そんなに?

直子:だってな 武志は右の窓に顔寄せて 真奈ちゃんは左の窓から外見てる。もう じれったくなってな 言うたった もっとひっつけって。

喜美子:そんなこと言うてるから道に迷ったんちゃうか。

直子:「もっと片寄せ合えや」「膝枕したってええでぇ」そんなんも言うたった。ほやけど 間 空いたまんまや。おしゃべりはすんのにな 笑たり 楽しそうにしてんのやで? ほやけど離れたまんまや。不思議なもんやなあ? ベタベタイチャイチャしてるのん見るより 離れてる2人を見て…ああ ほんまに好きなんやな…武志は真奈ちゃんのこと 大事に思てんのやなって…。ほい。

喜美子:ありがとう。

●川原家・茶の間

武志:よし…。あ~ う~ん…。

真奈:フフッ。

武志:ハハッ…。あ…。ん。

真奈:ええの?

武志:うん。

真奈:ありがとう。

武志:おう。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットのネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント