スカーレット16話10月17日 荒木荘と大野雑貨店に電話が置かれる

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第16話、常治が雇った保と博之の兄弟。後々、大事件を起こすのですが、その原因が少しだけ分かったような気がする常治の行動。

従業員だからといってなんでもかんでも干渉されると、嫌気がさすのは当たり前。本当は家で祖母ちゃんと夕ご飯を食べたかったかもしれないし、酒もあまり好きじゃないのかもしれない。

それを「ええからええから。ほら行くで」で、全部仕切ってしまうのは昭和・平成の時代で終わりですと書いて、令和元年10月17日の感想でした。

「スカーレット」16話10月17日

大阪の喜美子から手紙が届きました。

●荒木荘・洗濯物干し場

喜美子:はっ!

大久保:色もんは 日陰の方や。

喜美子:あ… すいません! やります!

さだ:喜美ちゃ~ん!

喜美子:は~い!

さだ:あ~! ちょっとええ?

喜美子:はい 今すぐ。

●荒木荘・玄関

さだ:電話を使うんは 荒木荘の住人だけやないで。ここら まだ電話のあるお宅少ないから 呼び出し頼まれることもあるんよ。本田さんが多いかな?

大久保:ええ。

さだ:これが簡単な地図な。

喜美子:はい。

さだ:2軒先の山梨さんも時々あるな?

大久保:うん。

ださ:失礼のないように出るんよ?

喜美子:はい。

さだ:ほな 行ってきます。

喜美子:行ってっらっしゃいませ。

さだ:はい。

大久保:お早うお帰り。

喜美子:あの この地図 もっかい きれいに描き直してもええですか?

大久保:かまへんけど。いっぺんやってみいな。

喜美子:えっ!?

大久保:勧誘のしつこい電話もあるさかいに なめられんように大人のええ声出すんやで。
喜美子:はい。大人のええ声ですね。

(せきばらい)

喜美子:荒木荘でごじゃいま…。

大久保:フッ。「荒木荘でございます」や。

喜美子:荒木荘でございますっ。

大久保:荒木荘でございます。

喜美子:荒木荘でございます。…うん?

●大野雑貨店

陽子:いや~!「楽しい」て書いてあるやん!へえ~ あら~。

直子:これ 電話やんけ!?

陽子:ほやで? 電話ないお宅にも 使うてもらえるようにの そこに置いたんやし。

直子:喜美子姉ちゃんにかけたい! 楽しいなんて ずるいやん! 文句言うたる。うちも大阪行きたい!

陽子:直ちゃん 大阪行きたいんけ?

百合子:信楽にいたないねんな?お父ちゃんに叱られてばっかりやから。

直子:うるさい! とろとろしゃべるな!

陽子:そうか 家の手伝い大変なんやね。けどなあ 大阪までの電話代 えらいかかるで?
直子:えっ?

陽子:汽車賃よりかかるかもしらんなあ?

直子:うそやん。

マツ:そやね。電話は高いさかい そう簡単にはかけられへん。どこ行くん?

直子:カツ子おばあちゃんとこ!

マツ:気ぃ付けて。お父ちゃんが帰ってくる前に戻るんやで。

直子:分かってる!

百合子:プンプンや。

マツ:喜美子みたいにはいけへん。難しいわ…。

陽子:難しい年頃やし。あっ これ ありがとう。百合ちゃん あめちゃん食べる?

百合子:ええの!?

陽子:ええよ。ちょっと待ってなあ。

マツ:あ…すんません。

●川原家

保:ご苦労さまでした。

博之:ご苦労さまでした。

常治:おう ご苦労さん。あ… 飯食うてけ。

保:いや そんな いつもいつも…。

常治:ええから ええから。ほら 食うてけ ほら。

保:はい。ありがとうございます。

博之:ありがとうございます。

常治:ほな 保 飲みに行くで。

保:僕はもう…。

常治:ええから ええから。ほら 行くで。

保:はい。

マツ:気ぃ付けて。

常治:おう。

保:いつもすみません。ごちそうさまでした。

●居酒屋「あかまつ」

大野:ジョーさん ジョーさん 行きましょか。

常治:ううん…。あれ? オゥちゃん 何で?

大野:何でて 呼んだんですやん。飲んでましたやん 今まで。

常治:あれ 若いのは? 保…。

大野:もう帰りましたよ 明日も仕事やさけ。ほら 行きましょ。え~。

常治:もう。もう一軒行くで もう一軒。

大野:はいはい 行きますよ 行きますよ。帰りまっせ。ほいほい ほいほい。もうすぐ着きまっせ。

●大野雑貨店

大野:ただいま。よいしょ。ジョーさん そしたら ちょっと… ここで…。ああ… ごめんなさい ごめんなさい。待っといて下さい。大丈夫ですか? お水持ってきますわ。

常治:ここ どこやねん…。

(常治からの電話)

●荒木荘・玄関

喜美子:はい。はい。つないで下さい。はい。荒木荘でございます。もしもし? 何や…? こちら荒木荘でございます。もしもし? もう切りますよ? もう失礼します。何なん?
●大野雑貨店

常治:喜美子…。喜美子…喜美子…。頑張れよ 頑張れよぉ…。

(常治の泣き声)

常治:喜美子… よう頑張れ…。よう頑張れよ…。

●荒木荘

信楽から手紙が届いたのは それからすぐのことです。

郵便配達員:はい どうぞ。

喜美子:ありがとうございます。

喜美子:照子。

いかに楽しい高校生活を送っているか 自慢している手紙です。「楽しい」の文字が36個もありました。

喜美子:照子らしい。

(回想)

信作:はい。

(シャッター音)

信作:はい。

(シャッター音)

照子:あっ 今 目ぇつむってもうた もう一回! 笑うた顔撮って。あ~楽しい。パア~。
信作:笑うほど楽しい高校生活け?

(シャッター音)

信作:偽りの笑顔やん。

照子:喜美子に負けんと これから楽しい高校生活にするんや。信作 あんたもの…。次 あっち。みんなに入ってもらおう。

信作:もうええやん。フィルムもったいないで。

照子:なあなあ なあなあ! 一緒に写真撮らへん?

女子生徒:写真…?

照子:こんな感じで。パア~! なっ? 信作 早う。いくで? せ~の パア~!

信作:はい…。

(シャッター音)

照子:撮れた?

(回想閉じ)

●荒木荘・居間

ちや子:ただいま。

喜美子:あ… お帰りなさい。お茶漬けしましょか?

ちや子:遅いのに悪いな。

喜美子:いえ。こんな時間まで お疲れさまです。事件か何か?

ちや子:ああ。ほら 淀川の溺死体な 前に言うてた あれ…。写真?

喜美子:あ… 送ってきたんです。

ちや子:すごいな おうちカメラあるん?

喜美子:うちやないです 同級生です。

ちや子:あ~そう。見てもええ?

喜美子:はい。

ちや子:よいしょ…。ふ~ん。楽しそうやな。高校か?

喜美子:ラジオはあります。

ちや子:うん?

喜美子:ラジオはあります。うち カメラはないけどラジオあります。こういう感じの こういう形の!

ちや子:そう。

喜美子:すみません。あっ 淀川の…?

ちや子:ああ 溺死体な あれ 身元が分かってん。酔っ払って落ちた。事故やったわ。

喜美子:酔っ払って…。

ちや子:小さいお子さんおるお父さんやった…。

喜美子:うちの父も よう飲みます。川に落ちんよう言うてやらんと…。

ちや子:お父さん 大阪行け言うたん? 高校行かんと。

喜美子:うち 商売やってて 妹も2人いれ大変なんで。

ちや子:そう。

喜美子:それに女には学問は必要ないて。

ちや子:ひどいな それ。あ… ごめんな。

喜美子:いえ。うちもほんまは信楽にいたかった。ほやけど しゃあない。最後は自分で納得して来ました。旅のお供を連れて。

ちや子:旅のお供?

喜美子:はい!

●荒木荘・喜美子の部屋

喜美子:これです。

ちや子:へえ~。これがそう。

喜美子:夕日がきれいな所で見つけました。

ちや子:きれいな色やな。信楽焼か…?

喜美子:焼きもん詳しいですか?

ちや子:いっぺん うちの上司に頼んでどういうあれか見てもらう?

喜美子:どういうあれ いうのは?

ちや子:このかけらの価値。

喜美子:価値?

ちや子:古い昔のもんやったら 高い値がついたりするやん?

喜美子:お金になるいうことですか!?

ちや子:いや 分からんで?けどまあ ただのかけらやないかもしれん。えらい価値があるかもしれんし ないかもしれんし。いっぺん うちの社にそれ持って来てみる?

喜美子:ええんですか? えらい価値あったら どないしよ。これ見て下さい! 光 あてると… ほら~!

ちや子:ほんまや きれいやねえ。

喜美子:いや どないしよ!

ちや子:わ… 分からんで?

喜美子:なんぼするんやろ? うわ~これが… ヒィ~。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレとあらすじを最終回まで!キャスト紹介も!
NHK朝ドラ「スカーレット」ネタバレあらすじイメージ画像
スポンサーリンク


コメント