スカーレット19話10月21日 デイリー大阪編集局で試し働きをする

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第19話、デイリー大阪編集局の雑用係として働かないかと引き抜きの誘いを受けた喜美子。
話を聞いた圭介が「お金かあ…。結局んとこ それか…」としたり顔に対して、ちや子さんの反論が本日一番の見どころだったような気が。

あんなぁ 圭ちゃんみたいに 苦労したことない人には 分からへんやろけど 喜美ちゃん 仕送りせなあかんねんで?

「スカーレット」19話10月21日セリフ

喜美子:ここで受注やらせてもらいます。川原喜美子と申します。

荒木荘の住人はくせ者ぞろい。

圭介:可愛らしいなあ。

喜美子:うわ~…。

(ふすまにぶつかる音)

大久保:あんたには無理や。信楽帰り。

喜美子が大阪で働き始めて1か月。楽しみにしていた初めてのお給料は僅かしかもらえませんでした。まだ見習いの立場だからです。

喜美子:すみません!

大久保:敗れたとこ直し。裁縫できへんの?

喜美子:できます。痛っ! もう~!

ついに大久保さんにあたりたくなる夜も増えます。そんな喜美子に思わぬ話が舞い込みました。

平田:あの子 うちで雇う!

●歌える喫茶「さえずり」

喜美子:雄太郎さん!?

ちや子:大変や! 引き抜きや!

喜美子:引き抜き?あ…えっ!? 引き抜き…。

ちや子:お給料 今の5倍は出し言うてたで。

喜美子:うちが!? お給金5倍? ええ…!

(雄太郎の歌声)

ちや子:雄太郎さん!

雄太郎:あっ。

ちや子:「あっ」やないわ!

雄太郎:おったん?

ちや子:おったわ!今頃気ぃ付いたん? 何 歌てんのん?

マスター:歌える喫茶やもんな。

ちや子:そら そやけど… びっくりした~。

雄太郎:そっちこそ何?

ちや子:下着ショーの帰りや。ほんで この子は今日 休みや。

雄太郎:ほう。

喜美子:決めました。引き抜かれてもええです! うち ちや子さんとこの新聞社で働かせてもらいます。

ちや子:落ち着いて。いっぺん座ろか? なっ? こういうことは よう考えて決めんと。

喜美子:考えました 今。

ちや子:今 ここで結論出すことちゃうで 焦ったらあかん。
雄太郎:どないしたん?

ちや子:ああ うちの社 人が辞めたんや。

雄太郎:おう 聞いた。

ちや子:先輩記者が引き抜かれて ほしたら 雑用やってた女の子も後追うて こないだ辞めてもうてん。

雄太郎:うわっ その先輩とその女の子 あれやな?

ちや子:せや! けど その話は今…。どうでもええ。

雄太郎:うん 置いとく。

ちや子:代わりの子 探さんならん 言うてたやさきに たまたま喜美ちゃんや。うっとこ来て… 汚れた湯飲みに気ぃ付いて。ほかにもいろいろ ささ~っと ちゃちゃ~っと。

回想喜美子:すいません。失礼します。

ちや子:それ見て 雇おか言いだしてん。

雄太郎:ええ!

喜美子:あんなんで…。

ちや子:喜美ちゃんからしたら いつもやってるようなことやもんな。

雄太郎:ほんなこと あんねんな。

ちや子:まあ 腕が買われたっちゅうやつや!

喜美子:腕が!? 買われた!?

雄太郎:おうおう ちゃうちゃう…。

ちや子:あんたが ふだん一生懸命やってたことが認められたいうことや。えっ そんなに? そんなにうれしい? フフッ そうか 荒木荘に来てひとつき? ようやってたもんな。

マスター:ヘッヘッヘッヘッ。何か ええ話?

雄太郎:ええ話や。なあ? 歌ってもええで?

ちや子:歌わんでもええ。

(笑い声)

マスター:ほな ごゆっくり。

雄太郎:まわ いうても ゆっくりしてられへんねん 行かなあかん。

ちや子:また名画座? 雄太郎さんこと 仕事どないしてんの?

雄太郎:僕のことは聞かんといて。ほな マスター コーヒー代 ここ置いとくよ。

マスター:はい ありがとう。

雄太郎:はい。

ちや子:無料券… ちょっと ぎょうさん持ってるで。

雄太郎:よしよし…。

ちや子:えらいぎょうさん… 見て!

雄太郎:よし ほな 喜美ちゃん マスター また。

マスター:ハハッ ありがとうございました。

ちや子:何や あれ…。

喜美子:名画座って何ですか?

ちや子:映画館。雄太郎さん 映画好っきゃから 映画ばっかり。映画 見たことある?喫茶店… こういうとこ来たんも初めて?

喜美子:はい。

ちや子:映画見たり 喫茶店行ったり もっと生活楽しめたらええなあ。ほな うちもこれから社に戻らなあかん。喜美ちゃんにはその気があるいうことで条件提示してくるで。

喜美子:はい。

ちや子:ほな 住むとこはどうする?

喜美子:住むこと?

ちや子:荒木荘辞めたら 荒木荘には住まれへん。ほら そういうこと 一つ一つ考えていかんと。

喜美子:お父ちゃん! 信楽の父に聞いてみな!

ちや子:それはええねん。まずは喜美ちゃんがどうしたいかや。

喜美子:ええんですかね?

ちや子:自分の人生やで! 自分で考え。お父ちゃんには 自分の考え決めてからで ええんちゃう? 親元離れて1人でやっていくって そういうことやで。

喜美子:はい。

ちや子:ほな 住むとこは?

喜美子:う~ん… 用意してもらえたら。

ちや子:それか お家賃負担してもらおう。

喜美子:そんなんできます?

ちや子:向こうから言うてきた話や 強気でいこ。

喜美子:はい。

ちや子:お給料は?

喜美子:い… い… 今… 今… い…。

ちや子:おうおう落ち着いて。

喜美子:今の4倍!

ちや子:最低でも5000円やな。

喜美子:はい。

ちや子:休みは 毎週日曜?

喜美子:毎週!?

ちや子:朝は9時から?

喜美子:4時やのうてええのん!? え~!

(鼻歌)

●荒木荘・玄関

大久保:お帰り。

喜美子:ただいま戻りました。

大久保:下着ショー どうやった?

回想さだ:ブラジャーを身につけることで 洋服を着た時に美しくバストラインを出すことができるんです。

喜美子:そりゃあもう すばらしい下着の数々… ほんで… その~ はい 楽しかったです。

大久保:ふ~ん そうか。ストッキングな ちょっと縫い目の粗いのよけて あんたの部屋置いといた。やり直しや。
喜美子:やり直し…。

大久保:急いでな。

喜美子:はい! 分かりました! 大久保さん ご苦労さまでございますぅ。さようなら~。

大久保:何や 気色の悪いなあ。

喜美子:さ~よ~う~な~ら! 

●荒木荘・喜美子の部屋

喜美子:ほんまや 確かに粗かったな…。

(ノック)

喜美子:はい。

圭介:喜美ちゃん? ちょっとええかな。

喜美子:はい。

●荒木荘・居間

圭介:これ 喜美ちゃんのやから。

喜美子:圭介さんが?

圭介:僕には無理や。大久保さんや。大久保さんが 喜美ちゃんに作っていきはった。おなかすいたら食べとき言うといてくれ頼まれてん。もろとき。うん?ハハッ 呼ばれ。

荒木荘を辞めようかと考えていることを圭介さんにも打ち明けました。

圭介:僕は反対や。

ちや子:何で?

圭介:新聞社いうたら 抜きつ抜かれつのしれつな世界やろ?

ちや子:新聞記者なるんちゃうで?

圭介:そやけど ちや子さん見てたら思うで? 年頃やのに 化粧もようせんと 朝昼晩 髪振り乱して。

ちや子:ハハハハッ うちは好きでやってんの。

圭介:ちや子さんはそれでええけど 喜美ちゃんはいきなりそんな男も女も関係ないような職場て どうなん?

ちや子:条件ええもんな? こっちの条件 おおかたのんでくれたで。

喜美子:ほんまですか?

ちや子:住むとこは追って相談やけどな。

喜美子:お給金は?

ちや子:それは確実。

圭介:お金かあ…。結局んとこ それか…。

ちや子:あんなぁ 圭ちゃんみたいに 苦労したことない人には 分からへんやろけど 喜美ちゃん 仕送りせなあかんねんで?

喜美子:大事です。お金は…うち 大事やし欲しいし…。
圭介:うん。

喜美子:大好きです。

圭介:そっかあ…。

雄太郎:せやけど…。

圭介:あっ それ 喜美ちゃんのやで?大久保さんが喜美ちゃんのために…。

喜美子:ええです ええです。どうぞ。

雄太郎:アッハッ。

ちや子:何?

雄太郎:うん?

ちや子:「うん?」やない 今何か言いかけたやろ?

雄太郎:ああ そうそうそう。う~ん まあまあ条件ええにこしたことはないんやけど 僕かて条件ええ言われて市役所入って働いとったんやけど…。まあ 僕のことは置いとこ。

ちや子:置いとくんかい!

雄太郎:まあ どんなええ条件言われてもやな 職場に合う合わんちゃうのがあんねんな うん。慎重に考えて ここはひとつ…。

●荒木荘・物干し場

大久保:ああ… お天気もちそうやな?

喜美子:そうですね。

雄太郎:痛い 痛い 痛い 痛い 痛い…。

大久保:えっ?

雄太郎:痛い 痛い 痛い 痛い 痛い…。

大久保:どないしたん?

雄太郎:おなかが痛いねん…。

大久保:お医者さん呼ぼうか?

雄太郎:あかん…病院や これ。

大久保:病院…。病院 半日かかるで?

雄太郎:病院や! 

大久保:あちゃちゃちゃ…。

雄太郎:あ~痛い~!

喜美子:うちが行きます! うちが付き添います。

大久保:難儀やな 大丈夫か あんた。

喜美子:行きましょ…。大丈夫ですか?

大久保:ええかいな…?

喜美子:ほな 行ってきます!しっかりしてください。

雄太郎:痛い!

喜美子:歩けますか?

雄太郎:痛いわ!

喜美子:ゆっくり…しっかして下さい! 雄太郎さん しっかりして下さ~い!

雄太郎:ほな 3時ごろに この辺りで待ってるわ。

喜美子:はい ありがとうございます。

雄太郎さんの発案で 喜美子は数時間ほど 試しに働かせてもらうことになりました。

●デイリー大阪編集局

喜美子:すみません 遅うなって…。

ちや子:ええよ ええよ。こないだ日曜やったけど 今日は人数多いからな。

喜美子:はい!すいません 今日は一日よろしくお願いします。

平田:しゃあないやろ 新聞は台所で売れっちゅう言うてる時代や。

喜美子:よろしくお願いします。

平田:よろしく。

ちや子:ほな 適当に片して。

喜美子:はい。

石ノ原:帝銀事件いうのはな…。

タク坊:あの ちや子さん これ 婦人欄で取り上げてもらえませんか?

ちや子:何で婦人面で新劇女優の離婚 取り上げなあかんのん。

石ノ原:聞けや おい。帝銀事件いうのは…。

記者:あっ ちや子さん! ちや子さん…見出しの確認お願いします。

ちや子:は~い。町ネタ2本かあ…。

ちや子さんはいといろな分野の取材をします。小さな新聞社なので できることは何でもやるのです。

中野:新産業新聞 でたでえ! 抜かれたでえ!

平田:また抜かれおって!

ちや子:「与党議員3名辞職 収賄の疑い」!? どういうことっちゃ!

石ノ原:これ 一旦 消えた話やで!? 

ちや子:消えてないやん! 裏 取ってきます!

石ノ原:待てや おら! どこで誰にあたるつもりや!

ちや子:そんなもん手あたり次第じゃ~! どけや おら~!

石ノ原:待て言うてんねん! 

ちや子:どつくぞ~! あ~!

石ノ原:待てや おら~!

ちや子さんの働きぶりにただただ驚くばかりの喜美子です。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレとあらすじを最終回まで!キャスト紹介も!
NHK朝ドラ「スカーレット」ネタバレあらすじイメージ画像
スポンサーリンク


コメント